Manpages

名 前

shmat, shmdt − System V 共 有 メ モ リ ー (shared memory) の 操 作

書 式

#include <sys/types.h>
#include <sys/shm.h>

void *shmat(int shmid, const void *shmaddr, int shmflg);

int shmdt(const void *shmaddr);

説 明

shmat()
shmat
() は shmid で 指 定 さ れ た System V 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト (shared memory segment) を コ ー ル し た プ ロ セ ス の ア ド レ ス 空 間 に 付 加 (attach) す る 。 付 加 す る ア ド レ ス は shmaddr に 以 下 の ど れ か の 形 式 で 指 定 す る :

*

shmaddr が NULL な ら ば 、 シ ス テ ム は セ グ メ ン ト を 付 加 す る た め の 適 切 な (使 用 さ れ て い な い ) ア ド レ ス を 選 択 す る 。

*

shmaddr が NULL で な く SHM_RNDshmflg に 指 定 さ れ て い る 場 合 は 、 shmaddrSHMLBA の 倍 数 へ と 切 り 捨 て た (rounding down) の と 等 し い ア ド レ ス へ 付 加 す る 。

*

そ の 他 の 場 合 は shmaddr は 付 加 を 行 な う ア ド レ ス で 、 ペ ー ジ 境 界 を 指 し て い る 必 要 が あ る 。

SHM_RND に 加 え て 、 以 下 の フ ラ グ を shmflg ビ ッ ト マ ス ク 引 き 数 に 指 定 で き る 。
SHM_EXEC
(Linux 固 有 ; Linux 2.6.9 以 降 ) セ グ メ ン ト の 内 容 を 実 行 で き る 。 呼 び 出 し 元 は セ グ メ ン ト に 対 す る 実 行 許 可 を 持 っ て い な け れ ば な ら な い 。
SHM_RDONLY
セ グ メ ン ト を 読 み 込 み 専 用 に 付 加 す る 。 プ ロ セ ス は そ の セ グ メ ン ト へ の 読 み 込 み 許 可 を 持 っ て い な け れ ば な ら な い 。 こ の フ ラ グ が 指 定 さ れ な か っ た 場 合 、 そ の セ グ メ ン ト は 読 み 込 み と 書 き 込 み ア ク セ ス の た め に 付 加 さ れ 、 プ ロ セ ス は そ の セ グ メ ン ト に 読 み 込 み と 書 き 込 み の 許 可 を 持 っ て い な け れ ば な ら な い 。 書 き 込 み 専 用 の 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト と い う 概 念 は 存 在 し な い 。
SHM_REMAP
(Linux 固 有 ) こ の フ ラ グ は 、 セ グ メ ン ト の マ ッ ピ ン グ を 既 存 の マ ッ ピ ン グ に 置 き 換 え る こ と を 指 示 す る 。 マ ッ ピ ン グ の 範 囲 は 、 shmaddr か ら 始 ま り セ グ メ ン ト の サ イ ズ 分 だ け あ る (通 常 EINVAL エ ラ ー は 、 こ の ア ド レ ス 範 囲 に マ ッ ピ ン グ が 既 に 存 在 す る た め に 起 る )。 こ の フ ラ グ を 指 定 す る 場 合 は 、 shmaddr が NULL で あ っ て は な ら な い 。 呼 び 出 し た プ ロ セ ス の brk(2) の 値 は 付 加 に よ っ て 変 化 し な い 。 そ の セ グ メ ン ト は プ ロ セ ス が 終 了 (exit) し た ら 自 動 的 に 分 離 (detach) さ れ る 。 同 じ セ グ メ ン ト を プ ロ セ ス の ア ド レ ス 空 間 に 、 読 み 込 み 専 用 お よ び 読 み 書 き 両 用 と し て 付 加 で き 、 ま た 複 数 回 付 加 す る こ と も で き る 。 成 功 し た shmat() コ ー ル は 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト に 関 連 す る shmid_ds 構 造 体 (shmctl(2) を 参 照 ) の メ ン バ ー を 以 下 の よ う に 更 新 す る :

shm_atime に は 現 在 の 時 刻 を 設 定 す る 。

shm_lpid に は 呼 び 出 し た プ ロ セ ス の プ ロ セ ス ID が 設 定 さ れ る 。

shm_nattch を 1 増 加 さ せ る 。

shmdt()
shmdt
() は 呼 び 出 し た プ ロ セ ス の ア ド レ ス 空 間 か ら shmaddr で 指 定 さ れ た ア ド レ ス に 配 置 さ れ た 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト を 分 離 (detach) す る 。 分 離 す る 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト は 、 現 在 shmaddr に 付 加 さ れ て い る も の で な け れ ば な ら な い 。 shmaddr は 、 そ れ を 付 加 し た 時 に shmat() が 返 し た 値 に 等 し く な け れ ば な ら な い 。 成 功 し た shmdt() コ ー ル は そ の 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト に 関 連 す る shmid_ds 構 造 体 の メ ン バ ー を 以 下 の よ う に 更 新 す る :

shm_dtime に は 現 在 の 時 刻 が 設 定 さ れ る 。

shm_lpid に は 呼 び 出 し た プ ロ セ ス の プ ロ セ ス ID が 設 定 さ れ る 。

shm_nattch を 1 減 少 さ せ る 。 も し 0 に な り 、 削 除 マ ー ク が あ っ た 場 合 は そ の セ グ メ ン ト は 削 除 さ れ る 。

返 り 値

shmat() は 、 成 功 し た 場 合 、 付 加 さ れ た 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト の ア ド レ ス を 返 す 。 エ ラ ー の 場 合 、 (void *) −1 を 返 し 、 errno に エ ラ ー の 原 因 を 示 す 値 を 設 定 す る 。

shmdt() は 、 成 功 す る と 0 を 返 す 。 エ ラ ー の 場 合 、 −1 を 返 し 、 errno に エ ラ ー の 原 因 を 示 す 値 を 設 定 す る 。

エ ラ ー

shmat() が 失 敗 し た 場 合 、 errno に 以 下 の 値 の ど れ か を 設 定 し て 返 す :

EACCES 呼 び 出 し た プ ロ セ ス に 要 求 さ れ た 種 類 の 付 加 に 必 要 な 許 可 が な く 、

CAP_IPC_OWNER ケ ー パ ビ リ テ ィ (capability) が な い 。

EIDRM

shmid が 削 除 (remove) さ れ た 識 別 子 (identifier) を 指 し て い る 。

EINVAL

shmid の 値 が 不 正 で あ る 。 shmaddr の 値 が 境 界 違 反 (unaligned) (つ ま り 、 ペ ー ジ 境 界 に 合 っ て お ら ず 、 SHM_RND が 指 定 さ れ て い な い ) ま た は が 不 正 で あ る 。 shmaddr へ の セ グ メ ン ト の 付 加 に 失 敗 し た 。 ま た は SHM_REMAP が 指 定 さ れ て い る が 、 shmaddr が NULL で あ っ た 。

ENOMEM

デ ィ ス ク リ プ タ ー (descriptor) や ペ ー ジ テ ー ブ ル の た め の メ モ リ ー を 割 り 当 て る こ と が で き な い 。

shmdt() が 失 敗 し た 場 合 、 EINVAL は 以 下 の よ う に セ ッ ト さ れ る :

EINVAL

shmaddr に 付 加 さ れ た 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト が 存 在 し な い 。 も し く は 、 shmaddr が ペ ー ジ 境 界 に 合 っ て い な い 。

準 拠

SVr4, POSIX.1−2001.

SVID 3 で (た ぶ ん そ れ よ り 前 だ と 思 う が ) shmaddr 引 き 数 の 型 は char * か ら const void * に 、 shmat() の 返 り 値 の 型 は char * か ら void * に 変 更 さ れ た 。

注 意

fork(2) し た 後 、 子 プ ロ セ ス は 付 加 さ れ た 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト を 継 承 す る 。

exec(2) し た 後 、 全 て の 付 加 さ れ た 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト は プ ロ セ ス か ら 分 離 さ れ る 。

exit(2) に お い て 、 全 て の 付 加 さ れ た 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト は プ ロ セ ス か ら 分 離 さ れ る 。 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト を 付 加 す る 場 合 の 移 植 性 の 高 い 方 法 と し て は 、 shmaddr を NULL に し て shmat() を 使 用 す る の が よ い 。 こ の よ う な 方 法 で 付 加 さ れ る 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト は 、 プ ロ セ ス が 異 な れ ば 別 の ア ド レ ス に 付 加 さ れ る 、 と い う 点 に 注 意 す る こ と 。 よ っ て 共 有 メ モ リ ー 内 で 管 理 さ れ る ポ イ ン タ ー は 、 絶 対 ア ド レ ス で は な く 、 (一 般 的 に は セ グ メ ン ト の 開 始 ア ド レ ス か ら の ) 相 対 ア ド レ ス で 作 成 す る べ き で あ る 。

Linux で は 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト に 既 に 削 除 マ ー ク が 付 け ら れ て い て も 、 そ の 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト を 付 加 す る こ と が で き る 。 し か し POSIX.1−2001 で は こ の よ う な 動 作 を 指 定 し て お ら ず 、 他 の 多 く の 実 装 も こ れ を サ ポ ー ト し て い な い 。 以 下 の シ ス テ ム パ ラ メ ー タ ー は 、 shmat() に 影 響 す る :

SHMLBA セ グ メ ン ト の 下 限 ア ド レ ス 倍 数

(Segment low boundary address

multiple)。 shmat() の 呼 び 出 し に お い て 付 加 す る ア ド レ ス を 明 示 的 に 指 定 す る 際 、 呼 び 出 し 元 は 指 定 す る ア ド レ ス が こ の 値 の 倍 数 に な る よ う に 保 証 し な け れ ば な ら な い 。 こ れ は い く つ か の ア ー キ テ ク チ ャ ー で は 必 要 な こ と で 、 CPU キ ャ ッ シ ュ の 性 能 を 保 証 す る た め で あ っ た り 、 同 じ セ グ メ ン ト の 別 の 付 与 を CPU キ ャ ッ シ ュ 内 部 で 一 貫 し て 扱 え る よ う に す る た め だ っ た り す る 。 SHMLBA は 通 常 は シ ス テ ム ペ ー ジ サ イ ズ の 倍 数 で あ る (Linux の 多 く の ア ー キ テ ク チ ャ ー で は シ ス テ ム ペ ー ジ サ イ ズ と 同 じ で あ る )。 現 在 の 実 装 で は 、 プ ロ セ ス ご と の 共 有 メ モ リ ー セ グ メ ン ト の 最 大 数 (SHMSEG) に 関 す る 実 装 依 存 の 制 限 は な い 。

関 連 項 目

brk(2), mmap(2), shmctl(2), shmget(2), capabilities(7), shm_overview(7), svipc(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS