Manpages

名 前

mount − フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト す る

書 式

mount [−lhV]

mount −a [−fFnrsvw] [−t vfstype] [−O optlist]
mount [−fnrsvw] [−o
options [,...]] device | dir
mount [−fnrsvw] [−t
vfstype] [−o options] device dir

説 明

Unix の シ ス テ ム に お い て は 、 ア ク セ ス で き る フ ァ イ ル は す べ て 1 つ の 大 き な ツ リ ー 構 造 に ま と め ら れ て い る 。 こ れ は / を ル ー ト (root:根 ) と す る 階 層 構 造 を な し て い る 。 こ れ ら の フ ァ イ ル 群 は 複 数 の デ バ イ ス に わ た っ て 配 置 す る こ と が で き る 。 mount コ マ ン ド は あ る デ バ イ ス 上 の フ ァ イ ル シ ス テ ム を こ の 大 き な ツ リ ー 構 造 に 接 続 す る た め に 用 い ら れ る 。 逆 に 接 続 を 解 除 す る 際 に は umount(8) コ マ ン ド が 用 い ら れ る 。

mount コ マ ン ド の 標 準 形 は 次 の 通 り で あ る 。

mount −t type device dir こ れ は device 上 に あ る フ ァ イ ル シ ス テ ム (タ イ プ type) を デ ィ レ ク ト リ dir に 接 続 す る よ う 、 カ ー ネ ル に 伝 え る 。 こ の フ ァ イ ル シ ス テ ム が マ ウ ン ト さ れ て い る 間 は 、 デ ィ レ ク ト リ dir の も と の 中 身 (も し あ れ ば )、 デ ィ レ ク ト リ 自 身 の 所 有 者 、 パ ー ミ ッ シ ョ ン モ ー ド は 見 え な く な る 。 dir に よ っ て 指 定 さ れ る パ ス は device 上 の フ ァ イ ル シ ス テ ム の ル ー ト を 参 照 す る こ と に な る 。 以 下 の 3 種 類 の 実 行 形 式 は 、 実 際 に は 何 も マ ウ ン ト し な い 。
mount −h
は ヘ ル プ メ ッ セ ー ジ を 表 示 す る 。
mount −V
は バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 す る 。
mount [-l] [-t
type] と だ け 入 力 し て 実 行 す る と 、 現 在 マ ウ ン ト さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム の リ ス ト を 表 示 す る 。 -t "type" を 指 定 す る と 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム の タ イ プ が type の も の だ け を 表 示 す る 。 オ プ シ ョ ン −l を 付 け る と (ext2, ext3, XFS) の ラ ベ ル を リ ス ト に 追 加 す る 。 タ イ プ に 関 す る 詳 細 は 以 下 に 述 べ る 。

Linux 2.4.0 以 降 で は 、 フ ァ イ ル 階 層 の 一 部 を ど こ か 別 の 場 所 に 再 マ ウ ン ト す る こ と が で き る 。 使 い 方 は 以 下 の 通 り で あ る 。

mount --bind olddir newdir こ の 呼 び 出 し の 後 、 同 じ 内 容 を 2 つ の 場 所 で ア ク セ ス で き る 。 1 つ の フ ァ イ ル を (1 つ の フ ァ イ ル 上 に ) 再 マ ウ ン ト す る こ と も で き る 。 こ の 呼 び 出 し で は 1 つ の フ ァ イ ル シ ス テ ム (の 一 部 ) の み を ア タ ッ チ す る だ け で 、 サ ブ マ ウ ン ト は ア タ ッ チ し な い 。 サ ブ マ ウ ン ト を 含 む フ ァ イ ル 階 層 全 体 は 、 以 下 の コ マ ン ド で 2 番 目 の 場 所 に ア タ ッ チ で き る 。
mount --rbind olddir newdir
フ ァ イ ル シ ス テ ム の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン は 、 元 の マ ウ ン ト ポ イ ン ト の も の と 同 じ に 維 持 さ れ 、 --bind/--rbind の 後 に -o オ プ シ ョ ン を 指 定 し て 変 更 で き な い 点 に 注 意 す る こ と 。

Linux 2.5.1 以 降 で は 、 マ ウ ン ト さ れ た ツ リ ー を 纏 め て 他 の 場 所 に 移 動 す る こ と が 可 能 に な っ た 。 使 い 方 は 以 下 の 通 り で あ る 。

mount --move olddir newdir

proc フ ァ イ ル シ ス テ ム は ス ペ シ ャ ル デ バ イ ス に は 関 連 付 け ら れ て い な い の で 、 マ ウ ン ト す る 際 に は proc の よ う な 適 当 な キ ー ワ ー ド を デ バ イ ス 指 定 の 代 わ り に 用 い る 。 (通 常 用 い ら れ て い る none は あ ま り お 勧 め で き な い : umount が ’none busy’ と い う エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を 出 す こ と に な る の で 、 混 乱 の 原 因 と な り か ね な い 。 ) ほ と ん ど の 場 合 、 デ バ イ ス は (ブ ロ ッ ク ス ペ シ ャ ル デ バ イ ス の ) フ ァ イ ル 名 で 指 定 す る (例 : /dev/sda1)。 し か し 例 外 も あ る 。 例 え ば NFS を 通 し て マ ウ ン ト す る 場 合 に は 、 deviceknuth.cwi.nl:/dir の よ う に な る 。 ブ ロ ッ ク ス ペ シ ャ ル デ バ イ ス の 指 定 に は 、 ボ リ ュ ー ム ラ ベ ル や UUID を 用 い る こ と が で き る (以 下 の −L お よ び −U オ プ シ ョ ン を 見 よ )。 フ ァ イ ル /etc/fstab (fstab(5) を 見 よ ) は 、 そ れ ぞ れ の デ バ イ ス が 通 常 マ ウ ン ト さ れ る 場 所 を 、 オ プ シ ョ ン と と も に 記 述 し た も の で あ る 。 こ の フ ァ イ ル は 以 下 の 3 つ の 場 合 に 用 い ら れ る 。

(i) コ マ ン ド

mount −a [−t type] [−O optlist] が (通 常 は 起 動 ス ク リ プ ト か ら ) 実 行 さ れ る と 、 fstab に 記 述 さ れ て い る す べ て の フ ァ イ ル シ ス テ ム が (適 当 な オ プ シ ョ ン の 有 無 に 関 わ ら ず 、 そ れ ぞ れ 適 当 な タ イ プ で ) マ ウ ン ト さ れ る 。 た だ し キ ー ワ ー ド noauto を 含 む 行 は マ ウ ン ト さ れ な い 。 −F オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と mount は fork し 、 そ れ ぞ れ の フ ァ イ ル シ ス テ ム が 同 時 に マ ウ ン ト さ れ る 。

(ii) fstab 中 に 記 述 さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト す る と き は 、 デ バ イ ス の み 、 あ る い は マ ウ ン ト ポ イ ン ト の み の 指 定 で 充 分 で あ る 。

(iii) 通 常 は ス ー パ ー ユ ー ザ ー の み が マ ウ ン ト を 行 う こ と が で き る が 、 fstab 中 の 行 に user オ プ シ ョ ン が 含 ま れ て い れ ば 、 そ の 行 で 指 定 さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム は 誰 で も マ ウ ン ト す る こ と が で き る 。 し た が っ て

/dev/cdrom /cd iso9660 ro,user,noauto,unhide と い う 行 が あ れ ば 、 誰 で も CDROM 上 の iso9660 フ ァ イ ル シ ス テ ム を
mount /dev/cdrom
ま た は
mount /cd
に よ っ て マ ウ ン ト で き る 。 詳 細 は fstab(5) を 参 照 の こ と 。 フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト し た ユ ー ザ ー だ け が 、 そ れ を ア ン マ ウ ン ト す る こ と が で き る 。 他 の ユ ー ザ ー で も ア ン マ ウ ン ト を 行 え る よ う に し た い 場 合 は 、 fstab の 行 の 指 定 を user の 代 わ り に users と す る こ と 。 owner オ プ シ ョ ン は user オ プ シ ョ ン と 似 て い る が 、 ユ ー ザ ー が そ の ス ペ シ ャ ル フ ァ イ ル の 所 有 者 で な け れ ば な ら な い と い う 制 限 が あ る 。 こ れ は た と え ば ロ グ イ ン ス ク リ プ ト が コ ン ソ ー ル の ユ ー ザ ー を /dev/fd の 所 有 者 に す る 場 合 、 こ の デ バ イ ス に 用 い る と 便 利 だ ろ う 。 group オ プ シ ョ ン は (訳 註 : user オ プ シ ョ ン と ) 似 て い る が 、 ユ ー ザ ー が そ の ス ペ シ ャ ル フ ァ イ ル の グ ル ー プ の メ ン バ で な け れ ば な ら な い と い う 制 限 が あ る 。

mount お よ び umount プ ロ グ ラ ム に よ っ て 現 在 マ ウ ン ト さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム の 一 覧 は /etc/mtab フ ァ イ ル 中 に 記 述 さ れ て い る 。 mount が 引 き 数 な し で 実 行 さ れ た 場 合 に は 、 こ の リ ス ト が 表 示 さ れ る 。

proc フ ァ イ ル シ ス テ ム が マ ウ ン ト さ れ て い る 場 合 に は (マ ウ ン ト ポ イ ン ト は /proc と し よ う )、 フ ァ イ ル /etc/mtab/proc/mounts は ほ と ん ど 同 じ 内 容 に な る 。 /etc/mtab に は 、 マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン な ど 多 少 の 情 報 が 付 け 加 え ら れ て い る 。 特 に 非 常 に 多 く マ ウ ン ト し て い る 場 合 に は 、 (訳 註 : /etc/mtab/proc/mounts へ の ) シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク に す る こ と に よ り 、 と て も 速 く な る 。 し か し 、 /etc/mtab は 常 に 最 新 の 情 報 で あ る と は 限 ら な い (以 下 の −n オ プ シ ョ ン の 説 明 を 参 照 )。 /etc/mtab/proc/mounts へ の シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク と す る こ と も 可 能 で あ る が 、 こ の 場 合 は 上 に 挙 げ た 情 報 が 失 わ れ る 。 loop デ バ イ ス を 用 い て い る 場 合 に は 特 に 不 便 と な っ て し ま う 。 ま た "user" オ プ シ ョ ン を 用 い る と 失 敗 す る 。

オ プ シ ョ ン

mount の 実 行 時 に 用 い ら れ る オ プ シ ョ ン は 以 下 の よ う に し て 決 定 さ れ る 。 ま ず そ の フ ァ イ ル シ ス テ ム に 特 有 の オ プ シ ョ ン が fstab 中 の 対 応 す る 行 か ら 抽 出 さ れ る 。 次 に コ マ ン ド ラ イ ン の −o 引 き 数 に よ っ て 指 定 さ れ た オ プ シ ョ ン 、 最 後 に −r ま た は −w オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ て い る 場 合 に は 、 そ れ ら が 適 用 さ れ る 。

mount コ マ ン ド で 利 用 で き る オ プ シ ョ ン は 以 下 の 通 り :

−V バ ー ジ ョ ン を 表 示 す る 。

−h ヘ ル プ メ ッ セ ー ジ を 表 示 す る 。

−v 詳 細 表 示 モ ー ド 。

−a

fstab に 記 載 さ れ て い る (指 定 し た タ イ プ の ) フ ァ イ ル シ ス テ ム を す べ て マ ウ ン ト す る 。

−F

(−a と と も に 用 い る ) そ れ ぞ れ の デ バ イ ス ご と に fork し て 新 し い mount プ ロ セ ス を 生 成 す る 。 別 々 の デ バ イ ス 、 別 々 の NFS サ ー バ に 対 す る マ ウ ン ト を 並 行 し て 行 う こ と に な る 。 利 点 は 動 作 が 高 速 に な る こ と 、 ま た NFS タ イ ム ア ウ ト が 並 行 し て 計 測 さ れ る こ と で あ る 。 逆 に 欠 点 と し て は 、 マ ウ ン ト の 順 序 が 規 定 さ れ な い こ と で あ る 。 し た が っ て 、 /usr/usr/spool の 両 方 を 同 時 に マ ウ ン ト す る と き に は 、 こ の オ プ シ ョ ン を 用 い る こ と は で き な い 。

−f

実 際 の シ ス テ ム コ ー ル 以 外 を 除 い て す べ て の 動 作 を す る 。 も う ち ょ っ と わ か り や す く 言 う と 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム の マ ウ ン ト 動 作 を 「 行 う ふ り 」 を す る 。 こ の オ プ シ ョ ン は −v フ ラ グ と と も に 用 い る と 便 利 で 、 mount コ マ ン ド が 行 お う と す る こ と を 確 認 で き る 。 ま た 以 前 に −n オ プ シ ョ ン を 用 い て マ ウ ン ト さ れ た デ バ イ ス の エ ン ト リ ー を /etc/mtab に 書 き 込 む 目 的 に も 用 い る こ と が で き る 。
−i

/sbin/mount.<filesystem> ヘ ル パ が あ っ て も 、 呼 び 出 さ な い 。

−l

ext2, ext3, XFS の ラ ベ ル を mount の 出 力 に 追 加 す る 。 こ れ を 行 う に は 、 mount に デ ィ ス ク デ バ イ ス の 読 み 取 り 権 限 が 必 要 で あ る (つ ま り suid root さ れ て い る 必 要 が あ る )。 こ の よ う な ext2 や ext3 の ラ ベ ル を 設 定 す る に は e2label(8) ユ ー テ ィ リ テ ィ を 用 い れ ば よ い 。 ま た 、 XFS の ラ ベ ル を 設 定 す る に は xfs_admin(8) を 用 い れ ば よ い 。 reiserfs の ラ ベ ル を 設 定 す る に は reiserfstune(8) を 用 い れ ば よ い 。

−n

マ ウ ン ト の 際 に /etc/mtab に 書 き 込 み を 行 わ な い 。 こ れ が 必 要 に な る の は 、 例 え ば /etc が リ ー ド オ ン リ ー の フ ァ イ ル シ ス テ ム の 場 合 な ど で あ る 。

−p num

暗 号 付 き ル ー プ マ ウ ン ト の 場 合 、 パ ス フ レ ー ズ を 端 末 か ら で は な く フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ num か ら 読 み 込 む 。

−s 曖 昧 な マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

が 与 え ら れ た と き に 、 実 行 を 中 断 し な い で 受 け 入 れ る 。 こ れ は フ ァ イ ル シ ス テ ム タ イ プ に よ っ て サ ポ ー ト さ れ て い な い マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン を 無 視 す る 。 す べ て の フ ァ イ ル シ ス テ ム で こ の オ プ シ ョ ン が サ ポ ー ト さ れ て い る わ け で は な い 。 こ の オ プ シ ョ ン は Linux autofs ベ ー ス の オ ー ト マ ウ ン タ の た め に 用 意 さ れ て い る 。

−r フ ァ

イ ル シ ス テ ム を リ ー ド オ ン リ ー で マ ウ ン ト す る 。 −o ro と 同 義 で あ る 。

−w

フ ァ イ ル シ ス テ ム を 読 み 書 き 可 能 な モ ー ド で マ ウ ン ト す る (デ フ ォ ル ト )。 −o rw と 同 義 で あ る 。

−L label

label で 指 定 し た ラ ベ ル を 持 つ パ ー テ ィ シ ョ ン を マ ウ ン ト す る 。

−U uuid

uuid で 指 定 し た UUID を 持 つ パ ー テ ィ シ ョ ン を マ ウ ン ト す る 。 こ れ ら の 2 つ の オ プ シ ョ ン を 用 い る に は 、 /proc/partitions フ ァ イ ル (Linux 2.1.116 以 降 で サ ポ ー ト ) が 存 在 し て い な け れ ば な ら な い 。

−t vfstype

−t に 続 く 引 き 数 は フ ァ イ ル シ ス テ ム タ イ プ を 指 定 す る の に 用 い ら れ る 。 現 在 サ ポ ー ト さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム の タ イ プ に は 、 以 下 の も の が 含 ま れ る 。 adfs, affs, autofs, coda, coherent, cramfs, devpts, efs, ext, ext2, ext3, hfs, hpfs, iso9660, jfs, minix, msdos, ncpfs, nfs, ntfs, proc, qnx4, ramfs, reiserfs, romfs, smbfs, sysv, tmpfs, udf, ufs, umsdos, usbfs, vfat, xenix, xfs, xiafs. coherent, sysv, xenix の 3 つ は 等 価 で あ り 、 xenixcoherent は 将 来 削 除 さ れ る — 代 り に sysv を 用 い る こ と 。 カ ー ネ ル の バ ー ジ ョ ン 2.1.21 以 降 で は 、 ext お よ び xiafs と い う タ イ プ は 、 も は や 存 在 し な い 。 usbfs は 、 以 前 は usbdevfs と し て 知 ら れ て い た 。 ほ と ん ど の タ イ プ に 対 し て は 、 mount プ ロ グ ラ ム が し な け れ ば な ら な い こ と は 単 に mount(2) シ ス テ ム コ ー ル を 発 行 す る こ と だ け で あ り 、 そ の タ イ プ の フ ァ イ ル シ ス テ ム に 対 す る 細 か な 知 識 は 必 要 と さ れ な い 。 し か し い く つ か の タ イ プ (nfs, smbfs, ncpfs な ど ) に つ い て は 、 特 別 な コ ー ド が 必 要 に な る 。 nfs 対 応 コ ー ド は 組 み 込 ま れ て い る が 、 smbfs と ncpfs に つ い て は 別 に マ ウ ン ト プ ロ グ ラ ム が 用 意 さ れ て い る 。 全 部 の タ イ プ を 同 じ や り 方 で 扱 う こ と が で き る よ う に す る た め 、 mount は タ イ プ TYPE と と も に 呼 び 出 さ れ る と 、 (も し あ れ ば ) /sbin/mount.TYPE を 実 行 す る 。 smbmount プ ロ グ ラ ム で は 、 バ ー ジ ョ ン に よ っ て 呼 び 出 し の 方 式 が 異 な っ て い る こ と が 多 い の で 、 /sbin/mount.smbfs は 必 要 な 呼 び 出 し 方 式 に 調 整 す る シ ェ ル ス ク リ プ ト で な け れ ば な ら な い だ ろ う 。

−t オ プ シ ョ ン が 与 え ら れ な か っ た 場 合 や 、 auto タ イ プ が 指 定 さ れ た 場 合 、 mount は 適 切 な タ イ プ を 推 測 す る 。 mount が blkid ラ イ ブ ラ リ と と も に コ ン パ イ ル さ れ て い る 場 合 、 こ の ラ イ ブ ラ リ に よ っ て 推 測 を 行 う 。 さ も な け れ ば 、 mount は 自 身 で ス ー パ ー ブ ロ ッ ク を プ ロ ー ブ し て 推 測 を 行 う 。 こ の プ ロ ー ブ に 失 敗 す る と 、 mount は フ ァ イ ル /etc/filesystems を 読 み 込 も う と す る 。 さ ら に こ の フ ァ イ ル が な け れ ば /proc/filesystems を 読 み 込 も う と す る 。 そ し て 、 読 み 込 ん だ フ ァ イ ル に リ ス ト さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム が テ ス ト さ れ る 。 た だ し "nodev" ラ ベ ル の 付 い て い る も の (す な わ ち devpts, proc, nfs) は テ ス ト か ら 除 か れ る 。 /etc/filesystems が * の み の 行 で 終 わ っ て い る 場 合 、 mount は そ の 後 に /proc/filesystems を 読 み 込 む 。

auto タ イ プ は フ ロ ッ ピ ー を 一 般 ユ ー ザ ー が マ ウ ン ト す る 場 合 に 特 に 便 利 で あ ろ う 。 プ ロ ー ブ の 順 序 を 変 更 し た い 場 合 (例 え ば msdos の 前 に vfat の 試 行 を し た い 場 合 や ext2 の 前 に ext3 を 試 行 し た い 場 合 ) や 、 カ ー ネ ル モ ジ ュ ー ル の 自 動 ロ ー ダ を 利 用 し て い る 場 合 に は 、 /etc/filesystems フ ァ イ ル を 作 っ て お く と 便 利 で あ る 。 注 意 : フ ァ イ ル シ ス テ ム の テ ス ト に は 発 見 的 手 法 (適 当 な ’合 い 言 葉 ’ が 見 つ か る か ど う か ) が 用 い ら れ る の で 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム の タ イ プ を 間 違 え て 、 被 害 を 被 る 可 能 性 も あ る 。 デ ー タ が 重 要 な 場 合 は 、 mount に フ ァ イ ル シ ス テ ム タ イ プ を 推 測 さ せ て は な ら な い 。 複 数 の タ イ プ を コ ン マ で 区 切 っ た リ ス ト で 指 定 す る こ と も で き る 。 フ ァ イ ル シ ス テ ム の タ イ プ の リ ス ト の 前 に no を 前 置 す る こ と も で き る 。 こ れ は 動 作 対 象 と し な い フ ァ イ ル シ ス テ ム を 指 定 す る 。 (−a オ プ シ ョ ン と と も に 用 い る と 良 い か も し れ な い 。 ) 例 え ば 以 下 の コ マ ン ド :

mount −a −t nomsdos,extmsdos お よ び ext を 除 く す べ て の フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト す る 。

−O

−a と 一 緒 に 使 う と 、 −a が 適 用 さ れ る フ ァ イ ル シ ス テ ム を 制 限 す る こ と が で き る 。 こ の 動 作 は −t と 似 て い る が 、 −a と 一 緒 に 使 う と き 以 外 は 機 能 し な い 点 が 異 な る 。 例 え ば 以 下 の コ マ ン ド :

mount −a −O no_netdev/etc/fstab フ ァ イ ル の オ プ シ ョ ン フ ィ ー ル ド で _netdev オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ て い な い 全 て の フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト す る 。 各 オ プ シ ョ ン が 厳 密 に マ ッ チ さ れ る 点 が −t と は 異 な る 。 あ る 1 個 の オ プ シ ョ ン の 前 に no を お い て も 、 残 り の オ プ シ ョ ン の 意 味 は 打 ち 消 さ れ な い 。

−t−O オ プ シ ョ ン の 機 能 は 足 し 合 わ せ る こ と が で き る 。 す な わ ち コ マ ン ド

mount −a −t ext2 −O _netdev は _netdev が 指 定 さ れ て い る 全 て の ext2 フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト す る が 、 ext2 以 外 の フ ァ イ ル シ ス テ ム や 、 _netdev が 指 定 さ れ て い な い ext2 フ ァ イ ル シ ス テ ム は マ ウ ン ト し な い 。

−o オ プ シ ョ ン の 指 定 を 行 う に は 、

−o フ ラ グ に 続 け て 各 オ プ シ ョ

ン を コ ン マ で 区 切 っ た 文 字 列 を 書 く 。 オ プ シ ョ ン に は 、 /etc/fstab の 中 で の み 意 味 を 持 つ も の も あ る 。 以 下 の オ プ シ ョ ン は マ ウ ン ト さ れ る す べ て の フ ァ イ ル シ ス テ ム に 適 用 で き る も の で あ る (但 し 、 全 て の フ ァ イ ル シ ス テ ム が こ れ ら の オ プ シ ョ ン を 引 き 受 け る と は 限 ら な い 。 例 え ば 、 sync オ プ シ ョ ン は 現 在 ext2, ext3, ufs で の み 効 果 を も つ ):

async そ の フ ァ イ ル シ ス テ ム に 対 す る す べ て の

I/O が 非 同 期

(asynchronous) に 行 わ れ る 。

atime ア ク セ ス 毎 に

inode の ア ク セ ス 時 間 を 更 新 す る 。 デ

フ ォ ル ト 。

auto

−a が 指 定 さ れ た と き に マ ウ ン ト さ れ る 。

defaults デ フ ォ ル ト の オ プ シ ョ ン : rw, suid, dev, exec, auto, nouser, async を 用 い る 。

dev フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 の キ ャ ラ ク タ ・ ス ペ シ ャ ル ・ デ バ イ ス や ブ ロ ッ ク ・ ス ペ シ ャ ル ・ デ バ イ ス を 利 用 で き る よ う に す る 。

exec バ イ ナ リ の 実 行 を 許 可 す る 。

group 通 常

(つ ま り root 以 外 ) の ユ ー ザ ー の 属 す る グ ル ー プ の う ち の 1 つ が デ バ イ ス の グ ル ー プ と マ ッ チ し た 場 合 に 、 そ の ユ ー ザ ー が フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト す る の を 許 可 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン は オ プ シ ョ ン nosuidnodev を 暗 黙 の う ち に 指 定 す る (た だ し 、 オ プ シ ョ ン 行 で group,dev,suid の よ う に し て 、 そ の 後 の オ プ シ ョ ン で 上 書 き し な い 限 り )。

mand こ の フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 で の 強 制

(mandatory) ロ ッ ク

を 許 可 す る 。 fcntl(2) を 参 照 す る こ と 。

_netdev ネ ッ ト ワ ー ク ア ク セ ス が 必 要 な デ バ イ ス 上 に あ る フ ァ イ ル シ ス テ ム (シ ス テ ム で ネ ッ ト ワ ー ク が 使 用 可 能 に な る ま で は 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト さ せ な い た め に 使 わ れ る )。
noatime
そ の フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 で は inode の ア ク セ ス 時 間 を 更 新 し な い (例 え ば ニ ュ ー ス サ ー バ ー を ス ピ ー ド ア ッ プ し た い と き な ど に 、 ニ ュ ー ス ス プ ー ル へ の ア ク セ ス 速 度 を 向 上 さ せ る た め に 用 い ら れ る )。

noauto 明 示 的 に 指 定 さ れ た と き の み マ ウ ン ト で き る 。 つ ま り

−a オ プ シ ョ ン で は マ ウ ン ト さ れ な い 。

nodev こ の フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 に あ る キ ャ ラ ク タ ・ ス ペ シ ャ ル ・ デ バ イ ス や ブ ロ ッ ク ・ ス ペ シ ャ ル ・ デ バ イ ス を 使 用 で き な い よ う に す る 。

noexec マ ウ ン ト さ れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 の 任 意 の バ イ ナ リ の 直 接 実 行 を 禁 止 す る 。

(最 近 に な る ま で /lib/ld*.so /mnt/binary の よ う な コ マ ン ド を 使 っ て 、 バ イ ナ リ を 何 と か 実 行 す る こ と が 可 能 で あ っ た 。 こ の ト リ ッ ク は Linux 2.4.25 / 2.6.0 以 降 で は 失 敗 す る 。 )

nomand フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 で の 強 制 ロ ッ ク を 禁 止 す る 。

nosuid

SUID お よ び SGID ビ ッ ト を 無 効 に す る (こ れ は 安 全 な よ う に 見 え る が 、 suidperl(1) が イ ン ス ト ー ル さ れ て い る 場 合 に は 、 実 際 に は む し ろ 危 険 で あ る )。

nouser 一 般 ユ ー ザ ー

(ス ー パ ー ユ ー ザ ー 以 外 の ユ ー ザ ー ) の マ

ウ ン ト を 禁 止 す る 。 こ れ は デ フ ォ ル ト で あ る 。

owner 通 常

(つ ま り root 以 外 ) の ユ ー ザ ー が デ バ イ ス の 所 有

者 と マ ッ チ し た 場 合 に 、 そ の ユ ー ザ ー が フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト す る の を 許 可 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン は オ プ シ ョ ン nosuidnodev を 暗 黙 の う ち に 指 定 す る (た だ し 、 オ プ シ ョ ン 行 で owner,dev,suid の よ う に し て 、 そ の 後 の オ プ シ ョ ン で 上 書 き し な い 限 り )。

remount す で に マ ウ ン ト さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム を 再 マ ウ ン ト し よ う と す る 。 こ れ は 通 常 フ ァ イ ル シ ス テ ム の マ ウ ン ト フ ラ グ を 変 更 す る と き (特 に リ ー ド オ ン リ ー の フ ァ イ ル シ ス テ ム を 書 き 込 み 可 能 に す る と き ) に 用 い ら れ る 。 デ バ イ ス と マ ウ ン ト ポ イ ン ト を 変 更 し な い 。

ro フ ァ イ ル シ ス テ ム を リ ー ド オ ン リ ー で マ ウ ン ト す る 。

rw フ ァ イ ル シ ス テ ム を 読 み 書 き 可 能 な モ ー ド で マ ウ ン ト す る 。

suid

SUID お よ び SGID ビ ッ ト を 有 効 に す る 。

sync そ の フ ァ イ ル シ ス テ ム に 対 す る

I/O が す べ て 同 期 的

(synchronous) に 行 わ れ る 。

dirsync フ ァ イ ル シ ス テ ム に お け る 全 て の デ ィ レ ク ト リ 更 新 を 、 同 期 的 (synchronous) に 行 わ せ る 。 こ の オ プ シ ョ ン は 以 下 の シ ス テ ム コ ー ル に 影 響 す る : creat, link, unlink, symlink, mkdir, rmdir, mknod, rename.

user 一 般 ユ ー ザ ー で も フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト で き る よ う に す る 。 マ ウ ン ト を 行 っ た ユ ー ザ ー の 名 前 が

mtab に 書 き 込 ま れ 、 そ の ユ ー ザ ー が ア ン マ ウ ン ト で き る よ う に な る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と 、 同 時 に noexec, nosuid, nodev が 指 定 さ れ た こ と に な る 。 た だ し 続 け て 指 定 す れ ば 上 書 き は 可 能 。 す な わ ち user,exec,dev,suid の よ う な 行 を 指 定 す れ ば よ い 。

users 全 て の ユ ー ザ ー が フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト ・ ア ン マ ウ ン ト 出 来 る よ う に す る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と 、 同 時 に

noexec, nosuid, nodev が 指 定 さ れ た こ と に な る 。 た だ し 続 け て 指 定 す れ ば 上 書 き は 可 能 。 す な わ ち users,exec,dev,suid の よ う な 行 を 指 定 す れ ば よ い 。

−−bind サ ブ ツ リ ー を ど こ か 他 の 場 所 に 再 マ ウ ン ト す る

(サ ブ ツ リ ー の

内 容 が 両 方 の 場 所 で ア ク セ ス で き る )。 上 記 を 参 照 。

−−move サ ブ ツ リ ー を 他 の 場 所 に 移 動 す る 。 上 記 を 参 照 。

フ ァ イ ル シ ス テ ム 独 自 の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

以 下 の オ プ シ ョ ン は 特 定 の フ ァ イ ル シ ス テ ム に の み 適 用 さ れ る 。 フ ァ イ ル シ ス テ ム の 順 に 並 べ て あ る 。 す べ て −o フ ラ グ に 続 け て 指 定 す る 。 ど の よ う な オ プ シ ョ ン が サ ポ ー ト さ れ て い る か は 、 実 行 さ れ て い る カ ー ネ ル に 少 々 依 存 す る 。 よ り 詳 し い 情 報 は カ ー ネ ル ソ ー ス の サ ブ デ ィ レ ク ト リ Documentation/filesystems で 見 つ け る こ と が で き る 。

adfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

uid=value and gid=value こ の フ ァ イ ル シ ス テ ム の フ ァ イ ル の 所 有 者 と グ ル ー プ を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は uid=gid=0)。
ownmask=
value and othmask=value そ れ ぞ れ ADFS の 「 所 有 者 」 属 性 と 「 そ の 他 」 属 性 に 対 す る パ ー ミ ッ シ ョ ン マ ス ク を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は そ れ ぞ れ 0700 と 0777)。 /usr/src/linux/Documentation/filesystems/adfs.txt も 参 照 の こ と 。

affs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

uid=valuegid=value フ ァ イ ル シ ス テ ム の ル ー ト の 所 有 者 と グ ル ー プ を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は uid=gid=0。 た だ し オ プ シ ョ ン uidgid を 値 な し で 指 定 す る と 、 カ レ ン ト プ ロ セ ス の uid お よ び gid が 用 い ら れ る )。
setuid=
valuesetgid=value す べ て の フ ァ イ ル の 所 有 者 と グ ル ー プ を 設 定 す る 。
mode=
value す べ て の フ ァ イ ル の 許 可 属 性 を value & 0777 に 設 定 す る 。 元 の 許 可 属 性 は 無 視 さ れ る 。 読 み 込 み が 許 可 さ れ て い る デ ィ レ ク ト リ に は 検 索 許 可 の 属 性 を 付 加 す る 。 こ の 値 は 8 進 数 で 与 え る 。
protect
フ ァ イ ル シ ス テ ム の 保 護 ビ ッ ト へ の い か な る 変 更 も 許 可 し な い 。

usemp フ ァ イ ル シ ス テ ム の ル ー ト の

uid と gid を マ ウ ン ト ポ イ ン ト

の uid と gid に 設 定 す る 。 た だ し こ の 設 定 は 最 初 の sync ま た は umount の 際 に 実 行 さ れ 、 そ の 後 に こ の オ プ シ ョ ン は ク リ ア さ れ る 。 変 な の 。

verbose そ れ ぞ れ の マ ウ ン ト が 成 功 す る ご と に メ ッ セ ー ジ を 表 示 す る 。
prefix=
string リ ン ク を た ど る 際 に ボ リ ュ ー ム 名 の 前 に 用 い ら れ る プ レ フ ィ ッ ク ス (prefix)。
volume=
string シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク を た ど る 際 に ’/’ の 前 に 用 い ら れ る プ レ フ ィ ッ ク ス 。 最 長 30 文 字 。
reserved=
value デ バ イ ス ス タ ー ト 時 の 未 使 用 ブ ロ ッ ク の 数 。 デ フ ォ ル ト は 2。
root=
value ル ー ト ブ ロ ッ ク の 位 置 を 明 示 的 に 与 え る 。
bs=
value ブ ロ ッ ク サ イ ズ を 与 え る 。 有 効 な 値 は 512, 1024, 2048, 4096 の い ず れ か 。
grpquota
/ noquota / quota / usrquota こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 指 定 可 能 で あ る が 、 単 に 無 視 さ れ る 。 (但 し 、 quota ユ ー テ ィ リ テ ィ は /etc/fstab に こ の よ う な 文 字 列 が あ る と 反 応 す る )

coherent の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

な し 。

devpts の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

devpts フ ァ イ ル シ ス テ ム は 擬 似 フ ァ イ ル シ ス テ ム で 、 通 例 と し て は /dev/pts に マ ウ ン ト さ れ る 。 プ ロ セ ス は 擬 似 端 末 (pseudo terminal) を 取 得 す る た め に 、 /dev/ptmx を オ ー プ ン す る 。 す る と そ の プ ロ セ ス は 番 号 を 通 し て 擬 似 端 末 を 使 え る よ う に な り 、 擬 似 端 末 の ス レ ー ブ に /dev/pts/<number> 経 由 で ア ク セ ス で き る よ う に な る 。
uid=
valuegid=value 新 た に 作 成 さ れ る PTY の 所 有 者 と 所 有 グ ル ー プ を 設 定 す る 。 何 も 指 定 し な い と 、 作 成 し た プ ロ セ ス の UID と GID に な る 。 例 え ば tty グ ル ー プ の GID が 5 で あ っ た と す る と 、 gid=5 と す れ ば 新 た に 作 成 さ れ た PTY は tty グ ル ー プ に 属 す る こ と に な る 。
mode=
value 新 た に 作 成 さ れ る PTY の モ ー ド を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト は 0600 で あ る 。 mode=620gid=5 を 設 定 す る と 、 新 た に 生 成 さ れ る PTY は 、 "mesg y" が デ フ ォ ル ト に な る 。

ext の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

な し 。 ’ext’ フ ァ イ ル シ ス テ ム は す で に 時 代 遅 れ で あ り 、 用 い る べ き で は な い 。 Linux バ ー ジ ョ ン 2.1.21 以 降 で は extfs は カ ー ネ ル ソ ー ス か ら 削 除 さ れ て い る 。

ext2 の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

’ext2’ フ ァ イ ル シ ス テ ム は Linux の 標 準 フ ァ イ ル シ ス テ ム で あ る 。 Linux 2.5.46 以 降 で は 、 大 部 分 の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン の デ フ ォ ル ト 値 は フ ァ イ ル シ ス テ ム の ス ー パ ー ブ ロ ッ ク で 決 定 さ れ る 。 こ の デ フ ォ ル ト 値 は tune2fs(8) で 設 定 す る こ と 。
acl
/ noacl

POSIX ア ク セ ス 制 御 リ ス ト (Access Control List) を サ ポ ー ト す る (ま た は サ ポ ー ト し な い )。

bsddf / minixdf シ ス テ ム コ ー ル statfs の 振 る 舞 い を 設 定 す る 。 minixdf を 指 定 す る と 、 返 り 値 の f_blocks フ ィ ー ル ド に フ ァ イ ル シ ス テ ム の 全 ブ ロ ッ ク 数 が 入 る よ う に な り 、 bsddf を 指 定 す る と 、 ext2 フ ァ イ ル シ ス テ ム に よ っ て 利 用 さ れ て い て 、 フ ァ イ ル の 保 存 領 域 と し て は 使 え な い ブ ロ ッ ク の 分 を 引 い た 値 が 入 る 。 デ フ ォ ル ト は bsddf。 す な わ ち 、

% mount /k -o minixdf; df /k; umount /k
Filesystem 1024-blocks Used Available Capacity Mounted on
/dev/sda6 2630655 86954 2412169 3% /k
% mount /k -o bsddf; df /k; umount /k
Filesystem 1024-blocks Used Available Capacity Mounted on
/dev/sda6 2543714 13 2412169 0% /k

(こ の 例 よ り 、 /etc/fstab の オ プ シ ョ ン に コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン を 追 加 で き る こ と も わ か る 。 )

check フ ァ イ ル シ ス テ ム

(の ブ ロ ッ ク と inode ビ ッ ト マ ッ プ ) を マ ウ

ン ト 時 に チ ェ ッ ク す る 。

check=none / nocheck マ ウ ン ト 時 に チ ェ ッ ク を 行 わ な い 。 こ れ が デ フ ォ ル ト で あ り 、 高 速 で あ る 。 e2fsck(8) を 時 折 、 例 え ば ブ ー ト 時 に 、 呼 び 出 す 方 が 賢 明 で あ る 。

debug デ バ ッ グ 情 報 を マ ウ ン ト お よ び 再 マ ウ ン ト ご と に 表 示 す る 。

errors=continue / errors=remount-ro / errors=panic エ ラ ー が 起 こ っ た と き の 振 る 舞 い を 指 定 す る 。 (エ ラ ー を 無 視 し 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム に 問 題 が あ る こ と を 記 録 だ け し て 続 け る / フ ァ イ ル シ ス テ ム を リ ー ド オ ン リ ー で マ ウ ン ト し な お す / パ ニ ッ ク を 起 こ し て シ ス テ ム を 停 止 す る ) デ フ ォ ル ト は フ ァ イ ル シ ス テ ム の ス ー パ ー ブ ロ ッ ク に 設 定 さ れ て い る 。 こ れ は tune2fs(8) を 用 い て 変 更 す る こ と が で き る 。
grpid
ま た は bsdgroups / nogrpid ま た は sysvgroups 新 し く 作 成 さ れ た フ ァ イ ル が 取 得 す る グ ル ー プ id を 指 定 す る 。 grpid が 設 定 さ れ て い る と 、 フ ァ イ ル は 作 成 さ れ た デ ィ レ ク ト リ と 同 じ グ ル ー プ id を 得 る 。 そ れ 以 外 の 場 合 フ ァ イ ル は カ レ ン ト プ ロ セ ス の fsgid を 得 る (デ フ ォ ル ト )。 た だ し デ ィ レ ク ト リ に SGID ビ ッ ト が 設 定 さ れ て い る 場 合 は 、 親 デ ィ レ ク ト リ か ら gid を 引 き 継 ぎ 、 作 成 さ れ た フ ァ イ ル が デ ィ レ ク ト リ な ら ば 、 自 分 自 身 に も SGID ビ ッ ト を 設 定 す る 。
grpquota
/ noquota / quota / usrquota こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 指 定 可 能 で あ る が 、 単 に 無 視 さ れ る 。

nobh

buffer_heads を フ ァ イ ル ペ ー ジ キ ャ ッ シ ュ に ア タ ッ チ し な い (2.5.49 以 降 )。

nouid32

32 ビ ッ ト の UID と GID を 無 効 に す る 。 こ れ は 16 ビ ッ ト で (UID や GID の ) 値 を 格 納 し た り 、 値 が 返 さ れ る こ と を 想 定 し て い る 昔 の カ ー ネ ル と の 互 換 性 の た め に あ る 。

oldalloc ま た は orlov 新 し い inode に 対 し て 、 old ア ロ ケ ー タ ま た は Orlov ア ロ ケ ー タ を 使 う 。 Orlov が デ フ ォ ル ト で あ る 。
resgid=
nresuid=n

ext2 フ ァ イ ル シ ス テ ム は 適 当 な 大 き さ の 予 約 領 域 を 持 っ て い る (デ フ ォ ル ト で は 5%。 mke2fs(8) お よ び tune2fs(8) を 見 よ )。 こ れ ら の オ プ シ ョ ン は こ の 予 約 ブ ロ ッ ク を 使 え る ユ ー ザ ー を 指 定 す る 。 す な わ ち 指 定 さ れ た uid を 持 つ ユ ー ザ ー 、 あ る い は 指 定 さ れ た グ ル ー プ に 所 属 す る ユ ー ザ ー で あ る 。

sb=n ブ ロ ッ ク

1 の 代 わ り に ブ ロ ッ ク n を ス ー パ ー ブ ロ ッ ク と し て

用 い る 。 こ の オ プ シ ョ ン は フ ァ イ ル シ ス テ ム が 損 傷 を 受 け た 場 合 に 便 利 で あ る 。 (以 前 は ス ー パ ー ブ ロ ッ ク の コ ピ ー が 8192 ブ ロ ッ ク お き に 作 成 さ れ て い た 。 つ ま り ブ ロ ッ ク 1, 8193, 16385, ... で あ る (大 き な フ ァ イ ル シ ス テ ム で は 、 こ の 数 は 数 千 に も 及 ぶ こ と が あ っ た )。 バ ー ジ ョ ン 1.08 以 降 の mke2fs で は −s オ プ シ ョ ン (sparse superblock: 疎 な ス ー パ ー ブ ロ ッ ク ) が 使 え る よ う に な り 、 バ ー ジ ョ ン 1.15 以 降 で は こ れ が デ フ ォ ル ト に な っ た 。 注 意 し て ほ し い の だ が 、 つ ま り こ れ は 、 最 近 の mke2fs で 作 成 さ れ た ext2 フ ァ イ ル シ ス テ ム は 、 Linux 2.0.* で は read/write で の mount が で き な い 、 と い う こ と で あ る 。 ) こ こ で の ブ ロ ッ ク 数 は 1k バ イ ト 単 位 を 使 う 。 よ っ て 、 4k バ イ ト ブ ロ ッ ク で フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 の 論 理 ブ ロ ッ ク 32768 を 使 い た い 場 合 は 、 "sb=131072" と す る こ と 。

user_xattr / nouser_xattr

"user." 拡 張 属 性 を サ ポ ー ト す る (ま た は サ ポ ー ト し な い )。

ext3 の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

’ext3’ フ ァ イ ル シ ス テ ム は ext2 フ ァ イ ル シ ス テ ム を 作 り 替 え た も の で 、 拡 張 と し て ジ ャ ー ナ リ ン グ 機 能 を 備 え て い る 。 ext2 と 同 じ オ プ シ ョ ン に 加 え 、 以 下 の 追 加 オ プ シ ョ ン を サ ポ ー ト し て い る 。
journal=update

ext3 フ ァ イ ル シ ス テ ム の ジ ャ ー ナ ル を 現 在 の 形 式 に 更 新 す る 。

journal=inum ジ ャ ー ナ ル が 既 に あ る 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン は 無 視 さ れ る 。 ジ ャ ー ナ ル が な い 場 合 、 ext3 フ ァ イ ル シ ス テ ム の ジ ャ ー ナ ル フ ァ イ ル を 表 す た め の i ノ ー ド の 数 を 指 定 す る 。 ext3 は 、 i ノ ー ド 数 が inum の フ ァ イ ル の 古 い 内 容 を 上 書 き し て 、 新 し い ジ ャ ー ナ ル を 作 成 す る 。

noload マ ウ ン ト 時 に

ext3 フ ァ イ ル シ ス テ ム の ジ ャ ー ナ ル を 読 み 込 ま

な い 。

data=journal / data=ordered / data=writeback フ ァ イ ル デ ー タ の ジ ャ ー ナ リ ン グ モ ー ド を 指 定 す る 。 メ タ デ ー タ は 常 に ジ ャ ー ナ ル に 書 か れ る 。 ル ー ト フ ァ イ ル シ ス テ ム に 対 し て ordered 以 外 の モ ー ド を 使 用 す る に は 、 rootflags=data=journal の よ う に し て 、 モ ー ド を ブ ー ト パ ラ メ ー タ と し て カ ー ネ ル に 渡 す 。

journal メ イ ン フ ァ イ ル シ ス テ ム よ り 前 に 、 全 て の デ ー タ が ジ ャ ー ナ ル に 記 録 さ れ る 。
ordered
こ れ が デ フ ォ ル ト の モ ー ド で あ る 。 メ タ デ ー タ が ジ ャ ー ナ ル に 記 録 さ れ る 前 に 、 全 て の デ ー タ が メ イ ン フ ァ イ ル シ ス テ ム に 直 接 書 き 出 さ れ る 。
writeback
デ ー タ の 順 番 は 保 存 さ れ な い 。 メ タ デ ー タ が ジ ャ ー ナ ル に 記 録 さ れ た 後 で 、 デ ー タ が メ イ ン フ ァ イ ル シ ス テ ム に 書 き 込 ま れ る 。 こ れ は ス ル ー プ ッ ト を 高 く す る オ プ シ ョ ン ら し い 。 こ の オ プ シ ョ ン は 内 部 フ ァ イ ル シ ス テ ム の 完 全 性 を 保 証 す る 。 し か し 、 ク ラ ッ シ ュ し た 後 の ジ ャ ー ナ ル に よ る 回 復 で 、 フ ァ イ ル が 昔 の デ ー タ に な る こ と も 許 さ れ て い る 。

commit=nrsec 全 て の デ ー タ と メ タ デ ー タ を nrsec 秒 毎 に 同 期 さ せ る 。 デ フ ォ ル ト 値 は 5 秒 で あ る 。 0 は デ フ ォ ル ト を 意 味 す る 。

fat の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

(注 意 : fat は 独 立 し た フ ァ イ ル シ ス テ ム で は な く 、 msdos, umsdos, vfat 各 フ ァ イ ル シ ス テ ム の 共 通 部 分 で あ る 。 )
blocksize=512
/ blocksize=1024 / blocksize=2048 ブ ロ ッ ク サ イ ズ を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は 512)。
uid=
valuegid=value す べ て の フ ァ イ ル の 所 有 者 と グ ル ー プ を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は カ レ ン ト プ ロ セ ス の uid と gid)。
umask=
value

umask を 設 定 す る (umask と は 許 可 属 性 の ビ ッ ト マ ス ク で 、 立 て な い ビ ッ ト を 立 て た も の )。 デ フ ォ ル ト は カ レ ン ト プ ロ セ ス の umask。 値 は 8 進 数 で 与 え る 。

dmask=value デ ィ レ ク ト リ に の み 適 用 さ れ る umask を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト は カ レ ン ト プ ロ セ ス の umask。 値 は 8 進 数 で 与 え る 。
fmask=
value 通 常 の フ ァ イ ル に の み 適 用 さ れ る umask を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト は カ レ ン ト プ ロ セ ス の umask。 値 は 8 進 数 で 与 え る 。
check=
value チ ェ ッ ク の 詳 細 さ は 3 つ の レ ベ ル か ら 選 択 で き る :

r[elaxed] 大 文 字 と 小 文 字 を 受 け 付 け 、 そ れ ぞ れ 等 価 と 見 な す 。 ロ ン グ ネ ー ム の 部 分 は 切 り 捨 て ら れ る (す な わ ち verylongname.foobarverylong.foo と な る )。 ス ペ ー ス 文 字 を 名 前 の そ れ ぞ れ の 部 分 (本 体 と 拡 張 子 ) に 用 い る こ と が で き る 。
n[ormal]

"relaxed" と 似 て い る が 、 多 く の 特 殊 文 字 (*, ?, <, ス ペ ー ス な ど ) は 用 い る こ と が で き な い 。 デ フ ォ ル ト 。

s[trict]

"normal" と 似 て い る が 、 名 前 に は 長 い 部 分 を 含 む こ と が で き な い 。 ま た Linux で は 用 い る こ と が で き る が MS-DOS で は 受 け 入 れ ら れ な い 特 殊 文 字 (+, =, ス ペ ー ス な ど ) を 用 い る こ と が で き な い 。

codepage=value

FAT や VFAT フ ァ イ ル シ ス テ ム で 、 短 い フ ァ イ ル 名 に 変 換 す る と き に 用 い る 文 字 の コ ー ド ペ ー ジ を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト で は コ ー ド ペ ー ジ 437 が 用 い ら れ る 。

conv=b[inary] / conv=t[ext] / conv=a[uto]

fat フ ァ イ ル シ ス テ ム は CRLF<-->NL (MS-DOS の テ キ ス ト フ ォ ー マ ッ ト と UNIX の テ キ ス ト フ ォ ー マ ッ ト ) の 変 換 を カ ー ネ ル で 行 う こ と が で き る 。 以 下 の 変 換 モ ー ド を 指 定 で き る :

binary 変 換 は 行 わ な い 。 デ フ ォ ル ト 。

text す べ て の フ ァ イ ル で

CRLF<-->NL の 変 換 を 行 う 。

auto 拡 張 子 を 見 て バ イ ナ リ フ ァ イ ル か ど う か 判 断 し 、 バ イ ナ リ で は な い フ ァ イ ル に 対 し て

CRLF<-->NL の 変 換 を 行 う 。 拡 張 子 の リ ス ト は fs/fat/misc.c の 先 頭 に 記 述 さ れ て い る 。 (2.0 の 段 階 で は リ ス ト は 以 下 の 通 り : exe, com, bin, app, sys, drv, ovl, ovr, obj, lib, dll, pif, arc, zip, lha, lzh, zoo, tar, z, arj, tz, taz, tzp, tpz, gz, tgz, deb, gif, bmp, tif, gl, jpg, pcx, tfm, vf, gf, pk, pxl, dvi)

lseek を 行 う プ ロ グ ラ ム は カ ー ネ ル レ ベ ル の テ キ ス ト 変 換 と 相 性 が 悪 い 。 こ の 変 換 に よ っ て デ ー タ を 台 無 し に し て し ま っ た 人 も い る の で 、 注 意 す る こ と ! バ イ ナ リ モ ー ド で マ ウ ン ト し た フ ァ イ ル シ ス テ ム に 対 し て 、 変 換 ツ ー ル (fromdos/todos) を 用 い る こ と も で き る 。

cvf_format=module 自 動 検 知 の 結 果 で は な く 、 CVF (Compressed Volume File: 圧 縮 ボ リ ュ ー ム フ ァ イ ル ) モ ジ ュ ー ル cvf_module を 使 う よ う 、 ド ラ イ バ に 強 制 す る 。 カ ー ネ ル が kmod を サ ポ ー ト し て い れ ば 、 cvf_format=xxx オ プ シ ョ ン と し て も オ ン デ マ ン ド で CVF モ ジ ュ ー ル を ロ ー ド で き る 。
cvf_option=
option

CVF モ ジ ュ ー ル に 渡 す オ プ シ ョ ン 。

debug

debug フ ラ グ を ON に す る 。 バ ー ジ ョ ン 文 字 と フ ァ イ ル シ ス テ ム の パ ラ メ ー タ が 表 示 さ れ る (こ れ ら の デ ー タ は パ ラ メ ー タ が 一 貫 し て い な い よ う な 場 合 に も 表 示 さ れ る )。

fat=12 / fat=16 / fat=32

12 ビ ッ ト fat か 16 ビ ッ ト fat か 32 ビ ッ ト fat か を 特 定 す る 。 こ れ は FAT 形 式 の 自 動 認 識 ル ー チ ン に よ る 設 定 を 上 書 き す る 。 用 い る 際 に は 注 意 す る こ と 。

iocharset=value

8 ビ ッ ト の 文 字 を 16 ビ ッ ト の Unicode 文 字 に 変 換 す る (あ る い は そ の 逆 ) と き に 用 い る 文 字 セ ッ ト (character set)。 デ フ ォ ル ト は iso8859-1 で あ る 。 長 い フ ァ イ ル 名 は 、 デ ィ ス ク に は Unicode フ ォ ー マ ッ ト で 保 存 さ れ て い る 。

quiet

quiet フ ラ グ を ON に す る 。 フ ァ イ ル を chown や chmod し よ う と し た と き に も エ ラ ー を 返 さ ず 、 単 に 失 敗 す る 。 用 い る 際 に は 注 意 す る こ と !

sys_immutable, showexec, dots, nodots, dotsOK=[yes|no]

FAT フ ァ イ ル シ ス テ ム に Unix ま た は DOS の し き た り を 強 制 し よ う と す る さ ま ざ ま な 試 み 。 お そ ら く は 用 い る べ き で な い 。

hfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

creator=cccc, type=cccc 新 し い フ ァ イ ル を 作 成 す る 際 に 、 MacOS の finder で 表 示 さ れ る ク リ エ ー タ と タ イ プ を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト 値 は ’????’ で あ る 。
uid=
n, gid=n す べ て の フ ァ イ ル の 所 有 者 と グ ル ー プ を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は カ レ ン ト プ ロ セ ス の uid と gid)。
dir_umask=
n, file_umask=n, umask=n 全 て の デ ィ レ ク ト リ ・ 全 て の 通 常 フ ァ イ ル ・ 全 て の フ ァ イ ル と デ ィ レ ク ト リ に 対 し て 使 用 さ れ る umask を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト は カ レ ン ト プ ロ セ ス の umask で あ る 。
session=
n マ ウ ン ト す る CDROM の セ ッ シ ョ ン を 選 択 す る 。 デ フ ォ ル ト で は CDROM ド ラ イ バ に 決 定 を 任 せ る 。 下 層 に あ る デ バ イ ス が CDROM で な い 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン は 失 敗 す る 。

part=n デ バ イ ス の パ ー テ ィ シ ョ ン 番 号

n を 選 択 す る 。 CDROM に 対 し

て の み 意 味 を 持 つ 。 デ フ ォ ル ト で は パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 全 く 解 釈 し な い 。

quiet 不 正 な マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン に 対 し て 苦 情 を 出 さ な い 。

hpfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

uid=valuegid=value す べ て の フ ァ イ ル の 所 有 者 と グ ル ー プ を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は カ レ ン ト プ ロ セ ス の uid と gid)。
umask=
value

umask を 設 定 す る (umask と は 許 可 属 性 の ビ ッ ト マ ス ク で 、 立 っ て い な い ビ ッ ト を 立 て た も の )。 デ フ ォ ル ト は カ レ ン ト プ ロ セ ス の umask。 値 は 8 進 数 で 与 え る 。

case=lower / case=asis す べ て の フ ァ イ ル の フ ァ イ ル 名 を 小 文 字 に 変 換 す る か 、 あ る い は そ の ま ま に す る か を 指 定 す る (デ フ ォ ル ト は case=lower)
conv=binary
/ conv=text / conv=auto

conv=text が 指 定 さ れ る と 、 フ ァ イ ル を 読 み 取 る と き に CR を 適 宜 削 除 す る (特 に NL の 前 に あ る 場 合 )。 conv=auto が 指 定 さ れ る と 、 フ ァ イ ル に よ っ て conv=binaryconv=text を 適 宜 選 択 す る 。 conv=binary が 指 定 さ れ る と 、 フ ァ イ ル を そ の ま ま 読 み 込 む 。 デ フ ォ ル ト は conv=binary

nocheck フ ァ イ ル シ ス テ ム の 整 合 性 チ ェ ッ ク に 失 敗 し て も 、 マ ウ ン ト を 中 断 し な い 。

iso9660 の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

ISO 9660 は CD-ROM で 使 わ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム 構 造 を 記 述 し て い る 。 (こ の フ ァ イ ル シ ス テ ム タ イ プ は DVD で 使 わ れ て い る こ と も あ る 。 udf フ ァ イ ル シ ス テ ム も 参 照 す る こ と 。 )

iso9660 に お け る 通 常 の フ ァ イ ル 名 は 8.3 形 式 で あ る (す な わ ち フ ァ イ ル 名 の 長 さ に 関 し て は DOS と 同 じ 制 限 )。 ま た す べ て の 文 字 は 大 文 字 で な け れ ば な ら な い 。 ま た 所 有 者 や 保 護 属 性 、 リ ン ク 数 、 ブ ロ ッ ク デ バ イ ス か キ ャ ラ ク タ デ バ イ ス か な ど を 表 す フ ィ ー ル ド も 存 在 し な い 。

Rock Ridge は iso9660 の 拡 張 で 、 上 に 示 し た unix 的 機 能 を す べ て 与 え る 。 基 本 的 に は そ れ ぞ れ の デ ィ レ ク ト リ レ コ ー ド を 拡 張 し て 、 付 加 的 な 情 報 を 与 え る も の で あ る 。 Rock Ridge が 用 い ら れ る と 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム は 通 常 の UNIX フ ァ イ ル シ ス テ ム と は 区 別 で き な く な る (も ち ろ ん リ ー ド オ ン リ ー で あ る こ と を 除 い て 、 だ が )。

norock

Rock Ridge 拡 張 が 利 用 で き る 場 合 で も こ れ を 無 効 に す る 。 map も 参 照 の こ と 。

nojoliet

Microsoft Joliet 拡 張 が 利 用 で き る 場 合 で も こ れ を 無 効 に す る 。 map も 参 照 の こ と 。

check=r[elaxed] / check=s[trict]

check=relaxed が 指 定 さ れ る と 、 フ ァ イ ル 名 は ま ず 小 文 字 に 変 換 さ れ て か ら 照 合 さ れ る 。 こ れ は norock お よ び map=normal と と も に 用 い た 場 合 に だ け 意 味 が あ る 。 (デ フ ォ ル ト は check=strict。 )

uid=valuegid=value フ ァ イ ル シ ス テ ム 中 の す べ て の フ ァ イ ル の ユ ー ザ ー id、 グ ル ー プ id を 設 定 す る 。 Rock Ridge 拡 張 で 指 定 さ れ て い る 情 報 を 上 書 き で き る 。 デ フ ォ ル ト は uid=0,gid=0
map=n[ormal]
/ map=o[ff] / map=a[corn]

Rock Ridge 拡 張 が さ れ て い な い ボ リ ュ ー ム に 対 し て normal が 指 定 さ れ る と 、 フ ァ イ ル 名 の 大 文 字 が 小 文 字 の ASCII に マ ッ プ さ れ 、 最 後 の ’;1’ は 削 除 さ れ 、 ’;’ は す べ て ’.’ に 変 換 さ れ る 。 map=off が 指 定 さ れ る と 、 フ ァ イ ル 名 の 変 換 は 行 わ な い 。 norockを 見 よ 。 デ フ ォ ル ト は map=normalmap=acornmap=normal と 似 て い る が 、 Acorn 拡 張 が あ れ ば そ れ を 適 用 す る 。

mode=value

Rock Ridge 拡 張 が さ れ て い な い ボ リ ュ ー ム に 対 し て 、 す べ て の フ ァ イ ル の モ ー ド を 指 定 さ れ た 値 に す る 。 デ フ ォ ル ト は 、 す べ て の ユ ー ザ ー に 対 す る 読 み 込 み 属 性 。 Linux 2.1.37 以 降 で は 、 10 進 数 を 用 い な く て も 良 く な っ た (0 で 始 ま る 数 値 は 8 進 数 と み な さ れ る )。

unhide

hidden 属 性 の フ ァ イ ル や 、 そ れ に 関 連 付 け ら れ た フ ァ イ ル も 表 示 す る 。 (通 常 の フ ァ イ ル が そ れ に 関 連 付 け ら れ た フ ァ イ ル ま た は hidden 属 性 の フ ァ イ ル と 同 じ フ ァ イ ル 名 で あ る 場 合 、 通 常 の フ ァ イ ル は ア ク セ ス で き な く な る 。 )

block=[512|1024|2048] ブ ロ ッ ク サ イ ズ を 指 定 す る 。 デ フ ォ ル ト は block=1024
conv=a[uto]
/ conv=b[inary] / conv=m[text] / conv=t[ext] デ フ ォ ル ト は conv=binary。 Linux 1.3.54 以 降 で は 、 こ の オ プ シ ョ ン は 無 効 と な っ た 。 ま た そ れ 以 前 で も binary 以 外 の 設 定 は 非 常 に 危 険 で あ り 、 原 因 不 明 の デ ー タ 破 壊 を 引 き 起 こ す こ と が あ る 。

cruft フ ァ イ ル サ イ ズ の 上 位 バ イ ト が ゴ ミ を 含 ん で い る 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る こ と で 上 位 バ イ ト を 無 視 で き る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と 、 フ ァ イ ル の 大 き さ は

16MB に 制 限 さ れ る 。
session=
x マ ル チ セ ッ シ ョ ン CD で の セ ッ シ ョ ン 数 を 選 択 す る (2.3.4 以 降 )。
sbsector=
xxx セ ッ シ ョ ン を セ ク タ xxx か ら 始 め る (2.3.4 以 降 )。 以 下 の オ プ シ ョ ン は vfat の も の と 同 じ で 、 Microsoft Joliet 拡 張 で エ ン コ ー ド さ れ た デ ィ ス ク を 使 う と き に し か 意 味 が な い 。
iocharset=
value

CD 上 の 16 ビ ッ ト の Unicode 文 字 を 8 ビ ッ ト の 文 字 に 変 換 す る と き に 用 い る 文 字 セ ッ ト 。 デ フ ォ ル ト は iso8859-1 で あ る 。

utf8

CD 上 の 16 ビ ッ ト の Unicode 文 字 を UTF-8 に 変 換 す る 。

jfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

iocharset=name

Unicode か ら ASCII に 変 換 す る 際 に 使 う 文 字 セ ッ ト 。 デ フ ォ ル ト で は 変 換 を 行 わ な い 。 UTF8 変 換 を 行 う 場 合 は 、 iocharset=utf8 を 使 う こ と 。 こ れ を 行 う に は 、 カ ー ネ ル の .config フ ァ イ ル に CONFIG_NLS_UTF8 が 設 定 さ れ て い る 必 要 が あ る 。

resize=value ボ リ ュ ー ム を value ブ ロ ッ ク に 変 更 す る 。 JFS で は ボ リ ュ ー ム を 増 や す こ と の み が サ ポ ー ト さ れ て お り 、 減 ら す こ と は サ ポ ー ト さ れ て い な い 。 ボ リ ュ ー ム が 読 み 書 き 可 能 で マ ウ ン ト さ れ て い る 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン は 再 マ ウ ン ト の 間 の み 有 効 で あ る 。 resize キ ー ワ ー ド に 値 を 指 定 し な い と 、 ボ リ ュ ー ム は パ ー テ ィ シ ョ ン の 最 大 サ イ ズ ま で 増 や さ れ る 。
nointegrity
ジ ャ ー ナ ル に 書 き 込 ま な い 。 こ の オ プ シ ョ ン の 主 な 目 的 は 、 バ ッ ク ア ッ プ メ デ ィ ア か ら ボ リ ュ ー ム を 復 旧 す る 際 に 、 性 能 の 向 上 を 可 能 に す る こ と で あ る 。 シ ス テ ム が 異 常 終 了 し た 場 合 、 ボ リ ュ ー ム の 完 全 性 は 保 証 さ れ な い 。
integrity
デ フ ォ ル ト 。 メ タ デ ー タ の 変 更 を ジ ャ ー ナ ル に 記 録 す る 。 以 前 に nointegrity オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ た ボ リ ュ ー ム を 通 常 の 状 態 に 戻 す た め に 再 マ ウ ン ト す る と き は 、 こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 す る こ と 。
errors=continue
/ errors=remount-ro / errors=panic エ ラ ー が 起 こ っ た と き の 振 る 舞 い を 指 定 す る 。 (エ ラ ー を 無 視 し 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム に 問 題 が あ る こ と を 記 録 だ け し て 続 け る / フ ァ イ ル シ ス テ ム を リ ー ド オ ン リ ー で マ ウ ン ト し な お す / パ ニ ッ ク を 起 こ し て シ ス テ ム を 停 止 す る )
noquota
/ quota / usrquota / grpquota こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 指 定 可 能 で あ る が 、 単 に 無 視 さ れ る 。

minix の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

な し 。

msdos の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

fat の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン を 見 よ 。 msdos フ ァ イ ル シ ス テ ム に 不 整 合 が 発 見 さ れ る と エ ラ ー が 報 告 さ れ 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム は リ ー ド オ ン リ ー と な る 。 再 マ ウ ン ト す る こ と に よ っ て 書 き 込 み 可 能 に す る こ と が で き る 。

ncpfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

nfs と 同 様 に 、 ncpfs の 実 装 で は mount シ ス テ ム コ ー ル の 際 に バ イ ナ リ の 引 き 数 (struct ncp_mount_data) を 用 い る 。 こ の 引 き 数 は ncpmount(8) に よ っ て 渡 す こ と が で き る 。 現 在 の バ ー ジ ョ ン の mount (2.12) は ncpfs を 扱 う こ と が で き な い 。

nfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

通 常 の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン に は カ ー ネ ル に よ っ て 解 釈 さ れ る 逐 語 的 な 文 字 列 を 用 い る が 、 nfs フ ァ イ ル シ ス テ ム で は struct nfs_mount_data と 言 う 型 の バ イ ナ リ 引 き 数 で オ プ シ ョ ン を 渡 す 。 mount プ ロ グ ラ ム は 以 下 の ’tag=value’ 形 式 の オ プ シ ョ ン を 解 釈 し 、 そ の 内 容 を 上 の 構 造 体 に 代 入 す る 。 rsize=n, wsize=n, timeo=n, retrans=n, acregmin=n, acregmax=n, acdirmin=n, acdirmax=n, actimeo=n, retry=n, port=n, mountport=n, mounthost=name, mountprog=n, mountvers=n, nfsprog=n, nfsvers=n, namlen=n. オ プ シ ョ ン addr=n は 指 定 可 能 で あ る が 単 に 無 視 さ れ る 。 以 下 の オ プ シ ョ ン は ブ ー ル 値 で 指 定 す る 。 no を 前 置 す る こ と も で き 、 そ の 場 合 は 真 偽 が 反 転 す る 。 bg, fg, soft, hard, intr, posix, cto, ac, tcp, udp, lock. こ れ ら の 詳 細 に 関 し て は nfs(5) を 見 よ 。 特 に 便 利 な オ プ シ ョ ン を い く つ か 以 下 に 示 す 。

rsize=8192,wsize=8192 こ の 指 定 を す る と nfs コ ネ ク シ ョ ン は 高 速 に な る 。 デ フ ォ ル ト の バ ッ フ ァ サ イ ズ は 4096。 (NFSv2 は rsizewsize が あ ま り 大 き い と 動 作 し な い 。 )

hard サ ー バ ー が ク ラ ッ シ ュ し た と き 、

NFS マ ウ ン ト さ れ た フ ァ イ ル

シ ス テ ム 上 の フ ァ イ ル に ア ク セ ス し て い る プ ロ グ ラ ム は ハ ン グ す る 。 intr を 同 時 に 指 定 し て い な け れ ば 、 プ ロ セ ス は interrupt / kill で き な い 。 NFS サ ー バ が 再 び 接 続 可 能 に な る と 、 プ ロ グ ラ ム は そ の 時 点 か ら 何 も な か っ た よ う に 再 開 す る 。 こ ち ら を 指 定 し て お く と 良 い 場 合 が 大 部 分 で あ ろ う 。

soft こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と

nfs サ ー バ が し ば ら く 反 応 し な く

な っ た と き 、 カ ー ネ ル は タ イ ム ア ウ ト 動 作 を す る よ う に な る 。 時 間 の 長 さ は timeo=time で 指 定 で き る 。 こ の オ プ シ ョ ン は 、 プ ロ セ ス が サ ー バ か ら フ ァ イ ル を get す る と き に nfs サ ー バ が と き ど き 反 応 し な く な っ た り 、 リ ブ ー ト し た り す る 場 合 に 指 定 す る と 有 効 か も し れ な い 。 通 常 は ト ラ ブ ル の 原 因 に な る 場 合 が ほ と ん ど だ ろ う 。

nolock ロ ッ ク 動 作 を 行 わ な い 。

lockd を 起 動 し な い 。

ntfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

iocharset=name フ ァ イ ル 名 を 返 す と き に 用 い る 文 字 セ ッ ト 。 VFAT と は 異 な り 、 NTFS は 変 換 で き な い 文 字 を 含 む 名 前 を 抑 制 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン は 推 奨 さ れ な い 。
nls=
name 以 前 は iocharset と い う 名 前 で あ っ た オ プ シ ョ ン の 新 し い 名 前 。

utf8 フ ァ イ ル 名 の 変 換 に

UTF-8 を 用 い る 。

uni_xlate=[0|1|2]

0 (ま た は ’no’ ま た は ’false’) と す る と 、 不 明 な Unicode 文 字 に 対 し て エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 わ な い 。 1 (ま た は ’yes’ ま た は ’true’) ま た は 2 と す る と 、 ":" で 始 ま る VFAT ス タ イ ル の 4 バ イ ト の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 用 い る 。 2 の 場 合 は 、 も と の フ ァ イ ル 名 を リ ト ル エ ン デ ィ ア ン と み な し て エ ン コ ー ド す る 。 1 の 場 合 は 、 も と の フ ァ イ ル 名 を バ イ ト 順 が 入 れ 換 え ら れ た ビ ッ グ エ ン デ ィ ア ン と み な し て エ ン コ ー ド す る 。

posix=[0|1] 有 効 に な っ て い る (posix=1) と 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム は 大 文 字 小 文 字 を 区 別 す る 。 こ の 場 合 に は 8.3 形 式 の 別 名 が ハ ー ド リ ン ク と し て 実 現 さ れ る 。
uid=
valuegid=value, umask=value フ ァ イ ル シ ス テ ム に あ る フ ァ イ ル の 許 可 属 性 を 設 定 す る 。 umask の 値 は 8 進 数 で 指 定 す る 。 デ フ ォ ル ト で は フ ァ イ ル は root が 所 有 し 、 他 の ユ ー ザ ー か ら は 読 み 取 り 不 可 に な っ て い る 。

proc の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

uid=valuegid=value こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 指 定 可 能 で あ る が 、 私 の 知 る 限 り 効 力 は な い 。

ramfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

ramfs は メ モ リ ベ ー ス の フ ァ イ ル シ ス テ ム で あ る 。 マ ウ ン ト す れ ば 使 用 す る こ と が で き る 。 ア ン マ ウ ン ト す る と 内 容 は 消 え て し ま う 。 Linux 2.3.99pre4 以 降 で 存 在 す る 。 マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン は な い 。

reiserfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

reiserfs は ジ ャ ー ナ リ ン グ フ ァ イ ル シ ス テ ム で あ る 。 reiserfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン は http://www.namesys.com/mount-options.html で も っ と 完 全 に 説 明 さ れ て い る 。

conv バ ー ジ ョ ン

3.6 の reiserfs ソ フ ト ウ ェ ア に バ ー ジ ョ ン 3.5

の フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト さ せ る 。 新 し く 作 成 さ れ た オ ブ ジ ェ ク ト に は 3.6 の 形 式 が 使 わ れ る 。 こ の よ う に し た フ ァ イ ル シ ス テ ム は reiserfs 3.5 の ツ ー ル と は 互 換 性 が な く な る 。

hash=rupasov / hash=tea / hash=r5 / hash=detect

reiserfs が デ ィ レ ク ト リ 内 で フ ァ イ ル を 見 付 け る の に 、 ど の ハ ッ シ ュ 関 数 を 使 う か を 選 択 す る 。
rupasov

Yury Yu. Rupasov が 発 明 し た ハ ッ シ ュ 。 こ の ハ ッ シ ュ は 高 速 で あ り 、 辞 書 順 で 近 い フ ァ イ ル 名 を 近 い ハ ッ シ ュ 値 に 対 応 づ け る こ と で 近 接 関 係 (locality) が 保 存 さ れ る 。 高 い 確 率 で ハ ッ シ ュ の 衝 突 が 起 こ る の で 、 こ の オ プ シ ョ ン は 使 う べ き で は な い 。

tea

Jeremy Fitzhardinge が 実 装 し た Davis-Meyer 関 数 。 ハ ッ シ ュ 名 に ハ ッ シ ュ 置 換 ビ ッ ト を 使 う 。 ラ ン ダ ム 性 が 高 い の で 、 使 用 さ れ る CPU コ ス ト に 対 し て ハ ッ シ ュ 衝 突 の 確 率 が 低 い 。 こ の オ プ シ ョ ン は 、 r5 ハ ッ シ ュ で EHASHCOLLISION エ ラ ー が 起 こ る 場 合 に 使 わ れ る 。

r5

rupasov ハ ッ シ ュ の 修 正 版 。 デ フ ォ ル ト で は こ れ が 使 用 さ れ 、 非 常 に 多 く の デ ィ レ ク ト リ や 変 わ っ た フ ァ イ ル 名 の パ タ ー ン が フ ァ イ ル シ ス テ ム に な い 限 り 、 も っ と も 良 い 選 択 肢 で あ る 。

detect

現 在 マ ウ ン ト さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム を mount コ マ ン ド に 調 べ さ せ 、 ど の ハ ッ シ ュ 関 数 が 使 わ れ て い る か を 検 出 (detect) さ せ る 。 さ ら に 、 こ の 情 報 を reiserfs の ス ー パ ー ブ ロ ッ ク に 書 き 込 ま せ る 。 古 い 形 式 の フ ァ イ ル シ ス テ ム を 初 め て マ ウ ン ト す る と き に の み 役 立 つ 。

hashed_relocation ブ ロ ッ ク ア ロ ケ ー タ を 有 効 に す る 。 あ る 状 況 下 で は 性 能 の 向 上 が 見 ら れ る か も し れ な い 。
noborder

Yury Yu. Rupasov が 発 明 し た 境 界 ア ロ ケ ー タ ア ル ゴ リ ズ ム を 無 効 に す る 。 あ る 状 況 下 で は 性 能 の 向 上 が 見 ら れ る か も し れ な い 。

nolog ジ ャ ー ナ リ ン グ を 無 効 に す る 。

reiserfs が 持 つ ク ラ ッ シ ュ か

ら の 高 速 な 回 復 は 失 わ れ る が 、 あ る 状 況 下 で は 僅 か な 性 能 の 向 上 が 見 ら れ る 。 こ の オ プ シ ョ ン が 有 効 に な っ て い る 場 合 で も 、 reiserfs は 、 ジ ャ ー ナ リ ン グ 領 域 へ の 実 際 の 書 き 込 み を 保 存 す る と い っ た 全 て の ジ ャ ー ナ リ ン グ 操 作 を 行 っ て い る 。 nolog の 実 装 は 進 行 中 の 作 業 で あ る 。

notail デ フ ォ ル ト で は 、

reiserfs は 小 さ な フ ァ イ ル や 「 フ ァ イ ル の 末

尾 」 を ツ リ ー の 中 に 直 接 格 納 す る 。 こ れ が LILO(8) の よ う な ユ ー テ ィ リ テ ィ を 混 乱 さ せ て し ま う 。 こ の オ プ シ ョ ン は フ ァ イ ル を ツ リ ー の 中 に 格 納 さ せ な い よ う に す る 。

replayonly ジ ャ ー ナ ル に あ る ト ラ ン ザ ク シ ョ ン を や り 直 さ せ る 。 実 際 に は フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト し な い 。 主 に reiserfsck が 使 う 。
resize=
number

reiserfs パ ー テ ィ シ ョ ン の オ ン ラ イ ン で の 領 域 拡 張 を 許 可 す る 再 マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン 。 そ の デ バ イ ス が number ブ ロ ッ ク 数 で あ る と reiserfs に 仮 定 さ せ る 。 こ の オ プ シ ョ ン は 、 論 理 的 な ボ リ ュ ー ム 管 理 (LVM) 下 に あ る デ バ イ ス に 対 し て 使 う よ う に 設 計 さ れ て い る 。 ftp://ftp.namesys.com/pub/reiserfsprogs か ら 特 別 な resizer ユ ー テ ィ リ テ ィ が 取 得 で き る 。

romfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

な し 。

smbfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

nfs と 同 様 に 、 smbfs の 実 装 は mount シ ス テ ム コ ー ル に バ イ ナ リ の 引 き 数 (struct smb_mount_data) を 用 い る 。 こ の 引 き 数 は smbmount(8) に よ っ て 渡 す こ と が で き る 。 現 在 の バ ー ジ ョ ン の mount (2.12) は smbfs を 扱 う こ と が で き な い 。

sysv の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

な し 。

tmpfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

以 下 の パ ラ メ ー タ に は 、 Ki, Mi, Gi (バ イ ナ リ の キ ロ ・ メ ガ ・ ギ ガ ) を 表 す サ フ ィ ッ ク ス k, m, g を つ け る こ と が で き る 。 ま た 再 マ ウ ン ト の と き に 変 更 す る こ と も で き る 。

size=nbytes フ ァ イ ル シ ス テ ム の デ フ ォ ル ト の 最 大 サ イ ズ を 上 書 き す る 。 サ イ ズ は バ イ ト で 指 定 さ れ 、 ペ ー ジ 単 位 に な る よ う に 切 り 捨 て ら れ る 。 デ フ ォ ル ト は メ モ リ サ イ ズ の 半 分 で あ る 。
nr_blocks=
ブ ロ ッ ク 数 を 設 定 す る 。
nr_inodes=

inode 数 を 設 定 す る 。

mode= ル ー ト デ ィ レ ク ト リ の 最 初 の 許 可 属 性 を 設 定 す る 。

udf の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

udf は Optical Storage Technology Association で 定 義 さ れ て い る "Universal Disk Format" フ ァ イ ル シ ス テ ム で あ り 、 DVD-ROM で 多 く 使 用 さ れ る 。 iso9660 も 参 照 す る こ と 。

gid= デ フ ォ ル ト の グ ル ー プ を 設 定 す る 。

umask= デ フ ォ ル ト の

umask を 設 定 す る 。 値 は 8 進 数 で 指 定 す る 。

uid= デ フ ォ ル ト の ユ ー ザ ー を 設 定 す る 。

unhide 隠 し フ ァ イ ル も 見 せ る 。

undelete 削 除 さ れ た フ ァ イ ル も リ ス ト に 見 せ る 。
nostrict
厳 密 に 適 合 さ せ な い 。
iocharset

NLS 文 字 セ ッ ト を 設 定 す る 。

bs= ブ ロ ッ ク サ イ ズ を 設 定 す る

(2048 以 外 で は 動 作 し な い )。

novrs ボ リ ュ ー ム シ ー ケ ン ス の 確 認

を ス キ ッ プ す る 。

session=

CDROM セ ッ シ ョ ン の カ ウ ン ト を 0 か ら 始 め る 。 デ フ ォ ル ト は 最 終 セ ッ シ ョ ン 。

anchor= 標 準 の ア ン カ ー の 位 置 を 上 書 き す る 。 デ フ ォ ル ト は 256。
volume=

VolumeDesc の 位 置 を 上 書 き す る (未 実 装 )。

partition=

PartitionDesc の 位 置 を 上 書 き す る (未 実 装 )。

lastblock= フ ァ イ ル シ ス テ ム の 最 終 ブ ロ ッ ク を 設 定 す る 。
fileset=

fileset ブ ロ ッ ク の 位 置 を 上 書 き す る (未 実 装 )。

rootdir= ル ー ト デ ィ レ ク ト リ の 位 置 を 上 書 き す る (未 実 装 )。

ufs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

ufstype=value

UFS は 他 の OS で 広 く 用 い ら れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム で あ る 。 た だ し 実 装 が OS に よ っ て 異 な っ て い る の が 問 題 で あ る 。 あ る 種 の 実 装 に お け る 機 能 に は 文 書 化 さ れ て い な い も の が あ り 、 ufs の 形 式 を 自 動 的 に 認 識 す る の は 難 し い 。 し た が っ て ユ ー ザ ー は ufs の 形 式 を マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン で 指 定 し な け れ ば な ら な い 。 指 定 で き る 値 は 以 下 の 通 り :

old

ufs の 古 い 形 式 。 こ れ が デ フ ォ ル ト で 、 リ ー ド オ ン リ ー (−r オ プ シ ョ ン を 忘 れ ず に 指 定 す る こ と )。

44bsd

BSD ラ イ ク な シ ス テ ム (NetBSD, FreeBSD, OpenBSD) で 作 ら れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム に 用 い る 。

sun

SunOS や Solaris on Sparc で 作 ら れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム に 用 い る 。

sunx86

Solaris on x86 で 作 ら れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム に 用 い る 。

hp

HP-UX で 作 ら れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム に 用 い る 。 リ ー ド オ ン リ ー 。

nextstep

(NeXT ス テ ー シ ョ ン の ) NeXTStep で 作 ら れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム に 用 い る (現 在 は リ ー ド オ ン リ ー )。

nextstep-cd

NeXTStep CDROM (block_size == 2048) に 用 い る 。 リ ー ド オ ン リ ー 。

openstep

OpenStep で 作 ら れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム に 用 い る (現 在 は リ ー ド オ ン リ ー )。 同 じ フ ァ イ ル シ ス テ ム が Mac OS X で も 使 わ れ て い る 。

onerror=value エ ラ ー 時 の 振 る 舞 い を 設 定 す る :

panic エ ラ ー が 起 こ っ た ら カ ー ネ ル パ ニ ッ ク を 起 こ す 。

[lock|umount|repair] 現 在 の と こ ろ は こ れ ら の オ プ シ ョ ン は な に も し な い 。 エ ラ ー が 起 こ る と コ ン ソ ー ル メ ッ セ ー ジ が 表 示 さ れ る だ け で あ る 。

umsdos の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

msdos の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン を 見 よ 。 dotsOK オ プ シ ョ ン は umsdos で は 当 然 無 効 で あ る 。

vfat の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

ま ず fat の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン が 認 識 さ れ る 。 dotsOK オ プ シ ョ ン は vfat で は 当 然 無 効 で あ る 。 さ ら に 以 下 の オ プ シ ョ ン が 存 在 す る 。

uni_xlate 扱 う こ と の で き な い Unicode 文 字 を 特 殊 な エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス に 変 換 す る 。 こ れ は Unicode 文 字 を 含 む フ ァ イ ル を バ ッ ク ア ッ プ 、 レ ス ト ア す る の に 用 い る こ と が で き る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 し な い と 、 変 換 で き な い 場 合 に は ’?’ が 用 い ら れ る 。 エ ス ケ ー プ 文 字 に は ’:’ が 用 い ら れ る (こ れ は 通 常 vfat フ ァ イ ル シ ス テ ム で は 用 い る こ と の で き な い 文 字 で あ る た め )。 用 い ら れ る エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は u を Unicode 文 字 と す る と 以 下 の 通 り 。 ’:’, (u & 0x3f), ((u>>6) & 0x3f), (u>>12)。

posix 大 文 字 か 小 文 字 か だ け が 異 な る

2 つ の フ ァ イ ル 名 を 識 別 で き る

よ う に す る 。

nonumtail

name~num.ext を 用 い る 前 に 、 ま ず シ ー ケ ン ス 番 号 の な い 短 縮 名 に 変 換 し よ う と す る 。

utf8

UTF8 は 、 コ ン ソ ー ル で 用 い ら れ る Unicode の 8 ビ ッ ト エ ン コ ー ド に 対 し て 安 全 な フ ァ イ ル シ ス テ ム で あ る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と UTF8 が 有 効 に な る 。 ’uni_xlate’ が 設 定 さ れ て い る と UTF8 は 無 効 に な る 。

shortname=[lower|win95|winnt|mixed]

8.3 形 式 の 文 字 列 に 合 う よ う な フ ァ イ ル 名 を 生 成 し た り 表 示 し た り す る 動 作 を 定 義 す る 。 フ ァ イ ル に ロ ン グ ネ ー ム が あ る 場 合 は 、 い つ で も 指 定 さ れ た 動 作 で 表 示 す る 。 以 下 の 4 つ の モ ー ド が あ る :

lower シ ョ ー ト ネ ー ム を 表 示 す る 際 に 小 文 字 に す る 。 シ ョ ー ト ネ ー ム に 小 文 字 が 含 ま れ る 場 合 は 、 ロ ン グ ネ ー ム で 生 成 す る 。

win95 シ ョ ー ト ネ ー ム を 表 示 す る 際 に 大 文 字 に す る 。 シ ョ ー ト ネ ー ム に 小 文 字 が 含 ま れ る 場 合 は 、 ロ ン グ ネ ー ム で 生 成 す る 。

winnt シ ョ ー ト 名 を そ の ま ま 表 示 す る 。 シ ョ ー ト ネ ー ム が 全 て 小 文 字 ま た は 全 て 大 文 字 で な い 場 合 は 、 ロ ン グ ネ ー ム で 生 成 す る 。

mixed シ ョ ー ト 名 を そ の ま ま 表 示 す る 。 シ ョ ー ト ネ ー ム に 小 文 字 が 含 ま れ る 場 合 は 、 ロ ン グ ネ ー ム で 生 成 す る 。 デ フ ォ ル ト は

"lower" で あ る 。

usbfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

devuid=uid, devgid=gid, devmode=mode

usbfs フ ァ イ ル シ ス テ ム に あ る デ バ イ ス フ ァ イ ル の 所 有 者 ・ グ ル ー プ ・ モ ー ド を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は uid=gid=0, mode=0644)。 こ の モ ー ド は 8 進 数 で 指 定 す る 。

busuid=uid, busgid=gid, busmode=mode

usbfs フ ァ イ ル シ ス テ ム に あ る バ ス デ ィ レ ク ト リ の 所 有 者 ・ グ ル ー プ ・ モ ー ド を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は uid=gid=0, mode=0555)。 こ の モ ー ド は 8 進 数 で 指 定 す る 。

listuid=uid, listgid=gid, listmode=mode フ ァ イ ル devices の 所 有 者 ・ グ ル ー プ ・ モ ー ド を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト は uid=gid=0, mode=0444)。 こ の モ ー ド は 8 進 数 で 指 定 す る 。

xenix の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

な し 。

xfs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

biosize=size バ ッ フ ァ さ れ る I/O サ イ ズ を 設 定 す る (デ フ ォ ル ト の サ イ ズ は 64K)。 size は 、 希 望 す る I/O サ イ ズ の (基 数 2 の ) 対 数 で 表 さ な け れ ば な ら な い 。 こ の オ プ シ ョ ン に 指 定 さ れ る 有 効 な 値 は 14 〜 16 で あ る (つ ま り 、 16K, 32K, 64K バ イ ト で あ る )。 ペ ー ジ サ イ ズ が 4K バ イ ト の マ シ ン で は 、 13 (8K バ イ ト ) も size と し て 有 効 で あ る 。 バ ッ フ ァ さ れ る I/O サ イ ズ は 、 ioctl(2) シ ス テ ム コ ー ル を 使 っ て 、 各 フ ァ イ ル 単 位 で 変 更 す る こ と も で き る 。
dmapi / xdsm

DMAPI (Data Management API, デ ー タ 管 理 API) イ ベ ン ト 呼 び 出 し を 有 効 に す る 。

logbufs=value メ モ リ 内 ロ グ バ ッ フ ァ の 数 を 指 定 す る 。 有 効 な 数 値 は 2 〜 8 の 範 囲 で あ る 。 デ フ ォ ル ト の 値 は 、 ブ ロ ッ ク サ イ ズ が 64K の フ ァ イ ル シ ス テ ム に は 8 バ ッ フ ァ 、 ブ ロ ッ ク サ イ ズ が 23K の フ ァ イ ル シ ス テ ム に は 4 バ ッ フ ァ 、 ブ ロ ッ ク サ イ ズ が 16K の フ ァ イ ル シ ス テ ム に は 3 バ ッ フ ァ 、 他 の 設 定 で は 2 バ ッ フ ァ で あ る 。 バ ッ フ ァ 数 を 増 や す と 、 同 じ 実 行 負 荷 に 対 し て 性 能 が 良 く な る 。 し か し 、 追 加 さ れ る ロ グ バ ッ フ ァ と そ れ に 関 連 す る 制 御 構 造 体 で 使 わ れ る メ モ リ の コ ス ト が か か る 。
logbsize=
value 各 メ モ リ 内 ロ グ バ ッ フ ァ の サ イ ズ を 設 定 す る 。 有 効 な サ イ ズ は 16384 (16K) と 32768 (32K) で あ る 。 デ フ ォ ル ト の 値 は 、 32MB 以 上 の メ モ リ を 持 つ マ シ ン で は 32768 で あ る 。 そ れ 以 下 の マ シ ン で は 16384 が デ フ ォ ル ト で あ る 。
logdev=
devicertdev=device 外 部 ロ グ (メ タ デ ー タ ジ ャ ー ナ ル ) と リ ア ル タ イ ム デ バ イ ス の 両 方 ま た は 片 方 を 使 う 。 XFS フ ァ イ ル シ ス テ ム に は 、 デ ー タ セ ク シ ョ ン ・ ロ グ セ ク シ ョ ン ・ リ ア ル タ イ ム セ ク シ ョ ン の 3 つ の 部 分 が あ る 。 リ ア ル タ イ ム セ ク シ ョ ン は 省 略 す る こ と が で き る 。 ロ グ セ ク シ ョ ン は デ ー タ セ ク シ ョ ン と 分 離 す る こ と も 、 デ ー タ セ ク シ ョ ン に 含 め る こ と も で き る 。 xfs(5) を 参 照 す る こ と 。
noalign
デ ー タ 割 り 当 て を ス ト ラ イ プ ユ ニ ッ ト 境 界 に 配 置 し な い 。
noatime
フ ァ イ ル を 読 み 込 ん だ と き に 、 タ イ ム ス タ ン プ を 更 新 し な い 。
norecovery
ロ グ を 使 っ た 回 復 を 実 行 せ ず に フ ァ イ ル シ ス テ ム を マ ウ ン ト す る 。 フ ァ イ ル シ ス テ ム が 正 常 に ア ン マ ウ ン ン ト さ れ な か っ た 場 合 に 、 norecovery モ ー ド で マ ウ ン ト さ れ る と 、 不 整 合 が 起 こ り や す い 。 そ の た め 、 い く つ か の フ ァ イ ル や デ ィ レ ク ト リ に ア ク セ ス で き な い か も し れ な い 。 norecovery で マ ウ ン ト さ れ る フ ァ イ ル シ ス テ ム は 、 リ ー ド オ ン リ ー で マ ウ ン ト し な け れ ば な ら な い 。 さ も な け れ ば 、 マ ウ ン ト に 失 敗 す る だ ろ う 。

nouuid フ ァ イ ル シ ス テ ム

uuid を 無 視 す る 。 こ れ は 重 複 す る uuid に

よ る エ ラ ー を 回 避 す る 。

osyncisdsync

O_SYNC フ ラ グ を 設 定 し て オ ー プ ン し た フ ァ イ ル に 、 O_DSYNC フ ラ グ が 使 わ れ た 場 合 と 同 じ 動 作 で 書 き 込 む 。 デ ー タ の 安 全 性 を 危 険 に 晒 す こ と な く 、 よ り よ い 性 能 が 得 ら れ る 。 し か し 、 こ の オ プ シ ョ ン が 有 効 に な っ て い る 場 合 、 シ ス テ ム が ク ラ ッ シ ュ す る と 、 O_SYNC 書 き 込 み に よ る タ イ ム ス タ ン プ の 更 新 が 失 わ れ る 。

quota / usrquota / uqnoenforce ユ ー ザ ー デ ィ ス ク quota の ア カ ウ ン ト を 有 効 に し て 、 制 限 を (オ プ シ ョ ン と し て ) 守 ら せ る 。
grpquota
/ gqnoenforce グ ル ー プ デ ィ ス ク quota の ア カ ウ ン ト を 有 効 に し て 、 制 限 を (オ プ シ ョ ン と し て ) 守 ら せ る 。
sunit=
valueswidth=value

RAID デ バ イ ス の ス ト ラ イ プ ユ ニ ッ ト と 幅 を 指 定 す る 。 ま た は 、 ス ト ラ イ プ ボ リ ュ ー ム を 指 定 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ て い な い 場 合 、 mkfs の 時 に RAID デ バ イ ス に 対 し て ス ト ラ イ プ ボ リ ュ ー ム ・ 幅 ・ ユ ニ ッ ト を 指 定 し て フ ァ イ ル シ ス テ ム が 作 成 さ れ て い れ ば 、 mount シ ス テ ム コ ー ル は 値 を ス ー パ ー ブ ロ ッ ク か ら 取 り 出 す 。 RAID デ バ イ ス 上 に 直 接 作 成 さ れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム で は 、 ス ー パ ー ブ ロ ッ ク に あ る 情 報 を 上 書 き す る た め に 、 こ れ ら の オ プ シ ョ ン を 使 う こ と が で き る 。 た だ し 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム が 作 成 さ れ た 後 で 、 下 層 に あ る デ ィ ス ク レ イ ア ウ ト が 変 更 さ れ る 場 合 。 sunit オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ た 場 合 、 swidth が 必 要 で あ る 。 swidthsunit の 値 の 倍 数 で な け れ ば な ら な い 。

xiafs の マ ウ ン ト オ プ シ ョ ン

な し 。 xiafs は 特 に 欠 点 の な い フ ァ イ ル シ ス テ ム で あ る が 、 あ ま り 用 い ら れ て お ら ず 、 メ ン テ ナ ン ス さ れ て い な い 。 お そ ら く 用 い な い 方 が 良 い だ ろ う 。 Linux の バ ー ジ ョ ン 2.1.21 以 降 で は xiafs は カ ー ネ ル ソ ー ス か ら 削 除 さ れ た 。

loop デ バ イ ス

残 っ た タ イ プ と し て も う 1 つ 、 loop デ バ イ ス を 用 い た マ ウ ン ト が あ る 。 例 え ば 以 下 の コ マ ン ド

mount /tmp/fdimage /mnt -t msdos -o loop=/dev/loop3,blocksize=1024 は loop デ バ イ ス /dev/loop3 を フ ァ イ ル /tmp/fdimage に 関 連 付 け 、 そ し て こ の デ バ イ ス を /mnt に マ ウ ン ト す る 。 こ の タ イ プ の マ ウ ン ト の 際 に は 3 つ の オ プ シ ョ ン が 指 定 で き る 。 loop, offset, encryption で あ る 。 こ れ ら は 実 際 に は losetup(8) の オ プ シ ョ ン で あ る 。 (こ れ ら の オ プ シ ョ ン は フ ァ イ ル シ ス テ ム タ イ プ に 固 有 の オ プ シ ョ ン の 他 に 使 用 す る こ と が で き る 。 )

loop デ バ イ ス の 名 前 を コ マ ン ド ラ イ ン で 省 略 し た 場 合 (’−o loop’ の み を 指 定 し た 場 合 ) は mount は ま だ 使 わ れ て い な い loop デ バ イ ス を 探 し て そ れ を 利 用 す る 。 /etc/mtab/proc/mounts へ の シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク に す る よ う な 馬 鹿 を し な け れ ば 、 mount に よ っ て 割 り 当 て ら れ た い ず れ の loop デ バ イ ス も umount に よ っ て 解 放 で き る 。 ’losetup -d’ を 用 い れ ば loop デ バ イ ス を 手 動 で 解 放 す る こ と も で き る 。 詳 細 は losetup(8) を 見 よ 。

返 り 値

mount は 以 下 の コ ー ド を 返 す (ビ ッ ト は OR で き る ):

0 成 功 し た 。

1 呼 び 出 し や パ ー ミ ッ シ ョ ン が 正 し く な い 。

2 シ ス テ ム エ ラ ー

(メ モ リ 不 足 、 fork で き な か っ た 、 loop デ バ イ ス が 足 り な い )。

4

mount 内 部 の バ グ 、 ま た は mountnfs に 対 応 し て い な い 。

8

ユ ー ザ ー に よ る 中 断 。

16

/etc/mtab の 書 き 込 み 時 ま た は ロ ッ ク 時 の 問 題 が あ る 。

32

マ ウ ン ト に 失 敗 し た 。

64

(訳 註 : "mount -a" な ど で ) 一 部 が 成 功 し た 。

フ ァ イ ル

/etc/fstab フ ァ イ ル シ ス テ ム の 一 覧 表

/etc/mtab マ ウ ン ト さ れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム の 一 覧 表

/etc/mtab~ ロ ッ ク フ ァ イ ル

/etc/mtab.tmp テ ン ポ ラ リ フ ァ イ ル

/etc/filesystems 試 行 す る フ ァ イ ル シ ス テ ム タ イ プ の 一 覧

関 連 項 目

mount(2), umount(2), fstab(5), umount(8), swapon(8), nfs(5), xfs(5), e2label(8), xfs_admin(8), mountd(8), nfsd(8), mke2fs(8), tune2fs(8), losetup(8)

バ グ

フ ァ イ ル シ ス テ ム に 整 合 性 が な い と 、 ク ラ ッ シ ュ を 引 き 起 こ す 場 合 が あ る 。

Linux の フ ァ イ ル シ ス テ ム の な か に は −o sync−o dirsync を サ ポ ー ト し て い な い も の が あ る 。 (ext2, ext3 フ ァ イ ル シ ス テ ム は BSD 流 の 同 期 更 新 を サ ポ ー ト し て い るsync オ プ シ ョ ン と と も に マ ウ ン ト す れ ば 良 い 。 )

−o remount で マ ウ ン ト パ ラ メ ー タ が 変 更 さ れ な い こ と が あ る (例 え ば ext2fs 特 有 の パ ラ メ ー タ は 、 sb を 除 い て す べ て remount で 変 更 可 能 で あ る が 、 fatfs で は gidumask を 変 更 で き な い )。 ラ ベ ル ま た は uuid に よ る マ ウ ン ト は 、 そ の デ バ イ ス の 名 前 が /proc/partitions に リ ス ト さ れ て い る 場 合 に の み 可 能 で あ る 。 特 に 、 カ ー ネ ル が devfs を 付 け て コ ン パ イ ル さ れ て い る に も 関 わ ら ず 、 devfs が マ ウ ン ト さ れ て い な い 場 合 に も 失 敗 す る 。

履 歴

mount コ マ ン ド は Version 5 の AT&T UNIX に は 存 在 し て い た 。

COMMENTS