Manpages

名 前

tar − GNU 版 tar ア ー カ イ ブ ・ ユ ー テ ィ リ テ ィ ー

書 式

tar [ ] A --catenate --concatenate | c --create | d --diff --compare | r --append | t --list | u --update | x -extract --get [ --atime-preserve ] [ -b, --block-size N ] [ -B, --read-full-blocks ] [ -C, --directory DIR ] [ --checkpoint

] [ -f, --file [HOSTNAME:]F ] [ --force-local

] [ -F, --info-script F --new-volume-script F ] [ -G, --incremental ] [ -g, --listed-incremental F ] [ -h, --dereference ] [ -i, --ignore-zeros ] [ -j, --bzip2 ] [ --ignore-failed-read ] [ -k, --keep-old-files ] [ -K, --starting-file F ] [ -l, --one-file-system ] [ -L, --tape-length N ] [ -m, --modification-time ] [ -M, --multi-volume ] [ -N, --after-date DATE, --newer DATE ] [ -o, --old-archive, --portability ] [ -O, --to-stdout ] [ -p, --same-permissions, --preserve-permissions ] [ -P, --absolute-paths ] [ --preserve

] [ -R, --record-number ] [ --remove-files ] [ -s, --same-order, --preserve-order ] [ --same-owner ] [ -S, --sparse ] [ -T, --files-from F ] [ --null

] [ --totals

] [ -v, --verbose ] [ -V, --label NAME ] [ --version

] [ -w, --interactive, --confirmation ] [ -W, --verify

] [ --exclude FILE ] [ -X, --exclude-from FILE ] [ -Z, --compress, --uncompress ] [ -z, --gzip, --ungzip

] [ --use-compress-program PROG ] [ --block-compress ] [ -[0-7][lmh]

]

filename1 [ filename2, ... filenameN ]
directory1 [ directory2, ...directoryN ]

説 明

こ の マ ニ ュ ア ル ・ ペ ー ジ で は GNU版 tar , 即 ち tarfile と し て 知 ら れ て い る ア ー カ イ ブ ・ フ ァ イ ル に フ ァ イ ル を 格 納 し た り 抽 出 す る 為 の ア ー カ イ ブ ・ プ ロ グ ラ ム に つ い て 説 明 す る 。 tarfile は テ ー プ ド ラ イ ブ 上 に 作 成 す る こ と も 出 来 る 。 し か し 、 tarfile を 通 常 の フ ァ イ ル に 書 き 込 む 事 も よ く 行 な わ れ て い る 。 tar へ の 最 初 の 引 数 は 、 オ プ シ ョ ン Acdrtux の い ず れ か で な く て は な ら な い 。 こ の 後 に は ど の オ プ シ ョ ン 機 能 を 指 定 す る 事 も 出 来 る 。 tar へ の 最 後 の 引 数 は ア ー カ イ ブ す べ き フ ァ イ ル 又 は デ ィ レ ク ト リ 名 で あ る 。 デ ィ レ ク ト リ 名 を 指 定 し た 場 合 は 常 に 、 そ の サ ブ デ ィ レ ク ト リ も ア ー カ イ ブ に 含 め ら れ る 。

機 能 指 定 文 字

以 下 の オ プ シ ョ ン の い ず れ か を 指 定 し な く て は な ら な い :

-A, --catenate, --concatenate ア ー カ イ ブ に tar フ ァ イ ル を 追 加 す る

-c, --create

新 し い ア ー カ イ ブ を 作 成 す る

-d, --diff, --compare ア ー カ イ ブ と フ ァ イ ル ・ シ ス テ ム と の 差 分 を 取 る

--delete

ア ー カ イ ブ か ら 削 除 す る (磁 気 テ ー プ 上 の tarfile に 使 う 事 は 出 来 な い )

-r, --append

ア ー カ イ ブ の 最 後 に フ ァ イ ル を 追 加 す る

-t, --list

ア ー カ イ ブ 内 容 の 一 覧 を 表 示 す る

-u, --update

ア ー カ イ ブ 内 の 同 名 の フ ァ イ ル よ り 新 し い も の だ け を 追 加 す る

-x, --extract, --get

ア ー カ イ ブ か ら フ ァ イ ル を 抽 出 す る

そ の 他 の オ プ シ ョ ン

--atime-preserve

ダ ン プ し た フ ァ イ ル の ア ク セ ス 時 刻 を 変 え な い

-b, --block-size N

ブ ロ ッ ク ・ サ イ ズ を N*512 バ イ ト と す る (デ フ ォ ル ト は N=20)

-B, --read-full-blocks

読 み 込 み と 同 時 に ブ ロ ッ ク 化 し 直 す (4.2BSDの パ イ プ か ら の 読 み 込 み 用 )

-C, --directory DIR

DIRに cdし て か ら 動 作 を 行 な う

--checkpoint

ア ー カ イ ブ の 読 み 込 み 中 に デ ィ レ ク ト リ 名 を 出 力 す る

-f, --file [HOSTNAME:]F

Fと い う ア ー カ イ ブ ・ フ ァ イ ル ま た は デ バ イ ス を 使 う (デ フ ォ ル ト は /dev/rmt0)

--force-local

ア ー カ イ ブ ・ フ ァ イ ル 名 に コ ロ ン が あ っ て も ロ ー カ ル フ ァ イ ル と し て 扱 う

-F, --info-script F --new-volume-script F 各 テ ー プ の 最 後 で ス ク リ プ ト Fを 実 行 す る (-M が 仮 定 さ れ る )

-G, --incremental

旧 GNU形 式 の イ ン ク リ メ ン タ ル ・ バ ッ ク ア ッ プ に よ り 作 成 /一 覧 表 示 /抽 出 を 行 な う

-g, --listed-incremental F 新 GNU形 式 の イ ン ク リ メ ン タ ル ・ バ ッ ク ア ッ プ に よ り 作 成 /一 覧 表 示 /抽 出 を 行 な う

-h, --dereference

シ ン ボ リ ッ ク ・ リ ン ク を ダ ン プ し な い ;リ ン ク が 指 し 示 す フ ァ イ ル を ダ ン プ す る

-i, --ignore-zeros

ア ー カ イ ブ 内 の ゼ ロ の み か ら な る ブ ロ ッ ク (通 常 は EOFを 意 味 す る )を 無 視 す る

-j, --bzip2

.bz2フ ァ イ ル か ら の 抽 出 を 行 な う た め に ア ー カ イ ブ を bzip2に フ ィ ル タ ー す る

--ignore-failed-read

読 み 込 み 不 能 な フ ァ イ ル に 対 し て 非 ゼ ロ 返 り 値 で 終 了 し な い

-k, --keep-old-files

フ ァ イ ル が 既 存 の 場 合 は 、 ア ー カ イ ブ か ら 抽 出 し た フ ァ イ ル で 上 書 き し な い

-K, --starting-file F

ア ー カ イ ブ 内 の フ ァ イ ル Fか ら 作 業 を 開 始 す る

-l, --one-file-system

ロ ー カ ル な フ ァ イ ル ・ シ ス テ ム に 限 定 し て ア ー カ イ ブ を 作 成 す る

-L, --tape-length N

N*1024バ イ ト 書 き 込 ん だ 後 に テ ー プ を 交 換 す る

-m, --modification-time

フ ァ イ ル の 変 更 時 間 は 抽 出 し な い

-M, --multi-volume

マ ル チ ・ ボ リ ュ ー ム の ア ー カ イ ブ の 作 成 /一 覧 表 示 /抽 出 を 行 な う

-N, --after-date DATE, --newer DATE

DATEよ り 新 し い フ ァ イ ル だ け を 格 納 す る

-o, --old-archive, --portability

ANSI形 式 で は な く 、 V7形 式 の ア ー カ イ ブ を 書 き 込 む

-O, --to-stdout

フ ァ イ ル を 標 準 出 力 に 書 き 出 す

-p, --same-permissions, --preserve-permissions 許 可 情 報 を 全 て 抽 出 す る

-P, --absolute-paths

フ ァ イ ル 名 の 先 頭 の ’/’を 取 り 除 か な い

--preserve

-p -s と 同 様

-R, --record-number

メ ッ セ ー ジ と と も に ア ー カ イ ブ 内 で の レ コ ー ド 数 を 出 力 す る

--remove-files

ア ー カ イ ブ に 追 加 し た 後 に フ ァ イ ル を 削 除 す る

-s, --same-order, --preserve-order

ア ー カ イ ブ と 一 致 さ せ る た め に 、 抽 出 す る フ ァ イ ル の 名 前 を ソ ー ト す る

--same-owner

ア ー カ イ ブ 内 の フ ァ イ ル の も の と 同 じ 所 有 属 性 で フ ァ イ ル を 抽 出 す る

-S, --sparse

疎 ら な フ ァ イ ル を 効 率 的 に 処 理 す る

-T, --files-from F

抽 出 又 は 作 成 す る フ ァ イ ル の 名 前 を フ ァ イ ル Fか ら 読 み 込 む

--null

nullで 終 わ る 名 前 を -Tで 読 み 込 み 、 -Cを 無 効 に す る

--totals

--createで 書 き 込 ま れ た 全 バ イ ト 数 を 出 力 す る

-v, --verbose

処 理 し た フ ァ イ ル の 一 覧 を 詳 し く 出 力 す る

-V, --label NAME

ボ リ ュ ー ム 名 が NAMEと い う ア ー カ イ ブ を 作 成 す る

--version

tarプ ロ グ ラ ム の バ ー ジ ョ ン 番 号 を 出 力 す る

-w, --interactive, --confirmation

す べ て の 動 作 に 対 し て 確 認 を 求 め る

-W, --verify

ア ー カ イ ブ の 書 き 込 み 後 に 照 合 を 試 み る

--exclude FILE

フ ァ イ ル FILEを 除 外 す る

-X, --exclude-from FILE

FILEに 記 載 さ れ て い る フ ァ イ ル を 除 外 す る

-Z, --compress, --uncompress

ア ー カ イ ブ を compressに フ ィ ル タ ー す る

-z, --gzip, --ungzip

ア ー カ イ ブ を gzipに フ ィ ル タ ー す る

--use-compress-program PROG ア ー カ イ ブ を PROGに フ ィ ル タ ー す る (PROGは -dオ プ シ ョ ン を 解 す る も の で な く て は な ら な い )

--block-compress

圧 縮 プ ロ グ ラ ム の 出 力 を ブ ロ ッ ク 化 し て テ ー プ に 書 き 込 む

-[0-7][lmh]

ド ラ イ ブ と 密 度 を 指 定 す る

翻 訳 者

山 縣 敦 (yamagata [AT] jwu.jp)

COMMENTS