Manpages

NAME

xfce4-terminal − X タ ー ミ ナ ル エ ミ ュ レ ー タ ー

書 式

xfce4−terminal [OPTION...]

解 説

xfce4−terminal は X タ ー ミ ナ ル エ ミ ュ レ ー タ ー と し て 知 ら れ る も の の 一 つ で 、 タ ー ミ ナ ル あ る い は シ ェ ル と 呼 ば れ る こ と が 多 い よ う で す 。 あ な た の デ ス ク ト ッ プ に や も す る と 大 昔 の 文 字 ス ク リ ー ン を 思 わ せ る よ う な も の を 持 ち 込 ん で き ま す が 、 他 の グ ラ フ ィ カ ル な ア プ リ ケ ー シ ョ ン と 画 面 上 に 共 存 す る こ と に 何 の 問 題 も あ り ま せ ん 。 Windows ユ ー ザ ー に は MS−DOS プ ロ ン プ ト と い う ユ ー テ ィ リ テ ィ (Windows 環 境 下 に お い て DOS コ マ ン ド ラ イ ン で の 作 業 を 可 能 に す る 類 似 機 能 ) に 詳 し い 方 が い る か も し れ ま せ ん が UNIX の CLI は 能 力 的 に 遥 か に 勝 っ て い て 使 い や す い と い う 事 を ぜ ひ と も 知 っ て 頂 き た い と 思 い ま す 。

xfce4−terminal は X コ ン ソ ー シ ア ム が 開 発 し た ア プ リ ケ ー シ ョ ン xterm の 動 作 を エ ミ ュ レ ー ト し ま す 。 で は そ の xterm は と 言 う と 、 こ れ は DEC の VT102 タ ー ミ ナ ル を エ ミ ュ レ ー ト し て い て 、 DEC VT220 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス も 同 様 に サ ポ ー ト し ま す 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス と は 、 文 字 Esc で 始 ま る 一 連 な り の 文 字 列 の こ と で す 。 VT102 や VT220 タ ー ミ ナ ル が カ ー ソ ル の 位 置 を 定 め た り 画 面 を ク リ ア す る よ う な 機 能 に 使 用 す る 、 こ れ ら エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の す べ て を xfce4−terminal は 受 け 付 け ま す 。

オ プ シ ョ ン

オ プ シ ョ ン 一 覧 以 下 は す べ て の オ プ シ ョ ン を タ イ プ 別 に ま と め た 一 覧 で す 。 そ れ ぞ れ の 説 明 は 後 述 の セ ク シ ョ ン に あ り ま す 。 一 般 オ プ シ ョ ン

−h, −−help; −V, −−version; −−disable−server; −−color−table; −−default−display=デ ィ ス プ レ イ ; −−default−working−directory=デ ィ レ ク ト リ ウ ィ ン ド ウ ま た は タ ブ セ パ レ ー タ ー
−−tab
; −−window タ ブ オ プ シ ョ ン
−x
, −−execute; −e, −−command=コ マ ン ド ; −−working−directory=デ ィ レ ク ト リ ; −T, −−title=タ イ ト ル ; −H, −−hold ウ ィ ン ド ウ オ プ シ ョ ン
−−display=
デ ィ ス プ レ イ ; −−drop−down; −−geometry=ジ オ メ ト リ ; −−role=ロ ー ル ; −−startup−id=文 字 列 ; −I, −−icon=ア イ コ ン ; −−fullscreen; −−maximize; −−minimize; −−show−menubar, −−hide−menubar; −−show−borders, −−hide−borders; −−show−toolbar, −−hide−toolbar −−show−scrollbar, −−hide−scrollbar 一 般 オ プ シ ョ ン

−h, −−help

xfce4−terminal が サ ポ ー ト す る 様 々 な コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン を リ ス ト し て 終 了 し ま す 。

−V, −−version バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 し て 終 了 し ま す 。

−−disable−server

D−BUS セ ッ シ ョ ン の メ ッ セ ー ジ バ ス に 登 録 し ま せ ん 。

−−color−table 色 コ ー ド を 返 し ま す 。

−−default−display=デ ィ ス プ レ イ デ フ ォ ル ト で 使 用 す る X デ ィ ス プ レ イ を 指 定 し ま す 。

−−default−working−directory=デ ィ レ ク ト リ タ ー ミ ナ ル の デ フ ォ ル ト 作 業 デ ィ レ ク ト リ を デ ィ レ ク ト リ に 指 定 し ま す 。 ウ ィ ン ド ウ ま た は タ ブ セ パ レ ー タ ー
−−tab
最 後 に 指 定 さ れ た ウ ィ ン ド ウ で 新 し い 一 つ の タ ブ を 開 き ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は 他 と 一 緒 に 使 用 で き ま す 。 こ れ を 最 初 の オ プ シ ョ ン と し 、 −−window separators を 指 定 し な い 場 合 、 最 後 の ウ ィ ン ド ウ が 再 使 用 さ れ ま す 。

−−window 一 つ の タ ブ を 含 む 一 つ の ウ ィ ン ド ウ を 開 き ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は 他 と 一 緒 に 使 用 で き ま す 。 タ ブ オ プ シ ョ ン
−x
, −−execute 続 く コ マ ン ド ラ イ ン を タ ー ミ ナ ル 内 で 実 行 し ま す 。

−e, −−command=コ マ ン ド タ ー ミ ナ ル 内 で コ マ ン ド を 実 行 し ま す 。

−−working−directory=デ ィ レ ク ト リ タ ー ミ ナ ル の 作 業 デ ィ レ ク ト リ に す る デ ィ レ ク ト リ を 指 定 し ま す 。

−T, −−title=タ イ ト ル タ ー ミ ナ ル の 最 初 の ウ ィ ン ド ウ の タ イ ト ル と し て タ イ ト ル を 付 け ま す 。

−H, −−hold 子 コ マ ン ド が 終 了 し て も タ ー ミ ナ ル を そ の ま ま に し て お き ま す 。 ウ ィ ン ド ウ オ プ シ ョ ン
−−display=
デ ィ ス プ レ イ 最 後 に 指 定 さ れ た ウ ィ ン ド ウ で 使 用 す る X デ ィ ス プ レ イ を 指 定 し ま す 。

−−drop−down ド ロ ッ プ ダ ウ ン モ ー ド で ウ ィ ン ド ウ を 開 始 し ま す (Quake ス タ イ ル タ ー ミ ナ ル と も 呼 ば れ ま す )。 こ の オ プ シ ョ ン は ウ ィ ン ド ウ を 開 始 す る 初 回 の み 適 用 さ れ ま す 。 こ れ は キ ー ボ ー ド の 設 定 で シ ョ ー ト カ ッ ト を 割 り 当 て て 使 用 す る の が 良 い で し ょ う 。

−−geometry=ジ オ メ ト リ 最 後 に 指 定 さ れ た ウ ィ ン ド ウ の ジ オ メ ト リ を ジ オ メ ト リ に 指 定 し ま す 。 ジ オ メ ト リ の 指 定 方 法 に つ い て の 詳 し い 情 報 は X(7) を ご 覧 下 さ い 。

−−role=ロ ー ル 最 後 に 指 定 さ れ た ウ ィ ン ド ウ の ウ ィ ン ド ウ ロ ー ル を ロ ー ル に 指 定 し ま す 。 一 つ の ウ ィ ン ド ウ の み に 適 用 さ れ 、 コ マ ン ド ラ イ ン か ら 立 ち 上 げ る そ れ ぞ れ の ウ ィ ン ド ウ に 対 し て 一 度 ず つ 指 定 で き ま す 。 ロ ー ル は ウ ィ ン ド ウ に 対 す る 一 意 の 識 別 子 で セ ッ シ ョ ン の 復 元 時 に 使 用 さ れ ま す 。

−−startup−id=文 字 列 最 後 に 指 定 さ れ た ウ ィ ン ド ウ に 起 動 通 知 ID を 指 定 し ま す 。 D−BUS サ ー ビ ス を 使 用 し て い る 時 は こ の 起 動 通 知 ID を 転 送 す る た め に 内 部 で 利 用 さ れ ま す 。

−I, −−icon=ア イ コ ン タ ー ミ ナ ル の ア イ コ ン を ア イ コ ン 名 ま た は フ ァ イ ル 名 で 指 定 し ま す 。

−−fullscreen 最 後 に 指 定 し た ウ ィ ン ド ウ を 全 画 面 モ ー ド に し ま す 。 一 つ の ウ ィ ン ド ウ の み に 適 用 さ れ ま す 。 コ マ ン ド ラ イ ン か ら 立 ち 上 げ る そ れ ぞ れ の ウ ィ ン ド ウ に 対 し て 一 度 ず つ 指 定 で き ま す 。

−−maximize 最 後 に 指 定 し た ウ ィ ン ド ウ を 最 大 化 し ま す 。 一 つ の ウ ィ ン ド ウ の み に 適 用 さ れ ま す 。 コ マ ン ド ラ イ ン か ら 起 動 す る そ れ ぞ れ の ウ ィ ン ド ウ に 対 し て 一 度 ず つ 指 定 で き ま す 。

−−minimize

Set the last−specified window into minimized mode; applies to only one window; can be specified once for each window you create from the command line.

−−show−menubar 最 後 に 指 定 し た ウ ィ ン ド ウ で メ ニ ュ ー バ ー を 表 示 し ま す 。 一 つ の ウ ィ ン ド ウ の み に 適 用 さ れ ま す 。 コ マ ン ド ラ イ ン か ら 立 ち 上 げ る そ れ ぞ れ の ウ ィ ン ド ウ に 対 し て 一 度 ず つ 指 定 で き ま す 。

−−hide−menubar 最 後 に 指 定 し た ウ ィ ン ド ウ で メ ニ ュ ー バ ー を 非 表 示 に し ま す 。 一 つ の ウ ィ ン ド ウ の み に 適 用 さ れ ま す 。 コ マ ン ド ラ イ ン か ら 立 ち 上 げ る そ れ ぞ れ の ウ ィ ン ド ウ に 対 し て 一 度 ず つ 指 定 で き ま す 。

−−show−borders 最 後 に 指 定 し た ウ ィ ン ド ウ で ウ ィ ン ド ウ の 枠 を 表 示 し ま す 。 一 つ の ウ ィ ン ド ウ の み に 適 用 さ れ ま す 。 コ マ ン ド ラ イ ン か ら 立 ち 上 げ る そ れ ぞ れ の ウ ィ ン ド ウ に 対 し て 一 度 ず つ 指 定 で き ま す 。

−−hide−borders 最 後 に 指 定 し た ウ ィ ン ド ウ で ウ ィ ン ド ウ の 枠 を 非 表 示 に し ま す 。 一 つ の ウ ィ ン ド ウ の み に 適 用 さ れ ま す 。 コ マ ン ド ラ イ ン か ら 立 ち 上 げ る そ れ ぞ れ の ウ ィ ン ド ウ に 対 し て 一 度 ず つ 指 定 で き ま す 。

−−show−toolbar

Turn on the toolbar for the last−specified window. Applies to only one window. Can be specified once for each window you create from the command line.

−−hide−toolbar

Turn off the toolbar for the last−specified window. Applies to only one window. Can be specified once for each window you create from the command line.

−−show−scrollbar

Turn on the scrollbar for the last−specified window. Scrollbar position is taken from the settings; if position is None, the default position is Right side. Applies to only one window. Can be specified once for each window you create from the command line.

−−hide−scrollbar

Turn off the scrollbar for the last−specified window. Applies to only one window. Can be specified once for each window you create from the command line.

−−font=font

Set the terminal font.

−−zoom=zoom

Set the zoom level: the font size will be multiplied by this level. The range is from −7 to 7, default is 0. Each step multiplies the size by 1.2, i.e. level 7 is 3.5831808 (1.2^7) times larger than the default size.

使 用 例

xfce4−terminal −−geometry 80x40 −−command mutt −−tab −−command mc タ ー ミ ナ ル ウ ィ ン ド ウ を 幅 80 桁 ・ 高 さ 40 行 、 2 つ の タ ブ で 開 き 、 最 初 の タ ブ で mutt を 、 2 つ 目 の タ ブ で mc コ マ ン ド を 実 行 し ま す 。

環 境 変 数

xfce4−terminal は そ の デ ー タ お よ び 設 定 フ ァ イ ル の 場 所 を 探 す 際 に 、 Freedesktop.org [1] で 策 定 さ れ て い る 基 本 フ ォ ル ダ ー の 仕 様 (Basedir Specification) に 従 い ま す 。 従 っ て 、 各 フ ァ イ ル の 位 置 は 、 こ の 仕 様 に 記 述 さ れ て い る フ ォ ル ダ ー の 相 対 パ ス と し て 指 定 さ れ ま す 。

${XDG_CONFIG_HOME} 設 定 フ ァ イ ル を 見 に 行 く 最 初 の 基 本 フ ォ ル ダ ー で す 。 デ フ ォ ル ト で は ~/.config/ に な っ て い ま す 。

${XDG_CONFIG_DIRS} 設 定 デ ー タ を 含 む 基 本 フ ォ ル ダ ー の リ ス ト で 、 各 フ ォ ル ダ ー は コ ロ ン で 区 切 ら れ て い ま す 。 デ フ ォ ル ト で は ア プ リ ケ ー シ ョ ン は ${sysconfdir}/xdg/ を 参 照 し ま す 。 ${sysconfdir} の 値 は プ ロ グ ラ ム が ど の よ う に ビ ル ド さ れ た か に よ っ て 変 わ り ま す 。 バ イ ナ リ 配 布 さ れ る パ ッ ケ ー ジ で は /etc/ に な る こ と が 多 い よ う で す 。

${XDG_DATA_HOME} ユ ー ザ ー 個 別 の デ ー タ フ ァ イ ル す べ て の ル ー ト フ ォ ル ダ ー で す 。 デ フ ォ ル ト で は ~/.local/share/ に な っ て い ま す 。

${XDG_DATA_DIRS} 基 本 フ ォ ル ダ ー ${XDG_DATA_HOME} に 加 え て デ ー タ フ ァ イ ル を 探 す 基 本 フ ォ ル ダ ー を 並 べ て い き ま す 。 フ ォ ル ダ ー は コ ロ ン で 区 切 る 必 要 が あ り ま す 。

フ ァ イ ル

${XDG_CONFIG_DIRS}/xfce4/terminal/terminalrc

xfce4−terminal の 見 た 目 を 管 理 す る 環 境 設 定 が 含 ま れ る 設 定 フ ァ イ ル の 場 所 で す 。

関 連 項 目

bash(1), X(7)

AUTHORS

Igor Zakharov <f2404 [AT] yandex.ru> 開 発 者

Nick Schermer <nick [AT] xfce.org> 開 発 者

Benedikt Meurer <benny [AT] xfce.org>
Software developer, os−cillation, System development, 開 発 者

NOTES

1.

Freedesktop.org

http://freedesktop.org/

COMMENTS