Manpages

名 前

rmmod — Linux カ ー ネ ル か ら モ ジ ュ ー ル を 削 除 す る 単 純 な プ ロ グ ラ ム

書 式

rmmod [−f] [−w] [−s] [−v] [modulename]

説 明

rmmod は モ ジ ュ ー ル を カ ー ネ ル か ら 削 除 す る 取 る に 足 ら な い プ ロ グ ラ ム で あ る 。 ほ と ん ど の ユ ー ザ は rmmod よ り も 、 modprobe(8)−r オ プ シ ョ ン を 付 け て 使 い た い と 思 う だ ろ う 。

オ プ シ ョ ン

−v −−verbose プ ロ グ ラ ム が 何 を し て い る か に 関 す る メ ッ セ ー ジ を 表 示 す る 。 通 常 、 rmmod は 何 か ま ず い こ と が 起 こ っ た 場 合 に 限 っ て メ ッ セ ー ジ を 表 示 す る 。
−f −−force
こ の オ プ シ ョ ン は 非 常 に 危 険 で あ る 。 カ ー ネ ル が コ ン パ イ ル さ れ る と き 、 CONFIG_MODULE_FORCE_UNLOAD が セ ッ ト さ れ て い な け れ ば 何 も 起 き な い 。 こ の オ プ シ ョ ン を 使 う と 、 使 用 中 の モ ジ ュ ー ル や 、 削 除 さ れ る よ う に 設 計 さ れ て い な い モ ジ ュ ー ル 、 削 除 が 安 全 で な い と マ ー ク さ れ て い る モ ジ ュ ー ル を 削 除 す る こ と が で き る (lsmod(8) を 参 照 ) 。

−w −−wait 通 常 、

rmmod は 使 用 中 の モ ジ ュ ー ル の ア ン ロ ー ド は 拒 否 す る 。 こ

の オ プ シ ョ ン を 使 う と 、 rmmod は モ ジ ュ ー ル を 隔 離 し 、 モ ジ ュ ー ル が 使 用 中 で な く な る ま で 待 つ 。 新 た に そ の モ ジ ュ ー ル を 使 う こ と は で き な い が 、 現 在 の ユ ー ザ が 使 用 を や め る か ど う か は あ な た 次 第 で あ る 。 使 用 カ ウ ン ト に 関 す る 情 報 は lsmod(8) を 参 照 。

−s −−syslog エ ラ ー を 標 準 エ ラ ー で は な く 、 syslog に 送 る 。
−V −−version
プ ロ グ ラ ム の バ ー ジ ョ ン を 表 示 し 、 終 了 す る 。 古 い カ ー ネ ル で 実 行 す る 場 合 の 注 意 に つ い て は 下 を 参 照 。

下 位 互 換 性

こ の バ ー ジ ョ ン の rmmod は 、 カ ー ネ ル 2.5.48 お よ び そ れ 以 降 の た め の も の で あ る 。 古 い 形 式 の モ ジ ュ ー ル に 対 応 し た カ ー ネ ル を 検 出 す る と (そ の た め の ほ と ん ど の 処 理 は ユ ー ザ 空 間 で 行 な わ れ る ) 、 そ の 場 で rmmod.old を 実 行 し よ う と す る 。 そ の た め 、 ユ ー ザ は 全 く 意 識 し な く て よ い 。

著 作 権

こ の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 著 作 権 表 示 は Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation.

関 連 項 目

modprobe(8), insmod(8), lsmod(8), rmmod.old(8)

COMMENTS