Manpages

名 前

ipc − System V IPC シ ス テ ム コ ー ル

書 式

int ipc(unsigned int call, int first, int second, int third,
void *
ptr, long fifth);

説 明

ipc() は メ ッ セ ー ジ 、 セ マ フ ォ ー 、 共 有 メ モ リ ー に 関 す る System V IPC コ ー ル の 共 通 の カ ー ネ ル へ の エ ン ト リ ー ポ イ ン ト で あ る 。 call は ど の IPC 関 数 を 呼 び 出 す か を 決 め ; 他 の 引 き 数 は 適 切 な コ ー ル へ と 渡 さ れ る 。 ユ ー ザ ー プ ロ グ ラ ム は 通 常 の 名 前 で 適 切 な 関 数 を 呼 び 出 す べ き で あ る 。 標 準 ラ イ ブ ラ リ の 実 装 者 や カ ー ネ ル ハ ッ カ ー の み が ipc() に つ い て 知 る 必 要 が あ る 。

準 拠

ipc() は Linux 特 有 で あ り 、 移 植 を 意 図 し た プ ロ グ ラ ム で は 使 用 し て は い け な い 。

注 意

い く つ か の ア ー キ テ ク チ ャ ー —for 例 え ば x86−64 や ARM—で は 、 シ ス テ ム コ ー ル ipc() が 存 在 し な い 。 実 際 に は 、 そ の 代 わ り に msgctl(2), semctl(2), shmctl(2) な ど が 独 立 し た シ ス テ ム コ ー ル と し て 実 装 さ れ て い る 。

関 連 項 目

msgctl(2), msgget(2), msgrcv(2), msgsnd(2), semctl(2), semget(2), semop(2), shmat(2), shmctl(2), shmdt(2), shmget(2)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS