Manpages

名 前

man - オ ン ラ イ ン マ ニ ュ ア ル の イ ン タ ー フ ェ ー ス

書 式

man [-C file] [-d] [-D] [--warnings[=warnings]] [-R encoding] [-L locale] [-m system[,...]] [-M path] [-S list] [-e extension] [-i|-I] [--regex|--wildcard] [--names-only] [-a] [-u] [--no-subpages] [-P pager] [-r prompt] [-7] [-E encoding] [--no-hyphenation] [--no-justification] [-p string] [-t] [-T[device]] [-H[browser]] [-X[dpi]] [-Z] [[section] page[.section] ...] ...
man -k
[apropos options] regexp ...
man -K
[-w|-W] [-S list] [-i|-I] [--regex] [section] term ...
man -f
[whatis options] page ...
man -l
[-C file] [-d] [-D] [--warnings[=warnings]] [-R encoding] [-L locale] [-P pager] [-r prompt] [-7] [-E encoding] [-p string] [-t] [-T[device]] [-H[browser]] [-X[dpi]] [-Z] file ...
man -w
|-W [-C file] [-d] [-D] page ...
man -c
[-C file] [-d] [-D] page ...
man
[-?V]

説 明

man is the system’s manual pager. Each page argument given to man is normally the name of a program, utility or function. The manual page associated with each of these arguments is then found and displayed. A section, if provided, will direct man to look only in that section of the manual. The default action is to search in all of the available sections following a pre-defined order ("1 n l 8 3 2 3posix 3pm 3perl 3am 5 4 9 6 7" by default, unless overridden by the SECTION directive in /etc/manpath.config), and to show only the first page found, even if page exists in several sections. 次 の 表 は マ ニ ュ ア ル の section 番 号 お よ び そ の section に 含 ま れ る ペ ー ジ の 種 類 を 示 し ま す 。

マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ page は 複 数 の 節 で 構 成 さ れ ま す 。 慣 習 と し て 、 説 明 (NAME)書 式 (SYNOPSIS)設 定 (CONFIGURATION)説 明 (DESCRIPTION)オ プ シ ョ ン (OPTIONS)終 了 ス テ ー タ ス (EXIT STATUS)戻 り 値 (RETURN VALUE)エ ラ ー (ERRORS)環 境 変 数 (ENVIRONMENT)フ ァ イ ル (FILES)バ ー ジ ョ ン (VERSIONS)準 拠 (CONFORMING TO)備 考 (NOTES)バ グ (BUGS)例 (EXAMPLE)著 者 (AUTHORS)、 お よ び 関 連 項 目 (SEE ALSO)と い う 名 前 の 節 が 含 ま れ ま す 。 書 式 の 節 で は 次 の 表 記 が 使 用 さ れ ま す 。 他 の 節 で も 同 様 に す る こ と を 推 奨 し ま す 。

    厳 密 な 印 字 は 出 力 デ バ イ ス に 依 存 し て 変 わ り ま す 。 例 え ば 、 端 末 内 で man を 実 行 し た 時 は イ タ リ ッ ク 体 が 使 用 出 来 な い た め 、 下 線 ま た は 色 が 付 け ら れ た テ キ ス ト を 代 わ り に 使 用 し ま す 。 コ マ ン ド ま た は 関 数 の 書 式 は す べ て の 利 用 可 能 な パ タ ー ン を 網 羅 し て い る べ き で す 。 排 他 的 な 起 動 方 法 に 関 し て は 、 こ の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 書 式 節 の よ う に 、 分 け て 表 示 す る こ と を 推 奨 し ま す 。

man ls 項 目 (プ ロ グ ラ ム ) ls の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 表 示 し ま す 。
man
man.7

Display the manual page for macro package man from section 7.

man -a intro マ ニ ュ ア ル 内 に 含 ま れ る す べ て の 利 用 可 能 な intro マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 連 続 し て 表 示 し ま す 。 連 続 表 示 の 途 中 で や め た り 、 ス キ ッ プ す る こ と も で き ま す 。
man -t
alias | lpr -Pps

alias’ で 参 照 で き る マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ (通 常 は シ ェ ル の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ ) を デ フ ォ ル ト の troff ま た は groff 形 式 に 整 形 し 、 ps と い う 名 前 の プ リ ン タ ー に パ イ プ を 通 し て 渡 し ま す 。 groff の デ フ ォ ル ト 出 力 形 式 は 通 常 PostScript で す 。 man --help-t オ プ シ ョ ン に 割 り 当 て ら れ て い る 処 理 系 (プ ロ グ ラ ム ) が 分 か り ま す 。

man -l -Tdvi ./foo.1x.gz > ./foo.1x.dvi こ の コ マ ン ド は nroff 形 式 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の ソ ー ス ./foo.1x.gz を 伸 長 し 、 device independent (dvi) フ ァ イ ル に 整 形 し ま す 。 -T フ ラ グ は ペ ー ジ ャ ー を 使 用 せ ず に 標 準 出 力 に 出 力 す る た め 、 リ ダ イ レ ク ト が 必 要 で す 。 出 力 は xdvi の よ う な プ ロ グ ラ ム で 閲 覧 す る か 、 dvips の よ う な プ ロ グ ラ ム で 更 に Postscript に 変 換 し ま す 。
man -k 
printf キ ー ワ ー ド printf を マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 名 と 要 約 文 の 中 か ら 正 規 表 現 と し て 検 索 し ま す 。 一 致 す る す べ て の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ が 表 示 さ れ ま す 。 apropos printf と 同 様 で す 。
man -f 
smail

smail に よ っ て 参 照 さ れ る マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 検 索 し 、 見 つ か っ た ペ ー ジ の 要 約 を 表 示 し ま す 。 whatis smail と 同 様 で す 。

概 要

利 用 者 が 可 能 な 限 り 柔 軟 に 利 用 で き る よ う に す る た め 、 man に は 多 数 の オ プ シ ョ ン が あ り ま す 。 検 索 パ ス 、 セ ク シ ョ ン の 順 番 、 出 力 処 理 系 、 お よ び 他 の 動 作 を 変 更 す る こ と が で き ま す 。 操 作 方 法 に つ い て は 次 で 説 明 し ま す 。 さ ま ざ ま な 環 境 変 数 に よ っ て man の 動 作 が 決 ま り ま す 。 す べ て に 適 用 さ れ る 変 数 $MANOPT を 、 コ マ ン ド ラ イ ン 書 式 の 文 字 列 (た だ し 、 オ プ シ ョ ン の 引 数 と し て 使 用 す る 文 字 列 に ス ペ ー ス が 使 用 さ れ て い る 場 合 は バ ッ ク ス ペ ー ス を 前 に 置 い て エ ス ケ ー プ す る 必 要 が あ り ま す ) で 指 定 す る こ と が で き ま す 。 man は $MANOPT を コ マ ン ド ラ イ ン の 前 に 解 釈 し ま す 。 引 数 が 必 要 な オ プ シ ョ ン は コ マ ン ド ラ イ ン で 同 じ オ プ シ ョ ン を 使 用 す る こ と で 上 書 き で き ま す 。 $MANOPT に よ る 設 定 を リ セ ッ ト す る 場 合 は 、 -D を コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン の 最 初 に 指 定 し ま す 。 こ れ に よ り man は $MANOPT で 指 定 さ れ て い る オ プ シ ョ ン を 、 た と え そ れ が 有 効 で あ っ た と し て も 、 「 忘 れ る 」 こ と が で き ま す 。

man-db パ ッ ケ ー ジ の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ ャ ー ユ ー テ ィ リ テ ィ ー は イ ン デ ッ ク ス 型 デ ー タ ベ ー ス キ ャ ッ シ ュ を 広 範 囲 で 使 用 し て い ま す 。 こ れ ら の キ ャ ッ シ ュ に は 各 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ が フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 の ど こ に 位 置 し て い る か 、 お よ び whatis (一 行 で 書 か れ て い る マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 短 い 要 約 文 ) が 何 で あ る か 、 等 の 情 報 が 含 ま れ ま す 。 こ れ に よ り 、 man は 、 適 切 な マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 毎 回 探 さ な け れ ば い け な か っ た 時 よ り も 、 素 早 く 動 作 し ま す 。 -u オ プ シ ョ ン を 指 定 し た 場 合 、 man は キ ャ ッ シ ュ の 一 貫 性 を 確 実 な も の と し ま す 。 よ っ て 、 伝 統 的 な whatis テ キ ス ト 型 デ ー タ ベ ー ス で は 手 動 で 実 行 す る 必 要 が あ っ た 更 新 処 理 が 不 要 に な り ま す 。 あ る 特 定 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 階 層 に イ ン デ ッ ク ス 型 デ ー タ ベ ー ス で あ る mandb が 無 い 場 合 、 man は 、 階 層 内 す べ て を 検 索 す る 必 要 が あ っ た と し て も 、 要 求 さ れ た マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 探 し ま す 。 whatis ま た は aproposイ ン デ ッ ク ス 型 デ ー タ ベ ー ス の 検 索 に 失 敗 し た 場 合 、 代 わ り に 伝 統 的 な whatis デ ー タ ベ ー ス か ら 情 報 を 抽 出 し よ う と し ま す 。 マ ニ ュ ア ル ユ ー テ ィ リ テ ィ ー は 圧 縮 さ れ た nroff ソ ー ス フ ァ イ ル を サ ポ ー ト し ま す 。 デ フ ォ ル ト で は .Z.z、 お よ び .gz 接 尾 辞 を サ ポ ー ト し ま す 。 ど の よ う な 圧 縮 形 式 の 接 尾 辞 も 取 り 扱 え ま す が 、 情 報 は コ ン パ イ ル 時 に 指 定 し な け れ ば い け ま せ ん 。 デ フ ォ ル ト で は 生 成 さ れ た 整 形 済 み ペ ー ジ も gzip で 圧 縮 さ れ ま す 。 /usr/share/man ま た は /usr/X11R6/man の よ う な 「 大 域 」 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 階 層 に は 、 そ れ ぞ れ 整 形 済 み ペ ー ジ 階 層 が あ る か も し れ ま せ ん 。 伝 統 的 に は 整 形 済 み ペ ー ジ は マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ と 同 じ 階 層 下 に 保 存 さ れ て い ま し た 。 し か し フ ァ イ ル シ ス テ ム 階 層 標 準 (File Hierarchy Standard, FHS) の 指 定 な ど の 理 由 で 、 そ れ 以 外 の 場 所 に 保 存 す る 方 が 良 い で す 。 こ の 詳 細 に 関 し て は manpath(5) を 参 照 し て く だ さ い 。 な ぜ こ の よ う な こ と を 行 う か に 関 し て は 、 標 準 を 参 照 し て く だ さ い 。 こ の パ ッ ケ ー ジ で は 国 際 化 サ ポ ー ト が 使 用 で き ま す 。 locale 関 数 を 使 用 し て 、 (シ ス テ ム 上 で 利 用 で き れ ば ) 母 語 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ に ア ク セ ス 可 能 で す 。 国 際 化 サ ポ ー ト を 有 効 に す る た め に は 、 $LC_MESSAGES、 $LANG ま た は 他 の シ ス テ ム 依 存 環 境 変 数 に 言 語 ロ ケ ー ル を 設 定 す る 必 要 が あ り ま す 。 通 常 は POSIX 1003.1 で 規 定 さ れ て い る 次 の 書 式 で す 。

<language>[_<territory>[.<character-set>[,<version>]]] 設 定 し て い る ロ ケ ー ル で 目 的 の ペ ー ジ が 利 用 可 能 な 場 合 は 、 標 準 (通 常 は ア メ リ カ 英 語 ) ペ ー ジ の 代 わ り に 表 示 さ れ ま す 。 国 際 化 メ ッ セ ー ジ カ タ ロ グ 機 能 も こ の パ ッ ケ ー ジ で は サ ポ ー ト さ れ い ま す 。 メ ッ セ ー ジ カ タ ロ グ が 利 用 可 能 な 場 合 は 、 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ と 同 じ 方 法 で 有 効 に す る こ と が で き ま す 。 利 用 し て い る 母 語 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ や メ ッ セ ー ジ カ タ ロ グ が こ の パ ッ ケ ー ジ で 利 用 で き ず 、 翻 訳 を 提 供 し よ う と 考 え て い る 場 合 、 翻 訳 を 調 整 し て い る 管 理 者 に 連 絡 し て く だ さ い 。 こ の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ ャ ー で 利 用 可 能 な 機 能 お よ び 拡 張 の 情 報 に 関 し て は 、 パ ッ ケ ー ジ で 提 供 さ れ て い る 文 書 を 参 照 し て く だ さ い 。

デ フ ォ ル ト の 値 と 動 作

man は 目 的 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を イ ン デ ッ ク ス 型 デ ー タ ベ ー ス 内 で 検 索 し ま す 。 -u オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ て い る 場 合 、 デ ー タ ベ ー ス が フ ァ イ ル シ ス テ ム の 状 態 を 正 し く 反 映 し て い る こ と を 確 実 に す る た め の 一 貫 性 検 査 が 行 わ れ ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン が 常 に 指 定 さ れ て い る 場 合 、 一 般 的 に は 、 一 度 キ ャ ッ シ ュ を 作 成 し た 後 は 、 キ ャ ッ シ ュ が 破 損 し な い 限 り mandb を 実 行 す る 必 要 は あ り ま せ ん 。 し か し な が ら 、 キ ャ ッ シ ュ 一 貫 性 検 査 を 行 う と 、 多 数 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ が イ ン ス ト ー ル さ れ て い る 場 合 に は シ ス テ ム が 遅 く な る た め 、 デ フ ォ ル ト で は 無 効 に な っ て い ま す 。 こ の た め 、 シ ス テ ム 管 理 者 は デ ー タ ベ ー ス キ ャ ッ シ ュ を 最 新 状 態 に 保 つ た め に 毎 週 mandb を 実 行 し て い る か も し れ ま せ ん 。 古 い キ ャ ッ シ ュ に よ っ て 発 生 す る 問 題 を 防 止 す る た め 、 man は キ ャ ッ シ ュ の 検 索 に 失 敗 し た 場 合 、 ま る で キ ャ ッ シ ュ が 存 在 し な か っ た か の よ う に 、 フ ァ イ ル 全 体 を 検 索 し ま す 。 一 度 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 位 置 が 確 定 す る と 、 対 応 す る 「 整 形 済 み 」 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ が 存 在 す る か ど う か 、 お よ び 、 そ れ が nroff フ ァ イ ル よ り 新 し い か ど う か の 確 認 が 行 わ れ ま す 。 新 し い 整 形 済 み マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ が 存 在 し た 場 合 、 整 形 済 み マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 、 (通 常 は ) 伸 長 し て 、 ペ ー ジ ャ ー を 使 用 し て 表 示 し ま す 。 ペ ー ジ ャ ー は 多 く の 方 法 で 指 定 で き ま す が 、 指 定 が 無 い 場 合 は デ フ ォ ル ト (詳 細 は -P オ プ シ ョ ン を 参 照 ) の も の が 使 用 さ れ ま す 。 整 形 済 み マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ が 無 い か 、 nroff フ ァ イ ル よ り 古 い 場 合 、 nroff フ ァ イ ル が さ ま ざ ま な フ ィ ル タ ー プ ロ グ ラ ム を 通 し て す ぐ に 表 示 さ れ ま す 。 整 形 済 み フ ァ イ ル を 作 成 し た 場 合 、 (対 応 す る 整 形 済 み マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 用 デ ィ レ ク ト リ ー が 存 在 し て 適 切 な ア ク セ ス 権 限 が あ れ ば ) man は 整 形 済 フ ァ イ ル を バ ッ ク グ ラ ウ ン ド で 圧 縮 し て 保 存 し ま す 。

The filters are deciphered by a number of means. Firstly, the command line option -p or the environment variable $MANROFFSEQ is interrogated. If -p was not used and the environment variable was not set, the initial line of the nroff file is parsed for a preprocessor string. To contain a valid preprocessor string, the first line must resemble

’\" <string>

string は 後 で 説 明 し て い る オ プ シ ョ ン -p の 文 字 の 組 み 合 わ せ で す 。 フ ィ ル タ ー 情 報 と し て こ れ ら の 方 法 の い ず れ も 使 用 さ れ て い な い 場 合 、 デ フ ォ ル ト 値 が 使 用 さ れ ま す 。 整 形 パ イ プ ラ イ ン は フ ィ ル タ ー と メ イ ン の 整 形 ツ ー ル (nroff 、 ま た は [tg]roff-t オ プ シ ョ ン を 指 定 し た も の ) で 構 成 さ れ 、 実 行 さ れ ま す 。 他 の も の と し て マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 階 層 の ル ー ト に 実 行 フ ァ イ ル mandb_nfmt (ま た は mandb_tfmt) が 存 在 し た 場 合 、 mandb_nfmt (ま た は mandb_tfmt-t オ プ シ ョ ン 指 定 で ) 実 行 さ れ ま す 。 こ れ に は 、 マ ニ ュ ア ル の ソ ー ス フ ァ イ ル 、 前 処 理 文 字 列 お よ び オ プ シ ョ ン の デ バ イ ス 指 定 が -T ま た は -E と 併 せ て 引 数 と し て 渡 さ れ ま す 。

オ プ シ ョ ン

引 数 を と ら な い オ プ シ ョ ン は 、 コ マ ン ド ラ イ ン 、 $MANOPT 、 ま た は そ の 両 方 で 重 複 し て 指 定 可 能 で す 。 引 数 が 必 要 な オ プ シ ョ ン が 重 複 し て 指 定 さ れ た 場 合 、 後 に 指 定 さ れ た 値 が 前 に 指 定 さ れ た 値 を 上 書 き し ま す 。 一 般 的 な オ プ シ ョ ン

-C file--config-file=file デ フ ォ ル ト の ~/.manpath で は な く 指 定 し た ユ ー ザ 設 定 フ ァ イ ル を 使 用 し ま す 。
-d
, --debug デ バ ッ グ 情 報 を 表 示 し ま す 。
-D
, --default 通 常 は こ の オ プ シ ョ ン を 一 番 最 初 に 指 定 し 、 man の 動 作 を デ フ ォ ル ト に リ セ ッ ト し ま す 。 こ れ を 使 用 す る と 、 $MANOPT で 設 定 さ れ て い る オ プ シ ョ ン を リ セ ッ ト で き ま す 。 -D の 後 に 続 く オ プ シ ョ ン は 通 常 通 り の 効 果 が あ り ま す 。
--warnings
[=warnings]

groff か ら の 警 告 を 有 効 に し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の ソ ー ス テ キ ス ト の 整 合 性 検 査 を 行 う た め に 使 用 さ れ ま す 。 warnings は コ ン マ 区 切 り の 警 告 名 の リ ス ト で す 。 指 定 さ れ て い な い 場 合 は デ フ ォ ル ト 値 と し て "mac" が 使 用 さ れ ま す 。 使 用 可 能 な 警 告 名 に 関 し て は info groff の “Warnings” ノ ー ド を 参 照 し て く だ さ い 。 操 作 の メ イ ン モ ー ド

-f, --whatis

Equivalent to whatis. Display a short description from the manual page, if available. See whatis(1) for details.

-k, --apropos

apropos と 同 様 で す 。 キ ー ワ ー ド (keywords) に 一 致 す る マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 短 い 要 約 文 を 検 索 し 、 そ れ を 表 示 し ま す 。 詳 細 は apropos(1) を 参 照 し て く だ さ い 。

-K, --global-apropos す べ て の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の テ キ ス ト を 検 索 し ま す 。 全 数 検 索 を 行 う た め 、 長 い 時 間 が か か り ま す 。 検 索 す る ペ ー ジ 数 を 減 ら す た め に 、 可 能 で あ れ ば セ ク シ ョ ン を 指 定 す る べ き で す 。 検 索 す る 語 は デ フ ォ ル ト で は 単 純 な 文 字 列 で す 。 --regex オ プ シ ョ ン を 指 定 し た 場 合 は 正 規 表 現 に な り ま す 。

Note that this searches the sources of the manual pages, not the rendered text, and so may include false positives due to things like comments in source files. Searching the rendered text would be much slower.

-l, --local-file

Activate ’local’ mode. Format and display local manual files instead of searching through the system’s manual collection. Each manual page argument will be interpreted as an nroff source file in the correct format. No cat file is produced. If ’-’ is listed as one of the arguments, input will be taken from stdin. When this option is not used, and man fails to find the page required, before displaying the error message, it attempts to act as if this option was supplied, using the name as a filename and looking for an exact match.

-w, --where, --path, --location 実 際 に マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 表 示 せ ず 、 整 形 す る nroff ソ ー ス フ ァ イ ル の 位 置 を 表 示 し ま す 。
-W
, --where-cat, --location-cat 実 際 に マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 表 示 せ ず 、 整 形 済 み マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 位 置 を 表 示 し ま す 。 -w と -W が 同 時 に 指 定 さ れ た 場 合 、 両 方 が ス ペ ー ス で 区 切 ら れ て 表 示 さ れ ま す 。
-c
, --catman こ の オ プ シ ョ ン は 一 般 的 に は 使 用 し ま せ ん 。 catman プ ロ グ ラ ム の み が 使 用 し ま す 。
-R 
encoding--recode=encoding マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 通 常 の 方 法 で 整 形 す る 代 わ り に 、 encoding で 指 定 し た エ ン コ ー デ ィ ン グ に 変 換 し て 出 力 し ま す 。 ソ ー ス フ ァ イ ル の エ ン コ ー デ ィ ン グ を 知 っ て い る 場 合 は 、 manconv(1) を 直 接 使 用 す る こ と も で き ま す 。 し か し な が ら 、 こ の オ プ シ ョ ン に よ り 、 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 階 層 と 同 様 の 構 造 で イ ン ス ト ー ル さ れ た 形 で 提 供 さ れ て い る 、 複 数 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の エ ン コ ー デ ィ ン グ を 明 示 的 に 意 識 す る こ と な く 単 一 の エ ン コ ー デ ィ ン グ に 変 換 し て 出 力 で き ま す 。 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 検 索 方 法
-L 
locale--locale=locale

man は 通 常 、 現 在 の ロ ケ ー ル を C の 関 数 setlocale(3) を 呼 び 出 す こ と に よ っ て 決 定 し ま す 。 こ れ は お そ ら く $LC_MESSAGES や $LANG な ど を 含 む さ ま ざ ま な 環 境 変 数 を 使 用 し ま す 。 一 時 的 に こ の 値 を 上 書 き し た い 場 合 に は 、 こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 し て man に 直 接 locale 文 字 列 を 渡 し ま す 。 こ れ は ペ ー ジ の 検 索 が 実 際 に 開 始 さ れ る ま で は 効 果 が 無 い こ と に 注 意 し て く だ さ い 。 ヘ ル プ メ ッ セ ー ジ な ど は 常 に 初 期 に 決 定 さ れ た ロ ケ ー ル に よ っ て 表 示 さ れ ま す 。

-m system[,...], --systems=system[,...] シ ス テ ム 上 で 他 の シ ス テ ム の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ に ア ク セ ス 可 能 な 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 し て ア ク セ ス し ま す 。 NewOS の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 参 照 す る 場 合 は オ プ シ ョ ン -m NewOS を 使 用 し ま す 。

system は コ ン マ 区 切 り の オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム 名 で 指 定 し ま す 。 現 在 使 用 し て い る オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 含 め る 場 合 に は 、 シ ス テ ム 名 の 引 数 に man を 含 め ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は $SYSTEM 環 境 変 数 を 上 書 き し ま す 。

-M path--manpath=path 代 替 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 検 索 パ ス を 指 定 し ま す 。 デ フ ォ ル ト で は manmanpath で 取 得 で き る コ ー ド を 使 用 し て か ら 検 索 す る パ ス を 決 定 し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は $MANPATH 環 境 変 数 を 上 書 き し 、 -m オ プ シ ョ ン は 無 視 さ れ ま す 。

A path specified as a manpath must be the root of a manual page hierarchy structured into sections as described in the man-db manual (under "The manual page system"). To view manual pages outside such hierarchies, see the -l option.

-S list-s list--sections=list

list は コ ロ ン ま た は コ ン マ で 区 切 っ た 検 索 す る マ ニ ュ ア ル の セ ク シ ョ ン リ ス ト で す 。 こ の オ プ シ ョ ン は $MANSECT 環 境 変 数 を 上 書 き し ま す 。 (-s 表 記 は System V と の 互 換 性 の た め に 存 在 し ま す 。 )

-e sub-extension--extension=sub-extension

Some systems incorporate large packages of manual pages, such as those that accompany the Tcl package, into the main manual page hierarchy. To get around the problem of having two manual pages with the same name such as exit(3), the Tcl pages were usually all assigned to section l. As this is unfortunate, it is now possible to put the pages in the correct section, and to assign a specific ’extension’ to them, in this case, exit(3tcl). Under normal operation, man will display exit(3) in preference to exit(3tcl). To negotiate this situation and to avoid having to know which section the page you require resides in, it is now possible to give man a sub-extension string indicating which package the page must belong to. Using the above example, supplying the option -e tcl to man will restrict the search to pages having an extension of *tcl.

-i, --ignore-case マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 検 索 す る 時 に 大 文 字 と 小 文 字 の 区 別 を し ま せ ん 。 こ れ は デ フ ォ ル ト の 動 作 で す 。
-I
, --match-case マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 検 索 す る 時 に 大 文 字 と 小 文 字 を 区 別 し ま す 。
--regex

Show all pages with any part of either their names or their descriptions matching each page argument as a regular expression, as with apropos(1). Since there is usually no reasonable way to pick a "best" page when searching for a regular expression, this option implies -a.

--wildcard

Show all pages with any part of either their names or their descriptions matching each page argument using shell-style wildcards, as with apropos(1) --wildcard. The page argument must match the entire name or description, or match on word boundaries in the description. Since there is usually no reasonable way to pick a "best" page when searching for a wildcard, this option implies -a.

--names-only

--regex ま た は --wildcard オ プ シ ョ ン と 併 せ て 使 用 し た 場 合 、 一 致 処 理 を 要 約 文 に 対 し て 行 わ ず 、 ペ ー ジ 名 の み に 一 致 処 理 を 行 い ま す 。 whatis(1) で 使 用 し た 時 も 同 様 で す 。 そ の 他 の 場 合 は 何 も 効 果 を 及 ぼ し ま せ ん 。

-a, --all デ フ ォ ル ト で は 、 man は 最 適 な マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 表 示 し た 後 に 終 了 し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 す る と 、 検 索 条 件 に 一 致 し た す べ て の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 順 番 に 表 示 し ま す 。
-u
, --update

This option causes man to perform an ’inode level’ consistency check on its database caches to ensure that they are an accurate representation of the filesystem. It will only have a useful effect if man is installed with the setuid bit set.

--no-subpages

By default, man will try to interpret pairs of manual page names given on the command line as equivalent to a single manual page name containing a hyphen or an underscore. This supports the common pattern of programs that implement a number of subcommands, allowing them to provide manual pages for each that can be accessed using similar syntax as would be used to invoke the subcommands themselves. For example:

$ man -aw git diff
/usr/share/man/man1/git-diff.1.gz

To disable this behaviour, use the --no-subpages option.

$ man -aw --no-subpages git diff
/usr/share/man/man1/git.1.gz
/usr/share/man/man3/Git.3pm.gz
/usr/share/man/man1/diff.1.gz 整 形 済 み 出 力 の 制 御

-P pager--pager=pager

Specify which output pager to use. By default, man uses pager, falling back to cat if pager is not found or is not executable. This option overrides the $MANPAGER environment variable, which in turn overrides the $PAGER environment variable. It is not used in conjunction with -f or -k. こ の 値 は 、 単 純 な コ マ ン ド 名 か 引 数 付 き の コ マ ン ド で 、 シ ェ ル の エ ス ケ ー プ 文 字 (バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ 、 シ ン グ ル ク ォ ー ト 、 ダ ブ ル ク ォ ー ト ) を 使 用 し て い る 場 合 が あ り ま す 。 パ イ プ を 使 用 し て 複 数 の コ マ ン ド を つ な げ る こ と は で き ま せ ん 。 そ の よ う な 必 要 性 が あ る 場 合 、 表 示 す る フ ァ イ ル を 、 単 一 の 引 数 ま た は 標 準 入 力 と し て 受 け 取 る ラ ッ パ ー ス ク リ プ ト を 使 用 し ま す 。

-r prompt--prompt=prompt

less の 最 近 の バ ー ジ ョ ン を ペ ー ジ ャ ー と 指 定 使 用 し て い る 場 合 、 man は プ ロ ン プ ト に 有 意 義 な 情 報 を 表 示 す る た め の 設 定 を し ま す 。 デ フ ォ ル ト の プ ロ ン プ ト は 次 の 通 り で す 。  

Manual page name(sec) line x

name は マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 名 前 で す 。 sec は マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ が 見 つ か っ た セ ク シ ョ ン 名 で す 。 そ し て x は 現 在 の 行 番 号 で す 。 こ れ は $LESS 環 境 変 数 を 使 用 し て 行 わ れ て い ま す 。

-r オ プ シ ョ ン に 文 字 列 を 引 数 と し て 渡 す と デ フ ォ ル ト の 動 作 を 上 書 き し ま す 。 こ の 文 字 列 に は 文 字 列 $MAN_PN を 含 め る こ と が で き ま す 。 $MAN_PN は 現 在 の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 名 と セ ク シ ョ ン 名 を 小 括 弧 で く く っ た も の に 展 開 さ れ ま す 。 こ の 文 字 列 は デ フ ォ ル ト 値 を 生 成 す る た め に 使 用 さ れ て お り 、 デ フ ォ ル ト 値 は 次 の よ う に な り ま す 。

\ Manual\ page\ \$MAN_PN\ ?ltline\ %lt?L/%L.:
byte\ %bB?s/%s..?\ (END):?pB\ %pB\\%..
(press h for help or q to quit)
こ こ で は 読 み や す さ を 考 慮 し て 3行 に 分 割 し て い ま す 。 実 際 の 意 味 に つ い て は less(1) の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 参 照 し て く だ さ い 。 プ ロ ン プ ト の 文 字 列 は 最 初 に シ ェ ル に よ っ て 解 釈 さ れ ま す 。 プ ロ ン プ ト 内 の す べ て の ダ ブ ル ク ォ ー ト 、 バ ッ ク ク ォ ー ト 、 お よ び バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ は 前 に バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ を 配 置 し て エ ス ケ ー プ し な け れ ば い け ま せ ん 。 プ ロ ン プ ト 文 字 列 は エ ス ケ ー プ さ れ た $ で 終 了 し 、 そ の 後 に less 用 の オ プ シ ョ ン が 続 い て い る 場 合 が あ り ま す 。 デ フ ォ ル ト で は 、 man-ix8 オ プ シ ョ ン を 設 定 し ま す 。

The $MANLESS environment variable described below may be used to set a default prompt string if none is supplied on the command line.

-7, --ascii 純 粋 な ascii(7) マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 、 7 ビ ッ ト 端 末 ま た は 端 末 エ ミ ュ レ ー タ ー で 参 照 す る 場 合 、 latin1(7) デ バ イ ス 設 定 と GNU nroff を 併 せ て 使 用 し た 時 に 、 い く つ か の 文 字 は 正 し く 表 示 さ れ ま せ ん 。 こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 す る と 、 純 粋 な ascii マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 表 示 時 に latin1 デ バ イ ス 設 定 を 使 用 し て ascii で 表 示 す る こ と が で き ま す 。 こ れ は latin1 テ キ ス ト は 全 く 変 換 し ま せ ん 。 次 の 表 は 実 行 さ れ る 変 換 を 表 し ま す 。 こ れ ら の う ち の い く つ か は GNU nrofflatin1(7) デ バ イ ス 設 定 を 使 用 し た 場 合 に の み 正 し く 表 示 さ れ ま す 。

latin1 列 が 正 し く 表 示 さ れ る 場 合 は 、 端 末 は latin1 文 字 を 扱 え る よ う に 設 定 さ れ て い る た め こ の オ プ シ ョ ン は 不 要 で す 。 latin1 列 と ascii 列 が 同 一 の 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 し て こ の ペ ー ジ を 見 て い る か 、 manlatin1 デ バ イ ス 設 定 を 使 用 し て い ま せ ん 。 latin1 列 が 欠 け て い る か 表 示 が お か し い 場 合 、 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 参 照 す る 時 に こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 す る 必 要 が あ り ま す 。

-t-H-T、 ま た は -Z オ プ シ ョ ン を 使 用 し て い る 場 合 、 お よ び GNU groff 以 外 を 使 用 し て い る 場 合 は 意 味 が あ り ま せ ん 。

-E encoding--encoding=encoding デ フ ォ ル ト 以 外 の 文 字 エ ン コ ー デ ィ ン グ で 出 力 を 生 成 し ま す 。 過 去 の 互 換 性 の た め に 、 encoding に は 、 UTF-8 の よ う な 実 際 の エ ン コ ー デ ィ ン グ に 加 え て asciilatin1、 ま た は utf8 の よ う な nroff デ バ イ ス 設 定 も 使 用 で き ま す 。
--no-hyphenation
, --nh 通 常 、 nroff は 、 単 語 内 に ハ イ フ ン が 無 か っ た と し て も 、 改 行 部 分 で テ キ ス ト に 自 動 的 に ハ イ フ ン を 付 加 し ま す 。 こ れ に よ り 、 行 内 の 単 語 間 に 過 剰 な ス ペ ー ス が 配 置 さ れ る こ と を 防 ぎ ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は 自 動 的 な ハ イ フ ン 付 加 を 無 効 に し ま す 。 よ っ て 、 ハ イ フ ン が 含 ま れ て い る 単 語 の み ハ イ フ ン 区 切 り が 行 わ れ ま す 。 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 書 い て い て 、 nroff が 単 語 内 の 誤 っ た 場 所 に ハ イ フ ン を 付 加 す る の を 防 止 し た い 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 し な い で く だ さ い 。 代 わ り に nroff の 文 書 を 参 照 し て く だ さ い 。 例 え ば 、 "\%" を 単 語 内 に 含 め る と 、 そ の 場 所 に ハ イ フ ン を 付 加 す る こ と が 可 能 で あ る こ と を 示 し ま す 。 ま た 、 "\%" を 単 語 の 最 初 に 付 加 す る と 、 そ の 単 語 に は ハ イ フ ン は 付 加 さ れ ま せ ん 。
--no-justification
, --nj 通 常 、 nroff は 自 動 的 に 左 右 余 白 に 対 し て テ キ ス ト を 均 等 割 り 付 け し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は 左 右 余 白 の 均 等 割 り 付 け を 抑 止 し 、 左 側 余 白 の み 整 列 し ま す 。 こ れ は "ragged-right" text と 呼 ば れ ま す 。 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 書 い て い て 、 nroff が あ る 段 落 に 対 し て 均 等 割 り 付 け を 行 う の を 防 止 し た い 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 し な い で く だ さ い 。 代 わ り に nroff の 文 書 を 参 照 し て く だ さ い 。 例 え ば ".na" 、 ".nf" 、 ".fi" 、 お よ び ".ad" を 使 用 す る と 一 時 的 に 字 間 調 整 や 字 詰 め を 無 効 に す る よ う に 要 求 で き ま す 。
-p 
string--preprocessor=string

nroff ま た は troff/groff の 前 に 実 行 す る 前 処 理 系 の 順 序 を 指 定 し ま す 。 必 ず し も す べ て の イ ン ス ト ー ル さ れ た シ ス テ ム で 完 全 な 前 処 理 系 集 合 が 使 用 で き る わ け で は あ り ま せ ん 。 い く つ か の 前 処 理 系 と そ れ を 使 用 し て 整 形 す る 文 字 の 例 は eqn (e)、 grap (g)、 pic (p)、 tbl (t)、 vgrind (v)、 refer (r) で す 。 こ の オ プ シ ョ ン は $MANROFFSEQ 環 境 変 数 を 上 書 き し ま す 。 zsoelim は 常 に 最 初 の 前 処 理 系 と し て 使 用 さ れ ま す 。

-t, --troff

groff -mandoc を 使 用 し て マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 整 形 し 、 標 準 出 力 へ 出 力 し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は -H-T、 ま た は -Z オ プ シ ョ ン と 併 せ て 使 用 す る 必 要 は あ り ま せ ん 。

-T[device], --troff-device[=device] こ の オ プ シ ョ ン は groff (ま た は troff) の 出 力 を デ フ ォ ル ト 以 外 の 適 切 な デ バ イ ス 設 定 に 変 更 す る た め に 使 用 し ま す 。 暗 黙 的 に -t が 指 定 さ れ ま す 。 例 は (groff-1.17 を 使 用 し た 時 ) dvilatin1psutf8X75 お よ び X100 で す 。
-H
[browser], --html[=browser] こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 し た 場 合 、 groff は HTML 出 力 を 生 成 し 、 そ の 出 力 を ウ ェ ブ ブ ラ ウ ザ ー で 表 示 し ま す 。 ブ ラ ウ ザ ー は オ プ シ ョ ン 引 数 の browser (指 定 さ れ て い る 場 合 )、 $BROWSER 環 境 変 数 が 使 用 さ れ ま す 。 そ れ ら が 設 定 さ れ て い な い 場 合 は コ ン パ イ ル 時 の デ フ ォ ル ト (通 常 は lynx) が 使 用 さ れ ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン に よ り 暗 黙 的 に -t が 指 定 さ れ ま す 。 そ し て 、 GNU troff を 使 用 し て い る 時 の み 有 効 で す 。
-X
[dpi], --gxditview[=dpi] こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 し た 場 合 、 gxditview プ ロ グ ラ ム を 使 用 し て 、 groff の 出 力 を グ ラ フ ィ カ ル ウ ィ ン ド ウ に 表 示 し ま す 。 dpi (ド ッ ト /イ ン チ ) は 75、 75-12、 100、 ま た は 100-12 で あ り 、 デ フ ォ ル ト は 75 で す 。 -12 で は 12 ポ イ ン ト の フ ォ ン ト を 使 用 し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン に よ り -T オ プ シ ョ ン と 、 そ の 引 数 と し て そ れ ぞ れ X75、 X75-12、 X100、 ま た は X100-12 デ バ イ ス 設 定 が 暗 黙 的 に 指 定 さ れ ま す 。
-Z
, --ditroff

grofftroff を 実 行 し た 後 、 適 切 な 後 処 理 系 を 使 用 し て 、 選 択 し た デ バ イ ス 設 定 に 適 し た 出 力 を 生 成 し ま す 。 groff -mandocgroff の 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン は groff に 渡 さ れ 、 後 処 理 系 の 使 用 が 抑 止 さ れ ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン に よ り -t が 暗 黙 的 に 指 定 さ れ ま す 。 ヘ ル プ の 取 得

-?, --help ヘ ル プ メ ッ セ ー ジ を 表 示 し て 終 了 し ま す 。
--usage

Print a short usage message and exit.

-V, --version バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 し ま す 。

終 了 ス テ ー タ ス

0 プ ロ グ ラ ム が 正 常 に 実 行 さ れ ま し た 。

1 使 用 法 、 構 文 ま た は 設 定 フ ァ イ ル の エ ラ ー で す 。

2 操 作 の エ ラ ー で す 。

3 子 プ ロ セ ス が

0 で な い 終 了 ス テ ー タ ス を 返 し ま し た 。

16 ペ ー ジ 、 フ ァ イ ル 、 キ ー ワ ー ド の 対 象 が 存 在 し な い か 、 一 致 し ま せ ん で し た 。

環 境 変 数

MANPATH

$MANPATH が 設 定 さ れ て い る 場 合 、 こ の 値 は マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 検 索 す る パ ス と し て 使 用 さ れ ま す 。

MANROFFOPT

$MANROFFOPT の 内 容 は man が 整 形 プ ロ グ ラ ム (nrofftroff、 ま た は groff) を 実 行 す る た び に 、 コ マ ン ド ラ イ ン に 渡 さ れ ま す 。

MANROFFSEQ

$MANROFFSEQ が 設 定 さ れ て い る 場 合 、 そ の 値 は 各 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ に 対 し て 使 用 す る 前 処 理 系 の 集 合 と し て 使 用 さ れ ま す 。 デ フ ォ ル ト の 前 処 理 系 は シ ス テ ム 依 存 で す 。

MANSECT

If $MANSECT is set, its value is a colon-delimited list of sections and it is used to determine which manual sections to search and in what order. The default is "1 n l 8 3 2 3posix 3pm 3perl 3am 5 4 9 6 7", unless overridden by the SECTION directive in /etc/manpath.config.

MANPAGER, PAGER

If $MANPAGER or $PAGER is set ($MANPAGER is used in preference), its value is used as the name of the program used to display the manual page. By default, pager is used, falling back to cat if pager is not found or is not executable. こ の 値 は 、 単 純 な コ マ ン ド 名 か 引 数 付 き の コ マ ン ド で 、 シ ェ ル の エ ス ケ ー プ 文 字 (バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ 、 シ ン グ ル ク ォ ー ト 、 ダ ブ ル ク ォ ー ト ) を 使 用 し て い る 場 合 が あ り ま す 。 パ イ プ を 使 用 し て 複 数 の コ マ ン ド を つ な げ る こ と は で き ま せ ん 。 そ の よ う な 必 要 性 が あ る 場 合 、 表 示 す る フ ァ イ ル を 、 単 一 の 引 数 ま た は 標 準 入 力 と し て 受 け 取 る ラ ッ パ ー ス ク リ プ ト を 使 用 し ま す 。

MANLESS

If $MANLESS is set, its value will be used as the default prompt string for the less pager, as if it had been passed using the -r option (so any occurrences of the text $MAN_PN will be expanded in the same way). For example, if you want to set the prompt string unconditionally to “my prompt string”, set $MANLESS to ’-Psmy prompt string’. Using the -r option overrides this environment variable.

BROWSER

$BROWSER が 設 定 さ て い る 場 合 、 こ の 値 は コ ロ ン で 区 切 ら れ た コ マ ン ド の リ ス ト と し て 、 man --html 用 の ウ ェ ブ ブ ラ ウ ザ ー と し て 順 番 に 試 さ れ ま す 。 そ れ ぞ れ の コ マ ン ド で は 、 %sgroff の 出 力 を 保 存 し た フ ァ イ ル 名 に 、 %% は 単 一 の パ ー セ ン ト 記 号 (%) に 、 %c は コ ロ ン (:) に そ れ ぞ れ 置 換 さ れ ま す 。

SYSTEM

$SYSTEM が 設 定 さ れ て い る 場 合 、 -m オ プ シ ョ ン で 指 定 し た 引 数 と 同 様 の 効 果 が あ り ま す 。

MANOPT

If $MANOPT is set, it will be parsed prior to man’s command line and is expected to be in a similar format. As all of the other man specific environment variables can be expressed as command line options, and are thus candidates for being included in $MANOPT it is expected that they will become obsolete. N.B. All spaces that should be interpreted as part of an option’s argument must be escaped.

MANWIDTH

If $MANWIDTH is set, its value is used as the line length for which manual pages should be formatted. If it is not set, manual pages will be formatted with a line length appropriate to the current terminal (using the value of $COLUMNS, an ioctl(2) if available, or falling back to 80 characters if neither is available). Cat pages will only be saved when the default formatting can be used, that is when the terminal line length is between 66 and 80 characters.

MAN_KEEP_FORMATTING 通 常 、 端 末 以 外 (フ ァ イ ル や パ イ プ な ど ) に 出 力 す る 場 合 、 特 別 な ツ ー ル が 使 用 し な く て も 結 果 を 読 み や す く す る た め に 書 式 文 字 は 破 棄 さ れ ま す 。 し か し な が ら 、 $MAN_KEEP_FORMATTING を 空 以 外 に 設 定 し た 場 合 、 書 式 文 字 が 残 さ れ ま す 。 こ れ に よ り man と 併 せ て 使 用 す る ラ ッ パ ー に 書 式 文 字 を 解 釈 さ せ る こ と が で き ま す 。
MAN_KEEP_STDERR
通 常 、 端 末 (通 常 は ペ ー ジ ャ ー ) に 出 力 す る 時 、 ペ ー ジ ャ ー の 表 示 と 干 渉 す る の を 避 け る た め 、 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 整 形 す る コ マ ン ド の エ ラ ー 出 力 は 破 棄 さ れ ま す 。 groff の よ う な プ ロ グ ラ ム は 、 整 列 が う ま く で き な い な ど の 、 印 字 問 題 に 関 す る 比 較 的 軽 微 な エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を し ば し ば 出 力 し ま す 。 こ れ は 、 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ と 併 せ て 表 示 す る と 、 見 苦 し く 、 混 乱 の 原 因 と な り ま す 。 し か し な が ら 、 エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を 見 る 必 要 が あ る 場 合 、 $MAN_KEEP_STDERR を 空 以 外 に 設 定 す る と 、 エ ラ ー 出 力 は 通 常 通 り 表 示 さ れ ま す 。
LANG
, LC_MESSAGES シ ス テ ム の 実 装 に 依 存 し て 、 $LANG お よ び $LC_MESSAGES は 、 現 在 の メ ッ セ ー ジ の ロ ケ ー ル を 決 め る た め に 使 用 さ れ ま す 。 man は (使 用 可 能 で あ れ ば 、 ) メ ッ セ ー ジ を そ の ロ ケ ー ル で 出 力 し ま す 。 詳 細 に 関 し て は setlocale(3) を 参 照 し て く だ さ い 。

フ ァ イ ル

/etc/manpath.config

man-db 設 定 フ ァ イ ル で す 。

/usr/share/man 大 域 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ 階 層 で す 。
/usr/share/man/index.(bt|db|dir|pag)
伝 統 的 な 大 域 イ ン デ ッ ク ス 型 デ ー タ ベ ー ス キ ャ ッ シ ュ で す 。
/var/cache/man/index.(bt|db|dir|pag)

FHS 準 拠 の 大 域 イ ン デ ッ ク ス 型 デ ー タ ベ ー ス キ ャ ッ シ ュ で す 。

関 連 項 目

apropos(1), groff(1), less(1), manpath(1), nroff(1), troff(1), whatis(1), zsoelim(1), setlocale(3), manpath(5), ascii(7), latin1(7), man(7), catman(8), mandb(8), the man-db package manual, FSSTND

歴 史

1990, 1991 – Originally written by John W. Eaton (jwe [AT] che.edu).

1992年 12月 23日 : Rik Faith (faith [AT] cs.edu) が Willem Kasdorp (wkasdo [AT] nikhefk.nl) に よ っ て 提 供 さ れ た パ ッ チ を 適 用 し ま し た 。

30th April 1994 – 23rd February 2000: Wilf. (G.Wilford [AT] ee.uk) has been developing and maintaining this package with the help of a few dedicated people.

30th October 1996 – 30th March 2001: Fabrizio Polacco <fpolacco [AT] debian.org> maintained and enhanced this package for the Debian project, with the help of all the community.

31st March 2001 – present day: Colin Watson <cjwatson [AT] debian.org> is now developing and maintaining man-db.

COMMENTS