Manpages

名 前

rm − フ ァ イ ル や デ ィ レ ク ト リ の 削 除 を 行 う

書 式

rm [オ プ シ ョ ン ]... [フ ァ イ ル ]...

説 明

こ の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ で は GNU バ ー ジ ョ ン の rm に つ い て 説 明 し て い ま す 。 rm は 指 定 さ れ た 各 フ ァ イ ル を 削 除 し ま す 。 デ フ ォ ル ト で は 、 デ ィ レ ク ト リ を 削 除 し ま せ ん 。 オ プ シ ョ ン −I−−interactive=once が 指 定 さ れ 、 4 個 以 上 の フ ァ イ ル を 削 除 す る か 、 −r−−recursive が 指 定 さ れ た 場 合 、 rm は 操 作 全 体 を 実 行 し て よ い か を ユ ー ザ に 確 認 し ま す 。 返 事 が 肯 定 的 な も の で な か っ た 場 合 に は 、 コ マ ン ド 全 体 が 中 止 さ れ ま す 。 そ れ 以 外 の 場 合 で 、 フ ァ イ ル が 書 き 込 み 不 可 で 、 標 準 入 力 が 端 末 で 、 オ プ シ ョ ン −f−−force の ど ち ら も 指 定 さ れ て い な い 場 合 と 、 オ プ シ ョ ン −i−−interactive=always が 指 定 さ れ て い る 場 合 は 、 rm は そ の フ ァ イ ル を 削 除 し て よ い か を ユ ー ザ に 確 認 し ま す 。 返 事 が 肯 定 的 な も の で な か っ た 場 合 に は 、 そ の フ ァ イ ル は ス キ ッ プ さ れ ま す 。

オ プ シ ョ ン

FILE を 削 除 (unlink) し ま す 。
−f
, −−force 存 在 し な い フ ァ イ ル を 無 視 す る 。 確 認 も 行 わ な い

−i 削 除 の 前 に 確 認 を 行 う

−I

3 個 を 超 え る フ ァ イ ル を 削 除 す る か 、 デ ィ レ ク ト リ を 再 帰 的 に 削 除 す る 場 合 は 一 度 だ け 確 認 を す る 。 多 く の 間 違 い を 防 ぎ な が ら も −i よ り は 確 認 回 数 が 少 な く な る

−−interactive[=WHEN]

WHEN に 指 定 し た 時 に 確 認 を 行 う 。 WHEN は 次 の 通 り : never, once (−I) ま た は always (−i)。 WHEN を 省 略 し た 場 合 は always と み な す

−−one−file−system 階 層 を 再 帰 的 に 削 除 す る と き に 、 コ マ ン ド ラ イ ン 引 数 と 異 な っ た フ ァ イ ル シ ス テ ム に あ る デ ィ レ ク ト リ を ス キ ッ プ す る
−−no−preserve−root

’/’ を 特 別 な も の と し て 扱 わ な い

−−preserve−root

’/’ を 削 除 し な い (デ フ ォ ル ト )

−r, −R, −−recursive デ ィ レ ク ト リ と そ の 中 身 を 再 帰 的 に 削 除 す る
−d
, −−dir 空 の デ ィ レ ク ト リ を 削 除 す る
−v
, −−verbose 何 を 行 っ て い る か を 表 示 す る

−−help こ の 使 い 方 を 表 示 し て 終 了 す る

−−version バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 し て 終 了 す る デ フ ォ ル ト で は rm は デ ィ レ ク ト リ を 削 除 し ま せ ん 。 デ ィ レ ク ト リ を そ の 中 身 全 て を 含 め て 削 除 す る と き に は −−recursive (−r ま た は −R) オ プ シ ョ ン を 使 用 し て く だ さ い 。

’−’ で 始 ま る 名 前 の フ ァ イ ル を 削 除 す る に は 、 例 え ば ’−foo’ と い う フ ァ イ ル な ら こ う い う コ マ ン ド を 使 い ま し ょ う :

rm −− −foo

rm ./−foo フ ァ イ ル の 削 除 に rm を 使 っ た 場 合 、 十 分 な 専 門 性 と 時 間 が あ れ ば 、 フ ァ イ ル 内 容 の 一 部 を 復 元 で き る か も し れ な い と い う こ と に は 留 意 し て く だ さ い 。 も し フ ァ イ ル 内 容 を 本 当 に 復 元 不 可 能 に す る 保 証 を 得 た け れ ば 、 shred の 利 用 を 考 え て く だ さ い 。

GNU coreutils の オ ン ラ イ ン ヘ ル プ : <http://www.gnu.org/software/coreutils/>; rm の 翻 訳 に 関 す る バ グ は <http://translationproject.org/team/ja.html>; に 連 絡 し て く だ さ い 。 完 全 な 文 書 は <http://www.gnu.org/software/coreutils/rm>; に あ り ま す 。 ロ ー カ ル で は info ’(coreutils) rm invocation’ で 参 照 で き ま す 。

作 者

作 者 Paul Rubin、 David MacKenzie、 Richard M. Stallman、 お よ び Jim Meyering。

著 作 権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ラ イ セ ン ス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>;.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

関 連 項 目

unlink(1), unlink(2), chattr(1), shred(1)

rm の 完 全 な マ ニ ュ ア ル は Texinfo マ ニ ュ ア ル と し て 整 備 さ れ て い る 。 も し 、 info お よ び rm の プ ロ グ ラ ム が 正 し く イ ン ス ト ー ル さ れ て い る な ら ば 、 コ マ ン ド

info rm を 使 用 す る と 完 全 な マ ニ ュ ア ル を 読 む こ と が で き る は ず だ 。

COMMENTS