Manpages

名 前

towlower, towlower_l − ワ イ ド 文 字 1 個 を 小 文 字 に 変 換 す る

書 式

#include <wctype.h>

wint_t towlower(wint_t wc);

wint_t towlower_l(wint_t wc, locale_t locale);

glibc 向 け の 機 能 検 査 マ ク ロ の 要 件 (feature_test_macros(7) 参 照 ):

towlower_l():

glibc 2.10 以 降 :

_XOPEN_SOURCE >= 700

glibc 2.10 よ り 以 前 :

_GNU_SOURCE

説 明

towlower() 関 数 は 、 tolower(3) 関 数 に 対 応 す る ワ イ ド 文 字 関 数 で あ る 。 wc が 大 文 字 の ワ イ ド 文 字 で 、 現 在 の ロ ケ ー ル で 対 応 す る 小 文 字 が 存 在 す る 場 合 、 wc に 対 応 す る 小 文 字 が 返 さ れ る 。 そ れ 以 外 の 場 合 に は 、 wc は 変 更 さ れ ず に 返 さ れ る 。

towupper_l() 関 数 も 同 様 の 動 作 を 行 う が 、 locale で 指 定 さ れ た ロ ケ ー ル で の 文 字 列 型 の 情 報 に 基 づ き 変 換 が 行 わ れ る 点 が 異 な る 。 locale が 特 別 な ロ ケ ー ル オ ブ ジ ェ ク ト LC_GLOBAL_LOCALE の 場 合 、 も し く は locale が 有 効 な ロ ケ ー ル オ ブ ジ ェ ク ト ハ ン ド ル で な い 場 合 、 towupper_l() の 動 作 は 未 定 義 で あ る 。 引 き 数 wc は 、 指 定 さ れ た ロ ケ ー ル で 有 効 な wchar_t で 表 現 で き る 文 字 、 ま た は 値 WEOF で な け れ ば な ら な い 。

返 り 値

wc が 小 文 字 に 変 換 可 能 だ っ た 場 合 、 towlower() は 対 応 す る 小 文 字 を 返 す 。 そ う で な い 場 合 、 wc を 返 す 。

属 性

マ ル チ ス レ ッ デ ィ ン グ (pthreads(7) 参 照 )

towlower() 関 数 は 、 例 外 付 き の ス レ ッ ド セ ー フ で あ る 。 実 行 中 に setlocale(3) を 呼 び 出 し て ロ ケ ー ル を 変 更 し な い 限 り 、 マ ル チ ス レ ッ ド ア プ リ ケ ー シ ョ ン で 安 全 に 使 用 す る こ と が で き る 。

バ ー ジ ョ ン

towlower_l() 関 数 は glibc 2.3 で 初 め て 登 場 し た 。

準 拠

towlower(): C99, POSIX.1−2001 (XSI); POSIX.1−2008 の XSI 拡 張 に 存 在 し て い る が 、 廃 止 予 定 と さ れ て い る 。

towlower_l(): POSIX.1−2008.

注 意

こ れ ら の 関 数 の 動 作 は 、 ロ ケ ー ル の LC_CTYPE カ テ ゴ リ ー に 依 存 す る 。 こ れ ら の 関 数 で Unicode 文 字 を 扱 う の は あ ま り 適 切 で な い 。 な ぜ な ら 、 Unicode に は 、 大 文 字 (upper case)・ 小 文 字 (lower case)・ タ イ ト ル 文 字 (title case) と い う 3 つ の "case" が 含 ま れ て い る か ら で あ る 。

関 連 項 目

iswlower(3), towctrans(3), towupper(3), locale(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS