Manpages

名 前

raise − 呼 び 出 し 元 に シ グ ナ ル を 送 る

書 式

#include <signal.h>

int raise(int sig);

説 明

raise() 関 数 は 、 呼 び 出 し 元 の プ ロ セ ス も し く は ス レ ッ ド に シ グ ナ ル を 送 る 。 シ ン グ ル ス レ ッ ド の プ ロ グ ラ ム で は 、 以 下 と 等 価 で あ る 。

kill(getpid(), sig); マ ル チ ス レ ッ ド の プ ロ グ ラ ム で は 、 以 下 と 等 価 で あ る 。

pthread_kill(pthread_self(), sig); シ グ ナ ル に 起 因 し て シ グ ナ ル ハ ン ド ラ ー が 呼 び 出 さ れ る 場 合 に は 、 raise() が 返 る の は 必 ず シ グ ナ ル ハ ン ド ラ ー が 返 っ た 後 に な る 。

返 り 値

成 功 し た 場 合 は 0 を 、 失 敗 し た 場 合 は 0 以 外 の 値 を 返 す 。

属 性

マ ル チ ス レ ッ デ ィ ン グ (pthreads(7) 参 照 )

raise() 関 数 は ス レ ッ ド セ ー フ で あ る 。

準 拠

C89, C99, POSIX.1−2001.

注 意

glibc バ ー ジ ョ ン 2.3.3 以 降 で は 、 カ ー ネ ル が tgkill(2) シ ス テ ム コ ー ル を サ ポ ー ト し て い る 場 合 は raise() は tgkill(2) を 使 っ て 実 装 さ れ て い る 。 古 い バ ー ジ ョ ン の glibc で は 、 raise() は kill(2) を 使 っ て 実 装 さ れ て い る 。

関 連 項 目

getpid(2), kill(2), sigaction(2), signal(2), pthread_kill(3), signal(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS