Manpages

名 前

time − 秒 単 位 の 時 間 を 得 る

書 式

#include <time.h>

time_t time(time_t *t);

説 明

time() は 、 紀 元 (Epoch; 1970−01−01 00:00:00 (UTC)) か ら の 秒 数 で 返 す 。 も し t が NULL で な か っ た ら 返 り 値 は t の 指 し て い る メ モ リ ー に も 格 納 さ れ る 。

返 り 値

成 功 し た 場 合 、 紀 元 (the Epoch)か ら の 経 過 秒 数 を 返 す 。 エ ラ ー の 場 合 は ((time_t) −1) を 返 し 、 errno を 設 定 す る 。

エ ラ ー

EFAULT

t が ア ク セ ス 可 能 な ア ド レ ス 空 間 の 外 を 指 し て い る 。

準 拠

SVr4, 4.3BSD, C89, C99, POSIX.1−2001. POSIX に は エ ラ ー 状 態 の 規 定 は な い 。

注 意

POSIX.1 で は 、 指 定 し た 時 刻 と 紀 元 と の 間 の 秒 数 を 近 似 す る 変 換 式 を 使 っ て 、 「 紀 元 か ら の 経 過 秒 数 (seconds since the Epoch)」 を 定 義 し て い る 。 こ の 変 換 式 で は 、 4 で 割 り 切 れ る 年 で 、 100 で 割 り 切 れ な い 年 は す べ て 閏 年 (但 し 、 400 で 割 り 切 れ る 年 は 閏 年 ) で あ る と い う 点 も 考 慮 さ れ て い る 。 「 紀 元 か ら の 経 過 秒 数 」 は 、 紀 元 と 現 在 時 刻 と の 間 で 実 際 に 経 過 し た 秒 数 と 同 じ で は な い 。 な ぜ な ら ば 、 閏 秒 が 存 在 す る し 、 シ ス テ ム の 時 計 を 標 準 時 間 (standard reference) に 同 期 さ せ る 必 要 も な い か ら で あ る 。 こ の 定 義 の 目 的 は 、 紀 元 か ら の 経 過 秒 数 の 解 釈 に 一 貫 性 を 持 た せ る こ と に な る 。 よ り 詳 し い 原 理 は POSIX.1 Rationale A.4.15 を 参 照 す る こ と 。

関 連 項 目

date(1), gettimeofday(2), ctime(3), ftime(3), time(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS