Manpages

名 前

top − Linux の タ ス ク を 表 示 す る

書 式


hv | −bcisSd delayn iterationsp pid [, pid ...] 昔 か ら の ス イ ッ チ ’-’ と 空 白 の 指 定 は 任 意 で あ る 。

説 明

プ ロ グ ラ ム は 稼 働 中 の シ ス テ ム の 動 的 な リ ア ル タ イ ム の 概 要 を 報 告 す る 。 Linux カ ー ネ ル が 現 在 管 理 し て い る タ ス ク の 一 覧 だ け で な く 、 シ ス テ ム の 概 要 情 報 も 表 示 で き る 。 表 示 さ れ る シ ス テ ム の 概 要 情 報 の タ イ プ と 各 タ ス ク に つ い て 表 示 さ れ る 情 報 の タ イ プ ・ 順 序 ・ サ イ ズ は 、 ユ ー ザ ー が 全 て 設 定 可 能 で 、 そ の 設 定 は 次 に 起 動 し た と き に も 保 存 で き る 。 こ の プ ロ グ ラ ム は プ ロ セ ス の 操 作 に 関 す る 限 定 さ れ た 対 話 型 イ ン タ フ ェ ー ス だ け で な く 、 個 人 用 の 設 定 に つ い て の 特 に 拡 張 さ れ た イ ン タ フ ェ ー ス も 提 供 し て い る 。  −−  操 作 の 全 て の 面 に つ い て の 包 括 的 な イ ン タ フ ェ ー ス を 提 供 し て い る 。 こ の プ ロ グ ラ ム は 、 こ の 文 書 を 通 し て .ie 1 . br と い う 名 前 で 呼 ば れ て い る が 、 希 望 す る 任 意 の 名 前 に す る こ と が で き る 。 新 し い 名 前 (エ イ リ ア ス で も よ い ) は 、 top の 表 示 に 反 映 さ れ 、 設 定 フ ァ イ ル を 読 み 書 き の 際 に 使 用 さ れ る 。

概 要

ド キ ュ メ ン ト こ れ 以 降 の 目 次

1. コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン
2. フ ィ ー ル ド / カ ラ ム
a. フ ィ ー ル ド の 説 明
b. カ ラ ム の 選 択 と 順 序 指 定
3. 対 話 的 コ マ ン ド
a. グ ロ ー バ ル な コ マ ン ド
b. サ マ リ ー エ リ ア の コ マ ン ド
c. タ ス ク エ リ ア の コ マ ン ド
d. カ ラ ー マ ッ プ
4. 別 形 式 の 表 示 モ ー ド
a. ウ ィ ン ド ウ の 概 要
b. ウ ィ ン ド ウ の コ マ ン ド
5. フ ァ イ ル
a. シ ス テ ム 設 定 フ ァ イ ル
b. 個 人 設 定 フ ァ イ ル
6. く だ ら な い ト リ ッ ク の 例
a. カ ー ネ ル の ト リ ッ ク
b. バ ウ ン ド す る ウ ィ ン ド ウ
c. 大 き な 雛 鳥 の よ う な ウ ィ ン ド ウ
7. バ グ , 8. 以 前 の top の 履 歴 , 9. 著 者 , 10. 関 連 項 目 操 作
top を 操 作 す る と き の 最 も 重 要 な 2 つ の キ ー は 、 ヘ ル プ (’h’ ま た は ’?’) と 終 了 (’q’) キ ー で あ る 。 終 了 さ せ る と き に は 、 代 わ り と し て 、 単 純 に 昔 か ら の 割 り 込 み キ ー (’^C’) を 使 う こ と も で き る 。 最 初 に top を 起 動 す る 場 合 、 昔 か ら の 以 下 の ス ク リ ー ン の 要 素 が 表 示 さ れ る : 1) サ マ リ ー エ リ ア ; 2) メ ッ セ ー ジ /プ ロ ン プ ト 行 3) カ ラ ム ヘ ッ ダ ; 4) タ ス ク エ リ ア 。 し か し 、 以 前 の top と 比 較 す る と 、 い く つ か の 違 い が あ る 。 ハ イ ラ イ ト サ マ リ ー エ リ ア : 負 荷 (load) / 稼 働 時 間 (uptime) の 値 は ハ イ ラ イ ト さ れ ず 、 そ の 他 の 要 素 の 値 の み が ハ イ ラ イ ト さ れ る 。 タ ス ク エ リ ア : 実 行 中 (ま た は 実 行 の 準 備 が さ れ て い る ) の タ ス ク が ハ イ ラ イ ト さ れ る 。 こ れ ら の プ ロ セ ス を 強 調 す る 唯 一 の 手 段 は 太 字 で 表 示 す る こ と で あ る 。 内 容
/ラ ベ ル
サ マ リ ー エ リ ア : プ ロ グ ラ ム 名 が 表 示 さ れ る 。 シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク 名 ま た は エ イ リ ア ス が 表 示 さ れ る 場 合 も あ る 。 Cpu(s) 状 態 ラ ベ ル は 他 の も の が 表 示 さ れ る 可 能 性 を 暗 に 示 し て い る 。 メ モ リ 統 計 で は 小 文 字 ’k’ が 使 用 さ れ る 。 カ ラ ム ヘ ッ ダ : 新 し い フ ィ ー ル ド と い く つ か の 変 更 さ れ た ラ ベ ル が 表 示 さ れ る 。 top を カ ス タ マ イ ズ す れ ば 新 し い フ ィ ー ル ド が 更 に 表 示 さ れ る 。 注 意 : top の 表 示 は 512 文 字 に 制 限 さ れ る 。 全 て の フ ィ ー ル ド を 表 示 す る た め に は 最 低 160 文 字 が 必 要 で あ る 。 残 り の 幅 は ’Command’ カ ラ ム に 使 用 で き る 。 起 動 時 の デ フ ォ ル ト 値 以 下 の 起 動 時 の デ フ ォ ル ト は 、 設 定 フ ァ イ ル の 使 用 を 仮 定 し て い な い の で 、 ユ ー ザ ー は カ ス タ マ イ ズ で き な い 。 し か し 、 ア ス タ リ ス ク (’*’) の 付 い た コ マ ン ド は コ マ ン ド ラ イ ン で 上 書 き で き る 。 全 体 の デ フ ォ ル ト
’A’ - 別 形 式 表 示 Off (全 画 面 )
* ’d’ - 遅 延 時 間 3.0 秒
’I’ - Irix モ ー ド On  (’solaris’ smp で は な い )
* ’p’ - PID の 監 視 Off
* ’s’ - セ キ ュ ア モ ー ド Off (非 セ キ ュ ア モ ー ド )
’B’ - 太 字 表 示 Off サ マ リ ー エ リ ア の デ フ ォ ル ト
’l’ - 負 荷 平 均 /稼 働 時 間 On  (プ ロ グ ラ ム 名 が 表 示 さ れ る )
’t’ - タ ス ク /Cpu 統 計 On  (1+1 行 。 ’1’ を 参 照 )
’m’ - メ モ リ /ス ワ ッ プ 使 用 量 On  (2 行 を 使 う )
’1’ - シ ン グ ル Cpu On  (smp の 場 合 1 行 に な る ) タ ス ク エ リ ア の デ フ ォ ル ト
’b’ - 太 字 に よ る ハ イ ラ イ ト On  (背 景 と 前 景 を 「 反 転 」 し な い )
* ’c’ - コ マ ン ド ラ イ ン Off (コ マ ン ド ラ イ ン で は な い 名 前 )
* ’i’ - ア イ ド ル タ ス ク On  (全 て の タ ス ク を 表 示 す る )
’R’ - 逆 順 ソ ー ト On  (pid の 降 順 で ソ ー ト す る )
* ’S’ - 累 積 時 間 Off (死 ん だ 子 プ ロ セ ス を 累 積 し な い )
’x’ - カ ラ ム の ハ イ ラ イ ト Off (フ ィ ー ル ド を ソ ー ト す る )
’y’ - 行 の ハ イ ラ イ ト On  (実 行 中 の タ ス ク が 表 示 さ れ る )
’z’ - カ ラ ー /単 色 Off (カ ラ ー 表 示 し な い )

1. コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン

top の コ マ ン ド ラ イ ン の 書 式 は 、 以 下 の よ う に 構 成 さ れ る :

hv | -bcisS delay iterations pid [,pid...] 一 般 に は 必 須 と さ れ て い る ス イ ッ チ (’-’) と 空 白 で さ え 、 完 全 に オ プ シ ョ ン で あ る 。
b : バ ッ チ モ ー ド 操 作

top を 「 バ ッ チ モ ー ド 」 で 起 動 す る 。 top の 出 力 を 他 の プ ロ グ ラ ム や フ ァ イ ル に 送 る 場 合 に 役 立 つ 。 こ の モ ー ド で は 、 top は 入 力 を 受 け 付 け ず 、 ’-n’ コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン で 設 定 さ れ た 繰 り 返 し 回 数 に 達 す る か 、 kill さ れ る ま で 実 行 を 続 け る 。

c : コ マ ン ド ラ イ ン /プ ロ グ ラ ム 名 ト グ ル 最 後 に 記 録 さ れ た ’c’ の 状 態 を 逆 に し て 、 top を 起 動 す る 。 よ っ て 、 top が コ マ ン ド ラ イ ン を 表 示 し て い た 場 合 は 、 プ ロ グ ラ ム 名 を 表 示 す る 。 プ ロ グ ラ ム 名 を 表 示 し て い た 場 合 は 、 コ マ ン ド ラ イ ン を 表 示 す る 。 よ り 詳 し い 情 報 は 対 話 的 コ マ ン ド ’c’ を 参 照 す る こ と 。
d : 遅 延 時 間 間 隔 :  -d ss.tt ( .1/10秒 ) ス ク リ ー ン を 更 新 す る 間 隔 を 指 定 す る 。 ユ ー ザ ー 個 人 の 設 定 フ ァ イ ル に あ る こ れ に 対 応 す る 値 、 ま た は 起 動 時 の デ フ ォ ル ト の 値 を 上 書 き す る 。 実 行 後 に 対 話 的 コ マ ン ド ’d’ ま た は ’s’ で 変 更 で き る 。 小 数 点 以 下 の 秒 も 指 定 で き る が 、 負 数 は 許 可 さ れ な い 。 し か し 全 て の 場 合 に お い て 、 top が 「 セ キ ュ ア モ ー ド 」 で 実 行 さ れ て い る と き に は 、 こ の よ う な 変 更 は 禁 止 さ れ て い る 。 た だ し root の 場 合 (か つ コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン ’s’ が 使 わ れ て い な い 場 合 ) は 除 く 。 「 セ キ ュ ア モ ー ド 」 に つ い て の よ り 詳 し い 情 報 は 、 「 5a. シ ス テ ム 設 定 フ ァ イ ル 」 の 話 題 を 参 照 す る こ と 。
h : ヘ ル プ ラ イ ブ ラ リ の バ ー ジ ョ ン と 使 用 法 の プ ロ ン プ ト を 表 示 し て 、 終 了 す る 。
i : ア イ ド ル プ ロ セ ス ト グ ル 最 後 に 記 録 さ れ た ’i’ の 状 態 を 逆 に し て 、 top を 起 動 す る 。 ト グ ル が Off の 場 合 、 ア イ ド ル タ ス ク ま た は ゾ ン ビ タ ス ク は 表 示 さ れ な い 。
n : 繰 り 返 し 回 数 制 限 :  -n number

top が 終 了 す る ま で の 繰 り 返 し 回 数 ま た は フ レ ー ム の 最 大 数 を 指 定 す る 。

u : ユ ー ザ ー を 指 定 し て 監 視 す る :  -u somebody 指 定 さ れ た 実 効 UID ま た は 実 効 ユ ー ザ ー 名 に マ ッ チ す る プ ロ セ ス の み を 監 視 す る 。
U : ユ ー ザ ー を 指 定 し て 監 視 す る :  -U somebody 指 定 さ れ た UID ま た は ユ ー ザ ー 名 に マ ッ チ す る プ ロ セ ス の み を 監 視 す る 。 実 ・ 実 効 ・ 保 存 ・ フ ァ イ ル シ ス テ ム UID と マ ッ チ す る も の が 選 ば れ る 。
p : PID を 指 定 し て 監 視 す る :  -pN1 -pN2 ...  ま た は   -pN1, N2
[,...]
指 定 さ れ た プ ロ セ ス ID と マ ッ チ す る プ ロ セ ス の み を 監 視 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 20 個 ま で 指 定 す る か 、 コ ン マ で 区 切 っ た 20 個 ま で の プ ロ セ ス ID を 指 定 す る こ と が で き る 。 両 方 を 混 ぜ て 使 用 す る こ と も で き る 。 こ れ は コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン で の み 指 定 で き る 。 通 常 の 操 作 に 戻 し た い 場 合 は 、 top を 終 了 し て 再 起 動 す る 必 要 は な く  −−  対 話 的 コ マ ン ド ’=’ を 実 行 す る だ け で よ い 。
s : セ キ ュ ア モ ー ド 操 作 た と え root で あ っ て も 、 強 制 的 に セ キ ュ ア モ ー ド に し て top を 起 動 す る 。 こ の モ ー ド は シ ス テ ム の 設 定 フ ァ イ ル で 制 御 す る 方 が 、 更 に 良 い 。 (「 5. フ ァ イ ル 」 の 話 題 を 参 照 す る こ と )。
S : 累 積 時 間 モ ー ド ト グ ル 最 後 に 記 録 さ れ た ’S’ の 状 態 を 逆 に し て 、 top を 起 動 す る 。 「 累 積 モ ー ド 」 が On の 場 合 、 各 プ ロ セ ス は そ の プ ロ セ ス と そ の プ ロ セ ス の 終 了 し た 子 プ ロ セ ス で 使 わ れ た cpu 時 間 と と も に 表 示 さ れ る 。 こ の モ ー ド の よ り 詳 し い 情 報 に つ い て は 、 対 話 的 コ マ ン ド ’S’ を 参 照 す る こ と 。
v : バ ー ジ ョ ン ラ イ ブ ラ リ の バ ー ジ ョ ン と 使 用 法 の プ ロ ン プ ト を 表 示 し て 、 終 了 す る 。

2. フ ィ ー ル ド / カ ラ ム

2a. フ ィ ー ル ド の 説 明
top で 表 示 可 能 な フ ィ ー ル ド を 以 下 に リ ス ト す る 。 こ れ ら の フ ィ ー ル ド は 、 対 話 的 コ マ ン ド ’o’ (フ ィ ー ル ド の 順 序 変 更 ) で 指 定 で き る 位 置 に 関 わ ら ず 、 以 下 で 示 す 文 字 と 常 に 関 連 付 け ら れ て い る 。 全 て の フ ィ ー ル ド は ソ ー ト 対 象 と し て 選 択 可 能 で あ り 、 降 順 で ソ ー ト す る か 昇 順 で ソ ー ト す る か を 制 御 で き る 。 ソ ー ト 機 能 に つ い て の 詳 し い 情 報 は 「 3c. タ ス ク エ リ ア コ マ ン ド 」 の 話 題 を 参 照 す る こ と 。
a: PID  −−  プ ロ セ ス ID タ ス ク の 一 意 な プ ロ セ ス ID。 定 期 的 に 同 じ 番 号 が 使 わ れ る が 、 0 か ら 再 ス タ ー ト す る こ と は な い 。
b: PPID  −−  親 プ ロ セ ス の プ ロ セ ス ID タ ス ク の 親 タ ス ク の プ ロ セ ス ID。
c: RUSER  −−  実 ユ ー ザ ー 名 タ ス ク の 所 有 者 の 実 ユ ー ザ ー 名 。
d: UID  −−  ユ ー ザ ー ID タ ス ク の 所 有 者 の 実 効 ユ ー ザ ー ID。
e: USER  −−  ユ ー ザ ー 名 タ ス ク の 所 有 者 の 実 効 ユ ー ザ ー 名 。
f: GROUP  −−  グ ル ー プ 名 タ ス ク の 所 有 者 の 実 効 グ ル ー プ 名 。
g: TTY  −−  制 御 端 末 制 御 端 末 の 名 前 。 通 常 は プ ロ セ ス が 開 始 さ れ た デ バ イ ス (シ リ ア ル ポ ー ト 、 疑 似 端 末 (pty) な ど ) で あ り 、 入 出 力 に 使 わ れ る 。 し か し タ ス ク は 端 末 に 関 連 付 け る 必 要 は な く 、 そ の 場 合 は ’?’ が 表 示 さ れ る 。
h: PR  −−  優 先 度 タ ス ク の 優 先 度
i: NI  −−  nice 値 タ ス ク の nice 値 。 負 の nice 値 は 高 い 優 先 度 を 意 味 し 、 正 の nice 値 は 低 い 優 先 度 を 意 味 す る 。 こ の フ ィ ー ル ド が 0 の 場 合 、 タ ス ク の 割 り 当 て (dispatchability) を 決 定 す る 際 に 優 先 度 を 調 整 し て い な い こ と 意 味 す る 。
j: P  −−  最 後 に 使 用 さ れ た CPU (SMP) 最 後 に 利 用 さ れ た プ ロ セ ッ サ を 表 す 値 。 カ ー ネ ル は わ ざ と weak affinity を 使 っ て い る の で 、 本 当 の SMP 環 境 で は 、 こ の 値 は 頻 繁 に 変 わ り や す く な る 。 ま た 実 行 中 の top の 動 作 そ の も の が (cpu 時 間 に 対 す る 余 分 な 要 求 と な る こ と に よ っ て ) weak affinity を 壊 す か も し れ ず 、 プ ロ セ ス の CPU 変 更 が よ り 多 く な る か も し れ な い 。
k: %CPU  −−  CPU 使 用 率 前 回 の ス ク リ ー ン 更 新 か ら の 、 タ ス ク の 所 要 CPU 時 間 の 占 有 率 。 総 CPU 時 間 の パ ー セ ン テ ー ジ で 表 さ れ る 。 本 当 の SMP 環 境 で は 、 「 Irix モ ー ド 」 が Off の 場 合 、 top は 「 Solaris モ ー ド 」 で 操 作 し 、 タ ス ク の cpu 使 用 率 は 総 CPU 数 で 割 り 算 さ れ る 。 ´Irix/Solaris’ モ ー ド は 対 話 的 コ マ ン ド ’I’ で ト グ ル で き る 。
l: TIME  −−  CPU 時 間 タ ス ク が 開 始 し て か ら 利 用 し た CPU 時 間 の 総 計 。 「 累 積 モ ー ド 」 が On の 場 合 、 各 プ ロ セ ス は 終 了 し た 子 プ ロ セ ス が 使 っ た cpu 時 間 と と も に リ ス ト さ れ る 。 「 累 積 モ ー ド 」 は コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン と 対 話 的 コ マ ン ド の ’S’ で ト グ ル で き る 。 こ の モ ー ド に つ い て の 更 な る 情 報 は 、 対 話 的 コ マ ン ド ’S’ を 参 照 す る こ と 。
m: TIME+  −−  CPU 時 間 (1/100 単 位 )

´TIME’ と 同 じ で あ る が 、 精 度 を 1/100 秒 単 位 ま で 反 映 さ せ る 。

n: %MEM  −−  メ モ リ 使 用 率 (RES) タ ス ク が 現 在 使 用 し て い る 利 用 可 能 な 物 理 メ モ リ の 占 有 率 。
o: VIRT  −−  仮 想 イ メ ー ジ (kb) タ ス ク が 使 用 し て い る 仮 想 メ モ リ の 総 量 。 コ ー ド ・ デ ー タ ・ 共 有 ラ イ ブ ラ リ ・ ス ワ ッ プ ア ウ ト さ れ て い る ペ ー ジ が 含 ま れ る 。

VIRT = SWAP + RES.

p: SWAP  −−  ス ワ ッ プ さ れ た サ イ ズ (kb) タ ス ク の 総 仮 想 メ モ リ イ メ ー ジ の う ち ス ワ ッ プ ア ウ ト さ れ た 部 分 。
q: RES  −−  常 駐 サ イ ズ (kb) タ ス ク が 使 用 し て い る ス ワ ッ プ さ れ て い な い 物 理 メ モ リ 。

RES = CODE + DATA.

TP 3 r: CODE  −−  コ ー ド サ イ ズ (kb) 実 行 可 能 コ ー ド に 割 か れ る 物 理 メ モ リ の 総 量 。 「 テ キ ス ト 常 駐 サ イ ズ (text resident set)」 ま た は TRS と も 呼 ば れ る 。

s: DATA  −−  「 デ ー タ +ス タ ッ ク 」 の サ イ ズ (kb) 実 行 可 能 コ ー ド 以 外 に 割 か れ る 物 理 メ モ リ の 総 量 。 「 デ ー タ 常 駐 サ イ ズ (data resident set)」 ま た は DRS と も 呼 ば れ る 。
t: SHR  −−  共 有 メ モ リ サ イ ズ (kb) タ ス ク が 利 用 し て い る 共 有 メ モ リ の 総 量 。 他 の プ ロ セ ス と 共 有 さ れ る 可 能 性 の あ る メ モ リ を 単 純 に 反 映 し て い る 。
u: nFLT  −−  ペ ー ジ フ ォ ー ル ト 回 数 あ る タ ス ク に 対 し て 起 こ っ た メ ジ ャ ー ペ ー ジ フ ォ ー ル ト の 回 数 。 ペ ー ジ フ ォ ー ル ト は 、 現 在 、 ア ド レ ス 空 間 に な い 仮 想 ペ ー ジ に 対 し て プ ロ セ ス が 読 み 書 き し よ う と し た と き に 起 こ る 。 メ ジ ャ ー ペ ー ジ フ ォ ー ル ト と は 、 あ る ペ ー ジ を 利 用 可 能 に す る た め に デ ィ ス ク ア ク セ ス が 起 こ る 場 合 の こ と で あ る 。
v: nDRT  −−  ダ ー テ ィ ペ ー ジ 数 最 後 に 書 き 込 ま れ て か ら 変 更 さ れ た ペ ー ジ の 数 。 ダ ー テ ィ ペ ー ジ は 、 対 応 す る 物 理 メ モ リ の 場 所 が 他 の 仮 想 ペ ー ジ で 使 用 さ れ る 前 に 、 デ ィ ス ク に 書 き 込 ま れ な け れ ば な ら な い 。
w: S  −−  プ ロ セ ス 状 態 タ ス ク の 状 態 は 以 下 の い ず れ か で あ る :

D’ = 割 り 込 み 不 可 能 な ス リ ー プ 状 態
R’ = 実 行 中
S’ = ス リ ー プ 状 態
T’ = ト レ ー ス 中 /停 止 さ れ た
Z’ = ゾ ン ビ 実 行 中 と 表 示 さ れ る タ ス ク は 「 実 行 準 備 済 み 」 と 考 え る の が よ り 正 し い だ ろ う 。  −−  タ ス ク の task_struct は Linux の 実 行 キ ュ ー で 表 現 さ れ て い る 。 本 当 の SMP マ シ ン 以 外 で さ え 、 top の 遅 延 間 隔 と nice 値 に 依 っ て は 、 こ の 状 態 の タ ス ク を 非 常 に 多 く 目 に す る だ ろ う 。

x: Command  −−  コ マ ン ド ラ イ ン ま た は プ ロ グ ラ ム タ ス ク を 開 始 す る の に 使 っ た コ マ ン ド ラ イ ン 、 ま た は タ ス ク に 関 連 づ け ら れ た プ ロ グ ラ ム の 名 前 を 表 示 す る 。 コ マ ン ド ラ イ ン と プ ロ グ ラ ム は 、 コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン と 対 話 的 コ マ ン ド の ’c’ で ト グ ル で き る 。 コ マ ン ド ラ イ ン の 表 示 を 選 択 し た 場 合 、 (カ ー ネ ル ス レ ッ ド の よ う に ) コ マ ン ド ラ イ ン の な い プ ロ セ ス は 、 以 下 の 例 の よ う に 、 プ ロ グ ラ ム 名 だ け が 括 弧 で 括 ら れ て 表 示 さ れ る 。

( mdrecoveryd ) コ マ ン ド ラ イ ン ・ プ ロ グ ラ ム 名 の 表 示 が 現 在 の フ ィ ー ル ド 幅 に 対 し て 長 す ぎ る 場 合 は 、 切 り 詰 め ら れ る 場 合 が あ る 。 フ ィ ー ル ド 幅 は そ の 他 に 選 択 さ れ て い る フ ィ ー ル ド ・ フ ィ ー ル ド の 順 番 ・ 現 在 の ス ク リ ー ン 幅 に 依 存 す る 。 注 意 : ’Command’ フ ィ ー ル ド /カ ラ ム は 固 定 幅 で な い と い う 点 が 特 殊 で あ る 。 表 示 の 際 、 こ の カ ラ ム は 残 り の 全 て の ス ク リ ー ン 幅 (最 大 512 文 字 ) が 割 り 当 て ら れ る 。 こ れ は 、 プ ロ グ ラ ム 名 か ら コ マ ン ド ラ イ ン へ の 切 り 替 え で 文 字 数 が 増 え る 場 合 に 備 え る た め で あ る 。

y: WCHAN  −−  ス リ ー プ し て い る 関 数 カ ー ネ ル リ ン ク マ ッ プ (’System.map’) が 利 用 可 能 か に 否 か に よ っ て 、 タ ス ク が 現 在 ス リ ー プ し て い る カ ー ネ ル 関 数 の 名 前 ま た は ア ド レ ス が 表 示 さ れ る 。 実 行 中 の タ ス ク で は 、 こ の カ ラ ム に ダ ッ シ ュ (’-’) が 表 示 さ れ る 。 注 意 : こ の フ ィ ー ル ド を 表 示 す る と 、 top 自 身 の ワ ー キ ン グ セ ッ ト が 700Kb 増 加 す る 。 こ の オ ー バ ー ヘ ッ ド を 減 ら す 唯 一 の 方 法 は 、 top を 停 止 し て 再 起 動 す る こ と で あ る 。
z: Flags  −−  タ ス ク フ ラ グ こ の カ ラ ム に は タ ス ク の 現 在 の ス ケ ジ ュ ー リ ン グ フ ラ グ が 0 を 省 略 し た 16 進 数 で 表 示 さ れ る 。 こ れ ら の フ ラ グ は 公 式 に は <linux/sched.h> に 書 か れ て い る 。 公 式 な も の で は な い が 、 「 フ ィ ー ル ド 選 択 」 ス ク リ ー ン と 「 フ ィ ー ル ド 順 序 指 定 」 ス ク リ ー ン に も 説 明 が あ る 。

2b. カ ラ ム の 選 択 と 順 序 指 定 対 話 的 コ マ ン ド ’f’ (フ ィ ー ル ド 選 択 ) ま た は ´o’ (フ ィ ー ル ド 順 序 指 定 ) を 入 力 す る と 、 現 在 の フ ィ ー ル ド 文 字 列 と そ の 説 明 が 記 述 さ れ た ス ク リ ー ン が 表 示 さ れ る 。 以 下 は 、 top の 4 つ の ウ ィ ン ド ウ ・ フ ィ ー ル ド グ ル ー プ の う ち の 1 つ の サ ン プ ル の フ ィ ー ル ド 文 字 列 と 、 使 用 さ れ る 代 表 的 な フ ィ ー ル ド の 説 明 で あ る 。

- サ ン プ ル の フ ィ ー ル ド 文 字 列 :

ANOPQRSTUVXbcdefgjlmyzWHIK

- 表 示 さ れ る フ ィ ー ル ド の 順 番 は 、 文 字 列 中 の 文 字 の 順 番 に 対 応 す る 。

- 文 字 が 大 文 字 の 場 合 、

(ス ク リ ー ン 幅 が 許 す な ら ば ) そ の フ ィ ー ル ド 自 身 が タ ス ク 表 示 の 一 部 と し て 表 示 さ れ る 。 こ れ は 以 下 の 抜 粋 の よ う に 、 先 頭 の ア ス タ リ ス ク (’*’)で も 示 さ れ る :

...
* K: %CPU = CPU usage

l: TIME = CPU Time
m: TIME+ = CPU Time, hundredths
* N: %MEM = Memory usage (RES)
* O: VIRT = Virtual Image (kb)

... フ ィ ー ル ド 選 択 ス ク リ ー ン  

−−  対 話 的 コ マ ン ド ’f’ 対 応 す る 文 字 を 入 力 す る こ と で 表 示ト グ ル で き る 。 フ ィ ー ル ド 順 序 指 定 ス ク リ ー ン  
−− 
対 話 的 コ マ ン ド ’o’ 対 応 す る 大 文 字 を 入 力 す る こ と で フ ィ ー ル ド を 移 動 で き る 。 ま た 小 文 字 を 入 力 す る こ と で 移 動 で き る 。

3. 対 話 的 コ マ ン ド

以 下 に 挙 げ た も の は 、 コ マ ン ド を カ テ ゴ リ 分 け し た 簡 単 な 索 引 で あ る 。 い く つ か の コ マ ン ド は 1 回 以 上 書 か れ て い る  −−  こ れ は コ マ ン ド の 意 味 や ス コ ー プ が 、 そ の コ マ ン ド が 発 行 さ れ た 状 況 に 依 存 す る た め で あ る 。

3a. グ ロ ー バ ル な コ マ ン ド
<Ret/Sp> ?, =, A, B, d, G, h, I, k, q, r, s, W, Z
3b. サ マ リ ー エ リ ア の コ マ ン ド
l, m, t, 1
3c. タ ス ク エ リ ア の コ マ ン ド 外 観 : b, x, y, z 内 容 : c, f, o, S, u サ イ ズ : #, i, n ソ ー ト : <, >, F, O, R
3d. カ ラ ー マ ッ ピ ン グ
<Ret>, a, B, b, H, M, q, S, T, w, z, 0 - 7
4b. ウ ィ ン ド ウ の コ マ ン ド
-, _, =, +, A, a, G, g, w

3a. グ ロ ー バ ル な コ マ ン ド グ ロ ー バ ル な 対 話 的 コ マ ン ド は 常 に フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド と 別 形 式 の 表 示 モ ー ド で 使 用 可 能 で あ る 。 し か し 「 セ キ ュ ア モ ー ド 」 で 動 作 し て い る 場 合 に は 、 こ れ ら の 対 話 的 コ マ ン ド の い く つ か は 使 用 で き な く な る

top が セ キ ュ ア モ ー ド か 否 か を 前 も っ て 知 り た い 場 合 は 、 ヘ ル プ コ マ ン ド を 実 行 し 、 2 行 目 の シ ス テ ム サ マ リ ー を 見 る だ け で よ い 。   
<Enter> ま た は <Space> :表 示 の 再 描 画 こ れ ら の コ マ ン ド は 何 も 行 わ ず 、 単 に 無 視 さ れ る 。 し か し 、 こ れ ら の コ マ ン ド は top を 目 覚 め さ せ 、 (最 後 の 画 面 更 新 の ) 後 で 表 示 全 体 が 再 描 画 さ れ る 入 力 が 受 け 付 け ら れ て い た 場 合 は そ れ を 知 ら せ る 。 遅 延 間 隔 が 長 い と き に 現 在 の 状 態 を 知 り た い 場 合 は 、 こ れ ら の キ ー の い ず れ か を 使 う こ と 。   
´?´ ま た は ´h´ :ヘ ル プ

2 つ の ヘ ル プ レ ベ ル が 使 用 可 能 で あ る 。 1 つ 目 で は 全 て の 基 本 的 な 対 話 的 コ マ ン ド の メ モ を 表 示 す る 。 top が セ キ ュ ア な 場 合 、 こ の ス ク リ ー ン は 省 略 さ れ る 。 ヘ ル プ ス ク リ ー ン で ’h’ ま た は ’?’ を 入 力 す る と 、 別 形 式 の 表 示 モ ー ド の 対 話 的 コ マ ン ド の ヘ ル プ に 移 動 す る 。   

´=´ :タ ス ク 制 限 の 終 了 表 示 さ れ る タ ス ク の 制 限 を な く す 。 こ の コ マ ン ド は 有 効 に な っ て い る ’i’ (ア イ ド ル タ ス ク ) コ マ ン ド と ´n’ (最 大 タ ス ク 数 ) コ マ ン ド を 無 効 に す る 。 こ の コ マ ン ド は PID を 指 定 し た 監 視 の 「 終 了 」 も 行 う 。 PID を 指 定 し た 監 視 に つ い て の 議 論 は 、 コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン ’-p’ を 参 照 す る こ と 。 別 形 式 の 表 示 モ ー ド で 実 行 す る と 、 こ の コ マ ン ド は 少 し 広 い 意 味 を 持 つ 。   
´A´ :別 形 式 の 表 示 モ ー ド の ト グ ル こ の コ マ ン ド は フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド と 別 形 式 の 表 示 モ ー ド を 切 り 替 え る 。 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ と フ ィ ー ル ド グ ル ー プ に つ い て 知 る に は 、 4. 別 形 式 の 表 示 モ ー ド と 対 話 的 コ マ ン ド ’G’ の 話 題 を 参 照 す る こ と 。   
´B´ :太 字 の 有 効 / 無 効 の ト グ ル こ の コ マ ン ド は terminfo の 「 太 字 」 機 能 を 使 用 す る か 否 か に 影 響 し 、 サ マ リ ー エ リ ア と タ ス ク エ リ ア の 両 方 の 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ を 変 更 す る 。 こ の コ マ ン ド は 本 来 は ダ ム 端 末 で の 使 用 を 意 図 し た も の で あ る が 、 い つ で も 適 用 で き る 。 注 意 : こ の ト グ ル が On で top が モ ノ ク ロ モ ー ド で 動 作 し て い る 場 合 、 表 示 全 体 が 通 常 の テ キ ス ト に な る 。 よ っ て 、 ’x’ と ’y’ (ま た は そ の 一 方 ) の ト グ ル を 使 っ て 、 強 調 の た め に 表 示 状 態 を 逆 に し な い 限 り 、 こ れ ら の ト グ ル が On に な っ て い て も 、 表 示 上 は 確 認 で き な い 。
* ´d´ ま た は ´s´ :遅 延 時 間 間 隔 の 変 更 秒 単 位 の 遅 延 時 間 (表 示 を 更 新 す る 間 隔 ) を 入 力 す る た め の プ ロ ン プ ト が 表 示 さ れ る 。 小 数 以 下 の 秒 も 受 け 付 け る が 、 負 の 数 は 許 さ れ な い 。 0 を 入 力 す る と (ほ ぼ ) 連 続 で 更 新 さ れ 、 シ ス テ ム と 端 末 ド ラ イ バ が top の 要 求 に 遅 れ な い よ う す る の で 、 不 満 足 な 表 示 に な っ て し ま う 。 シ ス テ ム の 負 荷 は 遅 延 の 値 に 反 比 例 す る の で 、 気 を つ け て 設 定 す る こ と 。 現 在 の 遅 延 時 間 を 知 り た い 場 合 は 、 好 き な と き に 単 に ヘ ル プ コ マ ン ド を 実 行 し て 、 シ ス テ ム サ マ リ ー の 2 行 目 を 見 れ ば よ い 。   
´G´ :別 ウ ィ ン ド ウ /フ ィ ー ル ド グ ル ー プ の 選 択

1 か ら 4 ま で の 数 字 を 入 力 す る た め の プ ロ ン プ ト が 表 示 さ れ る 。 こ の 数 字 は 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ に 設 定 す る ウ ィ ン ド ウ /フ ィ ー ル ド グ ル ー プ を 示 す 。 特 に 別 形 式 の 表 示 モ ー ド を 試 し て み る と 、 す ぐ に こ れ ら の 4 つ の ウ ィ ン ド ウ の 満 足 度 が 増 す だ ろ う 。   

´I´ :Irix/Solaris モ ー ド の ト グ ル 「 Solaris モ ー ド 」 (’I’ ト グ ル の Off) で 動 作 し て い る 場 合 、 タ ス ク の cpu 使 用 率 は CPU の 個 数 で 割 り 算 さ れ る 。 こ の コ マ ン ド を 実 行 す る と 、 こ の ト グ ル の 新 し い 状 態 が 表 示 さ れ る 。   
´u´ :ユ ー ザ ー の 選 択

UID ま た は ユ ー ザ ー 名 を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 る 。 選 択 さ れ た ユ ー ザ ー に 属 す る プ ロ セ ス の み が 表 示 さ れ る 。 こ の オ プ シ ョ ン は 実 効 UID に マ ッ チ す る 。   

´U´ :ユ ー ザ ー の 選 択

UID ま た は ユ ー ザ ー 名 を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 る 。 選 択 さ れ た ユ ー ザ ー に 属 す る プ ロ セ ス の み が 表 示 さ れ る 。 こ の オ プ シ ョ ン は 実 ・ 実 効 ・ 保 存 ・ フ ァ イ ル シ ス テ ム UID に マ ッ チ す る 。

* ´k´ :タ ス ク の kill 最 初 に PID を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 さ れ 、 そ の 後 、 送 信 す る シ グ ナ ル を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 さ れ る 。 プ ロ ン プ ト か ら 反 映 さ れ る デ フ ォ ル ト の シ グ ナ ル は SIGTERM で あ る 。 し か し 、 数 値 ま た は 名 前 を 指 定 し て 任 意 の シ グ ナ ル を 送 る こ と が で き る 。

kill を 行 う 手 順 か ら 抜 け た い 場 合 は 、 ど こ ま で 進 ん だ か に よ っ て 、 以 下 の 何 れ か を 行 え ば よ い :
1) pid プ ロ ン プ ト で は 、 単 に <Enter> を 押 す 。
2) シ グ ナ ル プ ロ ン プ ト で は 、 0 を 入 力 す る 。   

´q´ :終 了
* ´r´ :タ ス ク の renice 最 初 に PID を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 さ れ 、 そ の 後 、 そ の プ ロ セ ス に 設 定 す る nice の 値 を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 さ れ る 。 正 の 値 を 入 力 す る と 、 プ ロ セ ス の 優 先 度 は 低 く な る 。 逆 に 負 の 値 を 入 力 す る と 、 そ の プ ロ セ ス は カ ー ネ ル か ら 現 在 よ り 有 利 に 扱 わ れ る 。   
´W´ :設 定 フ ァ イ ル の 書 き 出 し オ プ シ ョ ン ・ ト グ ル ・ 現 在 の デ ィ ス プ レ イ モ ー ド ・ 遅 延 時 間 の 全 て を 保 存 す る 。 top を 終 了 す る 直 前 に こ の コ マ ン ド を 発 行 す る と 、 全 く 同 じ 状 態 で 後 か ら 再 起 動 で き る 。   
´Z´ :カ ラ ー マ ッ ピ ン グ の 変 更 こ の キ ー を 入 力 す る と 、 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ ま た は 全 て の ウ ィ ン ド ウ の 色 を 変 更 す る 別 の ス ク リ ー ン に 移 る 。 こ の 対 話 的 コ マ ン ド に つ い て の 詳 細 は 、 3d. カ ラ ー マ ッ ピ ン グ の 話 題 を 参 照 す る こ と 。

* ア ス タ リ ス ク

(’*’) が 付 い た コ マ ン ド は 「 セ キ ュ ア モ ー ド 」 で は 使 用

で き な い 。 ま た 、 こ れ ら の コ マ ン ド は レ ベ ル 1 の ヘ ル プ ス ク リ ー ン に 表 示 さ れ な い 。

3b. サ マ リ ー エ リ ア に お け る コ マ ン ド サ マ リ ー エ リ ア の 対 話 的 コ マ ン ド は フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド と 別 形 式 の 表 示 モ ー ド の 両 方 に お い て 常 に 利 用 可 能 で あ る 。 こ れ ら は 表 示 の 先 頭 行 に 影 響 し 、 メ ッ セ ー ジ と プ ロ ン プ ト の 位 置 を 決 定 す る 。 こ れ ら の コ マ ン ド は 常 に 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ /フ ィ ー ル ド グ ル ー プ に だ け 影 響 を 与 え る 。 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ と フ ィ ー ル ド グ ル ー プ に つ い て の 洞 察 は 、 4. 別 形 式 の 表 示 モ ー ド と 対 話 的 コ マ ン ド ’G’ の 話 題 を 参 照 す る こ と 。   
´l´ :負 荷 平 均 /uptime の ト グ ル  −−  On/Off フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド で 動 作 し て い る 場 合 は 、 プ ロ グ ラ ム 名 (エ イ リ ア ス の 可 能 性 も あ る ) の 行 も 含 ま れ る 。 ま た 別 形 式 の 表 示 モ ー ド で 動 作 し て い る 場 合 は 、 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ 名 も 含 ま れ る 。   
´m´ :メ モ リ /ス ワ ッ プ 利 用 量 の ト グ ル  −−  On/Off こ の コ マ ン ド は サ マ リ ー エ リ ア の 2 行 に 影 響 す る 。   
´t´ :タ ス ク /CPU 状 態 の ト グ ル  −−  On/Off こ の コ マ ン ド は 、 ’1’ ト グ ル の 状 態 と top が 本 当 の SMP で 動 作 し て い る か 否 か に よ っ て 、 サ マ リ ー エ リ ア の 2 行 以 上 に 影 響 す る 。   
´1´ :1 つ に 纏 め た CPU 状 態 /個 々 の CPU 状 態 の ト グ ル  −−  On/Off こ の コ マ ン ド は ’t’ コ マ ン ド で CPU 状 態 の 部 分 を ど の よ う に 表 示 す る か に 影 響 す る 。 こ の コ マ ン ド は 元 々 は 大 規 模 並 列 な SMP マ シ ン で 使 用 す る た め に あ る が 、 SMP 環 境 に の み 限 定 さ れ る わ け で は な い 。 サ マ リ ー エ リ ア で ’Cpu(s):’ と 表 示 さ れ て い る 場 合 、 ’1’ ト グ ル は On で あ り 、 全 て の cpu 情 報 が 1 行 に 集 計 さ れ る 。 そ う で な い の 場 合 、 各 cpu は ’Cpu0, Cpu1, ...’ の よ う に 分 け て 表 示 さ れ る 。 注 意 : ど の ウ ィ ン ド ウ に お い て も サ マ リ ー エ リ ア 全 体 の ト グ ル が Off の 場 合 は 、 メ ッ セ ー ジ 行 の み が 残 さ れ る 。 こ の よ う に し て 、 フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド に お け る プ ロ グ ラ ム 名 ま た は 別 形 式 の 表 示 モ ー ド に お け る 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ 名 を (一 時 的 に ) 犠 牲 に し て 、 利 用 可 能 な タ ス ク 行 を 最 大 化 で き る 。

3c. タ ス ク エ リ ア に お け る コ マ ン ド タ ス ク エ リ ア の 対 話 的 コ マ ン ド は フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド に お い て 常 に 利 用 可 能 で あ る 。 タ ス ク エ リ ア の 対 話 的 コ マ ン ド は 、 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ の タ ス ク 表 示 が Off に な っ て い る 場 合 (4. 別 形 式 の 表 示 モ ー ド の 話 題 を 参 照 す る こ と ) は 、 別 形 式 の 表 示 モ ー ド で は 全 く 利 用 で き な い 。 タ ス ク ウ ィ ン ド ウ の 外 観 以 下 の コ マ ン ド も グ ロ ー バ ル な ’B’ (太 字 の 無 効 ) ト グ ル の 状 態 に 影 響 を 受 け る 。   
´b´ :太 字 /反 転 の ト グ ル こ の コ マ ン ド は ’x’ と ’y’ ト グ ル が ど の よ う に 表 示 さ れ る か に 影 響 す る 。 さ ら に こ の コ マ ン ド は こ れ ら の ト グ ル の う ち 少 な く と も 1 つ が On に な っ て い る 時 に の み 利 用 可 能 で あ る 。   
´x´ :カ ラ ム の ハ イ ラ イ ト の ト グ ル 現 在 の ソ ー ト フ ィ ー ル ド の ハ イ ラ イ ト を 変 更 す る 。 ソ ー ト フ ィ ー ル ド を 常 に 視 覚 的 に 知 ら せ る 必 要 は た ぶ ん な い 。 ま た パ ス が 長 く な っ て し ま う の で 、 ユ ー ザ ー は 常 に 「 カ ラ ム の ハ イ ラ イ ト 」 を Off に し て 実 行 す る だ ろ う と top は 仮 定 し て い る 。 ど の フ ィ ー ル ド で ソ ー ト さ れ て い る か を 忘 れ て し ま っ た 場 合 、 こ の コ マ ン ド は す ぐ に 視 覚 的 に 知 ら せ て く れ る 。   
´y´ :行 の ハ イ ラ イ ト の ト グ ル 「 実 行 中 」 の タ ス ク の ハ イ ラ イ ト を 変 更 す る 。 こ の タ ス ク 状 態 に つ い て の 更 な る 考 察 は 、 2a. フ ィ ー ル ド と プ ロ セ ス 状 態 の 説 明 の 話 題 を 参 照 す る こ と 。 こ の 機 能 は シ ス テ ム の 健 康 状 態 を み る た め の 重 要 な 情 報 を 提 供 す る 。 こ の コ マ ン ド の コ ス ト は 、 端 末 の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス す る だ け で 、 わ ず か な も の で あ る 。   
´z´ :カ ラ ー /モ ノ ク ロ の ト グ ル 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ の 色 を 、 最 も 最 近 使 わ れ た カ ラ ー 形 式 と 、 白 地 に 黒 ま た は 黒 地 に 白 と い う 古 く か ら の 形 式 で 切 り 替 え る 。 こ の コ マ ン ド は サ マ リ ー エ リ ア と タ ス ク エ リ ア の 両 方 を 変 更 す る が 、 ´x’, ’y’, ’b’ ト グ ル の 状 態 に は 影 響 し な い 。 タ ス ク ウ ィ ン ド ウ の 内 容   
´c´ :コ マ ン ド ラ イ ン /プ ロ グ ラ ム 名 の ト グ ル こ の コ マ ン ド は 「 コ マ ン ド 」 カ ラ ム が 現 在 表 示 さ れ て い る か 否 か に よ ら ず 、 受 け 付 け ら れ る 。 後 で コ マ ン ド フ ィ ー ル ド が 表 示 に 含 ま れ る よ う に な る と 、 ユ ー ザ ー が 適 用 し た 変 更 は す ぐ に 反 映 さ れ る 。   
´f´ と ´o´ :フ ィ ー ル ド 選 択 ま た は 順 序 指 定 こ れ ら の キ ー を 押 す と 、 別 の ス ク リ ー ン が 表 示 さ れ る 。 こ の ス ク リ ー ン で は 、 ど の フ ィ ー ル ド を 表 示 す る か と フ ィ ー ル ド の 順 序 が 変 更 で き る 。 こ れ ら の 対 話 的 コ マ ン ド に つ い て の 更 な る 情 報 は 、 2b. カ ラ ム の 選 択 と 順 序 指 定 の 話 題 を 参 照 す る こ と 。   
´S´ :累 積 時 間 モ ー ド の ト グ ル 「 累 積 モ ー ド 」 が On の 場 合 、 各 プ ロ セ ス は そ の プ ロ セ ス 自 身 と そ の プ ロ セ ス の 死 ん だ 子 プ ロ セ ス の cpu 時 間 と と も に リ ス ト さ れ る 。

Off の 場 合 、 多 く の 別 々 の タ ス ク に フ ォ ー ク す る プ ロ グ ラ ム は 、 現 れ づ ら い ´init’ や シ ェ ル の よ う な プ ロ グ ラ ム は 表 示 さ れ る が 、 そ の 他 の コ ン パ イ ラ な ど は た ぶ ん 表 示 さ れ な い 。 ソ ー ト フ ィ ー ル ド が 等 し く ’S’ の 状 態 が 異 な る 2 つ の タ ス ク ウ ィ ン ド ウ を 試 し て 、 ど ち ら の 表 示 法 が よ い か 見 て 欲 し い 。 こ の コ マ ン ド を 発 行 す る と 、 こ の ト グ ル の 新 し い 状 態 が 表 示 さ れ る 。 「 累 積 モ ー ド 」 が 有 効 に な っ て い る か を 前 も っ て 知 り た い 場 合 は 、 単 に ヘ ル プ を 実 行 し て 、 ウ ィ ン ド ウ サ マ リ ー の 2 行 目 を 見 れ ば よ い 。   

´u´ :指 定 さ れ た ユ ー ザ ー の み の 表 示 表 示 す る ユ ー ザ ー の 名 前 を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 さ れ る 。 そ れ 以 降 は 、 タ ス ク ウ ィ ン ド ウ に は マ ッ チ す る ユ ー ザ ー ID の み が 表 示 さ れ る 。 タ ス ク が 何 も 表 示 さ れ な く な る 場 合 も あ る 。 後 に な っ て 全 て の タ ス ク を 再 び 監 視 し た く な っ た 場 合 は 、 こ の コ マ ン ド を 再 度 発 行 す れ ば よ い 。 た だ し 、 プ ロ ン プ ト に 名 前 は 入 力 せ ず 、 単 に <Enter> を 押 す 。 タ ス ク ウ ィ ン ド ウ の サ イ ズ   
´i´ :ア イ ド ル プ ロ セ ス の ト グ ル 全 て の タ ス ク ま た は ア ク テ ィ ブ な タ ス ク の み を 表 示 す る 。 こ の ト グ ル が Off の 場 合 、 ア イ ド ル プ ロ セ ス ま た は ゾ ン ビ プ ロ セ ス は 表 示 さ れ な い 。 別 形 式 の 表 示 モ ー ド に お い て 最 後 の タ ス ク 表 示 に 対 し て こ の コ マ ン ド が 適 用 さ れ て も 、 そ れ よ り 前 の 全 て の タ ス ク 表 示 は 既 に 表 示 さ れ て い る の で 、 ウ ィ ン ド ウ の サ イ ズ に は 影 響 し な い 。   
´n´ ま た は ´#´ :最 大 タ ス ク 数 の 設 定 表 示 す る タ ス ク 数 を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 さ れ る 。 ユ ー ザ ー が 指 定 し た 数 以 下 で 、 か つ 利 用 可 能 な ス ク リ ー ン の 行 数 が 使 用 さ れ る 。 別 形 式 の 表 示 モ ー ド に お い て 使 用 さ れ る と 、 こ の コ マ ン ド は 、 最 後 の タ ス ク 表 示 を 除 き 、 現 在 表 示 さ れ て い る 各 タ ス ク 表 示 の サ イ ズ を 正 確 に 制 御 で き る 。 そ れ よ り 前 の 全 て の タ ス ク 表 示 は 既 に 描 画 さ れ て い る の で 、 最 後 の ウ ィ ン ド ウ の サ イ ズ に は 影 響 し な い 。 注 意 : 別 形 式 の 表 示 モ ー ド に お い て 最 後 に 表 示 さ れ る タ ス ク 表 示 の サ イ ズ を 大 き く し た い 場 合 は 、 そ れ よ り 前 の タ ス ク 表 示 の サ イ ズ を 小 さ く す る こ と 。 タ ス ク ウ ィ ン ド ウ の ソ ー ト 互 換 性 の た め 、 こ の top は 以 前 の top で 使 わ れ て い た 多 く の ソ ー ト キ ー を サ ポ ー ト し て い る 。 元 来 こ れ は 以 前 の top の ユ ー ザ ー へ の サ ー ビ ス な の で 、 こ れ ら の コ マ ン ド は ヘ ル プ ス ク リ ー ン に は 現 れ な い 。 コ マ ン ド ソ ー ト フ ィ ー ル ド サ ポ ー ト

A 開 始 時 間 (非 表 示 ) No
M %MEM Yes
N PID Yes
P %CPU Yes
T TIME+ Yes 以 下 の ソ ー ト 機 能 を 使 う 前 に 、 対 話 的 コ マ ン ド ’x’ を 使 っ て カ ラ ム の ハ イ ラ イ ト を 一 時 的 に 有 効 に す る こ と を 奨 め る 。 こ れ は 実 際 の ソ ー ト 環 境 が ユ ー ザ ー の 意 図 に 合 っ て い る か を 確 認 す る 助 け に な る 。 現 在 の ソ ー ト フ ィ ー ル ド が 表 示 さ れ て い る 場 合 に の み 、 以 下 の 対 話 的 コ マ ン ド を 受 け 付 け る 。 ソ ー ト フ ィ ー ル ド は 次 の 理 由 に よ り 表 示 さ れ て い な い か も し れ な い :
1) ス ク リ ー ン 幅 が 足 り な い 。
2) 対 話 的 コ マ ン ド ’f’ が Off で あ る 。   

´<´ :ソ ー ト フ ィ ー ル ド を 左 へ 移 動 ソ ー ト フ ィ ー ル ド が 表 示 さ れ て い る 最 初 の フ ィ ー ル ド で な い 限 り 、 ソ ー ト カ ラ ム を 左 へ 移 動 す る 。   
´>´ :ソ ー ト フ ィ ー ル ド を 右 へ 移 動 ソ ー ト フ ィ ー ル ド が 表 示 さ れ て い る 最 後 の フ ィ ー ル ド で な い 限 り 、 ソ ー ト カ ラ ム を 右 へ 移 動 す る 。 現 在 の ソ ー ト フ ィ ー ル ド が 表 示 さ れ て い る か 否 か に 関 わ ら ず 、 以 下 の 対 話 的 コ マ ン ド は 常 に 受 け 付 け る 。   
´F´ ま た は ´O´ :ソ ー ト フ ィ ー ル ド の 選 択 こ れ ら の キ ー は 別 の ス ク リ ー ン を 表 示 さ せ る 。 こ の ス ク リ ー ン で は 、 ど の フ ィ ー ル ド を ソ ー ト カ ラ ム と す る か を 変 更 で き る 。 以 前 に は 表 示 さ れ て い な か っ た フ ィ ー ル ド が 選 択 さ れ た 場 合 、 そ の フ ィ ー ル ド は top の 表 示 に 戻 る と き に 強 制 的 に On に さ れ る 。 し か し 、 ス ク リ ー ン 幅 と 選 択 し た フ ィ ー ル ド の 順 序 に よ っ て は 、 ソ ー ト フ ィ ー ル ド は 表 示 さ れ な い か も し れ な い 。 こ の 対 話 的 コ マ ン ド は 、 カ ラ ム の ハ イ ラ イ ト を Offに し て top を 実 行 し て い る と き に 、 現 在 の ソ ー ト フ ィ ー ル ド を と て も 簡 単 に 確 認 で き る 便 利 な 方 法 で あ る 。   
´R´ :ソ ー ト フ ィ ー ル ド の 逆 順 /正 順 の ト グ ル こ の 対 話 的 コ マ ン ド を 使 う と 、 「 高 い 方 か ら 低 い 方 」 と 「 低 い 方 か ら 高 い 方 」 を 切 り 替 え る こ と が で き る 。 注 意 : フ ィ ー ル ド の ソ ー ト に は 、 カ ラ ム に 表 示 さ れ て い る 値 で は な く 、 内 部 的 な 値 を 使 っ て い る 。 よ っ て 、 TTY と WCHAN フ ィ ー ル ド は 厳 密 な ASCII 照 合 順 序 (collating sequence) に は 違 反 す る か も し れ な い 。

3d. カ ラ ー マ ッ ピ ン グ 対 話 的 コ マ ン ド ’Z’ を 発 行 す る と 、 別 の ス ク リ ー ン が 表 示 さ れ る 。 こ の ス ク リ ー ン で は 、 top の 表 示 に 戻 る 前 に 、 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ の み ま た は 4 つ の ウ ィ ン ド ウ 全 て の 色 を 変 更 で き る 。 利 用 可 能 な 対 話 的 コ マ ン ド
4
つ の 大 文 字 で 対 象 を 選 択 す る 。
8
つ の 数 字 で を 選 択 す る 。 通 常 の ト グ ル が 利 用 可 能 で あ る
’B’ :太 字 の 無 効 /有 効
’b’ :実 行 中 の タ ス ク を 「 太 字 」 /反 転
’z’ :カ ラ ー /モ ノ ク ロ そ の 他 の コ マ ン ド も 利 用 可 能 で あ る
’a’/’w’ :適 用 し 、 次 / 前 へ 行 く 。
<Enter> :適 用 し 、 終 了 す る 。
’q’ :現 在 の 変 更 を 破 棄 し 、 終 了 す る 。

´a’ ま た は ’w’ を 使 っ て 対 象 と な る ウ ィ ン ド ウ を 順 番 に 選 択 し 、 そ の ウ ィ ン ド ウ を 抜 け る と き に 表 示 さ れ て い る カ ラ ー 形 式 を 適 用 で き る 。 も ち ろ ん 、 任 意 の ウ ィ ン ド ウ に 戻 っ て 別 な 色 を 再 適 用 し た り 、 ´z’ ト グ ル で 色 を 完 全 に Off に す る こ と も 簡 単 に で き る 。 カ ラ ー マ ッ ピ ン グ ス ク リ ー ン は 、 フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド ま た は 別 形 式 の 表 示 モ ー ド に お け る 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ /フ ィ ー ル ド グ ル ー プ を 変 更 す る の に も 使 え る 。 ´q’ ま た は <Enter> が 押 さ れ た と き に 対 象 と さ れ て い た フ ィ ー ル ド は 、 top の 表 示 に 戻 っ た と き に カ レ ン ト フ ィ ー ル ド に さ れ る 。

4. 別 形 式 の 表 示 モ ー ド

4a. ウ ィ ン ド ウ の 概 要 フ ィ ー ル ド グ ル ー プ
/ウ ィ ン ド ウ
: フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド で は 、 ス ク リ ー ン 全 体 で 表 さ れ る 単 一 の ウ ィ ン ド ウ が あ る 。 こ の 単 一 の ウ ィ ン ド ウ は 、 4 つ の 異 な る フ ィ ー ル ド グ ル ー プ (以 下 で 繰 り 返 し 出 て く る 対 話 的 コ マ ン ド ’G’ を 参 照 す る こ と ) の う ち 1 つ の フ ィ ー ル ド グ ル ー プ の 表 示 に 変 更 す る こ と も で き る 。 4 つ の フ ィ ー ル ド グ ル ー プ の 各 々 に は 、 個 別 に 設 定 可 能 な サ マ リ ー エ リ ア と フ ィ ー ル ド グ ル ー プ 毎 の タ ス ク エ リ ア が あ る 。 別 形 式 の 表 示 モ ー ド で は 、 こ れ ら 4 つ の フ ィ ー ル ド グ ル ー プ は 同 時 に 表 示 す る こ と も で き る し 、 コ マ ン ド で 個 別 に Off に す る こ と も で き る 。 サ マ リ ー エ リ ア は 、 た と え そ の メ ッ セ ー ジ 行 だ け で あ っ て も 、 常 に 存 在 す る 。 ど の 時 点 で も 1 つ の サ マ リ ー エ リ ア だ け を 表 示 す る こ と が で き る 。 し か し 、 コ マ ン ド に よ っ て は 、 0 か ら 4 個 ま で の 別 々 の タ ス ク 表 示 が ス ク リ ー ン に 表 示 さ れ て い る か も し れ な い 。 カ レ ン ト ウ ィ ン ド ウ : 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ と は 、 サ マ リ ー エ リ ア に 関 連 づ け ら れ た ウ ィ ン ド ウ と 、 タ ス ク に 関 連 す る コ マ ン ド が 常 に 送 ら れ る ウ ィ ン ド ウ で あ る 。 別 形 式 の 表 示 モ ー ド で は 、 タ ス ク 表 示 の ト グ ル を Off で き る の で 、 い く つ か の コ マ ン ド は 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ で は 制 限 さ れ る か も し れ な い 。 サ マ リ ー エ リ ア の 先 頭 行 の ト グ ル を Off に す る と 、 更 に 複 雑 に な る 。 ウ ィ ン ド ウ 名 (’l’ で ト グ ル さ れ る 行 ) が な い と 、 ど の ウ ィ ン ド ウ が 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ な の か 簡 単 に 分 か ら な く な る 。

4b. ウ ィ ン ド ウ に お け る コ マ ン ド   
´-´ と ´_´ :ウ ィ ン ド ウ の 表 示 /非 表 示 の ト グ ル

´-’ キ ー は 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ の タ ス ク 表 示 を On ま た は Off に す る 。 On の 場 合 、 こ の タ ス ク エ リ ア は ’f’ と ’o’ コ マ ン ド で 確 定 し た 最 小 限 の カ ラ ム ヘ ッ ダ し か 表 示 し な い 。 ま た こ の タ ス ク エ リ ア は 、 ユ ー ザ ー が 0 個 以 上 の タ ス ク に 対 し て 適 用 し た 他 の タ ス ク エ リ ア の オ プ シ ョ ン /ト グ ル も 反 映 す る 。

´_’ キ ー は 同 じ こ と を 全 て の タ ス ク 表 示 に 対 し て 行 う 。 一 方 、 こ の キ ー は 現 在 表 示 さ れ て い る タ ス ク 表 示 と ユ ー ザ ー が ト グ ル を Off に し た タ ス ク 表 示 を 切 り 替 え る 。 4 つ の タ ス ク 表 示 が 現 在 全 て 表 示 さ れ て い る 場 合 、 こ の 対 話 的 コ マ ン ド は サ マ リ ー エ リ ア の み を 表 示 さ れ る 要 素 と し て 残 す 。

* ´=´ と ´+´ :ウ ィ ン ド ウ の 均 等 化 (バ ラ ン ス の 取 り 直 し )

´=’ キ ー は 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ の タ ス ク 表 示 を 表 示 さ せ る 。 こ の キ ー は 有 効 に な っ て い る ’i’ (ア イ ド ル タ ス ク ) と ´n’ (最 大 タ ス ク 数 ) コ マ ン ド を 無 効 に す る 。

´+’ キ ー は 同 じ こ と を 全 て の ウ ィ ン ド ウ に 対 し て 行 う 。 4 つ の タ ス ク 表 示 は 再 度 表 示 さ れ 、 均 等 に バ ラ ン ス が と ら れ る 。 タ ス ク 表 示 に は 、 ユ ー ザ ー が 以 前 に 適 用 し た カ ス タ マ イ ズ も 保 持 さ れ る 。 た だ し 、 ´i’ (ア イ ド ル タ ス ク ) と ’n’ (最 大 タ ス ク 数 ) コ マ ン ド は 除 く 。

* ´A´ :別 形 式 の 表 示 モ ー ド の ト グ ル こ の コ マ ン ド は フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド と 別 形 式 の 表 示 モ ー ド を 切 り 替 え る 。 こ の コ マ ン ド を 初 め て 発 行 す る と 、 4 つ の タ ス ク 表 示 が 全 て 表 示 さ れ る 。 そ の 後 、 モ ー ド を 切 り 替 え る と 、 表 示 対 象 と し て 選 ん だ タ ス ク 表 示 の み が 表 示 さ れ る 。
* ´a´ と ´w´ :次 の ウ ィ ン ド ウ を 前 方 /後 方 へ 進 め る こ れ ら の キ ー は 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ を 変 更 す る 。 コ マ ン ド が 送 ら れ る ウ ィ ン ド ウ を 順 番 に 変 更 す る 。 こ れ ら の キ ー は 巡 回 す る 形 式 で 動 作 す る の で 、 ど ち ら の キ ー を 使 っ て も 希 望 す る 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ へ 辿 り 着 け る 。 ウ イ ン ド ウ 名 が 表 示 さ れ て い る (’l’ の ト グ ル を Off に し て い な い ) 場 合 に 、 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ の 名 前 が 強 調 /色 付 き 表 示 さ れ て い な い と き は 、 タ ス ク 表 示 が Off で 多 く の コ マ ン ド が 制 限 さ れ て い る こ と を 知 ら せ て い る 。
* ´G´ :他 の ウ ィ ン ド ウ /フ ィ ー ル ド グ ル ー プ の 選 択

1 か ら 4 ま で 数 字 を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 さ れ る 。 こ の 数 字 は 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ に 設 定 す る ウ ィ ン ド ウ /フ ィ ー ル ド グ ル ー プ を 表 す 。 フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド で は 、 こ の コ マ ン ド は 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ を 変 更 す る の に 必 須 で あ る 。 別 形 式 の 表 示 モ ー ド で は 、 ’a’ と ’w’ コ マ ン ド に 比 べ て あ ま り 便 利 で は な い 、 単 な る 代 替 コ マ ン ド で あ る 。   

´g´ :ウ ィ ン ド ウ /フ ィ ー ル ド グ ル ー プ 名 の 変 更 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ に 適 用 す る 新 し い 名 前 を 入 力 す る プ ロ ン プ ト が 出 さ れ る 。 ウ ィ ン ド ウ 名 が 表 示 さ れ て い る (’l’ の ト グ ル が On に な っ て い る ) 必 要 は な い 。

* ア ス タ リ ス ク

(’*’)が 付 い た 対 話 的 コ マ ン ド は 、 別 形 式 の 表 示 モ ー ド

以 外 で も 使 わ れ る 。
´=’, ’A’, ’G’ 常 に 利 用 可 能 で あ る 。
´a’, ’w’ カ ラ ー マ ッ ピ ン グ の と き と 同 じ 動 作 を す る 。

5. フ ァ イ ル

5a. シ ス テ ム の 設 定 フ ァ イ ル こ の フ ァ イ ル が 存 在 す る と 、 ど の バ ー ジ ョ ン の 「 ヘ ル プ 」 ス ク リ ー ン が 通 常 の ユ ー ザ ー に 表 示 さ れ る か に 影 響 を 与 え る 。 よ り 重 要 な の は 、 top の 実 行 中 に 通 常 の ユ ー ザ ー に 許 可 さ れ る こ と を 、 こ の フ ァ イ ル で 制 限 で き る こ と で あ る 。 通 常 の ユ ー ザ ー は 以 下 の コ マ ン ド を 発 行 で き る 。
k タ ス ク を kill す る 。
r タ ス ク を renice す る 。
d ま た は s 遅 延 時 間 /ス リ ー プ の 間 隔 を 変 更 す る 。 シ ス テ ム の 設 定 フ ァ イ ル は topに よ っ て 作 成 さ れ な い 。 逆 に 、 ユ ー ザ ー が こ の フ ァ イ ル を 手 動 で 作 成 し 、 /etc デ ィ レ ク ト リ に 置 く 。 こ の フ ァ イ ル 名 は ’toprc’ で な け れ ば な ら ず 、 先 頭 に ’.’ (ピ リ オ ド ) が 付 い て は な ら な い 。 こ の フ ァ イ ル に は 2 行 だ け し か 書 か れ て い て は な ら な い 。 以 下 に /etc/toprc の 内 容 の 例 を 示 す :
s # 1 行 目 : 「 セ キ ュ ア 」 モ ー ド の ス イ ッ チ
5.0 # 2 行 目 : 「 遅 延 」 間 隔 (秒 単 位 )

5b. 個 人 の 設 定 フ ァ イ ル こ の フ ァ イ ル は ’$HOME/.top に 付 け た 名 前 ’ + ’rc’ と し て 書 き 出 さ れ る 。 対 話 的 コ マ ン ド ’W’ で 、 こ の フ ァ イ ル を 作 成 ま た は 更 新 で き る 。 以 下 に 一 般 的 な レ イ ア ウ ト を 示 す : グ ロ ー バ ル # 1 行 目 : プ ロ グ ラ ム 名 /エ イ リ ア ス 、 メ モ
" # 2 行 目 : id,altscr,irixps,delay,curwin ウ ィ ン ド ウ 毎 # 行 a : ウ ィ ン ド ウ 名 ,fieldscur
" # 行 b : winflags,sortindx,maxtasks
" # 行 c : summclr,msgsclr,headclr,taskclr 環 境 変 数 $HOME が 存 在 し な い 場 合 、 top は 個 人 の 設 定 フ ァ イ ル を カ レ ン ト デ ィ レ ク ト リ に 書 き 込 も う と す る 。 た だ し カ レ ン ト デ ィ レ ク ト リ の 権 限 に 従 う 。

6. く だ ら な い ト リ ッ ク の サ ン プ ル

こ れ ら の 「 ト リ ッ ク 」 の 多 く は 、 ユ ー ザ ー が top の ス ケ ジ ュ ー リ ン グ を 向 上 さ せ た 場 合 に 、 最 も う ま く 動 作 す る 。 こ こ で は top を nice 値 -10 で 開 始 す る た め 、 ユ ー ザ ー が 権 限 を 持 っ て い る と 仮 定 し て い る 。

6a. カ ー ネ ル の マ ジ ッ ク こ れ ら の く だ ら な い ト リ ッ ク で は 、 top が フ ル ス ク リ ー ン モ ー ド に な っ て い る 必 要 が あ る 。

-*- ユ ー ザ ー イ ン タ フ ェ ー ス

(プ ロ ン プ ト か ら ヘ ル プ ま で ) で は 、 意 図

的 に 遅 延 間 隔 が 1/10 秒 ま で に 制 限 さ れ て い る 。 し か し ユ ー ザ ー は 希 望 す る 遅 延 時 間 を 自 由 に 設 定 で き る 。 Linux が top に 対 し て 最 も 良 い ス ケ ジ ュ ー リ ン グ を 行 う の を 見 た い な ら 、 遅 延 時 間 を 0.09 秒 以 下 に す れ ば よ い 。 こ の 実 験 で は 、 X Window System で xterm を オ ー プ ン し て 最 大 化 す る 。 そ の 後 、 以 下 を 実 行 す る :
. ス ケ ジ ュ ー リ ン グ を 向 上 さ せ 、 遅 延 時 間 を 短 く す る :
nice -n -10 top -d.09
. ソ ー ト さ れ る カ ラ ム の ハ イ ラ イ ト を Off に し 、 パ ス の 長 さ を 最 小 化 す る 。
. 行 の 反 転 に よ る ハ イ ラ イ ト を On に し て 、 強 調 す る 。
. い ろ い ろ な ソ ー ト カ ラ ム (TIME/MEM が う ま く 動 作 す る ) と 正 順 ・ 逆 順 の ソ ー ト を 試 し 、 最 も ア ク テ ィ ブ な プ ロ セ ス が ビ ュ ー に 入 る よ う に す る 。

Linux が ユ ー ザ ー の た め に 常 に 動 作 し 、 と て も 忙 し く し て い る の が 分 か る だ ろ う 。 し か し こ れ を 説 明 で き る プ ロ グ ラ ム は な か っ た 。

-*-

xterm で 「 黒 地 に 白 」 を 使 い 、 top の タ ス ク の 色 を 黒 に 設 定 し 、 タ ス ク の ハ イ ラ イ ト を 反 転 で な く 太 字 に な っ て い る こ と を 確 認 し て 欲 し い 。 そ し て 遅 延 間 隔 を 0.3 秒 程 度 に 設 定 す る 。 最 も ア ク テ ィ ブ な プ ロ セ ス が ビ ュ ー に 入 っ た 後 で 、 現 在 実 行 中 の タ ス ク が ゴ ー ス ト の よ う な イ メ ー ジ と し て 見 え る だ ろ う 。

-*-

既 存 の リ ソ ー ス フ ァ イ ル を 削 除 す る か 、 新 し い シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク を 作 成 す る 。 こ の 新 し い バ ー ジ ョ ン を 起 動 し 、 ’T’ (隠 し キ ー 3c. タ ス ク エ リ ア コ マ ン ド 、 ソ ー ト の 話 題 を 参 照 す る こ と ) を 入 力 し 、 続 い て ’W’ と ’q’ を 入 力 す る 。 最 後 に 、 プ ロ グ ラ ム を -d0 (遅 延 時 間 0) で 再 度 起 動 す る 。 こ の 表 示 は 前 の top よ り 3 倍 の 割 合 で 更 新 さ れ 、 300% ス ピ ー ド ア ッ プ す る 。 top は TIME で 上 位 に 上 が っ て く る の で 、 top が 最 上 位 に 到 達 す る の に 投 資 し て い る 間 は 、 忍 耐 強 く 待 っ て 欲 し い 。

6b. バ ウ ン ド す る ウ ィ ン ド ウ こ れ ら の く だ ら な い ト リ ッ ク で は 、 top が 別 形 式 の 表 示 モ ー ド に な っ て い る 必 要 が あ る 。

-*-

3 個 ま た は 4 個 の タ ス ク 表 示 で 表 示 さ れ て い る と き に 、 最 後 の ウ ィ ン ド ウ 以 外 を 選 択 し 、 ア イ ド ル プ ロ セ ス を Off に す る 。 ´i’ を 適 用 し て い る か に よ っ て 、 い く つ か の タ ス ク 表 示 が と き ど き バ ウ ン ド し 、 ア コ ー デ ィ オ ン の よ う に な る 。 こ れ は top が ス ペ ー ス を 確 保 す る の に 最 善 を 尽 く し て い る た め で あ る 。

-*-

各 ウ ィ ン ド ウ の サ マ リ ー 行 を 別 々 に 設 定 す る : メ モ リ 使 用 量 の 表 示 な し ・ 状 態 表 示 な し ・ 何 も 表 示 し な い ・ メ ッ セ ー ジ 行 の み 。 そ し て ’a’ ま た は ’w’ を 押 し 続 け る と 、 バ ウ ン ド す る ウ ィ ン ド ウ の 別 バ ー ジ ョ ン  −−  跳 ね 上 が る ウ イ ン ド ウ が 見 ら れ る 。
-*-

4 つ の ウ ィ ン ド ウ 全 て を 表 示 し 、 各 ウ ィ ン ド ウ で ア イ ド ル プ ロ セ ス の 表 示 を Off に す る 。 そ う す る と 「 非 常 に バ ウ ン ド す る 」 ゾ ー ン に 入 る だ ろ う 。

6c. 大 き な 雛 鳥 の よ う な ウ ィ ン ド ウ こ の く だ ら な い ト リ ッ ク で も 別 形 式 の 表 示 モ ー ド が 必 要 で あ る 。

-*-

4 つ の ウ ィ ン ド ウ 全 て を 表 示 し 、 1:Def が 「 カ レ ン ト 」 ウ ィ ン ド ウ に な っ て い る の を 確 認 す る 。 そ し て 他 の 全 て の タ ス ク 表 示 が 「 巣 か ら 押 し 出 さ れ る 」 ま で 、 ウ ィ ン ド ウ サ イ ズ を 大 き く し 続 け る 。 他 の ウ ィ ン ド ウ が す べ て 置 き 換 え ら れ た ら 、 全 て の 表 示 /非 表 示 ウ ィ ン ド ウ を ト グ ル す る 。 そ し て 以 下 の 言 葉 に つ い て 良 く 考 え て み よ う :

top は 嘘 を つ い て い る の か 、 ユ ー ザ ー が 強 要 し た 真 実 を 正 直 に 言 っ て い る の か ?

7. バ グ

バ グ 報 告 は 以 下 に 送 っ て 欲 し い :

Albert D. Cahalan, <albert [AT] users.net>

8. 以 前 の top の 履 歴

オ リ ジ ナ ル の top は 、 Branko Lankester <lankeste [AT] fwi.nl> の ps プ ロ グ ラ ム を 元 に し て Roger Binns が 書 い た 。

Robert Nation <nation [AT] rocket.com> は こ れ を proc フ ァ イ ル シ ス テ ム に 適 合 さ せ た 。

Helmut Geyer <Helmut.Geyer [AT] iwr.de> は 設 定 可 能 フ ィ ー ル ド の サ ポ ー ト を 追 加 し た 。 そ の 他 に も 多 く の 人 々 が 長 年 に 渡 っ て 貢 献 し て き た 。

9. 著 者

こ の 全 く 新 し く 拡 張 さ れ た top の 置 き 換 え 版 は

Jim / James C. Warner, <warnerjc [AT] worldnet.net> に よ っ て 書 か れ た 。 以 下 の 方 々 か ら は 、 計 り 知 れ な い 助 け を し て も ら っ た :
Albert D. Cahalan, <albert [AT] users.net>
Craig Small, <csmall [AT] small.au>

10. 関 連 項 目

free(1), ps(1), uptime(1), atop(1), slabtop(1), vmstat(8), w(1).

COMMENTS