Manpages

名 前

sysklogd − Linux シ ス テ ム ロ ギ ン グ ユ ー テ ィ リ テ ィ

書 式

syslogd [ −a socket ] [ −d ] [ −f config file ] [ −h ] [ −l hostlist ] [ −m interval ] [ −n ] [ −p socket ] [ −r ] [ −s domainlist ] [ −v ]

説 明

sysklogd は シ ス テ ム ロ ギ ン グ と カ ー ネ ル メ ッ セ ー ジ の 確 保 と い う 二 つ の 機 能 を 提 供 す る ユ ー テ ィ リ テ ィ で あ る 。 こ の ユ ー テ ィ リ テ ィ で は イ ン タ ー ネ ッ ト と UNIX ド メ イ ン の 両 方 の ソ ケ ッ ト が 利 用 可 能 な の で 、 ロ ー カ ル と リ モ ー ト の 両 方 で 記 録 可 能 で あ る 。 こ の シ ス テ ム の 記 録 を 提 供 す る syslogd(8) は BSD の ソ ー ス コ ー ド に 由 来 し て い る も の で あ る 。 カ ー ネ ル ロ ギ ン グ 機 能 は klogd(8) ユ ー テ ィ リ テ ィ に よ っ て 提 供 さ れ 、 ス タ ン ド ア ロ ン 形 式 、 syslogd ク ラ イ ア ン ト の ど ち ら の 形 式 で も 動 作 す る 。

syslogd は 最 近 の 多 く の プ ロ グ ラ ム に ロ ギ ン グ の 手 段 を 提 供 す る 。 記 録 さ れ る メ ッ セ ー ジ は 少 な く と も 時 間 の 情 報 と ホ ス ト 名 を 持 ち 、 通 常 は そ れ ら に 加 え て プ ロ グ ラ ム 名 の フ ィ ー ル ド も 持 っ て い る 。 し か し な が ら 記 録 さ れ る 内 容 の 信 頼 性 に つ い て は そ れ ぞ れ の プ ロ グ ラ ム に 依 存 す る 。

syslogd の ソ ー ス コ ー ド は 激 し く 変 更 さ れ な が ら も 二 つ の 特 徴 に つ い て は そ れ を 維 持 し つ づ け て い る 。 ま ず 第 一 に 、 そ の 基 本 と な る 、 一 般 的 な BSD ら し い 挙 動 へ の 追 随 を 保 証 す る こ と の 系 統 的 な 意 図 の 維 持 で あ る 。 第 二 の 重 要 な 特 徴 は 、 こ の 版 の syslogd が 標 準 ラ イ ブ ラ リ に 含 ま れ る syslog と 透 過 的 に 相 互 に 影 響 し あ っ て い る こ と で あ る 。 も し 標 準 の 共 有 ラ イ ブ ラ リ が リ ン ク さ れ た バ イ ナ リ コ ー ド が 正 常 に 機 能 し な い な ら ば 、 作 者 達 に そ の 異 様 な 挙 動 の 例 を 送 っ て 欲 し い 。 起 動 時 に そ の 主 設 定 フ ァ イ ル で あ る /etc/syslog.conf か ま た は 代 替 と し て −f オ プ シ ョ ン で あ た え ら れ る 名 前 の フ ァ イ ル が 読 み 込 ま れ る 。 そ の 各 行 の う ち 、 シ ャ ー プ 記 号 (’’#’’) で は じ ま る も の と 空 行 は 無 視 す る 。 そ の 行 の 解 析 に お い て エ ラ ー を 生 じ た 行 も ま た 無 視 す る 。

オ プ シ ョ ン

−a socket こ の 引 数 を 使 っ て 、 syslogd が listen す る 追 加 の ソ ケ ッ ト を 指 定 で き る 。 こ れ は デ ー モ ン を chroot() 環 境 で 動 作 さ せ よ う と す る 時 に 必 要 で あ る 。 追 加 の ソ ケ ッ ト は 19 個 ま で 指 定 で き る 。 も し も っ と 多 く の ソ ケ ッ ト が 必 要 な ら 、 syslogd.c フ ァ イ ル の MAXFUNIX シ ン ボ ル の 値 を 増 や す 必 要 が あ る 。 chroot() デ ー モ ン の 例 と し て は OpenBSD の 人 が 記 し た http://www.psionic.com/papers/dns.html が あ る 。

−d デ バ ッ グ モ ー ド を 有 効 に す る 。 こ の と き デ ー モ ン は 自 身 を バ ッ グ グ ラ ウ ン ド に 推 移 さ せ る た め の

fork(2) を 使 用 せ ず に フ ォ ア グ ラ ウ ン ド に 留 ま り 、 豊 富 な デ バ ッ グ 情 報 を 現 在 有 効 な tty へ 出 力 す る 。 こ の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の デ バ ッ ギ ン グ の 章 に 詳 細 な 解 説 が あ る の で 参 照 す る こ と 。
−f
config file 既 定 値 の /etc/syslog.conf フ ァ イ ル の 代 替 と し て 、 指 示 さ れ た 名 前 の フ ァ イ ル を 使 用 す る 。

−h

syslogd の 既 定 値 の 設 定 で は 、 リ モ ー ト の ホ ス ト か ら 受 信 し た メ ッ セ ー ジ を そ れ 以 上 転 送 す る こ と は な い 。 コ マ ン ド ラ イ ン か ら こ の ス イ ッ チ を 使 用 す る と デ ー モ ン は リ モ ー ト ホ ス ト か ら 受 信 し た メ ッ セ ー ジ を さ ら に 別 に 定 義 さ れ る ホ ス ト へ 転 送 す る 。

−l hostlist 記 録 す る ホ ス ト と し て 、 FQDN で は な く 単 純 に ホ ス ト 名 の み を 指 定 す る 。 コ ロ ン (’’:’’)を 区 切 り に 用 い て 複 数 の ホ ス ト を 指 定 す る こ と も で き る 。
−m
interval

syslogd に 定 期 的 に タ イ ム ス タ ン プ を 記 録 さ せ る 。 二 行 の -- MARK -- を 記 録 す る 間 隔 interval の 既 定 値 は 20 分 で あ り 、 こ の オ プ シ ョ ン で 変 更 可 能 で あ る 。 interval を 0 に す る と 、 -- MARK -- 行 を 全 く 出 力 し な い 。

syslogd

−n 自 動 的 な バ ッ ク グ ラ ウ ン ド へ の 移 行 を 抑 止 す る 。 こ れ は

init(8) に よ り 起 動 お よ び 制 御 さ れ る 場 合 に の み 必 要 で あ る 。

−p socket

/dev/log の 代 り に 指 定 し た UNIX ド メ イ ン ソ ケ ッ ト を 利 用 す る 。

−r こ の オ プ シ ョ ン で 、 ネ ッ ト ワ ー ク 上 で イ ン タ ー ネ ッ ト ド メ イ ン ソ ケ ッ ト に よ り

syslog サ ー ビ ス ( services(5) を 参 照 せ よ )を 使 用 し て メ ッ セ ー ジ を 受 信 す る 機 能 が 有 効 に な る 。 既 定 値 で は ネ ッ ト ワ ー ク か ら の い か な る メ ッ セ ー ジ も 受 信 し な い 。 こ の オ プ シ ョ ン は sysklogd パ ッ ケ ー ジ の version 1.3 で 導 入 さ れ た 。 既 定 値 の 挙 動 が よ り 以 前 の 版 の 挙 動 の 反 対 と な っ て い て (ネ ッ ト ワ ー ク 越 し に 受 信 す る に は )こ の オ プ シ ョ ン を 利 用 し な け れ ば な ら な い と い う 点 に ど う か 注 意 し て い た だ き た い 。
−s
domainlist 記 録 す る 際 に 剥 ぎ 取 る ド メ イ ン 名 を 指 定 す る 。 コ ロ ン (’’:’’)を 区 切 り に 用 い て 複 数 の ド メ イ ン を 指 定 す る こ と も で き る 。 ド メ イ ン の 一 部 で は な く 、 ド メ イ ン 全 体 を 指 定 す る こ と に 注 意 す る こ と 。 例 え ば 、 −s north.de と 指 定 し て 、 ロ グ を 記 録 す る ホ ス ト 名 が satu.infodrom.north.de だ っ た 場 合 、 ド メ イ ン は 剥 ぎ 取 ら れ な い 。 こ の よ う な 場 合 、 −s north.de:infodrom.north.de の よ う に 二 つ の ド メ イ ン を 指 定 し な け れ ば な ら な い 。

−v バ ー ジ ョ ン を 出 力 し 、 終 了 す る 。

シ グ ナ ル の 処 理

syslogd は シ グ ナ ル に 反 応 す る 。 syslogd に 簡 単 に シ グ ナ ル を 送 る に は 次 の よ う に 実 行 す れ ば よ い :

kill -SIGNAL ’cat /var/run/syslogd.pid’

SIGHUP こ の シ グ ナ ル は

syslogd に 再 初 期 化 を 指 示 す る 。 全 て の 開 い て い た

フ ァ イ ル を 閉 じ 、 設 定 フ ァ イ ル (既 定 値 で は 、 /etc/syslog.conf) を 再 度 読 み 込 ん で 、 syslog(3) の 機 能 を 再 び 有 効 に す る 。

SIGTERM

syslogd は 終 了 す る 。

SIGINT, SIGQUIT デ バ ッ グ モ ー ド が 有 効 で あ る 場 合 は 無 視 す る が 、 そ う で な け れ ば syslogd は 終 了 す る 。
SIGUSR1
デ バ ッ グ モ ー ド の オ ン /オ フ を 切 り 替 え る 。 こ の 動 作 は syslogd が そ の 起 動 時 に −d オ プ シ ョ ン が 指 示 さ れ て い る 場 合 に の み 有 効 。
SIGCHLD
メ ッ セ ー ジ の 一 斉 通 知 の た め に 、 子 プ ロ セ ス が あ れ ば そ の 終 了 を 待 つ 。

設 定 フ ァ イ ル 文 法 の 差 異 に つ い て

syslogd の 設 定 フ ァ イ ル 文 法 は オ リ ジ ナ ル の BSD の ソ ー ス コ ー ド と は 微 妙 に 差 異 が あ る 。 オ リ ジ ナ ル で は 、 指 示 さ れ た も の と そ れ 以 上 の 優 先 順 位 を も つ メ ッ セ ー ジ は 全 て ロ グ フ ァ イ ル に 記 録 さ れ る 。 た と え ば 、 下 記 の 例 は daemon facility を 使 用 す る 「 全 て (debug は 最 低 の 優 先 順 位 な の で 、 そ れ 以 上 の 全 て が 適 合 す る わ け で あ る )」 の デ ー モ ン か ら の 出 力 が /usr/adm/daemons に 記 録 さ れ る :

# syslog.conf の サ ン プ ル

daemon.debug

/usr/adm/daemons 新 し い 仕 組 み の も と で も こ の 記 述 は 全 く 同 じ 動 作 を も た ら す 。 ア ス タ リ ス ク(*)、 イ コ ー ル 記 号 (=)、 エ ク ス ク ラ メ ー シ ョ ン マ ー ク (!)、 マ イ ナ ス 記 号 (-)の 四 つ の 新 た な 記 述 子 が 追 加 さ れ た 相 異 点 で あ る 。

* を 指 定 す る と 、 指 示 し た facility に 関 す る の 全 て の メ ッ セ ー ジ を 一 つ に 集 め る こ と が で き る 。 こ の 動 作 は 特 定 の priority レ ベ ル に 対 す る デ バ ッ グ に 支 障 が で る か も し れ な い 点 に 注 意 す る こ と 。 こ の ア ス タ リ ス ク 記 法 は よ り 直 観 的 な も の で あ る こ と が わ か る だ ろ う 。

= ワ イ ル ド カ ー ド は 記 録 を 指 示 さ れ た priority の も の の み に 限 定 す る 。 た と え ば 特 定 の ロ ギ ン グ に つ い て 、 デ バ ッ グ メ ッ セ ー ジ の み を 集 め る こ と が 可 能 と な る 。 下 記 の syslog.conf の 記 述 例 は す べ て の debug メ ッ セ ー ジ を /usr/adm/debug に 記 録 す る 。

# syslog.conf の サ ン プ ル

*.=debug

/usr/adm/debug

priority の 先 頭 に 付 く ! は 、 上 記 の priority、 記 述 子 の 解 釈 を 反 転 す る (訳 注 : す な わ ち 、 !info な ら info 未 満 の priority を 表 す )。 以 下 の 例 で は 、 priority が info で あ る も の を 除 く す べ て の mail facility の メ ッ セ ー ジ が /usr/adm/mail フ ァ イ ル に 記 録 さ れ る 。 そ し て news.info(こ れ は 含 む ) か ら news.crit(こ ち ら は 含 ま れ な い )ま で の す べ て の メ ッ セ ー ジ が /usr/adm/news フ ァ イ ル に 記 録 さ れ る 。

# syslog.conf の サ ン プ ル

mail.*;mail.!=info

/usr/adm/mail

news.info;news.!crit

/usr/adm/news 除 外 す る 指 示 子 は も っ と 直 観 的 に も 利 用 で き る 。 上 述 の 例 は も っ と 簡 単 に で き る 。 た と え ば …

mail.none で あ る と か

mail.!* で あ る と か

mail.!debug と 記 述 す る と mail facility に よ る す べ て の メ ッ セ ー ジ が 除 外 さ れ る 。 も っ と 楽 し む 余 地 も あ る よ ね :-)

- を フ ァ イ ル 名 に 接 頭 す る と 書 き 込 み 時 の フ ァ イ ル シ ス テ ム バ ッ フ ァ の フ ラ ッ シ ュ 動 作 を 抑 制 す る こ と が で き る 。 純 粋 な BSD 的 挙 動 か ら は 多 少 順 応 し た 結 果 な の か も し れ な い が 、 使 う 立 場 か ら す れ ば 、 BSD 的 挙 動 よ り も よ り い く ら か で も 柔 軟 で あ る こ と が わ か る だ ろ う 。 こ れ ら の 変 更 は 標 準 的 な syslog.conf(5) フ ァ イ ル に は な ん ら 影 響 を 及 ぼ し て い な い 点 に 注 意 せ よ 。 拡 張 機 能 を 利 用 す る に は 明 示 的 に 設 定 フ ァ イ ル を 調 整 す る 必 要 が あ る 。

リ モ ー ト ロ ギ ン グ サ ポ ー ト

syslogd の 機 能 に ネ ッ ト ワ ー ク へ の サ ポ ー ト を 提 供 す る 変 更 点 が い く つ か あ る 。 ネ ッ ト ワ ー ク サ ポ ー ト と は 、 syslogd が 稼 働 し て い る あ る ホ ス ト で の メ ッ セ ー ジ を 別 の syslogd が 稼 働 し て い る ホ ス ト へ 転 送 し 、 そ こ で 実 際 に デ ィ ス ク の フ ァ イ ル に 記 録 す る よ う に で き る 、 と い う こ と で あ る 。 こ の 機 能 を 有 効 に す る に は コ マ ン ド ラ イ ン で −r オ プ シ ョ ン を 指 定 す る 。 syslogd の 既 定 の 動 作 は ネ ッ ト ワ ー ク を 関 知 し な い 。

syslogd は ロ ー カ ル に 生 成 さ れ る メ ッ セ ー ジ に つ い て UNIX ド メ イ ン ソ ケ ッ ト を 監 視 す る 方 法 を 用 い る 。 こ の 方 法 が syslogd に 標 準 C ラ イ ブ ラ リ に 含 ま れ る syslog と の 協 調 動 作 を 可 能 に し て い る 。 同 時 に syslogd は 他 の ホ ス ト か ら 送 信 さ れ る メ ッ セ ー ジ の た め に 標 準 の syslog ポ ー ト を 監 視 し て い る 。 正 し い 動 作 の た め に は services(5) フ ァ イ ル (普 通 /etc に あ る )に 次 の エ ン ト リ が 必 要 で あ る :

syslog 514/udp も し こ の エ ン ト リ が な け れ ば 、 UDP ポ ー ト が 開 設 で き な い た め に syslogd は リ モ ー ト の メ ッ セ ー ジ を 受 信 す る こ と も 他 へ 送 信 す る こ と も で き な い 。 こ の 場 合 、 syslogd は 即 座 に 終 了 す る 代 り に エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を 出 力 す る 。 メ ッ セ ー ジ を 送 信 す る べ き ホ ス ト 名 に @ を 接 頭 し て syslog.conf フ ァ イ ル の 通 常 の フ ァ イ ル 名 の か わ り に 記 述 す る こ と で 、 他 の ホ ス ト へ メ ッ セ ー ジ を 送 信 す る こ と が で き る 。 た と え ば 「 す べ て 」 の メ ッ セ ー ジ を リ モ ー ト の ホ ス ト へ 送 信 す る に は 、 syslog.conf に 次 の よ う に 記 述 す る :

# メ ッ セ ー ジ を す べ て リ モ ー ト の ホ ス ト へ

# 送 信 す る た め の syslogd 設 定 フ ァ イ ル の 例

*.*

@hostname す べ て の カ ー ネ ル メ ッ セ ー ジ を リ モ ー ト の ホ ス ト に 送 信 す る に は (syslog.conf に )次 の よ う に 記 述 す る :

# カ ー ネ ル メ ッ セ ー ジ を リ モ ー ト の ホ ス ト へ

# 送 信 す る 設 定 フ ァ イ ル の 例

kern.*

@hostname 起 動 時 に ネ ー ム サ ー バ (通 常 、 syslogd よ り も 後 か ら 起 動 す る )が 応 答 し な い た め に リ モ ー ト の ホ ス ト ネ ー ム が 名 前 解 決 で き な く て も 問 題 は な い 。 syslogd は ホ ス ト 名 の 問 い 合 わ せ を 10 回 繰 り 返 し 、 そ の の ち に エ ラ ー メ ッ セ ー ジ 出 す 。 あ る い は こ の 問 題 を 回 避 す る た め に 、 /etc/hosts フ ァ イ ル に 当 の ホ ス ト 名 を 記 述 し て お く と い う 方 法 も あ る 。 普 通 の syslogd で は 、 リ モ ー ト ホ ス ト が 実 は 自 分 自 身 で あ っ た 場 合 (ま た は 、 よ り 複 雑 な 三 角 関 係 と か 、 そ ん な の ) syslog-loop が 発 生 す る 。 た と え ば 作 者 の ド メ イ ン (Infodrom Oldenburg)で も た っ た 一 つ の メ ッ セ ー ジ が わ れ わ れ の デ ィ ス ク を あ ふ れ か え さ せ る と い う 事 故 が 起 き た こ と が あ る :-( こ れ を さ け る べ く 、 リ モ ー ト ホ ス ト か ら (ま た は 自 分 自 身 )か ら 発 信 さ れ た メ ッ セ ー ジ は そ れ 以 上 転 送 さ れ な い 。 こ れ で も ま だ 問 題 が あ る よ う な 状 況 が あ る の な ら 作 者 (Joey) ま で 連 絡 し て ほ し い 。 も し リ モ ー ト の ホ ス ト が syslogd が 稼 働 し て い る ホ ス ト と 同 じ ド メ イ ン に 属 し て い る の で あ れ ば 、 FQDN で は な く て 単 純 に ホ ス ト 名 の み が 記 録 さ れ る 。 ロ ー カ ル ネ ッ ト ワ ー ク に お い て 、 重 要 な 情 報 の す べ て を 一 台 の コ ン ピ ュ ー タ に 集 め る た め の 中 央 ロ ギ ン グ サ ー バ を 提 供 す る こ と が で き る 。 も し ネ ッ ト ワ ー ク が 複 数 の ド メ イ ン か ら な っ て い る よ う な 場 合 に は 、 単 純 な ホ ス ト 名 で は な く て FQDN で 記 録 さ れ る が 、 そ れ が 嫌 な 場 合 は 、 −s で そ の サ ー バ で strip-domain 機 能 を 使 え ば よ い 。 こ れ で syslogd は サ ー バ が 属 す る ド メ イ ン 以 外 で あ っ て も 剥 ぎ 取 っ て 単 純 に ホ ス ト 名 の み を 記 録 す る 。

−l オ プ シ ョ ン を 使 用 す る と ロ ー カ ル の コ ン ピ ュ ー タ と し て の ホ ス ト 名 を 定 義 で き る 可 能 性 が 生 じ る 。 こ の 場 合 で も や は り FQDN で は な く て 単 純 な ホ ス ト 名 だ け を 記 録 す る 。 リ モ ー ト ホ ス ト へ メ ッ セ ー ジ を 転 送 し た り 、 リ モ ー ト ホ ス ト か ら メ ッ セ ー ジ を 受 け 取 る た め に 用 い ら れ る UDP ソ ケ ッ ト は 、 そ れ が 必 要 な 時 に だ け オ ー プ ン さ れ る 。 1.3-23 よ り 前 の リ リ ー ス で は UDP ソ ケ ッ ト は 毎 回 オ ー プ ン さ れ て い た が 、 読 み 込 み 用 あ る い は 転 送 用 と い う 形 で は な か っ た 。

名 前 付 き パ イ プ (FIFO)へ の 出 力

こ の 版 の syslogd は 複 数 の 名 前 付 き パ イ プ (FIFO) へ の ロ グ 出 力 も 可 能 で あ る 。 記 録 す る メ ッ セ ー ジ を FIFO あ る い は 名 前 付 き パ イ プ で 記 録 す る に は 、 フ ァ イ ル 名 の 前 に パ イ プ 記 号 (’’|’’)を 付 け る 。 こ れ は デ バ ッ グ に 役 に 立 つ 。 使 用 す る FIFO は syslogd の 起 動 に 先 立 っ て mkfifo コ マ ン ド で 作 成 し て お か な け れ ば な ら な い 点 に 注 意 す る こ と 。 下 記 は カ ー ネ ル の デ バ ッ グ メ ッ セ ー ジ を FIFO で 記 録 す る 為 の 設 定 例 で あ る 。

# 名 前 付 き パ イ プ と し て の /usr/adm/debug へ

# カ ー ネ ル の デ バ ッ グ メ ッ セ ー ジ を 記 録 す る た め の

# 基 本 的 な 設 定 例

kern.=debug

|/usr/adm/debug

イ ン ス ト ー ル 関 連

こ の 版 の syslogd を イ ン ス ト ー ル す る 場 合 に お い て 、 重 要 な 考 察 を 要 す る 点 が 多 分 一 つ だ け あ る 。 こ の 版 の syslogd は syslog フ ァ ン ク シ ョ ン に よ る メ ッ セ ー ジ の フ ォ ー マ ッ ト が 適 切 な も の で あ る こ と を 前 提 と し て い る 。 共 有 ラ イ ブ ラ リ に よ り 提 供 さ れ る syslog フ ァ ン ク シ ョ ン の 動 作 内 容 は 、 libc.so.4.[2-4].n の 範 囲 の な か だ け で も ど こ か し ら 変 更 さ れ て い る 。 な か で も 明 ら か な 変 更 は /dev/log ソ ケ ッ ト へ 出 力 さ れ る 際 に メ ッ セ ー ジ が NUL-terminate (\0 で 終 端 さ れ る こ と ) さ れ る よ う に な っ た こ と で あ る 。 よ っ て 、 こ の 版 の syslogd は メ ッ セ ー ジ が \0 で 終 端 さ れ て い る こ と に 依 存 す る こ と と な っ た 。 こ の 問 題 は 、 概 し て 、 シ ス テ ム 上 で 古 い ス タ テ ィ ッ ク に リ ン ク さ れ た バ イ ナ リ コ ー ド を 動 作 さ せ る と き に あ ら わ に な る 。 古 い syslog フ ァ ン ク シ ョ ン を 用 い る バ イ ナ リ コ ー ド は 、 メ ッ セ ー ジ 中 の 最 初 の 文 字 が 削 除 さ れ た メ ッ セ ー ジ を 記 録 し 、 空 行 を (複 数 )作 っ て し ま う 。 こ の 問 題 を 修 正 す る に は 、 新 し い 版 の 共 有 ラ イ ブ ラ リ を 用 い て リ ン ク し な お す し か な い 。

syslogd(8)klogd(8) の 両 方 と も init(8) を 用 い る 起 動 で も rc.* の 中 で 起 動 で も ど ち ら で も 可 能 で あ る 。 も し 、 init を 用 い る 場 合 は −n オ プ シ ョ ン を 必 ず 設 定 す る こ と 、 さ も な く ば た く さ ん の syslog デ ー モ ン が 起 動 し て し ま う 。 こ れ は init(8) が プ ロ セ ス ID に 依 存 し て い る た め で あ る 。

セ キ ュ リ テ ィ 上 の 注 意

syslogd デ ー モ ン は 使 用 不 能 攻 撃 の 抜 け 道 と し て 利 用 さ れ て し ま う 潜 在 的 な 可 能 性 を 持 っ て い る 。 Jon Morrison (jmorrison [AT] rflab.ca) が こ の 可 能 性 を 警 告 し た 。 ご ろ つ き の プ ロ グ ラ マ (達 )が 、 syslog メ ッ セ ー ジ を syslogd デ ー モ ン に 殺 到 さ せ て 、 そ の 結 果 、 ロ グ フ ァ イ ル で 全 て の 利 用 可 能 な フ ァ イ ル シ ス テ ム を 埋 め 尽 す こ と が 簡 単 に で き る よ う に な っ て い た 。 イ ン タ ー ネ ッ ト ド メ イ ン ソ ケ ッ ト を 用 い る ロ ギ ン グ を 有 効 に す る こ と は ロ ー カ ル の コ ン ピ ュ ー タ の 上 の プ ロ グ ラ ム や 、 他 の 誰 か に よ る 外 部 か ら の 危 険 に シ ス テ ム を さ ら す こ と に な り う る 。 コ ン ピ ュ ー タ を 守 る た め の 手 段 が い く つ か あ る :

1.

514/UDP ソ ケ ッ ト に ア ク セ ス す る こ と が で き る ホ ス ト や ネ ッ ト ワ ー ク を 制 限 す る フ ァ イ ア ウ ォ ー ル を カ ー ネ ル に 実 装 す る 。

2.

ロ グ の 出 力 先 を も し そ れ が 破 壊 さ れ て も コ ン ピ ュ ー タ を 損 な う こ と は な い よ う な 独 立 し て い る か ま た は ル ー ト (/) で は な い フ ァ イ ル シ ス テ ム に す る 。
3.

ext2 フ ァ イ ル シ ス テ ム は そ の う ち の 特 定 の 割 合 を root だ け が 使 用 可 能 と す る 制 限 を 設 定 す る こ と が で き る 。 注 意 こ の 方 法 は syslogd を root で は な い プ ロ セ ス で 実 行 す る 必 要 が あ る 。 さ ら に 注 意 こ の 方 法 は syslogd が 514/UDP ソ ケ ッ ト と 接 続 で き な く な る の で 、 リ モ ー ト ロ ギ ン グ が 不 可 能 と な る 。

4.

ロ ー カ ル の コ ン ピ ュ ー タ へ の 危 険 を 制 限 す る た め に イ ン タ ー ネ ッ ト ド メ イ ン ソ ケ ッ ト を 無 効 に す る 。

5. ス テ ッ プ

4 を 用 い て も な お 問 題 が 残 っ て い て 、 そ れ が 3.5 フ ィ ー

ト (だ い た い 1 メ ー ト ル )の 吸 出 し 棒 (注 )を 持 っ た ご ろ つ き の プ ロ グ ラ ム /デ ー モ ン ど こ ろ の さ わ ぎ で は な い よ う で あ れ ば 、 問 題 を 起 し て い る ユ ー ザ と お し ゃ べ り し て み る し か な い ね 。 注 :吸 出 し 棒 と は — 3/4、 7/8、 1 イ ン チ の 鋼 鉄 の 棒 で 両 端 に 吸 い 口 が 付 い て い る 。 も と も と は 西 ノ ー ス ダ コ タ の 油 田 な ど で 使 わ れ た 油 井 か ら 油 を ’吸 い 出 す ’ポ ン プ で 使 わ れ て い る も の の こ と で あ る 。 そ れ が 転 じ て 牧 場 で 牛 に 餌 を あ た え る た め 、 ま た 時 に は 反 抗 的 だ っ た り 喧 嘩 腰 だ っ た り す る 牛 を 追 う た め に 使 わ れ て い る 棒 を 差 す 。

デ バ ッ ギ ン グ

−d オ プ シ ョ ン を 用 い て デ バ ッ グ モ ー ド を 有 効 に す る と syslogd は と て つ も な く 饒 舌 に な っ て 、 い ま な に が お こ っ て い る か を 標 準 出 力 に 出 力 す る 。 設 定 フ ァ イ ル が 再 度 読 み 込 み 込 ま れ 解 釈 さ れ 直 す と き は い つ で も テ ー ブ ル 化 さ れ た 内 部 デ ー タ 構 造 が 出 力 さ れ る 。 こ の テ ー ブ ル は 四 つ の フ ィ ー ル ド か ら 成 っ て い る :

number こ の フ ィ ー ル ド は

0 か ら 始 ま る シ リ ア ル 番 号 で あ る 。 こ の 番 号 は 内 部

デ ー タ 構 造 上 (す な わ ち 配 列 )で の 位 置 を あ ら わ す 。 も し 番 号 が な い と き は 、 /etc/syslog.conf の 対 応 す る 行 に エ ラ ー が あ る 。

pattern こ の フ ィ ー ル ド は 巧 妙 で 正 確 に 内 部 構 造 を 表 現 し て い る 。 各 列 は facility( syslog(3) を 参 照 )を 表 わ す 。 以 前 使 用 さ れ て い た い く つ か の facility も ま だ 残 っ て い る が 、 使 用 さ れ て い る も の だ け が あ る 。 列 の 各 フ ィ ー ル ド は priority( syslog(3) を 参 照 )を あ ら わ す 。

action こ の フ ィ ー ル ド に は

(facility/priority の )パ タ ー ン に 一 致 す る メ ッ

セ ー ジ を 受 信 し た と き の action の 詳 細 が 記 述 さ れ る 。 全 て の action に つ い て は syslog.conf(5) マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ を 参 照 す る こ と 。

arguments こ の フ ィ ー ル ド は action の 最 後 の フ ィ ー ル ド に よ る 付 加 的 な 引 数 を 示 す 。 フ ァ イ ル ロ ギ ン グ で は ロ グ フ ァ イ ル と す る フ ァ イ ル 名 ; ユ ー ザ ロ ギ ン グ で は (ロ グ 出 力 を 通 知 す る )ユ ー ザ の 一 覧 ; リ モ ー ト ロ ギ ン グ で は ロ グ を 配 信 す る コ ン ピ ュ ー タ の ホ ス ト 名 ; コ ン ソ ー ル ロ ギ ン グ で は 使 用 さ れ る コ ン ソ ー ル ; ttyロ ギ ン グ で は 指 定 さ れ た tty; 一 斉 通 知 の 場 合 は 付 加 引 数 は な し 。

フ ァ イ ル

/etc/syslog.conf

syslogd の 設 定 フ ァ イ ル 。 正 確 な 情 報 は syslog.conf(5) を 見 る こ と 。

/dev/log ロ ー カ ル syslog メ ッ セ ー ジ を 読 み 出 す UNIX ド メ イ ン ソ ケ ッ ト 。
/var/run/syslogd.pid

syslogd の プ ロ セ ス ID を 保 持 す る フ ァ イ ル 。

バ グ

あ る 行 に エ ラ ー が あ る と 全 て の ル ー ル を 無 視 し て し ま う 。

syslogd は そ の 処 理 過 程 の ど の 時 点 に お い て も ロ グ フ ァ イ ル の フ ァ イ ル モ ー ド を 変 更 し な い 。 も し フ ァ イ ル が 誰 で も 読 み 書 き で き る よ う に 作 成 さ れ て い て も 、 で あ る 。 も し こ の こ と に よ る 問 題 を 回 避 し た い の で あ れ ば 作 成 時 に 管 理 者 の み が あ つ か え る よ う に 変 更 す る 必 要 が あ る 。 こ れ は 、 smail 3.x の 配 布 に 含 ま れ る savelog(8) に よ る ロ グ フ ァ イ ル の ロ ー テ ー シ ョ ン と 連 携 し て 都 合 が よ い 。 auth.* メ ッ セ ー ジ は パ ス ワ ー ド が 含 ま れ て い る こ と が あ り 、 そ れ が 誰 に で も 読 め る と い う こ と は 重 大 な セ キ ュ リ テ ィ ホ ー ル に な る と い う 点 を 忘 れ な い よ う に 。

関 連 項 目

syslog.conf(5), klogd(8), logger(1), syslog(2), syslog(3), services(5), savelog(8)

協 力

syslogd は BSD の ソ ー ス コ ー ド に 由 来 し て い て 、 Greg Wettstein (greg [AT] wind.com) が Linux に 移 植 し 、 Martin Schulze (joey [AT] linux.de) が 幾 つ か の バ グ の 修 正 と 新 し い 機 能 追 加 を 実 装 し た 。 klogd の オ リ ジ ナ ル は Steve Lord (lord [AT] crya.com)に よ っ て 書 か れ 、 Greg Wettstein が 多 く の 改 善 を 施 し た 。
Dr. Greg Wettstein
Enjellic Systems Development
Oncology Research Division Computing Facility
Roger Maris Cancer Center
Fargo, ND
greg [AT] wind.com
Stephen Tweedie
Department of Computer Science
Edinburgh University, Scotland
sct [AT] dcs.uk
Juha Virtanen
jiivee [AT] hut.fi
Shane Alderton
shane [AT] ion.au
Martin Schulze
Infodrom Oldenburg
joey [AT] linux.de

COMMENTS