Manpages

名 前

fuser − フ ァ イ ル や ソ ケ ッ ト を 使 用 し て い る プ ロ セ ス を 特 定 す る

書 式

fuser [−a|−s] [−n space] [signal] [−kimuv] name ... [] [−n space] [signal] [−kimuv] name ...
fuser
−l
fuser
−V

説 明

fuser は , 引 数 と し て わ た さ れ た フ ァ イ ル や フ ァ イ ル シ ス テ ム を 使 用 し て い る プ ロ セ ス の PID を 表 示 す る 。 デ フ ォ ル ト の 表 示 モ ー ド で は 、 そ れ ぞ れ の フ ァ イ ル 名 の 後 に 、 ア ク セ ス の 形 式 を 示 す 以 下 の 文 字 が 表 示 さ れ る :

c カ レ ン ト デ ィ レ ク ト リ 。

e 実 行 中 の フ ァ イ ル 。

f オ ー プ ン し て い る フ ァ イ ル 。

f は デ フ ォ ル ト の 表 示 モ ー ド で

は 省 略 さ れ る 。

r ル ー ト デ ィ レ ク ト リ 。

m

mmap さ れ た フ ァ イ ル か 共 有 ラ イ ブ ラ リ 。 引 数 と し て わ た さ れ た フ ァ イ ル が 一 つ も ア ク セ ス さ れ て い な い と き や 、 致 命 的 な エ ラ ー が 発 生 し た 場 合 に は 、 fuser は 0 以 外 の 値 を 返 す 。 引 数 と し て 指 定 し た フ ァ イ ル が ど れ か ひ と つ で も ア ク セ ス さ れ て い れ ば 、 fuser は ゼ ロ を 返 す 。

TCP と UDP の ソ ケ ッ ト を 使 用 し て い る プ ロ セ ス を 探 す 場 合 に は 、 名 前 空 間 を −n オ プ シ ョ ン に よ っ て 選 択 し な け れ ば な ら な い 。 こ の オ プ シ ョ ン を 用 い れ ば 、 ソ ケ ッ ト は ロ ー カ ル と リ モ ー ト の ポ ー ト 、 お よ び リ モ ー ト の ア ド レ ス に よ っ て 指 定 で き る (複 数 の ソ ケ ッ ト を 指 定 す る こ と も で き る )。 す べ て の フ ィ ー ル ド は 省 略 可 能 で あ る が 、 省 略 し た フ ィ ー ル ド の 前 に は コ ン マ を 置 か な け れ ば な ら な い 。

[lcl_port][,[rmt_host][,[rmt_port]]]

IP ア ド レ ス に も ポ ー ト 番 号 に も 、 シ ン ボ ル に よ る 記 述 と 数 値 に よ る 記 述 の 両 方 が 可 能 で あ る 。

オ プ シ ョ ン

−a コ マ ン ド ラ イ ン で 渡 さ れ た す べ て の フ ァ イ ル を 表 示 す る 。 デ フ ォ ル ト で は 、 一 つ 以 上 の プ ロ セ ス か ら ア ク セ ス さ れ て い る フ ァ イ ル の み が 表 示 さ れ る 。

−k 指 定 し た フ ァ イ ル に ア ク セ ス し て い る プ ロ セ ス を

kill す る 。 signal で 変 更 し な け れ ば SIGKILL が 送 ら れ る 。 fuser プ ロ セ ス は 自 分 自 身 を kill す る こ と は で き な い が 、 他 の fuser プ ロ セ ス を kill す る こ と は で き る 。 fuser を 実 行 し て い る プ ロ セ ス の 実 効 ユ ー ザ ー ID は 、 kill を 行 う 前 に 、 そ の 実 ユ ー ザ ー ID に セ ッ ト さ れ る 。

−i プ ロ セ ス を

kill す る 前 に ユ ー ザ ー に 確 認 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン

は 、 −k オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ て い な い 時 に は 無 視 さ れ る 。

−l 使 用 で き る

signal す べ て を リ ス ト ア ッ プ す る 。

−m

filename に は 、 マ ウ ン ト さ れ た フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 の フ ァ イ ル か 、 マ ウ ン ト さ れ た ブ ロ ッ ク デ バ イ ス を 指 定 す る 。 そ の フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 の フ ァ イ ル に ア ク セ ス し て い る す べ て の プ ロ セ ス が 表 示 さ れ る 。 デ ィ レ ク ト リ フ ァ イ ル が 指 定 さ れ る と 、 そ れ は 自 動 的 に name/. に 変 換 さ れ 、 そ の デ ィ レ ク ト リ に マ ウ ン ト さ れ て い る フ ァ イ ル シ ス テ ム が 用 い ら れ る よ う に な る 。

−n space 別 の 名 前 空 間 を 選 択 す る 。 サ ポ ー ト さ れ て い る 名 前 空 間 は 、 file (フ ァ イ ル 名 。 こ れ が デ フ ォ ル ト ), udp (ロ ー カ ル の UDP ポ ー ト ), tcp (ロ ー カ ル の TCP ポ ー ト ) で あ る 。 ポ ー ト の 指 定 に は 、 ポ ー ト 番 号 と シ ン ボ ル 名 の 両 方 が 使 え る 。 重 複 が な け れ ば 、 省 略 記 法 name/space (例 え ば name/proto) を 用 い る こ と も で き る 。

−s 表 示 を 抑 制 す る 。

−u, −v は こ の モ ー ド で は 無 視 さ れ る 。 −a オ プ シ ョ

ン は −s オ プ シ ョ ン と 同 時 に 使 っ て は な ら な い 。

signal プ ロ セ ス を kill す る 時 に 、 SIGKILL 以 外 の シ グ ナ ル を 指 定 す る 。 シ グ ナ ル の 指 定 は 名 前 (例 : −HUP) 数 字 (例 : −1) の ど ち ら で も 良 い 。

−u そ れ ぞ れ の

PID に プ ロ セ ス の 所 有 者 名 を 追 加 す る 。

−v 饒 舌

(verbose) モ ー ド 。 プ ロ セ ス は ps の よ う な 形 式 で 表 示 さ れ る 。 PID, USER, COMMAND の 各 フ ィ ー ル ド は , ps と 同 じ よ う な 内 容 で あ る 。 ACCESS は 、 プ ロ セ ス が ど の よ う に フ ァ イ ル へ ア ク セ ス し て い る か を 示 す 。 ア ク セ ス が カ ー ネ ル に よ っ て 行 わ れ て い る 場 合 (た と え ば マ ウ ン ト ポ イ ン ト や ス ワ ッ プ フ ァ イ ル な ど ) に は 、 PID の 代 わ り に kernel と 表 示 さ れ る 。

−V バ ー ジ ョ ン 情 報 を 表 示 す る 。

す べ て の オ プ シ ョ ン を リ セ ッ ト し 、 送 る シ グ ナ ル を

SIGKILL に セ ッ ト

す る 。

フ ァ イ ル

/proc location of the proc file system

/proc

proc フ ァ イ ル シ ス テ ム の 場 所

fuser -km /home は 、 /home フ ァ イ ル シ ス テ ム に ア ク セ ス し て い る す べ て の プ ロ セ ス を kill す る 。

if fuser -s /dev/ttyS1; then :; else something; fi は 、 他 の プ ロ セ ス が /dev/ttyS1 を 使 っ て い な い 場 合 に 限 っ て something を 実 行 す る 。

fuser telnet/tcp は 、 (ロ ー カ ル の ) TELNET ポ ー ト に ア ク セ ス し て い る す べ て の プ ロ セ ス を 表 示 す る 。

制 限

同 一 の フ ァ イ ル や 同 一 の フ ァ イ ル シ ス テ ム に 、 同 じ 方 法 で 複 数 ア ク セ ス し て い る プ ロ セ ス 群 は 、 一 つ だ け 表 示 さ れ る 。 同 一 の オ ブ ジ ェ ク ト が コ マ ン ド ラ イ ン で 二 回 以 上 指 定 さ れ て も 、 そ れ ら の エ ン ト リ は 無 視 さ れ る 。 ル ー ト 権 限 で 実 行 し な い 限 り 、 fuser が 得 る こ と の で き る 情 報 は 部 分 的 な も の で あ る 。 し た が っ て 、 他 の ユ ー ザ ー の プ ロ セ ス に よ っ て オ ー プ ン さ れ た フ ァ イ ル は 表 示 さ れ な い し 、 実 行 フ ァ イ ル は mapped に 分 類 さ れ る だ け に な る だ ろ う 。 情 報 が 部 分 的 に し か 得 ら れ な い こ と に よ っ て 生 じ る こ の 問 題 は 、 fuser を root に SUID し て イ ン ス ト ー ル す れ ば 避 け る こ と が で き る だ ろ う 。 し か し こ の 方 法 は 、 セ キ ュ リ テ ィ や プ ラ イ バ シ ー の 理 由 か ら 望 ま れ な い こ と が 多 い だ ろ う 。

udptcp の 名 前 空 間 と UNIX ド メ イ ン ソ ケ ッ ト は 、 1.3.78 よ り 古 い カ ー ネ ル で は 見 つ け る こ と が で き な い 。

udptcp は 、 現 在 の と こ ろ IPv4 で し か 動 作 し な い 。 カ ー ネ ル に よ る ア ク セ ス は −v オ プ シ ョ ン を つ け な い と 表 示 さ れ な い 。

−k オ プ シ ョ ン は プ ロ セ ス に し か 有 効 で な い 。 ユ ー ザ ー が kernel の 場 合 、 fuser は そ れ な り の 助 言 を 表 示 す る だ ろ う が 、 そ れ 以 上 の 動 作 は 行 わ な い 。

著 者

Werner Almesberger <Werner.Almesberger [AT] epfl.ch>

関 連 項 目

kill(1), killall(1), ps(1), kill(2)

COMMENTS