Manpages

名 前

dpkg − Debian パ ッ ケ ー ジ マ ネ ー ジ ャ

書 式

dpkg [options] action

警 告

こ の マ ニ ュ ア ル は 、 dpkg の コ マ ン ド ラ イ ン ・ オ プ シ ョ ン や パ ッ ケ ー ジ 状 態 に つ い て 、 dpkg −−help で 得 ら れ る 情 報 よ り も さ ら に 詳 細 に 理 解 し た い 利 用 者 の た め に 書 か れ た も の で あ る 。 パ ッ ケ ー ジ 管 理 者 は 、 dpkg が ど の よ う に パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル す る の か を 理 解 す る と い う 目 的 で は 、 こ の マ ニ ュ ア ル を 読 ま な い ほ う が よ い 。 パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル す る と き や 削 除 す る と き の dpkg の 動 作 に 関 す る 記 述 は 、 特 に 不 充 分 で あ る 。

説 明

dpkg は 、 Debian パ ッ ケ ー ジ の 、 イ ン ス ト ー ル 、 構 築 、 削 除 、 管 理 を す る た め の ツ ー ル で あ る 。 dselect(1) は 、 dpkg の 代 表 的 な フ ロ ン ト エ ン ド で 、 よ り ユ ー ザ フ レ ン ド リ な ツ ー ル で あ る 。 dpkg は 、 コ マ ン ド ラ イ ン 引 き 数 に よ っ て 完 全 に 制 御 す る こ と が で き る 。 コ マ ン ド ラ イ ン 引 き 数 は 、 1 つ の ア ク シ ョ ン と 、 0 個 以 上 の オ プ シ ョ ン と で 構 成 さ れ る 。 ア ク シ ョ ン パ ラ メ ー タ は 、 dpkg に 何 を さ せ る の か を 指 定 し 、 オ プ シ ョ ン は そ の ア ク シ ョ ン の ふ る ま い を 制 御 す る 。 ま た 、 dpkgdpkg−deb(1) の フ ロ ン ト エ ン ド と し て も 使 う こ と が で き る 。 以 下 の ア ク シ ョ ン は dpkg−deb の ア ク シ ョ ン で あ り 、 dpkg に こ れ ら を 引 き 数 と し て 与 え る と 、 dpkg−deb に 同 じ 引 き 数 を 与 え て 起 動 す る 。
−b
, −−build,
−c
, −−contents,
−I
, −−info,
−f
, −−field,
−e
, −−control,
−x
, −−extract,
−X
, −−vextract,
−−fsys−tarfile
. こ れ ら の ア ク シ ョ ン に つ い て は 、 dpkg−deb(1) に く わ し い 情 報 が あ る 。

パ ッ ケ ー ジ に 関 す る 情 報

dpkg は 、 い く つ か の 利 用 可 能 な パ ッ ケ ー ジ に 関 す る 有 用 な 情 報 を 管 理 し て い る 。 こ の 情 報 は 、 パ ッ ケ ー ジ 状 態パ ッ ケ ー ジ 選 択 状 態 、 そ し て フ ラ グ の 3 つ に 分 類 で き る 。 こ れ ら の 値 は 主 に dselect に よ っ て 変 更 さ れ る 。 パ ッ ケ ー ジ 状 態
installed
パ ッ ケ ー ジ の 展 開 と 設 定 が 完 了 し て い る 。
half−installed
パ ッ ケ ー ジ の イ ン ス ト ー ル は 開 始 し て い る が 、 何 ら か の 理 由 で 完 了 し て い な い 。
not−installed
パ ッ ケ ー ジ は シ ス テ ム に イ ン ス ト ー ル さ れ て い な い 。
unpacked
パ ッ ケ ー ジ は 展 開 さ れ た が 、 設 定 は さ れ て い な い 。
half−configured
パ ッ ケ ー ジ は 展 開 さ れ 、 設 定 も 開 始 し て い る が 何 ら か の 理 由 に よ っ て 完 了 し て い な い 。
config−files
パ ッ ケ ー ジ の 設 定 フ ァ イ ル だ け が 存 在 し て い る 。 パ ッ ケ ー ジ 選 択 状 態
install
パ ッ ケ ー ジ は イ ン ス ト ー ル す る よ う に 選 択 さ れ て い る 。
deinstall
パ ッ ケ ー ジ は deinstallation す る よ う に 選 択 さ れ て い る (設 定 フ ァ イ ル を 除 く す べ て の フ ァ イ ル を 削 除 し た い )。

purge パ ッ ケ ー ジ は

purge す る よ う に 選 択 さ れ て い る (設 定 フ ァ イ ル も 含 め た

す べ て の フ ァ イ ル を 削 除 し た い )。 パ ッ ケ ー ジ フ ラ グ

hold パ ッ ケ ー ジ は

hold (変 更 禁 止 )さ れ て い る 。 こ れ は −−force−hold で 強

制 し な い 限 り dpkg で 扱 わ な い と い う こ と で あ る 。

reinst−required パ ッ ケ ー ジ は reinst−required さ れ て い る 。 こ れ は 、 壊 れ て い る 状 態 で イ ン ス ト ー ル さ れ て い て 、 再 イ ン ス ト ー ル が 要 求 さ れ て い る と い う こ と で あ る 。 こ の パ ッ ケ ー ジ は −−force−reinstreq で 強 制 し な い 限 り 、 削 除 す る こ と が で き な い 。

ア ク シ ョ ン

dpkg −i | −−install package_file... 指 定 し た パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル す る 。 も し −−recursive ま た は −R オ プ シ ョ ン を 指 定 す る 場 合 、 package_file に 、 参 照 す る デ ィ レ ク ト リ を 指 定 し な け れ ば な ら な い 。 イ ン ス ト ー ル は 、 以 下 の 手 順 で 構 成 さ れ て い る 。

1. イ ン ス ト ー ル す る パ ッ ケ ー ジ の 制 御 フ ァ イ ル を 取 り 出 す 。

2. も し 同 じ パ ッ ケ ー ジ の 別 の バ ー ジ ョ ン が す で に イ ン ス ト ー ル 済 み の 場 合 、 新 し い パ ッ ケ ー ジ の イ ン ス ト ー ル の 前 に 、 イ ン ス ト ー ル 済 み の パ ッ ケ ー ジ の prerm ス ク リ プ ト を 実 行 す る 。

3. も し パ ッ ケ ー ジ が preinst ス ク リ プ ト を 提 供 し て い る 場 合 、 そ れ を 実 行 す る 。

4. 新 し い フ ァ イ ル を 展 開 す る 。 同 時 に 、 失 敗 し た と き に 元 に 戻 せ る よ う に 、 古 い フ ァ イ ル を 保 存 す る 。

5. も し 同 じ パ ッ ケ ー ジ の 別 の バ ー ジ ョ ン が す で に イ ン ス ト ー ル 済 み の 場 合 、 先 に イ ン ス ト ー ル さ れ て い た パ ッ ケ ー ジ の postrm を 実 行 す る 。 こ の ス ク リ プ ト が 、 新 し い パ ッ ケ ー ジ の preinst の 後 に 実 行 さ れ る こ と に 注 意 す る こ と 。 こ れ は 、 新 し い フ ァ イ ル が 書 き 込 ま れ る の と 同 時 に 古 い フ ァ イ ル が 削 除 さ れ る た め で あ る 。

6. パ ッ ケ ー ジ の 設 定 を す る 。 こ れ が ど の よ う に 実 行 さ れ る か 、 −−configure の 項 に く わ し い 情 報 が あ る 。

dpkg −−unpack package_file ... パ ッ ケ ー ジ を 展 開 す る 、 し か し 設 定 は し な い 。 も し −−recursive ま た は −R オ プ シ ョ ン を 指 定 す る 場 合 、 Package_file に 、 参 照 す る デ ィ レ ク ト リ を 指 定 し な け れ ば な ら な い 。
dpkg −−configure
package ... | −a | −−pending 展 開 済 み の パ ッ ケ ー ジ を 再 設 定 す る 。 も し 、 −a ま た は −−pending を 指 定 し た 場 合 、 ま だ 設 定 さ れ て い な い 展 開 済 み の す べ て の パ ッ ケ ー ジ を 設 定 す る 。 設 定 は 、 以 下 の 手 順 で 構 成 さ れ て い る 。

1. 設 定 フ ァ イ ル を 展 開 す る 。 同 時 に 、 失 敗 し た と き に 元 に 戻 せ る よ う に 、 古 い 設 定 フ ァ イ ル を 保 存 す る 。

2. も し パ ッ ケ ー ジ が postinst ス ク リ プ ト を 提 供 し て い る 場 合 、 そ れ を 実 行 す る 。

dpkg −r | −−remove | −P | −−purge package ... | −a | −−pending イ ン ス ト ー ル 済 み の パ ッ ケ ー ジ を 削 除 す る 。 −r ま た は −−remove は 、 設 定 フ ァ イ ル を 除 い た す べ て を 削 除 す る 。 こ う す る こ と で 、 後 で 再 イ ン ス ト ー ル し た と き に 再 設 定 を し な く て よ く な る (設 定 フ ァ イ ル の 一 覧 は 、 debian/conffiles コ ン ト ロ ー ル フ ァ イ ル に あ る )。 −P ま た は −−purge は 、 設 定 フ ァ イ ル を 含 む す べ て を 削 除 す る 。 引 き 数 と し て 、 パ ッ ケ ー ジ 名 の 代 わ り に −a ま た は −−pending が 指 定 さ れ た 場 合 に は 、 /var/lib/dpkg/status フ ァ イ ル で remove ま た は purge の マ ー ク を 持 つ す べ て の 展 開 済 み パ ッ ケ ー ジ を 、 そ れ ぞ れ remove ま た は purge す る 。 パ ッ ケ ー ジ の 削 除 は 以 下 の 手 順 で 構 成 さ れ て い る 。

1. prerm ス ク リ プ ト を 実 行 す る 。

2. イ ン ス ト ー ル し た フ ァ イ ル を 削 除 す る 。

3. postrm ス ク リ プ ト を 実 行 す る 。

dpkg −−update−avail | −−merge−avail Packages−file

dpkgdselect が 管 理 す る 利 用 可 能 な パ ッ ケ ー ジ の 情 報 を 更 新 す る 。 −−merge−avail ア ク シ ョ ン は 、 古 い 情 報 に Packages−file の 情 報 を 組 み 合 わ せ る 。 −−update−avail ア ク シ ョ ン は 、 古 い 情 報 を Packages−file の 情 報 で 置 き 換 え る 。 Debian と 一 緒 に 配 布 さ れ て い る Packages−file の 名 前 は 簡 単 に Packages で あ る 。 dpkg は 、 利 用 可 能 な パ ッ ケ ー ジ の 情 報 を /var/lib/dpkg/available に 記 録 す る 。

available フ ァ イ ル の 取 得 と 更 新 を 行 な う 、 も っ と も 簡 単 な コ マ ン ド は dselect update で あ る 。

dpkg −A | −−record−avail package_file ...

dpkgdselect が 管 理 す る 利 用 可 能 な パ ッ ケ ー ジ の 情 報 を 、 package_file パ ッ ケ ー ジ か ら の 情 報 で 更 新 す る 。 も し −−recursive ま た は −R オ プ シ ョ ン を 指 定 す る 場 合 、 Package_file に 、 参 照 す る デ ィ レ ク ト リ を 指 定 し な け れ ば な ら な い 。

dpkg −−forget−old−unavail イ ン ス ト ー ル さ れ て い な く て 利 用 可 能 で な い パ ッ ケ ー ジ の 情 報 を 消 去 す る 。
dpkg −−clear−avail
利 用 可 能 な パ ッ ケ ー ジ の 情 報 を 消 去 す る 。
dpkg −C
| −−audit イ ン ス ト ー ル が 完 了 し て い な い パ ッ ケ ー ジ を 探 す 。 dpkg は イ ン ス ト ー ル を 完 了 さ せ る た め に ど う す れ ば よ い か を 提 案 す る 。
dpkg −−get−selections
[package−name−pattern...] パ ッ ケ ー ジ 選 択 リ ス ト を 標 準 出 力 に 書 き 出 す 。 パ タ ー ン を 指 定 し な い 場 合 、 purge 状 態 の パ ッ ケ ー ジ は 表 示 さ れ な い 。
dpkg −−set−selections
パ ッ ケ ー ジ 選 択 リ ス ト を 標 準 入 力 か ら 読 み 込 ん で 設 定 す る 。 フ ァ イ ル の 形 式 は ’<package> <state>’ で な け れ ば な ら な い 。 state は 、 install、 hold、 deinstall ま た は purge の い ず れ か で あ る 。 空 行 や 、 行 が ’#’ で 始 ま る コ メ ン ト 行 を 使 用 し て も よ い 。
dpkg −−clear−selections

essential で な い パ ッ ケ ー ジ す べ て の 選 択 状 態 を deinstall に す る 。 −−set−selections に 与 え る リ ス ト に な い パ ッ ケ ー ジ を deinstall す る た め 、 −−set−selections の 直 前 に 使 う た め の も の で あ る 。

dpkg −−yet−to−unpack イ ン ス ト ー ル す る た め に 選 択 さ れ た が 、 何 ら か の 理 由 で ま だ イ ン ス ト ー ル さ れ て い な い パ ッ ケ ー ジ を 探 す 。

dpkg −−print−architecture

dpkg の イ ン ス ト ー ル す る ア ー キ テ ク チ ャ (例 え ば 、 "i386")を 表 示 す る 。

dpkg −−compare−versions ver1 op ver2 二 項 演 算 子 op で 2 つ の バ ー ジ ョ ン を 比 較 す る 。 dpkg の 返 り 値 は 、 指 定 し た 条 件 を 満 た す な ら 成 功 (0)、 そ う で な け れ ば 失 敗 (0 以 外 )と な る 。 演 算 子 は 2 つ の グ ル ー プ に 分 か れ る 。 こ れ は ver1ver2 が 欠 け て い る と き の ふ る ま い の 違 い に よ る 。 lt le eq ne ge gt は 、 欠 け て い る バ ー ジ ョ ン が ど れ よ り も 古 い と み な す 。 lt−nl le−nl ge−nl gt−nl は 、 欠 け て い る バ ー ジ ョ ン が ど れ よ り も 新 し い と み な す 。 < << <= = >= >> > は 、 control フ ァ イ ル の 文 法 と の 互 換 性 の た め だ け に 提 供 さ れ て い る 。
dpkg −−command−fd <n>
フ ァ イ ル 記 述 子 <n> か ら 一 連 の コ マ ン ド を う け い れ る 。 注 意 : 追 加 の オ プ シ ョ ン は コ マ ン ド ラ イ ン と こ の フ ァ イ ル 記 述 子 を 通 じ て 指 定 で き 、 一 回 の 実 行 を 通 じ て そ れ ら が リ セ ッ ト さ れ る こ と は な い 。
dpkg −−help
簡 単 な オ プ シ ョ ン 一 覧 を 表 示 す る 。
dpkg −−force−help

−−force−thing オ プ シ ョ ン 一 覧 を 表 示 す る 。

dpkg −Dh | −−debug=help デ バ ッ グ 用 オ プ シ ョ ン 一 覧 を 表 示 す る 。
dpkg −−licence
| dpkg −−license

dpkg の ラ イ セ ン ス を 表 示 す る 。

dpkg −−version

dpkg の バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 す る 。

dpkg−deb actions 以 下 の ア ク シ ョ ン の く わ し い 情 報 は dpkg−deb(1) を 参 照 す る こ と 。

dpkg −b | −−build directory [filename]
deb パ ッ ケ ー ジ を 構 築 す る 。
dpkg −c
| −−contents filename
deb パ ッ ケ ー ジ に 含 ま れ る フ ァ イ ル 一 覧 を 表 示 す る 。
dpkg −e
| −−control filename [directory] パ ッ ケ ー ジ か ら 制 御 情 報 を 取 り 出 す 。
dpkg −x
| −−extract filename directory パ ッ ケ ー ジ に 含 ま れ る フ ァ イ ル を す べ て 取 り 出 す 。
dpkg −f
| −−field filename [control−field] ... パ ッ ケ ー ジ の 制 御 フ ィ ー ル ド を 表 示 す る 。
dpkg −−fsys−tarfile
filename
Debian パ ッ ケ ー ジ に 含 ま れ る tar フ ァ イ ル を 表 示 す る 。
dpkg −I
| −−info filename [control−file] パ ッ ケ ー ジ に 関 す る 情 報 を 表 示 す る 。
dpkg −X
| −−vextract filename directory パ ッ ケ ー ジ に 含 ま れ る フ ァ イ ル を 展 開 し 、 フ ァ イ ル 名 を 表 示 す る 。

dpkg−query actions 以 下 の ア ク シ ョ ン の 詳 細 は 、 dpkg−query(1) を 参 照 す る こ と 。

dpkg −l | −−list package−name−pattern ... 指 定 し た パ タ ー ン に マ ッ チ す る 名 前 の パ ッ ケ ー ジ を 表 示 す る 。
dpkg −s
| −−status package−name ... 指 定 し た パ ッ ケ ー ジ の 状 態 を 報 告 す る 。
dpkg −L
| −−listfiles package ...
package
パ ッ ケ ー ジ に よ っ て シ ス テ ム に イ ン ス ト ー ル さ れ た フ ァ イ ル を 表 示 す る 。
dpkg −S
| −−search filename−search−pattern ... 指 定 し た フ ァ イ ル が ど の パ ッ ケ ー ジ か ら イ ン ス ト ー ル さ れ た か 検 索 す る 。
dpkg −p
| −−print−avail package
/var/lib/dpkg/available
に あ る package の 詳 細 情 報 を 表 示 す る 。

オ プ シ ョ ン

す べ て の オ プ シ ョ ン は 、 コ マ ン ド ラ イ ン や 、 dpkg の 設 定 フ ァ イ ル で あ る /etc/dpkg/dpkg.cfg で 指 定 で き る 。 設 定 フ ァ イ ル の 各 行 は 、 (先 頭 の ダ ッ シ ュ が 無 い こ と 以 外 は コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン と 全 く 同 じ )オ プ シ ョ ン か 、 (行 頭 が # の )コ メ ン ト で あ る 。

−−abort−after=number

dpkg の 処 理 を 中 断 さ せ る エ ラ ー 数 を 変 更 す る 。 デ フ ォ ル ト は 50 で あ る 。

−B|−−auto−deconfigure パ ッ ケ ー ジ を 削 除 す る と き 、 削 除 す る パ ッ ケ ー ジ に 依 存 し た 別 の パ ッ ケ ー ジ が イ ン ス ト ー ル さ れ て い る 場 合 が あ る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と 、 削 除 す る パ ッ ケ ー ジ に 依 存 し て い る パ ッ ケ ー ジ の 設 定 を 取 り 消 す 。
−D
octal | −−debug=octal デ バ ッ グ モ ー ド に す る 。 octal は 、 以 下 の 一 覧 か ら 望 む 値 を ビ ッ ト ご と の 論 理 和 で 組 み 合 わ せ た も の で あ る (こ れ ら の 値 は 、 将 来 の リ リ ー ス で は 変 更 さ れ る 可 能 性 が あ る の で 注 意 す る こ と )。 −Dh ま た は −−debug=help は こ れ ら の 値 を 表 示 す る 。 数 値 説 明

1 一 般 的 に 役 に 立 つ 進 行 状 況
2 管 理 ス ク リ プ ト の 呼 び 出 し 状 況 と 状 態
10 各 フ ァ イ ル 処 理 の 情 報
100 各 フ ァ イ ル 処 理 の 大 量 の 情 報
20 各 設 定 フ ァ イ ル の 情 報
200 各 設 定 フ ァ イ ル の 大 量 の 情 報
40 依 存 関 係 、 競 合 関 係
400 依 存 関 係 、 競 合 関 係 の 大 量 の 情 報
1000 dpkg/info デ ィ レ ク ト リ な ど に 関 す る 大 量 の 情 報
2000 正 気 で な い ほ ど の 大 量 の 情 報

−−force−things | −−no−force−things | −−refuse−things 指 定 し た things を 強 制 実 行 す る (force)、 ま た は 拒 否 す る (refuse) (no−forcerefuse は 同 じ 意 味 )。 things に 、 以 下 の 項 目 を コ ン マ で 区 切 っ て 指 定 す る 。 −−force−help オ プ シ ョ ン で こ れ ら の 説 明 を 表 示 す る 。 (*)マ ー ク の あ る も の は 、 デ フ ォ ル ト で 強 制 実 行 さ れ る 。 警 告 : こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 、 お も に 熟 練 し た ユ ー ザ だ け が 使 う こ と を 意 図 し た も の で あ る 。 影 響 を 完 全 に 理 解 し な い ま ま に こ れ ら を 使 う と 、 シ ス テ ム 全 体 を 壊 し て し ま う か も し れ な い 。

all: 全 て の 強 制 オ プ シ ョ ン を 指 定 す る (ま た は 打 ち 消 す )。

downgrade(*): よ り 新 し い バ ー ジ ョ ン が す で に イ ン ス ト ー ル さ れ て い た と し て も 、 指 定 し た パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル す る 。 警 告 : 現 在 の dpkg は 、 ダ ウ ン グ レ ー ド 時 に い か な る 依 存 関 係 の チ ェ ッ ク も し な い 。 そ の た め 、 ダ ウ ン グ レ ー ド す る こ と で 、 ほ か の パ ッ ケ ー ジ の 依 存 関 係 を 警 告 な し に 壊 す か も し れ な い 。 こ れ は 深 刻 な 副 作 用 と な る 可 能 性 が あ り 、 主 要 な シ ス テ ム 構 成 を ダ ウ ン グ レ ー ド す る こ と で シ ス テ ム を 壊 し て し ま う こ と も あ り う る 。 注 意 し て 使 用 す る こ と 。

configure−any: 指 定 し た パ ッ ケ ー ジ に 依 存 し て い て 、 す で に 展 開 さ れ て い る が 、 ま だ 設 定 さ れ て い な い パ ッ ケ ー ジ も 一 緒 に 設 定 を す る 。

hold: た と え "hold" と マ ー ク さ れ て い て も 、 そ の パ ッ ケ ー ジ の 処 理 を す る 。

remove−reinstreq: 壊 れ て い て 、 再 イ ン ス ト ー ル が 必 要 だ と マ ー ク さ れ て い た と し て も 、 パ ッ ケ ー ジ を 削 除 す る 。 こ れ に よ り 、 例 え ば 、 パ ッ ケ ー ジ の 一 部 が dpkg に 管 理 さ れ な い で 残 る な ど の 問 題 が お こ る か も し れ な い 。

remove−essential: essential と さ れ る パ ッ ケ ー ジ で あ っ て も 削 除 す る 。 essential パ ッ ケ ー ジ に は 、 た い て い 最 も 基 本 的 な UNIX コ マ ン ド が 含 ま れ る 。 こ れ ら の パ ッ ケ ー ジ を 削 除 す る と 、 シ ス テ ム 全 体 が 動 作 し な く な る こ と も あ る の で 、 注 意 し て 削 除 す る こ と 。

depends: す べ て の 依 存 問 題 を 警 告 に 変 え る 。

depends−version: 依 存 関 係 の 確 認 を す る と き 、 バ ー ジ ョ ン を 無 視 す る 。

conflicts: 他 の パ ッ ケ ー ジ と 競 合 し て も イ ン ス ト ー ル す る 。 た い て い は い く つ か フ ァ イ ル を 上 書 き す る こ と に な る た め 、 危 険 で あ る 。

confmiss: 常 に 、 欠 け て い る 設 定 フ ァ イ ル を イ ン ス ト ー ル す る 。 こ の オ プ シ ョ ン は 、 変 更 (フ ァ イ ル を 削 除 し た こ と )を 保 存 し な い た め 、 危 険 で あ る 。

confnew: 設 定 フ ァ イ ル が 変 更 さ れ て い た 場 合 、 問 い 合 わ せ な し に 新 し い バ ー ジ ョ ン の 設 定 フ ァ イ ル を イ ン ス ト ー ル す る 。 た だ し 、 −−force−confdef を 同 時 に 指 定 し た 場 合 は 、 デ フ ォ ル ト の 動 作 が 優 先 さ れ る 。

confold: 設 定 フ ァ イ ル が 変 更 さ れ て い た 場 合 、 問 い 合 わ せ な し に 古 い バ ー ジ ョ ン の 設 定 フ ァ イ ル を 保 持 す る 。 た だ し 、 −−force−confdef を 同 時 に 指 定 し た 場 合 は 、 デ フ ォ ル ト の 動 作 が 優 先 さ れ る 。

confdef: 設 定 フ ァ イ ル が 変 更 さ れ て い た 場 合 、 常 に デ フ ォ ル ト の 動 作 を す る 。 デ フ ォ ル ト の 動 作 が な く 、 −−force−confnew−−force−confold の ど ち ら も 同 時 に 指 定 し て い な い 場 合 、 ユ ー ザ に 尋 ね る た め に 中 断 す る 。 指 定 し て い る 場 合 は 、 指 定 さ れ た オ プ シ ョ ン に よ っ て 最 終 的 な 動 作 が 決 ま る 。

overwrite: あ る パ ッ ケ ー ジ で 提 供 さ れ て い る フ ァ イ ル を 、 イ ン ス ト ー ル す る パ ッ ケ ー ジ の フ ァ イ ル で 上 書 き す る 。

overwrite−dir: あ る パ ッ ケ ー ジ で 提 供 さ れ て い る デ ィ レ ク ト リ を 、 イ ン ス ト ー ル す る パ ッ ケ ー ジ の フ ァ イ ル で 上 書 き す る 。

overwrite−diverted: 退 避 (divert し た )版 の フ ァ イ ル を 非 退 避 (divert し て い な い )版 の フ ァ イ ル で 上 書 き す る 。

architecture: パ ッ ケ ー ジ が 間 違 っ た ア ー キ テ ク チ ャ 用 で あ っ て も 処 理 を す る 。

bad−path: 重 要 な プ ロ グ ラ ム が PATH に 含 ま れ て い な く て も 実 行 す る 。 問 題 が 起 き る 可 能 性 は 高 い 。

not−root: root で な い と き で も 、 そ れ を イ ン ス ト ー ル (ま た は 削 除 )し よ う と 試 み る 。

bad−verify: 信 頼 性 チ ェ ッ ク に 失 敗 し て も イ ン ス ト ー ル す る 。

−−ignore−depends=package,... 指 定 し た パ ッ ケ ー ジ に 関 す る 依 存 関 係 の 確 認 を 無 視 す る (実 際 は 、 依 存 関 係 を 確 認 し 、 競 合 に 対 し て 警 告 メ ッ セ ー ジ を 出 し て 、 ア ク シ ョ ン を 実 行 す る )。
−−new
| −−old パ ッ ケ ー ジ の フ ォ ー マ ッ ト が 新 し い か 古 い か を 指 定 す る 。 こ れ は dpkg−deb(1) の オ プ シ ョ ン で あ る 。
−−nocheck
パ ッ ケ ー ジ を 構 築 す る と き に 、 制 御 フ ァ イ ル の 内 容 も 読 ま ず 、 確 認 も し な い 。 こ れ は dpkg−deb(1) の オ プ シ ョ ン で あ る 。
−−no−act
| −−dry−run | −−simulate 期 待 さ れ る 動 作 を す べ て 実 行 す る が 、 ど の よ う な 変 更 も 書 き 込 ま な い 。 こ れ は 、 実 際 に は シ ス テ ム に 何 の 変 更 も 加 え ず に 、 指 定 し た ア ク シ ョ ン で 何 が お こ る の か を 確 認 す る た め の も の で あ る 。 オ プ シ ョ ン −−no−act は 、 必 ず ア ク シ ョ ン パ ラ メ ー タ よ り 前 に 与 え る こ と 。 さ も な く ば 、 望 ま し く な い 結 果 が 起 き る 可 能 性 が あ る (例 え ば 、 シ ス テ ム に 何 も 変 更 を 加 え る つ も り が な い の に 、 dpkg −−purge foo −−no−act を 実 行 す る と 、 最 初 に パ ッ ケ ー ジ foo を 本 当 に purge し 、 次 に パ ッ ケ ー ジ −−no−act を purge し よ う と す る 、 と い う こ と に な る )。
−R
| −−recursive 指 定 し た デ ィ レ ク ト リ を 再 帰 的 に 検 索 し 、 み つ け た *.deb と い う パ タ ー ン に マ ッ チ す る フ ァ イ ル を す べ て 扱 う 。 こ れ は 、 −i, −A, −−install, −−unpack そ し て −−avail ア ク シ ョ ン と と も に 使 う こ と が で き る 。

−G イ ン ス ト ー ル 済 み の パ ッ ケ ー ジ の ほ う が バ ー ジ ョ ン が 新 し け れ ば 、 イ ン ス ト ー ル し な い 。 こ れ は

−−refuse−downgrade の 別 名 で あ る 。
−−root=
dir | −−admindir=dir | −−instdir=dir デ フ ォ ル ト の デ ィ レ ク ト リ を 変 更 す る 。 admindir は イ ン ス ト ー ル 済 み の パ ッ ケ ー ジ や イ ン ス ト ー ル さ れ て い な い パ ッ ケ ー ジ の 状 態 に 関 す る 情 報 な ど を 提 供 す る 、 多 数 の フ ァ イ ル が 格 納 さ れ て い る デ ィ レ ク ト リ で 、 デ フ ォ ル ト は /var/lib/dpkg で あ る 。 instdir は パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル す る と き に 参 照 さ れ る デ ィ レ ク ト リ で 、 デ フ ォ ル ト は / で あ る 。 ま た 、 instdir は 、 パ ッ ケ ー ジ の イ ン ス ト ー ル ス ク リ プ ト が 実 行 さ れ る 前 に chroot(2) す る デ ィ レ ク ト リ の パ ス で あ る 。 つ ま り 、 ス ク リ プ ト は instdir を ル ー ト デ ィ レ ク ト リ と み な す 。 root を 変 更 す る と 、 instdirdir に 、 admindirdir/var/lib/dpkg に 変 更 す る 。
−O
| −−selected−only イ ン ス ト ー ル (ま た は 削 除 )作 業 を す る よ う に 選 択 し た パ ッ ケ ー ジ の み を 処 理 す る 。 実 際 の 指 定 は 、 dselectdpkg を 使 っ て 行 な う 。 例 え ば 、 あ る パ ッ ケ ー ジ が 削 除 さ れ る の は 、 そ の パ ッ ケ ー ジ が 削 除 さ れ る よ う 選 択 さ れ て い る と い う こ と で あ る 。
−E
| −−skip−same−version す で に 同 じ バ ー ジ ョ ン の パ ッ ケ ー ジ が イ ン ス ト ー ル さ れ て い た ら 、 イ ン ス ト ー ル し な い 。
−−status−fd
<n> フ ァ イ ル 記 述 子 <n> に パ ッ ケ ー ジ 状 態 の 情 報 を 送 る 。 こ れ は 複 数 与 え る こ と が で き る 。 状 態 の 情 報 は ’status: <pkg>: <pkg qstate>’ の 形 式 で あ る 。 エ ラ ー は ’status: <pkg>: error: extend−error−message’ と し て 報 告 さ れ る 。 設 定 フ ァ イ ル の 衝 突 は ’status: conffile−prompt: conffile : ’current−conffile’ ’new−conffile’ useredited distedited’ と し て 報 告 さ れ る 。
−−log=
filename 状 態 の 変 更 や ア ク シ ョ ン の 記 録 を 、 デ フ ォ ル ト の /var/log/dpkg.log か ら filename に 変 更 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 複 数 回 指 定 し た 場 合 は 、 最 後 の フ ァ イ ル 名 が 使 わ れ る 。 ロ グ メ ッ セ ー ジ は 次 の 形 式 で あ る 。 ’YYYY−MM−DD HH:MM:SS status <state> <pkg> <installed−version>’ は 状 態 の 変 更 。 ’YYYY−MM−DD HH:MM:SS <action> <pkg> <installed−version> <available−version>’ は ア ク シ ョ ン で 、 <action> は install、 upgrade、 remove、 purge の い ず れ か 。 ’YYYY−MM−DD HH:MM:SS conffile <filename> <decision>’ は 設 定 フ ァ イ ル の 変 更 で 、 <decision> は install か keep の ど ち ら か で あ る 。
−−no−debsig
パ ッ ケ ー ジ の 署 名 を 確 認 し な い 。

フ ァ イ ル

/etc/dpkg/dpkg.cfg オ プ シ ョ ン の デ フ ォ ル ト 値 を 記 述 す る 設 定 フ ァ イ ル 。
/var/log/dpkg.log
デ フ ォ ル ト の ロ グ フ ァ イ ル (/etc/dpkg/dpkg.cfg(5) と −−log オ プ シ ョ ン も 参 照 )。 以 下 に 示 す フ ァ イ ル は デ フ ォ ル ト の 値 で あ る 。 ど の よ う に し て フ ァ イ ル の 位 置 を 変 更 す る か に つ い て は 、 −−admindir オ プ シ ョ ン の 項 を 参 照 す る こ と 。
/var/lib/dpkg/available
使 用 で き る パ ッ ケ ー ジ の 一 覧 。
/var/lib/dpkg/status
使 用 で き る パ ッ ケ ー ジ の 状 態 。 こ の フ ァ イ ル は 、 パ ッ ケ ー ジ に 削 除 の マ ー ク が あ る か ど う か 、 イ ン ス ト ー ル 済 み か ど う か 、 な ど の 情 報 が 含 ま れ て い る 。 く わ し く は 、 パ ッ ケ ー ジ に 関 す る 情 報 の 項 を 参 照 す る こ と 。 以 下 の フ ァ イ ル は バ イ ナ リ パ ッ ケ ー ジ を 構 成 す る フ ァ イ ル で あ る 。 こ れ ら の フ ァ イ ル に 関 す る く わ し い 情 報 は 、 deb(5) を 参 照 す る こ と 。
control
conffiles
preinst
postinst

prerm

postrm

環 境 変 数

DPKG_NO_TSTP 任 意 の 値 で 定 義 す る と 、 シ ェ ル エ ス ケ ー プ を し た と き に dpkg 自 体 を 一 時 停 止 (suspend)す る の で は な く 、 新 し い シ ェ ル を 起 動 す る 。

SHELL

dpkg が 新 し い シ ェ ル を 起 動 す る と き に 、 実 際 に 起 動 す る プ ロ グ ラ ム 。

COLUMNS

dpkg が 整 形 テ キ ス ト を 表 示 す る 時 に 参 照 す る コ ラ ム 数 。 現 在 は −l オ プ シ ョ ン で の み 参 照 さ れ て い る 。

vi(1) エ デ ィ タ に 関 連 の あ る パ ッ ケ ー ジ の 一 覧 を 表 示 す る 。
dpkg −l '*vi*'

2 つ の パ ッ ケ ー ジ の /var/lib/dpkg/available に あ る 項 目 を 表 示 す る 。
dpkg −−print−avail elvis vim | less
自 分 で パ ッ ケ ー ジ の リ ス ト か ら 検 索 す る 。
less /var/lib/dpkg/available

elvis パ ッ ケ ー ジ を 削 除 す る 。
dpkg −r elvis
パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル す る に は 、 ま ず そ の パ ッ ケ ー ジ を ア ー カ イ ブ や CDROM か ら 探 す 必 要 が あ る 。 "available" フ ァ イ ル に よ れ ば 、 vim パ ッ ケ ー ジ は "editors" セ ク シ ョ ン に 属 し て い る 。
cd /cdrom/hamm/hamm/binary/editors
dpkg −i vim_4.5−3.deb
パ ッ ケ ー ジ 選 択 状 況 の コ ピ ー を 作 成 す る 。
dpkg −−get−selections >myselections
こ の フ ァ イ ル を ほ か の コ ン ピ ュ ー タ に 転 送 し て 、 イ ン ス ト ー ル す る 。
dpkg −−clear−selections
dpkg −−set−selections <myselections
こ れ は 実 際 に は イ ン ス ト ー ル も 削 除 も し な い こ と に 注 意 。 こ れ は 単 に 要 求 し て い る パ ッ ケ ー ジ の 選 択 状 態 を 設 定 す る だ け で あ る 。 実 際 に 要 求 し て い る パ ッ ケ ー ジ を ダ ウ ン ロ ー ド し イ ン ス ト ー ル す る に は 別 の ア プ リ ケ ー シ ョ ン が 必 要 で あ る 。 例 え ば 、 dselect を 起 動 し て 、 "導 入 (Install)" を 選 べ ば よ い 。 通 常 、 パ ッ ケ ー ジ の 選 択 状 態 を 変 更 す る に は dselect(1) を 使 用 す る ほ う が 便 利 で あ る 。

機 能 の 追 加

aptaptitudedebsums パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル す る と 便 利 な 機 能 を 追 加 で き る 。

関 連 項 目

dselect(1), dpkg−deb(1), dpkg−query(1), deb(5), deb−control(5), dpkg.cfg(5), dpkg−reconfigure(8).

バ グ

−−no−act の 提 供 す る 情 報 は た い て い の 場 合 、 不 充 分 で あ る 。

著 者

dpkg に 貢 献 し た 人 の リ ス ト は /usr/share/doc/dpkg/THANKS に 挙 げ て あ る 。

翻 訳 者

喜 瀬 浩 <kise [AT] fuyuneko.jp>

翻 訳 校 正

Debian JP Documentation ML <debian-doc [AT] debian.jp>

COMMENTS