Manpages

名 前

join − 2 つ の フ ァ イ ル の フ ィ ー ル ド が 共 通 な 行 を 結 合 す る

書 式

join [OPTION]... FILE1 FILE2

説 明

入 力 行 の あ る フ ィ ー ル ド を 比 較 し 、 同 一 だ っ た 場 合 、 結 合 し て 標 準 出 力 に 出 力 し ま す 。 ス ペ ー ス で 区 切 ら れ た 最 初 の フ ィ ー ル ド が デ フ ォ ル ト で 比 較 さ れ ま す 。

FILE1 と FILE2 の 一 方 が − の 場 合 (両 方 は 不 可 )、 標 準 入 力 か ら 読 み 込 み ま す 。
−a
FILENUM フ ァ イ ル FILENUM の 組 み 合 わ せ の 対 応 づ け が で き な い 行 も 出 力 す る 。 FILENUM は 1 ま た は 2 で あ り 、 そ れ ぞ れ FILE1 や FILE2 に 対 応 す る
−e
EMPTY 入 力 フ ィ ー ル ド が 存 在 し な い 場 合 EMPTY で 置 き 換 え る
−i
, −−ignore−case フ ィ ー ル ド を 比 較 す る 時 に 大 文 字 と 小 文 字 の 違 い を 無 視 す る
−j
FIELD

’−1 FIELD −2 FIELD’ と 同 等

−o FORMAT 出 力 行 の 生 成 を FORMAT に 基 づ い て 行 う
−t
CHAR 入 出 力 の フ ィ ー ル ド の 区 切 り 文 字 と し て CHAR を 使 用 す る

−v FILENUM −a FILENUM と 同 様 だ が 、 結 合 し た 行 を 出 力 し な い

−1 FIELD

FILE1 の FIELD 番 目 の フ ィ ー ル ド を 使 用 し て 結 合 す る

−2 FIELD

FILE2 の FIELD 番 目 の フ ィ ー ル ド を 使 用 し て 結 合 す る

−−check−order 入 力 行 の 組 み 合 わ せ が 全 て 存 在 し て い た と し て も 、 入 力 が 正 し く 並 べ 替 え ら れ て い る か を 確 認 す る
−−nocheck−order
入 力 が 正 し く 並 べ ら れ て い る か を 確 認 し な い
−−header
各 フ ァ イ ル の 1 行 目 を ヘ ッ ダ と し て 扱 い 、 結 合 せ ず に 表 示 を 行 う
−z
, −−zero−terminated 行 の 区 切 り と し て 改 行 文 字 で は な く NUL を 使 用 す る

−−help こ の 使 い 方 を 表 示 し て 終 了 す る

−−version バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 し て 終 了 す る

−t CHAR が 指 定 さ れ な い 限 り 、 空 白 が フ ィ ー ル ド を 分 離 し 、 先 頭 の 空 白 は 無 視 さ れ ま す 。 指 定 さ れ た 場 合 は フ ィ ー ル ド は CHAR に よ っ て 分 離 さ れ ま す 。 全 て の FIELD は 1 か ら 始 ま る フ ィ ー ル ド 番 号 で 識 別 さ れ ま す 。 FORMAT は 一 つ 以 上 の コ ン マ (,) ま た は 空 白 で 区 切 ら れ た フ ィ ー ル ド 指 定 で 、 そ れ ぞ れ の 指 定 は ’FILENUM.FIELD’ ま た は ’0’ で す 。 デ フ ォ ル ト の FORMAT で は 、 結 合 さ れ た フ ィ ー ル ド 、 FILE1 の 残 っ た フ ィ ー ル ド 、 FILE2 の 残 っ た フ ィ ー ル ド を CHAR で 区 切 っ て 出 力 し ま す 。 FORMAT が ’auto’ と い う キ ー ワ ー ド の 場 合 、 各 フ ァ イ ル の 最 初 の 行 に よ り 、 各 行 で 出 力 さ れ る フ ィ ー ル ド の 数 が 決 定 さ れ ま す 。 重 要 : FILE1 と FILE2 は 結 合 す る フ ィ ー ル ド に 関 し て ソ ー ト さ れ て い な け れ ば い け ま せ ん 。 例 え ば 、 ’join’ に オ プ シ ョ ン を 指 定 し な い と き は "sort −k 1b,1" を 使 用 し 、 ’sort’ に オ プ シ ョ ン を 指 定 し な い と き は "join −t ’’" を 使 用 し ま す 。 備 考 と し て 、 比 較 の 優 先 順 位 は ’LC_COLLATE’ で 指 定 さ れ た 規 則 に 基 づ き ま す 。 入 力 が ソ ー ト さ れ て お ら ず 、 い く つ か の 行 が 結 合 で き な い 場 合 は 、 警 告 メ ッ セ ー ジ が 表 示 さ れ ま す 。

GNU coreutils の オ ン ラ イ ン ヘ ル プ : <http://www.gnu.org/software/coreutils/>; join の 翻 訳 に 関 す る バ グ は <http://translationproject.org/team/ja.html>; に 連 絡 し て く だ さ い 。 完 全 な 文 書 は <http://www.gnu.org/software/coreutils/join>; に あ り ま す 。 ロ ー カ ル で は info ’(coreutils) join invocation’ で 参 照 で き ま す 。

作 者

作 者 Mike Haertel。

著 作 権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ラ イ セ ン ス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>;.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

関 連 項 目

comm(1), uniq(1)

join の 完 全 な マ ニ ュ ア ル は Texinfo マ ニ ュ ア ル と し て 整 備 さ れ て い る 。 も し 、 info お よ び join の プ ロ グ ラ ム が 正 し く イ ン ス ト ー ル さ れ て い る な ら ば 、 コ マ ン ド

info join を 使 用 す る と 完 全 な マ ニ ュ ア ル を 読 む こ と が で き る は ず だ 。

COMMENTS