Manpages

名 前

install − install 8.25 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ

書 式

install [OPTION]... [-T] SOURCE DEST
install
[OPTION]... SOURCE... DIRECTORY
install
[OPTION]... -t DIRECTORY SOURCE...
install
[OPTION]... -d DIRECTORY...

説 明

install プ ロ グ ラ ム は 選 択 し た コ ピ ー 先 に フ ァ イ ル (通 常 は 直 前 に コ ン パ イ ル し た フ ァ イ ル ) を コ ピ ー し ま す 。 GNU/Linuxシ ス テ ム で す ぐ に 使 用 で き る パ ッ ケ ー ジ を ダ ウ ン ロ ー ド し て イ ン ス ト ー ル し た い 場 合 は 、 yum(1) や apt−get(1) の よ う な パ ッ ケ ー ジ マ ネ ー ジ ャ ー を 代 わ り に 使 用 し て く だ さ い 。 最 初 の 3 個 の 書 式 は SOURCE か ら DEST へ 、 ま た は 複 数 の SOURCE を 既 存 の DIRECTORY に 、 パ ー ミ ッ シ ョ ン モ ー ド 、 所 有 者 /グ ル ー プ を 設 定 し な が ら コ ピ ー し ま す 。 4 番 目 の 書 式 は 、 指 定 さ れ た DIRECTORY を 必 要 で あ れ ば 親 デ ィ レ ク ト リ も 含 め て 作 成 し ま す 。 長 い オ プ シ ョ ン で 必 須 と な っ て い る 引 数 は 短 い オ プ シ ョ ン で も 必 須 で す 。
−−backup
[=CONTROL] コ ピ ー 先 に フ ァ イ ル が 存 在 す る 場 合 は 各 フ ァ イ ル の バ ッ ク ア ッ プ を 作 成 す る

−b −−backup と 同 様 だ が 引 数 を 取 る こ と が で き な い

−c

(無 視 さ れ る )

−C, −−compare コ ピ ー 元 と コ ピ ー 先 の 組 を そ れ ぞ れ 比 較 す る 。 そ れ ら が 同 じ 場 合 は コ ピ ー 先 を 変 更 し な い
−d
, −−directory 全 て の 引 数 を デ ィ レ ク ト リ と し て 扱 う 。 指 定 し た デ ィ レ ク ト リ の 構 成 要 素 を 全 て 作 成 す る

−D

DEST の 指 定 で 存 在 し な い デ ィ レ ク ト リ が あ れ ば す べ て 作 成 す る (但 し DEST 自 身 は 除 く )。 −−target−directory の 場 合 は 親 デ ィ レ ク ト リ も 含 め て す べ て の デ ィ レ ク ト リ を 作 成 す る 。 そ の 後 、 SOURCED か ら DEST へ の コ ピ ー を 行 う 。

−g, −−group=GROUP グ ル ー プ 所 有 権 を 、 プ ロ セ ス の 現 在 の グ ル ー プ で は な く 、 GROUP に 設 定 す る
−m
, −−mode=MODE パ ー ミ ッ シ ョ ン を rwxr−xr−x で は な く MODE (chmod と 同 じ 指 定 方 法 ) に 設 定 す る
−o
, −−owner=OWNER 所 有 権 を 設 定 す る (ス ー パ ー ユ ー ザ ー の み )
−p
, −−preserve−timestamps

DESTINATION フ ァ イ ル の ア ク セ ス ・ 変 更 時 刻 を SOURCE の 時 刻 に 設 定 す る

−s, −−strip シ ン ボ ル テ ー ブ ル を strip す る
−−strip−program
=PROGRAM バ イ ナ リ を strip す る 時 に 使 用 さ れ る プ ロ グ ラ ム
−S
, −−suffix=SUFFIX バ ッ ク ア ッ プ 接 尾 子 を SUFFIX に す る
−t
, −−target−directory=DIRECTORY 全 て の SOURCE 引 数 を DIRECTORY に コ ピ ー す る
−T
, −−no−target−directory

DEST を 通 常 フ ァ イ ル と し て 扱 う

−v, −−verbose デ ィ レ ク ト リ を 作 成 し た と き に そ の 名 前 を 表 示 す る
−−preserve−context

SELinux セ キ ュ リ テ ィ コ ン テ キ ス ト を 保 持 す る

−Z コ ピ ー 先 フ ァ イ ル の

SELinux セ キ ュ リ テ ィ コ ン テ キ ス ト を デ フ ォ ル ト

タ イ プ に 設 定 す る

−−context[=CTX] −Z と 同 様 だ が 、 CTX が 指 定 さ れ た 場 合 は 、

SELinux や SMACK の セ キ ュ リ テ ィ コ ン テ キ ス ト を CTX に 設 定 す る

−−help こ の 使 い 方 を 表 示 し て 終 了 す る

−−version バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 し て 終 了 す る

−−suffix も 環 境 変 数 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX も 設 定 さ れ て い な い 場 合 、 バ ッ ク ア ッ プ 接 尾 辞 は ’~’ に な り ま す 。 バ ー ジ ョ ン 管 理 方 法 は −−backup オ プ シ ョ ン や VERSION_CONTROL 環 境 変 数 で 選 択 で き ま す 。 以 下 の 値 を 指 定 で き ま す :
none, off バ ッ ク ア ッ プ を 作 成 し な い (−−backup を 付 け た 時 で も )
numbered, t 番 号 付 き バ ッ ク ア ッ プ を 作 成 す る
existing, nil 番 号 付 き バ ッ ク ア ッ プ が あ れ ば 番 号 付 き 、 そ う で な け れ ば 、 simple で 作 成 す る
simple, never 常 に 簡 易 バ ッ ク ア ッ プ を 作 成

GNU coreutils の オ ン ラ イ ン ヘ ル プ : <http://www.gnu.org/software/coreutils/>; install の 翻 訳 に 関 す る バ グ は <http://translationproject.org/team/ja.html>; に 連 絡 し て く だ さ い 。 完 全 な 文 書 は <http://www.gnu.org/software/coreutils/install>; に あ り ま す 。 ロ ー カ ル で は info ’(coreutils) install invocation’ で 参 照 で き ま す 。

作 者

作 者 David MacKenzie。

著 作 権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ラ イ セ ン ス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>;.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

関 連 項 目

install の 完 全 な マ ニ ュ ア ル は Texinfo マ ニ ュ ア ル と し て 整 備 さ れ て い る 。 も し 、 info お よ び install の プ ロ グ ラ ム が 正 し く イ ン ス ト ー ル さ れ て い る な ら ば 、 コ マ ン ド

info install を 使 用 す る と 完 全 な マ ニ ュ ア ル を 読 む こ と が で き る は ず だ 。

COMMENTS