Manpages

名 前

intro − ラ イ ブ ラ リ 関 数 の 紹 介

説 明

マ ニ ュ ア ル の 3 章 で は 、 シ ス テ ム コ ー ル を 実 装 し た 2 章 で 説 明 さ れ た ラ イ ブ ラ リ 関 数 (シ ス テ ム コ ー ル の ラ ッ パ ー ) を 除 い た 全 て の ラ イ ブ ラ リ 関 数 に つ い て 説 明 し て い る 。 こ の 章 で 説 明 し て い る 関 数 の 多 く は 標 準 C ラ イ ブ ラ リ (libc) の も の で あ る 。 ま た 、 い く つ か の 関 数 は 、 他 の ラ イ ブ ラ リ (例 え ば 、 数 学 ラ イ ブ ラ リ の libm や リ ア ル タ イ ム ラ イ ブ ラ リ librt ) の も の で あ る 。 後 者 の 場 合 は 、 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ に 、 必 要 な ラ イ ブ ラ リ と リ ン ク す る た め に 必 要 な リ ン カ ー オ プ シ ョ ン が 示 さ れ て い る (例 え ば 、 前 述 の ラ イ ブ ラ リ の 場 合 は そ れ ぞ れ −lm−lrt で あ る )。 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 「 書 式 」 の 節 に 規 定 さ れ た ヘ ッ ダ ー フ ァ イ ル か ら 関 数 の 定 義 を 得 る た め に 、 プ ロ グ ラ マ が 機 能 検 査 マ ク ロ を 定 義 し な け れ ば な ら な い 場 合 が あ る 。 こ の よ う な 場 合 に は 、 必 要 な マ ク ロ が マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ で 説 明 さ れ て い る 。 (機 能 検 査 マ ク ロ の 定 義 が 必 要 な 場 合 、 こ れ ら の 機 能 検 査 マ ク ロ の 定 義 は 「 ど の 」 ヘ ッ ダ ー フ ァ イ ル の イ ン ク ル ー ド よ り も 前 で 行 わ れ な け れ ば な ら な い )。 機 能 検 査 マ ク ロ の さ ら な る 情 報 に つ い て は 、 feature_test_macros(7) を 参 照 の こ と 。

準 拠

こ の 章 の 関 数 が 準 拠 す る UNIX シ ス テ ム や 標 準 を 示 す の に い く つ か の 単 語 や 略 号 が 使 用 さ れ て い る 。 standards(7) を 参 照 の こ と 。

注 意

著 者 と 著 作 権 著 者 と 著 作 権 に 関 し て は 各 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の ソ ー ス の ヘ ッ ダ ー を 参 照 す る こ と 。 こ れ ら は ペ ー ジ ご と に 異 な る 可 能 性 が あ る こ と に 注 意 し て ほ し い 。

関 連 項 目

intro(2), errno(3), capabilities(7), credentials(7), environ(7), feature_test_macros(7), libc(7), math_error(7), path_resolution(7), pthreads(7), signal(7), standards(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS