Manpages

名 前

kill − プ ロ セ ス に シ グ ナ ル を 送 る

書 式

説 明

kill の デ フ ォ ル ト の シ グ ナ ル は TERM で あ る 。 -l や -L を 用 い る と 、 指 定 で き る シ グ ナ ル を リ ス ト で き る 。 特 に 便 利 な シ グ ナ ル に は HUP, INT, KILL, STOP, CONT, 0 な ど が あ る 。 デ フ ォ ル ト 以 外 の シ グ ナ ル の 指 定 方 法 は 3 つ あ る 。 -9 -SIGKILL -KILL。 負 の PID の 値 は プ ロ セ ス グ ル ー プ 全 体 を 選 択 す る の に 使 わ れ る 。 ps コ マ ン ド の 出 力 の PGID カ ラ ム を 参 照 す る こ と 。 −1 と い う PID は 特 別 で あ る 。 こ れ は kill プ ロ セ ス 自 身 と init 以 外 の 全 て の プ ロ セ ス を 表 す 。

シ グ ナ ル

以 下 に kill で 使 え る シ グ ナ ル の リ ス ト を 示 す 。 わ か る も の に つ い て は 、 定 数 ・ 番 号 と デ フ ォ ル ト の 動 作 も 示 す 。

注 意

あ な た の 使 っ て い る シ ェ ル (コ マ ン ド ラ イ ン イ ン タ ー プ リ タ ー ) に は 組 み 込 み の kill コ マ ン ド が あ る か も し れ な い 。 こ の 場 合 、 こ こ で 説 明 し た kill を 実 行 す る に は 、 /bin/kill の よ う に 指 定 す る 必 要 が あ る か も し れ な い 。

kill -9 -1
kill 可 能 な 全 て の プ ロ セ ス を kill す る 。

kill -l 11 数 値 11 を シ グ ナ ル 名 に 変 換 す る 。

kill -L 使 用 可 能 な シ グ ナ ル を 見 栄 え の 良 い 表 形 式 で リ ス ト す る 。

kill 123 543 2341 3453 デ フ ォ ル ト の シ グ ナ ル SIGTERM を こ れ ら 全 て の プ ロ セ ス に 送 る 。

関 連 項 目

pkill(1), skill(1), kill(2), renice(1), nice(1), signal(7), killall(1)

標 準

こ の コ マ ン ド は 適 切 な 標 準 に 準 拠 し て い る 。 -L フ ラ グ は Linux 固 有 の も の で あ る 。

著 者

Albert Cahalan <acahalan [AT] cs.edu> が 1999 年 に 標 準 に 合 致 し て い な い bsdutils の も の を 置 き 換 え る た め に kill を 書 い た 。 util-linux の kill も 正 し く 動 作 す る だ ろ う 。 バ グ 報 告 は <procps-feedback [AT] lists.net> ま で 送 っ て 欲 し い 。

COMMENTS