Manpages

名 前

fdisk − Linux 用 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル 操 作 ツ ー ル

書 式

fdisk [−u] [−b sectorsize] [−C cyls] [−H heads] [−S sects] device

fdisk −l [−u] [device ...]

fdisk −s partition ...

fdisk −v

説 明

ハ ー ド デ ィ ス ク は 、 一 つ 以 上 の 論 理 的 な デ ィ ス ク に 分 割 す る こ と が で き る 。 こ れ は パ ー テ ィ シ ョ ン (partition) と 呼 ば れ る 。 こ の 分 割 に 関 す る 情 報 は 、 デ ィ ス ク の セ ク タ 0 に 置 か れ る パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル に 保 存 さ れ る 。

BSD の 世 界 で は 、 そ れ ぞ れ 「 デ ィ ス ク ス ラ イ ス (disk slice)」 、 「 デ ィ ス ク ラ ベ ル (disklabel)」 と い っ た 用 語 が 用 い ら れ る 。

Linux は 少 な く と も 一 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン を 必 要 と す る 。 す な わ ち ル ー ト フ ァ イ ル シ ス テ ム と す る パ ー テ ィ シ ョ ン で あ る 。 ま た Linux で は ス ワ ッ プ フ ァ ル や ス ワ ッ プ パ ー テ ィ シ ョ ン を 利 用 す る こ と が で き る が 、 後 者 の 方 が 効 率 が 良 い 。 し た が っ て 、 通 常 は 二 つ め の パ ー テ ィ シ ョ ン を ス ワ ッ プ 用 に 利 用 し た く な る 場 合 が 多 い だ ろ う 。 Intel 互 換 の ハ ー ド ウ ェ ア で は 、 シ ス テ ム を ブ ー ト さ せ る BIOS は デ ィ ス ク の 先 頭 1024 シ リ ン ダ に し か ア ク セ ス で き な い 場 合 が 多 い 。 し た が っ て 大 き な デ ィ ス ク を 使 っ て い る ユ ー ザ ー は 、 数 メ ガ バ イ ト 程 度 の 第 三 の パ ー テ ィ シ ョ ン を 追 加 す る こ と に な る 。 こ れ は 典 型 的 に は /boot に マ ウ ン ト さ れ 、 カ ー ネ ル イ メ ー ジ と 、 ブ ー ト に 必 要 な い く つ か の 外 部 フ ァ イ ル を 保 存 す る 。 こ の よ う に し て 、 ブ ー ト に 必 要 な フ ァ イ ル が BIOS に よ っ て ア ク セ ス 可 能 で あ る こ と を 保 証 す る の で あ る 。 ま た セ キ ュ リ テ ィ 、 保 守 の 都 合 、 バ ッ ク ア ッ プ 、 テ ス ト な ど 、 よ り 多 く の パ ー テ ィ シ ョ ン を 使 う 理 由 は 他 に も 存 在 す る 。

(最 初 の 形 式 で 起 動 さ れ た 場 合 に は ) fdisk は メ ニ ュ ー 駆 動 型 の プ ロ グ ラ ム で あ り 、 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル の 作 成 と 操 作 を 行 う 。 DOS 形 式 の パ ー テ ィ シ ョ ン や 、 BSD, SUN 形 式 の デ ィ ス ク ラ ベ ル を 扱 う こ と も で き る 。

device に 指 定 す る の は 通 常 以 下 の う ち の ど れ か で あ る 。

/dev/hda
/dev/hdb
/dev/sda
/dev/sdb

(/dev/hd[a−h] は IDE デ ィ ス ク 、 /dev/sd[a−p] は SCSI デ ィ ス ク 、 /dev/ed[a−d] は ESDI デ ィ ス ク 、 /dev/xd[ab] は XT デ ィ ス ク で あ る ) デ バ イ ス 名 は デ ィ ス ク 全 体 を 参 照 す る 。

partitiondevice 名 に パ ー テ ィ シ ョ ン 番 号 を 付 加 し た も の で あ る 。 例 え ば /dev/hda1 は シ ス テ ム の 第 一 IDE ハ ー ド デ ィ ス ク の 第 一 パ ー テ ィ シ ョ ン を 指 す 。 IDE デ ィ ス ク は 63 個 ま で の パ ー テ ィ シ ョ ン を 保 持 す る こ と が で き る 。 SCSI デ ィ ス ク は 15 ま で で あ る 。 /usr/src/linux/Documentation/devices.txt も 参 考 に す る と 良 い 。

BSD/SUN 形 式 の デ ィ ス ク ラ ベ ル は 8 パ ー テ ィ シ ョ ン を 扱 う こ と が で き る 。 そ の う ち 3 番 目 は 「 デ ィ ス ク 全 体 」 を 表 す パ ー テ ィ シ ョ ン と な る 。 先 頭 セ ク タ を 実 際 に 利 用 す る パ ー テ ィ シ ョ ン (ス ワ ッ プ な ど ) を シ リ ン ダ 0 か ら 割 り 当 て て は な ら な い 。 デ ィ ス ク ラ ベ ル を 破 壊 し て し ま う 。

IRIX/SGI 形 式 の デ ィ ス ク ラ ベ ル は 、 16 パ ー テ ィ シ ョ ン を 記 述 で き る 。 そ の う ち の 第 11 番 目 は ’volume’ 全 体 に 対 応 す る パ ー テ ィ シ ョ ン で あ り 、 第 9 番 目 は ’volume header’ と ラ ベ ル 付 け さ れ る 。 volume header は パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル の 領 域 も カ バ ー す る 。 つ ま り volume header は ブ ロ ッ ク 0 か ら 始 ま り 、 デ フ ォ ル ト で は シ リ ン ダ 5 ま で の 部 分 を 占 め る 。 volume header の 残 り の 部 分 は ヘ ッ ダ デ ィ レ ク ト リ エ ン ト リ に 用 い ら れ る 。 volume header は 他 の パ ー テ ィ シ ョ ン と 重 な っ て は な ら な い 。 ま た パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル が 含 ま れ て い る の で 、 形 式 を 変 更 し た り 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム を 作 っ た り も で き な い 。 こ の ラ ベ ル 形 式 は 、 IRIX/SGI マ シ ン で 動 作 し て い る Linux か 、 IRIX/SGI デ ィ ス ク を Linux で 使 う 場 合 に 限 っ て 用 い る こ と 。

DOS 形 式 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル は 、 パ ー テ ィ シ ョ ン の 数 に 制 限 が な い 。 セ ク タ 0 に は 、 4 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン (「 基 本 (primary) パ ー テ ィ シ ョ ン 」 と 呼 ば れ る ) に 関 す る 情 報 が 記 述 さ れ て い る 。 こ れ ら 基 本 パ ー テ ィ シ ョ ン は 、 拡 張 (extended) パ ー テ ィ シ ョ ン に す る こ と も で き る 。 こ れ は 論 理 (logical) パ ー テ ィ シ ョ ン の 入 れ 物 と な る 。 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン に は デ ィ ス ク リ プ タ ー が セ ク タ の リ ン ク リ ス ト の 形 式 で 置 か れ 、 そ れ ぞ れ 対 応 す る 論 理 パ ー テ ィ シ ョ ン の 情 報 を 保 持 す る 。 四 つ の 基 本 パ ー テ ィ シ ョ ン に は (存 在 し て い な く て も ) 番 号 1−4 が 割 り 当 て ら れ る 。 論 理 パ ー テ ィ シ ョ ン の 番 号 は 5 か ら 始 ま る 。

DOS 形 式 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル で は 、 そ れ ぞ れ の パ ー テ ィ シ ョ ン の ス タ ー ト オ フ セ ッ ト と サ イ ズ は 、 二 種 類 の 方 法 で 保 存 さ れ る 。 一 つ は セ ク タ の 絶 対 数 (32 ビ ッ ト ) で あ り 、 も う 一 つ は 「 シ リ ン ダ 数 /ヘ ッ ド 数 /セ ク タ 数 (C/H/S)」 の 三 つ の 組 み 合 わ せ で あ る (そ れ ぞ れ 10, 8, 6 ビ ッ ト )。 前 者 に は 問 題 は 特 に な く 、 512 バ イ ト の セ ク タ で 2 TB を 扱 う こ と が で き る 。 後 者 に は 二 種 類 の 問 題 が あ る 。 ま ず 第 一 に 、 こ の C/H/S を 与 え る た め に は 、 ヘ ッ ド 数 と ト ラ ッ ク あ た り の セ ク タ 数 を 知 っ て い な け れ ば な ら な い 。 第 二 に 、 こ れ ら の 数 値 が わ か っ た と し て も 、 24 ビ ッ ト で は 足 り な い か も し れ な い 。 DOS は C/H/S だ け を 用 い る 。 Windows は 両 方 を 用 い る 。 Linux で は C/H/S は 使 わ な い 。

fdisk は 、 可 能 な 場 合 に は デ ィ ス ク の ジ オ メ ト リ を 自 動 的 に 取 得 す る 。 こ れ は デ ィ ス ク の 物 理 的 な ジ オ メ ト リ で あ る と は 限 ら な い (実 際 、 最 近 の デ ィ ス ク で は 、 本 当 に 物 理 的 な − 単 純 な C/H/S 形 式 で 記 述 で き る よ う な − ジ オ メ ト リ を 持 っ て い な い も の も あ る )。 し か し い ず れ に せ よ 、 MS-DOS は こ の ジ オ メ ト リ を パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル で 利 用 す る 。

Linux し か 置 か な い デ ィ ス ク な ら 、 通 常 は デ フ ォ ル ト で 問 題 な く す べ て う ま く い く 。 し か し 他 の OS と デ ィ ス ク を 共 有 し な け れ ば な ら な い 場 合 に は 、 ま ず 他 の OS 上 で 、 そ の OS 付 属 の fdisk を 先 に 実 行 し 、 少 な く と も 一 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン を 作 っ て お く と 良 い 場 合 が 多 い 。 Linux は 、 他 の OS と う ま く 付 き 合 う た め に 、 ブ ー ト 時 に パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 参 照 し 、 ど ん な ジ オ メ ト リ が 要 求 さ れ て い る の か を 判 断 ・ 決 定 し よ う と す る (要 求 さ れ て い る ジ オ メ ト リ は 、 物 理 的 な も の と は 異 な っ て い る か も し れ な い か ら )。 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル が 表 示 さ れ る と き に は 、 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル の エ ン ト リ に 対 し て 整 合 性 チ ェ ッ ク が 行 わ れ る 。 こ の チ ェ ッ ク は 、 パ ー テ ィ シ ョ ン の 開 始 と 終 了 に 関 す る 、 物 理 的 な 情 報 と 論 理 的 な そ れ と が 同 一 で あ る か 、 ま た パ ー テ ィ シ ョ ン の 開 始 / 終 了 点 が シ リ ン ダ 境 界 に あ る か を 調 べ る (た だ し 後 者 の チ ェ ッ ク で は 、 最 初 の パ ー テ ィ シ ョ ン は 例 外 で あ る )。

MS-DOS の バ ー ジ ョ ン に よ っ て は 、 最 初 の パ ー テ ィ シ ョ ン の 開 始 点 を シ リ ン ダ 境 界 で は な く 先 頭 シ リ ン ダ の 第 2 セ ク タ に す る も の が あ る 。 シ リ ン ダ 1 か ら 始 ま る パ ー テ ィ シ ョ ン の 開 始 点 は シ リ ン ダ 境 界 に な ら な い が 、 こ れ は 問 題 に な る こ と は あ ま り な い だ ろ う 。 た だ し OS/2 を 同 じ マ シ ン で 使 っ て い な け れ ば 、 で あ る が 。 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル が 更 新 さ れ る と 、 終 了 す る 前 に sync() と BLKRRPART ioctl() (デ ィ ス ク か ら パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 読 み 込 み な お す ) が 実 行 さ れ る 。 と て も 昔 に は 、 fdisk を 利 用 し た 後 に は リ ブ ー ト が 必 須 だ っ た こ と も あ っ た 。 多 分 こ れ は 現 在 で は 直 っ て い る と 思 う − む し ろ 、 あ ま り に 急 い で リ ブ ー ト す る と 、 ま だ 書 き 込 ま れ て い な い デ ー タ を 失 う か も し れ な い 。 カ ー ネ ル と デ ィ ス ク ハ ー ド ウ ェ ア の 両 方 に バ ッ フ ァ ー デ ー タ が 存 在 す る こ と に 注 意 す る こ と 。

DOS 6.x 向 け の 警 告

DOS 6.x の FORMAT コ マ ン ド は パ ー テ ィ シ ョ ン の デ ー タ エ リ ア の 第 一 セ ク タ か ら あ る 種 の 情 報 を 検 索 し 、 こ れ を パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル に あ る 情 報 よ り 信 頼 で き る も の と し て 扱 う 。 DOS の FORMAT は 、 容 量 が 変 更 さ れ た と き に は 最 初 の 512 バ イ ト 分 の デ ー タ 領 域 が DOS 版 FDISK に よ っ て ク リ ア さ れ て い る こ と を 仮 定 し て い る 。 DOS の FORMAT は こ の 拡 張 情 報 を /U フ ラ グ を 指 定 し た 場 合 で も 見 よ う と す る − こ れ は DOS FORMAT と DOS FDISK の バ グ で あ る と 我 々 は 考 え る 。 結 局 の と こ ろ 、 cfdisk や fdisk を 用 い て DOS パ ー テ ィ シ ョ ン の 容 量 を 変 更 し た と き は 、 DOS FORMAT を 使 っ て パ ー テ ィ シ ョ ン を フ ォ ー マ ッ ト す る 前 に dd を 使 っ て 先 頭 の 512 バ イ ト を 0 で 埋 め な け れ ば な ら な い 、 と い う わ け で あ る 。 例 え ば cfdisk を 用 い て /dev/hda1 の DOS パ ー テ ィ シ ョ ン の テ ー ブ ル エ ン ト リ を 作 成 し た 場 合 に は 、 (fdisk ま た は cfdisk を 終 了 し 、 Linux を リ ブ ー ト し て パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル の 情 報 を 有 効 に し た あ と で ) 先 頭 の 512 バ イ ト を ゼ ロ に す る た め に "dd if=/dev/zero of=/dev/hda1 bs=512 count=1" な ど と 実 行 す る 必 要 が あ る 。

dd コ マ ン ド を 使 う 場 合 に は 特 に 注 意 す る こ と 。 ち ょ っ と し た タ イ プ ミ ス で 、 デ ィ ス ク 上 の す べ て の デ ー タ が パ ー に な る 可 能 性 も あ る 。 で き る だ け 問 題 を 起 こ し た く な け れ ば 、 常 に OS 固 有 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル 用 プ ロ グ ラ ム を 用 い る こ と で あ る 。 例 え ば DOS パ ー テ ィ シ ョ ン は DOS FDISK プ ロ グ ラ ム で 作 り 、 Linux の パ ー テ ィ シ ョ ン は Linux の fdisk ま た は cfdisk で 作 る べ き な の で あ る 。

オ プ シ ョ ン

−b sectorsize デ ィ ス ク の セ ク タ サ イ ズ を 指 定 す る 。 指 定 で き る 値 は 512, 1024, 2048 の い ず れ か で あ る 。 (最 近 の カ ー ネ ル は セ ク タ サ イ ズ を う ま く 扱 え る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 用 い る の は 、 カ ー ネ ル が 古 い 場 合 や 、 カ ー ネ ル の 考 え を 上 書 き す る 場 合 だ け に す る こ と 。 )
−C
cyls デ ィ ス ク の シ リ ン ダ 数 を 指 定 す る 。 な ぜ こ れ を 指 定 し た い と 思 う の か は 分 か ら な い 。
−H
heads デ ィ ス ク の ヘ ッ ダ 数 を 指 定 す る (も ち ろ ん 物 理 的 な ヘ ッ ダ 数 で は な く 、 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル に 使 わ れ る ヘ ッ ダ 数 で あ る )。 適 切 な 値 は 255 ま た は 16 で あ る 。
−S
sects デ ィ ス ク の 1 ト ラ ッ ク 当 り の セ ク タ 数 を 指 定 す る (も ち ろ ん 物 理 的 な セ ク タ 数 で は な く 、 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル に 使 わ れ る セ ク タ 数 で あ る )。 適 切 な 値 は 63 で あ る 。

−l 指 定 し た デ バ イ ス の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を リ ス ト し て 終 了 す る 。 デ バ イ ス を 何 も 指 定 し な い と 、

/proc/partitions が あ れ ば 、 そ こ に あ る デ バ イ ス を 対 象 に す る 。

−u パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を リ ス ト す る と き に 、 サ イ ズ を シ リ ン ダ 単 位 で は な く セ ク タ 単 位 で 表 示 す る 。

−s partition パ ー テ ィ シ ョ ン の サ イ ズ を (ブ ロ ッ ク 単 位 で ) 標 準 出 力 に 表 示 す る 。

−v

fdisk プ ロ グ ラ ム の バ ー ジ ョ ン 番 号 を 表 示 し て 終 了 す る 。

バ グ

こ の 種 の *fdisk プ ロ グ ラ ム に は 、 同 じ 機 能 を 持 っ た も の が 複 数 存 在 す る 。 そ れ ぞ れ 長 所 短 所 が あ る 。 cfdisk, fdisk, sfdisk の 順 に 試 し て み る と 良 い だ ろ う 。 (実 際 の と こ ろ 、 cfdisk は 美 し い プ ロ グ ラ ム で あ り 、 受 付 け る パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル に 厳 し い 条 件 を 課 し 、 品 質 の 高 い パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 生 成 す る 。 可 能 な 場 合 は こ れ を 用 い る こ と 。 fdisk は バ グ っ ぽ い プ ロ グ ラ ム で 、 や る こ と も や や あ や ふ や で あ る - 通 常 は 真 っ 当 な 結 果 を 出 力 す る け れ ど 。 一 つ 利 点 が あ る と す る と 、 fdisk は BSD の デ ィ ス ク ラ ベ ル や 、 そ の 他 の 非 DOS パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 多 少 サ ポ ー ト し て い る 点 で あ る 。 sfdisk は ハ ッ カ ー 専 用 で あ る 。 ユ ー ザ ー イ ン タ ー フ ェ ー ス は ひ ど い が 、 fdisk よ り も 正 し く 、 ま た fdisk, cfdisk の ど ち ら よ り も パ ワ フ ル だ 。 そ れ に 、 イ ン タ ラ ク テ ィ ブ で な い 使 い 方 も で き る ) 最 近 は parted と い う ツ ー ル も あ る 。 cfdisk の イ ン タ フ ェ ー ス は 優 れ て い る が 、 parted は よ り 優 れ て い る 。 parted は パ ー テ ィ シ ョ ン の サ イ ズ を 変 更 す る だ け で は な く 、 パ ー テ ィ シ ョ ン に あ る フ ァ イ ル シ ス テ ム の サ イ ズ も 変 更 す る 。

IRIX/SGI 形 式 の デ ィ ス ク ラ ベ ル は 、 現 時 点 で は カ ー ネ ル で サ ポ ー ト さ れ て い な い 。 ま た IRIX/SGI ヘ ッ ダ デ ィ レ ク ト リ は ま だ 完 全 に は サ ポ ー ト で き て い な い 。 「 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を フ ァ イ ル に ダ ン プ す る 」 オ プ シ ョ ン は 存 在 し な い 。

関 連 項 目

cfdisk(8), mkfs(8), parted(8), sfdisk(8)

COMMENTS