Manpages

名 前

umask − フ ァ イ ル モ ー ド 作 成 マ ス ク を 設 定 す る

書 式

#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>

mode_t umask(mode_t mask);

説 明

umask() は 、 呼 び 出 し 元 プ ロ セ ス の フ ァ イ ル モ ー ド 作 成 マ ス ク (umask) を mask & 0777 に 設 定 し (umask の フ ァ イ ル 許 可 に 対 応 す る ビ ッ ト の み を 使 用 す る )、 変 更 前 の マ ス ク 値 を 返 す 。

umask は 、 open(2), mkdir(2) や フ ァ イ ル 作 成 を 行 う そ の 他 の シ ス テ ム コ ー ル で 、 新 し く 作 成 さ れ る フ ァ イ ル や デ ィ レ ク ト リ の 許 可 (permission) を 修 正 す る た め に 使 用 さ れ る 。 具 体 的 に は umask に 設 定 さ れ て い る 許 可 が open(2)mkdir(2)mode 引 き 数 か ら 取 り 消 さ れ る 。

mask に 指 定 す る の に 使 用 す べ き 定 数 に つ い て は stat(2) で 説 明 さ れ て い る 。 プ ロ セ ス の umask の よ く あ る デ フ ォ ル ト 値 は S_IWGRP | S_IWOTH (8進 で 022) で あ る 。 新 し い フ ァ イ ル を 作 成 す る 際 に open(2)mode 引 き 数 に

S_IRUSR | S_IWUSR | S_IRGRP | S_IWGRP | S_IROTH | S_IWOTH を 指 定 す る と い う よ く あ る ケ ー ス で は 、 作 成 さ れ た フ ァ イ ル は

S_IRUSR | S_IWUSR | S_IRGRP | S_IROTH と い う 許 可 を 持 つ こ と に な る (な ぜ な ら 0666 & ~022 = 0644、 つ ま り rw−r−−r−−)。

返 り 値

こ の シ ス テ ム コ ー ル は 必 ず 成 功 し 、 以 前 の umask 値 を 返 す 。

準 拠

SVr4, 4.3BSD, POSIX.1−2001.

注 意

fork(2) で 作 成 さ れ た 子 プ ロ セ ス は 、 親 プ ロ セ ス の umask を 継 承 す る 。 execve(2) に よ っ て umask は 変 更 さ れ な い 。

umask の 設 定 は 、 そ の プ ロ セ ス が 生 成 す る POSIX IPC オ ブ ジ ェ ク ト (mq_open(3), sem_open(3), shm_open(3)) や FIFO (mkfifo(3))、 UNIX ド メ イ ン ソ ケ ッ ト (unix(7)) に 設 定 さ れ る 許 可 に も 影 響 を 与 え る 。 一 方 、 umask は 、 そ の プ ロ セ ス が (msgget(2), semget(2), shmget(2) を 使 っ て ) 生 成 す る System V IPC オ ブ ジ ェ ク ト に 設 定 さ れ る 許 可 に は 影 響 を 与 え な い 。

関 連 項 目

chmod(2), mkdir(2), open(2), stat(2), acl(5)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS