Manpages

名 前

sysctl − 実 行 時 に カ ー ネ ル パ ラ メ ー タ を 設 定 す る

書 式

sysctl [-n] [-e] variable ...
sysctl [-n] [-e] [-q] -w variable=value ...
sysctl [-n] [-e] [-q] -p <filename>
sysctl [-n] [-e] -a
sysctl [-n] [-e] -A

説 明

sysctl は カ ー ネ ル の パ ラ メ ー タ を 実 行 時 に 修 正 す る の に 用 い る 。 変 更 で き る パ ラ メ ー タ は /proc/sys/ 以 下 に リ ス ト さ れ て い る も の で あ る 。 Linux に お け る sysctl の 機 能 に は procfs が 必 要 で あ る 。 sysctl は sysctl デ ー タ の 読 み 書 き 両 方 に 使 え る 。

パ ラ メ ー タ

variable 読 み 取 り の 対 象 と す る キ ー の 名 前 。 例 え ば kernel.ostype な ど 。 セ パ レ ー タ と し て ’.’ の 代 わ り に ’/’ を 用 い る こ と も で き る 。
variable=value
キ ー を 設 定 す る 形 式 。 variable は キ ー で 、 value が そ の キ ー に 設 定 さ れ る 値 で あ る 。 value に ク ォ ー ト や シ ェ ル に よ っ て パ ー ズ さ れ る 文 字 が 入 っ て い る 場 合 は 、 value 全 体 を ダ ブ ル ク ォ ー ト で 括 る 必 要 が あ る 。 こ の 指 定 を し た ら −w パ ラ メ ー タ も 指 定 し な け れ ば な ら な い 。

-n キ ー の 名 前 は 表 示 せ ず 、 値 だ け 表 示 す る 。

-e 不 明 な キ ー に つ い て の エ ラ ー を 無 視 す る 。

-N 名 前 の み を 表 示 す る 。 プ ロ グ ラ ム 補 完 を 持 つ シ ェ ル で 役 立 つ 。

-q 値 の セ ッ ト を 標 準 出 力 に 表 示 し な い 。

-w

sysctl の 設 定 を 変 更 す る 場 合 に は 、 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る 。

-p 指 定 さ れ た フ ァ イ ル か ら 読 み 込 ん だ 内 容 を

sysctl 設 定 に ロ ー ド す る

(フ ァ イ ル 指 定 が な け れ ば /etc/sysctl.conf か ら )。

-a 現 在 利 用 で き る 全 て の 値 を 表 示 す る 。

-A 現 在 利 用 で き る 全 て の 値 を 表 形 式 で 表 示 す る 。

/sbin/sysctl -a
/sbin/sysctl -n kernel.hostname
/sbin/sysctl -w kernel.domainname="example.com"
/sbin/sysctl -p /etc/sysctl.conf

フ ァ イ ル

/proc/sys /etc/sysctl.conf

関 連 項 目

sysctl.conf(5)

バ グ

−A パ ラ メ ー タ が −a と 同 じ よ う に し か 動 作 し な い 。

著 者

George Staikos, <staikos [AT] 0wned.org>

COMMENTS