Manpages

名 前

setup − デ バ イ ス と フ ァ イ ル シ ス テ ム の 初 期 化 を 行 い 、 ル ー ト フ ァ イ ル シ ス テ ム の マ ウ ン ト を 行 う

書 式

#include <unistd.h>

int setup(void);

説 明

setup() は linux/init/main.c の 中 で 一 度 だ け 呼 ば れ る 。 カ ー ネ ル 内 部 の デ バ イ ス と フ ァ イ ル シ ス テ ム の 初 期 化 関 数 を 呼 び 、 ル ー ト フ ァ イ ル シ ス テ ム の マ ウ ン ト を 行 う 。 ユ ー ザ ー プ ロ セ ス か ら は setup() を 呼 び だ す こ と は で き な い 。 ユ ー ザ ー プ ロ セ ス か ら の ア ク セ ス は 、 た と え そ の プ ロ セ ス が ス ー パ ー ユ ー ザ ー 権 限 を 持 っ て い て も EPERM を 受 け 取 る こ と に な る 。

返 り 値

setup() は ユ ー ザ ー プ ロ セ ス に 対 し て 常 に −1 を 返 す 。

エ ラ ー

EPERM ユ ー ザ ー プ ロ セ ス に 対 し て は 、 常 に こ の エ ラ ー と な る 。

バ ー ジ ョ ン

Linux 2.1.121 以 降 で は 、 も は や こ の 関 数 は 存 在 し な い 。

準 拠

こ の 関 数 は Linux に 特 有 の も の で あ り 、 移 植 を 考 慮 し た プ ロ グ ラ ム で は 用 い る べ き で は な い 。 そ れ ど こ ろ か 、 あ ら ゆ る プ ロ グ ラ ム で 用 い る べ き で は な い 。

注 意

呼 び 出 し 手 続 き は 変 化 し て き た 。 あ る 時 は setup() は 一 つ の 引 数 void *BIOS を 取 っ て お り 、 ま た あ る 時 に は int magic を 一 つ の 引 数 と し て 取 っ て い た 。

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS