Manpages

名 前

ipcrm − メ ッ セ ー ジ キ ュ ー ・ セ マ フ ォ 集 合 ・ 共 有 メ モ リ ID を 削 除 す る

書 式

ipcrm [ −M key | −m id | −Q key | −q id | −S key | −s id ] ... 以 前 の 使 用 法

ipcrm [ shm | msg | sem ] id ...

説 明

ipcrm は System V プ ロ セ ス 間 通 信 (interprocess communication, IPC) オ ブ ジ ェ ク ト と 、 そ れ に 関 連 す る デ ー タ 構 造 を シ ス テ ム か ら 削 除 す る 。 こ れ ら の オ ブ ジ ェ ク ト を 削 除 す る た め に は 、 ス ー パ ー ユ ー ザ ー で あ る か 、 オ ブ ジ ェ ク ト の 作 成 者 ま た は 所 有 者 で な け れ ば な ら な い 。

System V IPC オ ブ ジ ェ ク ト に は 、 共 有 メ モ リ ・ メ ッ セ ー ジ キ ュ ー ・ セ マ フ ォ の 3 つ が あ る 。 メ ッ セ ー ジ キ ュ ー オ ブ ジ ェ ク ト と セ マ フ ォ オ ブ ジ ェ ク ト の 削 除 は 、 (他 の プ ロ セ ス が そ の オ ブ ジ ェ ク ト の IPC 識 別 子 を 持 っ て い た と し て も ) 即 座 に 行 わ れ る 。 共 有 メ モ リ オ ブ ジ ェ ク ト が 削 除 さ れ る の は 、 現 在 付 加 (attach) さ れ て い る 全 て の プ ロ セ ス が (shmdt(2) で ) 仮 想 ア ド レ ス 空 間 か ら オ ブ ジ ェ ク ト を 分 離 (detach) し て か ら で あ る 。

2 つ の 書 式 が サ ポ ー ト さ れ て い る 。 昔 の Linux で 使 わ れ て い た 伝 統 的 な 書 式 で は 、 削 除 す る オ ブ ジ ェ ク ト の 種 類 を 表 す 3 文 字 の キ ー ワ ー ド の 後 に 、 そ の 種 類 の オ ブ ジ ェ ク ト の IPC 識 別 子 を 1 つ 以 上 指 定 す る 。

SUS 互 換 の 書 式 で は 、 1 つ の コ マ ン ド 行 で 3 種 類 の オ ブ ジ ェ ク ト す べ て を そ れ ぞ れ 0 個 以 上 指 定 す る こ と が で き 、 オ ブ ジ ェ ク ト の 指 定 は キ ー ま た は 識 別 子 (後 述 ) で 行 う 。 キ ー と 識 別 子 は 10 進 数 、 16 進 数 (最 初 を ’0X’ ま た は ’0x’ で 表 記 す る )、 8 進 数 (最 初 を ’0’ で 表 記 す る ) で 指 定 す る こ と が で き る 。

オ プ シ ョ ン

−M shmkey 最 後 の 分 離 が 行 わ れ た 後 、 shmkey で 作 成 さ れ た 共 有 メ モ リ セ グ メ ン ト を 削 除 す る 。
−m
shmid 最 後 の 分 離 が 行 わ れ た 後 、 shmid で 識 別 さ れ る 共 有 メ モ リ セ グ メ ン ト を 削 除 す る 。
−Q
msgkey

msgkey で 作 成 さ れ た メ ッ セ ー ジ キ ュ ー を 削 除 す る 。

−q msgid

msgid で 識 別 さ れ る メ ッ セ ー ジ キ ュ ー を 削 除 す る 。

−S semkey

semkey で 作 成 さ れ た セ マ フ ォ を 削 除 す る 。

−s semid

semid で 識 別 さ れ る セ マ フ ォ を 削 除 す る 。 削 除 の 詳 細 は msgctl(2), shmctl(2), semctl(2) で 説 明 さ れ て い る 。 識 別 子 と キ ー は ipcs(8) を 使 え ば 分 か る 。

注 意

Linux に お け る 最 初 の 実 装 で は 、 ipcrm は 「 書 式 」 に あ る よ う な 昔 の 構 文 を 使 っ て い た 。 他 の *nix に お け る ipcrm の 実 装 に 存 在 す る 機 能 、 つ ま り (識 別 子 だ け で な く ) キ ー を 指 定 し て リ ソ ー ス を 削 除 す る 機 能 と 、 同 様 な コ マ ン ド ラ イ ン の 構 文 が 追 加 さ れ た 。 後 方 互 換 の た め 、 以 前 の 構 文 も サ ポ ー ト さ れ て い る 。

関 連 項 目

ipcs(8), msgctl(2), msgget(2), semctl(2), semget(2), shmctl(2), shmdt(2), shmget(2), ftok(3)

COMMENTS