Manpages

名 前

dd − フ ァ イ ル の 変 換 と コ ピ ー を 行 う

書 式

dd [OPERAND]...
dd
OPTION

説 明

オ ペ ラ ン ド OPERAND に 従 っ て 、 変 換 や 書 式 設 定 し な が ら フ ァ イ ル を コ ピ ー し ま す 。

bs=BYTES 一 回 に BYTES バ イ ト ず つ 読 み 書 き す る
cbs=BYTES 一 回 に BYTES バ イ ト 変 換 す る
conv=CONVS コ ン マ で 区 切 ら れ た シ ン ボ ル リ ス ト と し て フ ァ イ ル を 変 換 す る
count=N 入 力 ブ ロ ッ ク N 個 分 だ け コ ピ ー す る
ibs=BYTES 一 回 に BYTES バ イ ト ず つ 読 み 込 む (デ フ ォ ル ト : 512)
if=FILE 標 準 入 力 の 代 わ り に FILE か ら 読 み 込 む
iflag=FLAGS コ ン マ で 区 切 ら れ た シ ン ボ ル リ ス ト と し て 読 み 込 む
obs=BYTES 一 回 に BYTES バ イ ト ず つ 書 き 込 む (デ フ ォ ル ト : 512)
of=FILE 標 準 出 力 の 代 わ り に FILE に 書 き 込 む
oflag=FLAGS コ ン マ で 区 切 ら れ た シ ン ボ ル リ ス ト と し て 書 き 込 む
seek=BLOCKS 出 力 開 始 時 に 、 サ イ ズ obs の ブ ロ ッ ク BLOCKS 個 分 を ス キ ッ プ す る
skip=BLOCKS 入 力 開 始 時 に 、 サ イ ズ ibs の ブ ロ ッ ク BLOCKS 個 分 を ス キ ッ プ す る
status=LEVEL 標 準 エ ラ ー に 出 力 す る 情 報 の LEVEL。 ’none’ は エ ラ ー メ ッ セ ー ジ 以 外 の す べ て を 出 力 し な い 。 ’noxfer’ は 最 後 の 転 送 統 計 情 報 を 出 力 し な い 。 ’progress’ は 定 期 的 に 転 送 統 計 情 報 を 出 力 す る 。

N お よ び BYTES に は 以 下 の 倍 数 接 尾 子 を 続 け る こ と が で き ま す : c =1、 w =2、 b =512、 kB =1000、 K =1024、 MB =1000*1000、 M =1024*1024、 xM =M GB =1000*1000*1000、 G =1024*1024*1024、 お よ び T、 P、 E、 Z、 Y な ど で す 。 各 CONV シ ン ボ ル は 以 下 の 通 り で す :

ascii

EBCDIC か ら ASCII へ

ebcdic

ASCII か ら EBCDIC へ

ibm

ASCII か ら alternate EBCDIC へ

block

改 行 区 切 り の レ コ ー ド を サ イ ズ が cbs に な る よ う に ス ペ ー ス で 埋 め る

unblock サ イ ズ が cbs の レ コ ー ド の 末 尾 ス ペ ー ス (複 数 化 ) を 改 行 で 置 換 す る

lcase 大 文 字 を 小 文 字 に 変 換 す る

ucase 小 文 字 を 大 文 字 に 変 換 す る

sparse

NUL の 入 力 ブ ロ ッ ク を 出 力 先 に 書 き 込 ま ず に ス キ ッ プ す る よ う に す る

swab 入 力 バ イ ト の 各 組 を 入 れ 替 え る

sync 各 入 力 ブ ロ ッ ク を サ イ ズ が

ibs に な る ま で NUL で 埋 め る 。 block ま た は unblock と 一 緒 に 利 用 さ れ た 場 合 NUL で な く ス ペ ー ス で 埋 め る

excl 出 力 フ ァ イ ル が 既 に 存 在 す る 場 合 に 失 敗 さ せ る

nocreat 出 力 フ ァ イ ル を 作 成 し な い
notrunc 出 力 フ ァ イ ル を 切 り 詰 め な い
noerror 読 み 込 み エ ラ ー 後 も 継 続 す る
fdatasync 終 了 前 に 出 力 フ ァ イ ル デ ー タ を 物 理 的 に 書 き 込 む

fsync 上 と 同 様 だ が メ タ デ ー タ に 対 し て も 使 用 す る 各

FLAG シ ン ボ ル は 以 下 の 通 り で す :

append 追 加 モ ー ド

(出 力 に 対 し て の み 意 味 が あ る 。 conv=notrunc を 推 奨 )

direct デ ー タ に 対 し

て 直 接 I/O を 使 用 す る

directory デ ィ レ ク ト リ で 無 い 場 合 に 失 敗 さ せ る

dsync デ ー タ に 対 し て 同 期

I/O を 使 用 す る

sync 上 と 同 様 だ が メ タ デ ー

タ に 対 し て も 使 用 す る

fullblock 入 力 の ブ ロ ッ ク が い っ ぱ い に な る ま で 蓄 積 す る (iflag の み )

nonblock 非 ブ ロ ッ ク I/O を 使 用 す る
noatime ア ク セ ス 時 間 を 更 新 し な い
nocache キ ャ ッ シ ュ を 使 わ な い よ う に 要 求 す る 。 oflag=sync も 参 照 の こ と

noctty フ ァ イ ル か ら の 制 御 端 末 を 割 り 当 て な い

nofollow シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク を た ど ら な い
count_bytes

’count=N’ を バ イ ト 数 と し て 扱 う (iflag の み )

skip_bytes

’skip=N’ を バ イ ト 数 と し て 扱 う (iflag の み )

seek_bytes

’seek=N’ を バ イ ト 数 と し て 扱 う (oflag の み )

USR1 シ グ ナ ル を 実 行 中 の ’dd’ プ ロ セ ス に 送 信 す る と 、 I/O 統 計 情 報 が 標 準 エ ラ ー に 出 力 さ れ 、 コ ピ ー が 再 開 さ れ ま す 。 以 下 の オ プ シ ョ ン が あ り ま す 。

−−help こ の 使 い 方 を 表 示 し て 終 了 す る

−−version バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 し て 終 了 す る

GNU coreutils の オ ン ラ イ ン ヘ ル プ : <http://www.gnu.org/software/coreutils/>; dd の 翻 訳 に 関 す る バ グ は <http://translationproject.org/team/ja.html>; に 連 絡 し て く だ さ い 。 完 全 な 文 書 は <http://www.gnu.org/software/coreutils/dd>; に あ り ま す 。 ロ ー カ ル で は info ’(coreutils) dd invocation’ で 参 照 で き ま す 。

作 者

作 者 Paul Rubin、 David MacKenzie、 お よ び Stuart Kemp。

著 作 権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ラ イ セ ン ス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>;.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

関 連 項 目

dd の 完 全 な マ ニ ュ ア ル は Texinfo マ ニ ュ ア ル と し て 整 備 さ れ て い る 。 も し 、 info お よ び dd の プ ロ グ ラ ム が 正 し く イ ン ス ト ー ル さ れ て い る な ら ば 、 コ マ ン ド

info dd を 使 用 す る と 完 全 な マ ニ ュ ア ル を 読 む こ と が で き る は ず だ 。

COMMENTS