Manpages

名 前

htonl, htons, ntohl, ntohs − ホ ス ト バ イ ト オ ー ダ ー と ネ ッ ト ワ ー ク バ イ ト オ ー ダ ー の 間 で 値 を 変 換 す る

書 式

#include <arpa/inet.h>

uint32_t htonl(uint32_t hostlong);

uint16_t htons(uint16_t hostshort);

uint32_t ntohl(uint32_t netlong);

uint16_t ntohs(uint16_t netshort);

説 明

htonl() 関 数 は unsigned integer hostlong を ホ ス ト バ イ ト オ ー ダ ー か ら ネ ッ ト ワ ー ク バ イ ト オ ー ダ ー に 変 換 す る 。

htons() 関 数 は unsigned short integer hostshort を ホ ス ト バ イ ト オ ー ダ ー か ら ネ ッ ト ワ ー ク バ イ ト オ ー ダ ー に 変 換 す る 。

ntohl() 関 数 は unsigned integer netlong を ネ ッ ト ワ ー ク バ イ ト オ ー ダ ー か ら ホ ス ト バ イ ト オ ー ダ ー に 変 換 す る 。

ntohs() 関 数 は unsigned short integer netshort を ネ ッ ト ワ ー ク バ イ ト オ ー ダ ー か ら ホ ス ト バ イ ト オ ー ダ ー に 変 換 す る 。

i80x86 の ホ ス ト バ イ ト オ ー ダ ー で は 最 下 位 バ イ ト が 若 い ア ド レ ス に 配 置 さ れ る が 、 イ ン タ ー ネ ッ ト で 用 い ら れ る ネ ッ ト ワ ー ク バ イ ト オ ー ダ ー で は 最 上 位 バ イ ト が 先 に 配 置 さ れ る 。

属 性

マ ル チ ス レ ッ デ ィ ン グ (pthreads(7) 参 照 ) 関 数 htonl(), htons(), ntohl(), ntohs() は ス レ ッ ド セ ー フ で あ る 。

準 拠

POSIX.1−2001. い く つ か の シ ス テ ム で は 、 <arpa/inet.h> の 代 わ り に <netinet/in.h> を イ ン ク ル ー ド す る 必 要 が あ る 。

関 連 項 目

endian(3), gethostbyname(3), getservent(3)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS