Manpages

名 前

sigblock, siggetmask, sigsetmask, sigmask − シ グ ナ ル (signal)の マ ス ク (mask)を 操 作 す る

書 式

#include <signal.h>

int sigblock(int mask);

int siggetmask(void);

int sigsetmask(int mask);

int sigmask(int signum);

説 明

こ の イ ン タ ー フ ェ ー ス は sigprocmask(2) に よ っ て 廃 止 (obsolete)さ れ た 。

sigblock シ ス テ ム ・ コ ー ル は mask で 指 定 し た シ グ ナ ル を 現 在 配 送 が 禁 止 (block)さ れ て い る シ グ ナ ル の 集 合 に 追 加 す る 。

sigsetmask シ ス テ ム ・ コ ー ル は 禁 止 さ れ て い る シ グ ナ ル の 集 合 を mask で 指 定 さ れ た 新 し い 集 合 に 完 全 に 置 き 換 え る 。 シ グ ナ ル は mask の 対 応 す る ビ ッ ト が 1 の 場 合 に 禁 止 さ れ る 。 現 在 禁 止 さ れ て い る シ グ ナ ル の 集 合 は siggetmask を 使 用 し て 得 る こ と が で き る 。

sigmask マ ク ロ は 与 え ら れ た signum の マ ス ク を 組 み 立 て る た め に 提 供 さ れ る 。

返 り 値

siggetmask 現 在 の マ ス ク さ れ た シ グ ナ ル の 集 合 を 返 す 。

sigsetmasksigblock は 今 ま で の マ ス ク さ れ た シ グ ナ ル の 集 合 を 返 す 。

注 意

こ れ ら の 関 数 の 型 宣 言 (prototype)は 全 て の シ ス テ ム ・ ヘ ッ ダ ー が イ ン ク ル ー ド さ れ る 前 に _BSD_SOURCE が 定 義 さ れ て い る 場 合 の み 与 え ら れ る 。

SIGKILLSIGSTOP を 禁 止 す る こ と は で き な い 。 − こ の 制 限 は シ ス テ ム に よ て 無 言 の う ち に 適 用 さ れ る 。

準 拠

4.4BSD. こ れ ら の 関 数 は BSD 4.3 で 現 わ れ 、 反 対 さ れ た 。 新 し い プ ロ グ ラ ム で は POSIX シ グ ナ ル を 使 用 す る こ と 。

関 連 項 目

kill(2), sigprocmask(2), signal(7)

COMMENTS