Manpages

名 前

dh_shlibdeps - 共 有 ラ イ ブ ラ リ の 依 存 関 係 を 計 算 す る

書 式

dh_shlibdeps [debhelper オ プ シ ョ ン ] [-Lパ ッ ケ ー ジ ] [-lデ ィ レ ク ト リ ] [-Xitem] [-- パ ラ メ ー タ ]

説 明

dh_shlibdeps は 、 ビ ル ド 中 の パ ッ ケ ー ジ に 含 ま れ る 共 有 ラ イ ブ ラ リ の 依 存 関 係 を 計 算 す る 役 目 の debhelper プ ロ グ ラ ム で す 。 こ の プ ロ グ ラ ム は dpkg-shlibdeps(1) の 単 な る ラ ッ パ ー プ ロ グ ラ ム で あ り 、 dpkg-shlibdeps(1)control フ ァ イ ル に 列 挙 し た パ ッ ケ ー ジ 各 々 に つ い て 1 度 呼 び 出 す よ う な 動 作 を し ま す 。 ま た 、 同 時 に dpkg-shlibdeps(1) へ 、 動 作 中 見 つ け た ELF 実 行 フ ァ イ ル や 、 共 有 ラ イ ブ ラ リ の 一 覧 を 引 き 渡 し ま す 。

オ プ シ ョ ン

-Xitem, --exclude=item

item を 名 前 に 含 む フ ァ イ ル を 、 dpkg-shlibdeps へ 渡 さ な い よ う に し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン に よ り 、 指 定 さ れ た フ ァ イ ル の 依 存 関 係 検 査 は 無 視 さ れ る よ う に な り ま す 。 こ れ は 特 定 の 状 況 下 で 便 利 な 場 合 が あ り ま す が 、 気 を つ け て 使 っ て 下 さ い 。 こ の オ プ シ ョ ン を 使 っ て 除 外 を 複 数 指 定 す る 場 合 は 、 繰 り 返 し 指 定 す る 事 に よ り 行 い ま す 。

-- params

paramsdpkg-shlibdeps(1) へ 渡 し ま す 。

-uparams, --dpkg-shlibdeps-params=params こ の オ プ シ ョ ン は paramsdpkg-shlibdeps(1) へ 渡 す 別 の 方 法 と な り ま す 。 し か し な が ら 、 こ の オ プ シ ョ ン は 廃 止 さ れ ま し た 。 代 わ り に -- を 利 用 し て く だ さ い 。
-l
directory[:directory ...] 最 近 の バ ー ジ ョ ン の dpkg-shlibdeps で は 、 こ の オ プ シ ョ ン は 概 ね 不 要 に な っ て い ま す 。

It tells dpkg-shlibdeps (via its -l parameter), to look for private package libraries in the specified directory (or directories -- separate with colons). With recent versions of dpkg-shlibdeps, this is mostly only useful for packages that build multiple flavors of the same library, or other situations where the library is installed into a directory not on the regular library search path.

-Lpackage, --libpackage=package

With recent versions of dpkg-shlibdeps, this option is generally not needed, unless your package builds multiple flavors of the same library or is relying on debian/shlibs.local for an internal library. ラ イ ブ ラ リ 、 シ ン ボ ル フ ァ イ ル 、 shlibs フ ァ イ ル を 探 索 す る 際 に 、 dpkg-shlibdeps へ (-S パ ラ メ ー タ を 使 い ) パ ッ ケ ー ジ の パ ッ ケ ー ジ ビ ル ド デ ィ レ ク ト リ 内 に て 、 最 初 に 探 す 場 所 を 指 定 す る も の で す 。

If needed, this can be passed multiple times with different package names.

使 用 例

こ こ で 、 ビ ル ド 中 の パ ッ ケ ー ジ が libfoo1、 libfoo-dev、 libfoo-bin の バ イ ナ リ パ ッ ケ ー ジ を 生 成 す る と 仮 定 し ま す 。 libfoo-bin は libfoo1 に リ ン ク し て お り 、 つ ま り は 依 存 関 係 に な け れ ば な ら な い 状 態 で す 。 こ の 場 合 、 パ ッ ケ ー ジ の rules フ ァ イ ル と し て 、 最 初 に dh_makeshlibs を 呼 び 出 し 、 次 に dh_shlibdeps を 呼 び 出 す 記 述 を し な け れ ば な り ま せ ん :

        dh_makeshlibs
        dh_shlibdepsこ ち ら の 記 述 を 行 う と 、 共 有 ラ イ ブ ラ リ の 依 存 関 係 を 検 討 す る 為 に 、

libfoo1 に 関 す る shlibs フ ァ イ ル を 自 動 的 に 生 成 し 、 生 成 さ れ た shlibs フ ァ イ ル 及 び debian/libfoo1/usr/lib 以 下 の libfoo1 ラ イ ブ ラ リ を 使 う よ う に な り ま す 。

libbar1 パ ッ ケ ー ジ を libfoo と は 別 に ビ ル ド し 、 /usr/lib/bar/ へ イ ン ス ト ー ル し て あ る と し ま す 。 こ の 場 合 、 libfoo-bin に つ い て libbar1 を 以 下 の よ う に し て 依 存 さ せ る 事 が で き ま す 。

        dh_shlibdeps -Llibbar1 -l/usr/lib/bar

参 照

debhelper(7), dpkg-shlibdeps(1) こ の プ ロ グ ラ ム は debhelper の 一 部 で す 。

作 者

Joey Hess <joeyh [AT] debian.org>

COMMENTS