Manpages

名 前

ulimit − ユ ー ザ ー 制 限 を 取 得 ・ 設 定 す る

書 式

#include <ulimit.h>

long ulimit(int cmd, long newlimit);

説 明

注 意 : こ の ル ー チ ン は 古 い 。 代 わ り に getrlimit(2), setrlimit(2), sysconf(3) な ど を 用 い る こ と 。 シ ェ ル コ マ ン ド と し て の ulimit() に つ い て は 、 bash(1) を 見 る こ と 。

ulimit() は 呼 び 出 し 元 の プ ロ セ ス に 関 す る 制 限 の い く つ か を 取 得 ・ 設 定 す る 。 cmd 引 き 数 に は 、 以 下 の 値 の う ち の ど れ か 一 つ を 与 え る こ と が で き る 。
UL_GETFSIZE
フ ァ イ ル サ イ ズ に 関 す る 制 限 を 返 す 。 単 位 は 512 バ イ ト 。
UL_SETFSIZE
フ ァ イ ル サ イ ズ に 関 す る 制 限 を 設 定 す る 。

3

(Linux で は 実 装 さ れ て い な い ) デ ー タ セ グ メ ン ト で 指 定 で き る ア ド レ ス の 最 大 値 を 返 す 。

4

(実 装 さ れ て い る が 、 対 応 す る シ ン ボ リ ッ ク な 定 数 は 存 在 し な い ) プ ロ セ ス が オ ー プ ン で き る フ ァ イ ル 数 の 最 大 値 を 返 す 。

返 り 値

成 功 す る と ulimit() は 0 ま た は 正 の 値 を 返 す 。 エ ラ ー が 生 じ る と −1 を 返 し 、 errno を 適 切 な 値 に 設 定 す る 。

エ ラ ー

EPERM 非 特 権 プ ロ セ ス が 制 限 値 を 増 加 さ せ よ う と し た 。

準 拠

SVr4, POSIX.1−2001. POSIX.1−2008 は ulimit() を 廃 止 予 定 と し て い る 。

関 連 項 目

bash(1), getrlimit(2), setrlimit(2), sysconf(3)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS