Manpages

名 前

ptrace − プ ロ セ ス の ト レ ー ス

書 式

#include <sys/ptrace.h>

long ptrace(enum __ptrace_request request, pid_t pid,
void *
addr, void *data);

説 明

ptrace() シ ス テ ム コ ー ル は 、 親 プ ロ セ ス が 、 別 の プ ロ セ ス の 実 行 の 監 視 /制 御 を 行 っ た り 、 コ ア イ メ ー ジ (core image) や レ ジ ス タ の 調 査 /変 更 を 行 っ た り す る 手 段 を 提 供 す る 。 ptrace() は 、 主 に ブ レ ー ク ポ イ ン ト に よ る デ バ ッ グ や シ ス テ ム コ ー ル の ト レ ー ス を 実 装 す る の に 用 い ら れ る 。 ト レ ー ス を 開 始 す る に は 、 ま ず 親 プ ロ セ ス で fork(2) を 呼 び 出 す 。 生 成 さ れ た 子 プ ロ セ ス で PTRACE_TRACEME を 行 い 、 続 い て (典 型 的 に は ) exec(3) を 行 な う 。 別 の 方 法 と し て は 、 親 プ ロ セ ス が 既 存 の プ ロ セ ス に 対 し て PTRACE_ATTACH を 使 用 し 、 ト レ ー ス を 開 始 す る 。 ト レ ー ス の 実 行 中 、 子 プ ロ セ ス は シ グ ナ ル が 配 送 さ れ る た び に 、 た と え そ の シ グ ナ ル が 無 視 す べ き も の で あ っ て も 停 止 す る (SIGKILL は 例 外 で 、 通 常 ど お り の 効 果 を も た ら す )。 親 プ ロ セ ス に は 次 の wait(2) で 通 知 さ れ 、 停 止 し て い る 間 に 子 プ ロ セ ス を 調 べ た り 修 正 し た り す る こ と が で き る 。 そ し て 親 プ ロ セ ス は 子 プ ロ セ ス の 実 行 を 再 開 さ せ る が 、 配 送 さ れ た シ グ ナ ル を 無 視 す る こ と も で き る (あ る い は 代 わ り に 別 の シ グ ナ ル を 配 送 す る こ と も で き る ) 。 親 プ ロ セ ス が ト レ ー ス を 終 了 す る 際 に は 、 PTRACE_KILL を 使 用 し て 子 プ ロ セ ス を 終 了 さ せ る こ と も で き る し 、 PTRACE_DETACH を 用 い て 通 常 の ト レ ー ス な し の モ ー ド に し て 、 実 行 を 継 続 さ せ る こ と も で き る 。

request の 値 が こ の シ ス テ ム コ ー ル の 動 作 を 決 定 す る :
PTRACE_TRACEME
こ の プ ロ セ ス が 親 プ ロ セ ス に よ っ て ト レ ー ス さ れ る こ と を 表 す 。 こ の プ ロ セ ス に (SIGKILL 以 外 の ) シ グ ナ ル が 配 送 さ れ る と 、 プ ロ セ ス は 停 止 し 、 親 プ ロ セ ス に wait(2) を 通 じ て 通 知 さ れ る 。 ま た 、 こ れ 以 降 は こ の プ ロ セ ス が execve(2) を 呼 び 出 す 度 に SIGTRAP が 送 信 さ れ る よ う に な る 。 こ れ に よ っ て 、 親 プ ロ セ ス は 新 し い プ ロ グ ラ ム が 実 行 を 開 始 す る 前 に 制 御 す る こ と が で き る 。 親 プ ロ セ ス が 自 プ ロ セ ス を ト レ ー ス す る つ も り が な い 場 合 に は 、 お そ ら く こ の プ ロ セ ス は 本 要 求 を 行 う べ き で は な い だ ろ う 。 (pid, addr, data は 無 視 さ れ る 。 ) 上 記 の 要 求 は 子 プ ロ セ ス だ け が 行 な う も の で あ る 。 残 り は 親 プ ロ セ ス だ け が 行 な う も の で あ る 。 以 下 の 要 求 で は 、 pid で 操 作 の 対 象 と な る 子 プ ロ セ ス を 指 定 す る 。 PTRACE_KILL を 除 き 、 要 求 を 行 な う た め に は 子 プ ロ セ ス は 停 止 し て い な け れ ば な ら な い 。
PTRACE_PEEKTEXT
, PTRACE_PEEKDATA 子 プ ロ セ ス の メ モ リ の addr の 位 置 か ら 1 ワ ー ド を 読 み 出 す 。 読 み 出 し た ワ ー ド は ptrace() の 返 り 値 と し て 返 さ れ る 。 Linux で は テ キ ス ト (text) と デ ー タ (data) で 同 じ ア ド レ ス 空 間 を 使 用 す る た め 、 こ の 2 つ の 要 求 は 現 在 の と こ ろ 同 じ も の で あ る 。 (引 き 数 data は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_PEEKUSER
子 プ ロ セ ス の USER 領 域 の オ フ セ ッ ト addr の 位 置 か ら 1 ワ ー ド を 読 み 込 む 。 USER 領 域 に は そ の プ ロ セ ス の レ ジ ス タ (registers) な ど の 情 報 が 保 持 さ れ て い る (<sys/user.h> を 参 照 )。 読 み 込 ん だ ワ ー ド は ptrace() コ ー ル の 結 果 と し て 返 さ れ る 。 た い て い は オ フ セ ッ ト は ワ ー ド 境 界 に な け れ ば な ら な い が 、 ア ー キ テ ク チ ャ に よ っ て は そ の 必 要 は な い 。 「 注 意 」 の 節 を 参 照 。 (data は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_POKETEXT
, PTRACE_POKEDATA ワ ー ド data を 子 プ ロ セ ス の メ モ リ の addr の 位 置 へ コ ピ ー す る 。 上 と 同 様 に 、 現 在 の と こ ろ 二 つ の 要 求 は 同 じ も の で あ る 。
PTRACE_POKEUSER
ワ ー ド data を 子 プ ロ セ ス の USER 領 域 の オ フ セ ッ ト addr の 位 置 に コ ピ ー す る 。 上 と 同 様 に 、 通 常 、 オ フ セ ッ ト は ワ ー ド 境 界 に な け れ ば な ら な い 。 カ ー ネ ル の 完 全 性 (integrity) を 維 持 す る た め 、 変 更 内 容 に よ っ て は USER 領 域 の 変 更 は 禁 止 さ れ て い る 。
PTRACE_GETREGS
, PTRACE_GETFPREGS そ れ ぞ れ 、 子 プ ロ セ ス の 汎 用 レ ジ ス タ 、 浮 動 小 数 点 レ ジ ス タ を 親 プ ロ セ ス の data の 位 置 に コ ピ ー す る 。 こ の data の 書 式 に 関 し て は <sys/user.h> を 参 照 す る こ と 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_GETSIGINFO
(Linux 2.3.99-pre6 以 降 ) 停 止 の 原 因 と な っ た シ グ ナ ル に 関 す る 情 報 を 取 得 す る 。 siginfo_t 構 造 体 (sigaction(2) 参 照 ) を 子 プ ロ セ ス か ら 親 プ ロ セ ス の data の 位 置 に コ ピ ー す る 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_SETREGS
, PTRACE_SETFPREGS そ れ ぞ れ 、 子 プ ロ セ ス の 汎 用 レ ジ ス タ 、 浮 動 小 数 点 レ ジ ス タ に 親 プ ロ セ ス の date の 位 置 か ら コ ピ ー す る 。 PTRACE_POKEUSER と 同 様 に 、 汎 用 レ ジ ス タ に よ っ て は 変 更 が 禁 止 さ れ て い る 場 合 が あ る 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_SETSIGINFO
(Linux 2.3.99-pre6 以 降 ) シ グ ナ ル 情 報 を 設 定 す る 。 siginfo_t 構 造 体 を 親 プ ロ セ ス の デ ー タ data の 位 置 か ら 子 プ ロ セ ス に コ ピ ー す る 。 こ の 処 理 を 行 う こ と が で き る の は 、 子 プ ロ セ ス に 通 常 は 配 送 さ れ る は ず で ト レ ー サ に 捕 捉 さ れ た シ グ ナ ル に つ い て だ け で あ る 。 こ れ ら の 通 常 の シ グ ナ ル と ptrace() 自 身 が 発 生 す る シ グ ナ ル を 見 分 け る の は 難 し い か も し れ な い 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_SETOPTIONS
(Linux 2.4.6 以 降 ; バ グ の 章 に あ る 警 告 も 参 照 ) 親 プ ロ セ ス の data に 基 づ い て ptrace の オ プ シ ョ ン を 設 定 す る (addr は 無 視 さ れ る )。 data は オ プ シ ョ ン の ビ ッ ト マ ス ク と し て 解 釈 さ れ 、 オ プ シ ョ ン に は 以 下 の フ ラ グ を 指 定 で き る :

PTRACE_O_TRACESYSGOOD (Linux 2.4.6 以 降 ) シ ス テ ム コ ー ル の ト ラ ッ プ が 配 送 さ れ た と き に 、 シ グ ナ ル 番 号 の ビ ッ ト 7 を 設 定 す る (す な わ ち 、 (SIGTRAP | 0x80) を 配 送 す る )。 こ れ に よ り 、 ト レ ー サ が 通 常 の ト ラ ッ プ と シ ス テ ム コ ー ル に よ る ト ラ ッ プ を 区 別 し や す く な る 。 (PTRACE_O_TRACESYSGOOD は ど の ア ー キ テ ク チ ャ で も 動 作 し な い 可 能 性 が あ る 。 )
PTRACE_O_TRACEFORK
(Linux 2.5.46 以 降 ) 次 の fork(2) 呼 び 出 し 時 に SIGTRAP | PTRACE_EVENT_FORK << 8 で 子 プ ロ セ ス の 動 作 を 停 止 さ せ 、 新 た に fork さ れ た プ ロ セ ス の ト レ ー ス を 自 動 的 に 開 始 し 、 SIGSTOP で そ の プ ロ セ ス の 実 行 を 開 始 す る 。 新 し い プ ロ セ ス の PID は PTRACE_GETEVENTMSG で 取 得 で き る 。
PTRACE_O_TRACEVFORK
(Linux 2.5.46 以 降 ) 次 の vfork(2) 呼 び 出 し 時 に SIGTRAP | PTRACE_EVENT_VFORK << 8 で 子 プ ロ セ ス の 動 作 を 停 止 さ せ 、 新 た に vfork さ れ た プ ロ セ ス の ト レ ー ス を 自 動 的 に 開 始 し 、 SIGSTOP で そ の プ ロ セ ス の 実 行 を 開 始 す る 。 新 し い プ ロ セ ス の PID は PTRACE_GETEVENTMSG で 取 得 で き る 。
PTRACE_O_TRACECLONE
(Linux 2.5.46 以 降 ) 次 の clone(2) 呼 び 出 し 時 に SIGTRAP | PTRACE_EVENT_CLONE << 8 で 子 プ ロ セ ス の 動 作 を 停 止 さ せ 、 新 た に clone で 作 成 さ れ た プ ロ セ ス の ト レ ー ス を 自 動 的 に 開 始 し 、 SIGSTOP で プ ロ セ ス の 実 行 を 開 始 す る 。 新 し い プ ロ セ ス の PID は PTRACE_GETEVENTMSG で 取 得 で き る 。 こ の オ プ シ ョ ン で 全 て の clone(2) コ ー ル を 捕 ま え ら れ る わ け で は な い 。 子 プ ロ セ ス が CLONE_VFORK フ ラ グ 付 き で clone(2) を 呼 び 出 し た 場 合 、 PTRACE_O_TRACEVFORK が 設 定 さ れ て い れ ば 代 わ り に PTRACE_EVENT_VFORK が 配 送 さ れ る 。 ま た 、 子 プ ロ セ ス が 終 了 シ グ ナ ル を SIGCHLD に 設 定 し て clone(2) を 呼 び 出 し た 場 合 は 、 PTRACE_O_TRACEFORK が 設 定 さ れ て い れ ば PTRACE_EVENT_FORK が 配 送 さ れ る 。
PTRACE_O_TRACEEXEC
(Linux 2.5.46 以 降 ) 次 の execve(2) 呼 び 出 し 時 に SIGTRAP | PTRACE_EVENT_EXEC << 8 で 子 プ ロ セ ス の 動 作 を 停 止 さ せ る 。
PTRACE_O_TRACEVFORKDONE
(Linux 2.5.60 以 降 ) 次 の vfork(2) 呼 び 出 し 時 に SIGTRAP | PTRACE_EVENT_VFORK_DONE << 8 で 子 プ ロ セ ス の 動 作 を 停 止 さ せ る 。
PTRACE_O_TRACEEXIT
(Linux 2.5.60 以 降 ) 終 了 (exit) 時 に SIGTRAP | PTRACE_EVENT_EXIT << 8 で 子 プ ロ セ ス の 動 作 を 停 止 さ せ る 。 子 プ ロ セ ス の 終 了 ス テ ー タ ス は PTRACE_GETEVENTMSG で 取 得 で き る 。 こ の 停 止 は レ ジ ス タ が ま だ 参 照 可 能 で あ る プ ロ セ ス 終 了 処 理 の 初 期 に 行 わ れ 、 ト レ ー サ は ど こ で 終 了 が 発 生 し た か を 知 る こ と が で き る 。 通 常 の 終 了 通 知 (exit notification) は プ ロ セ ス の 終 了 処 理 が 完 了 し た 後 に 行 わ れ る 。 コ ン テ キ ス ト を 参 照 す る こ と は で き る に も 関 わ ら ず 、 ト レ ー サ は こ の 時 点 か ら 終 了 を 止 め る こ と は で き な い 。

PTRACE_GETEVENTMSG (Linux 2.5.46 以 降 ) 発 生 し た ば か り の ptrace イ ベ ン ト に 関 す る メ ッ セ ー ジ を (unsigned long 型 で ) 取 得 す る 。 取 得 し た メ ッ セ ー ジ は 親 プ ロ セ ス の data の 位 置 に 格 納 さ れ る 。 得 ら れ る 内 容 は 、 PTRACE_EVENT_EXIT の 場 合 は 子 プ ロ セ ス の 終 了 ス テ ー タ ス で あ り 、 PTRACE_EVENT_FORK, PTRACE_EVENT_VFORK, PTRACE_EVENT_CLONE の 場 合 は 新 し い プ ロ セ ス の PID で あ る 。 Linux 2.6.18 以 降 で は 、 新 し い プ ロ セ ス の PID は PTRACE_EVENT_VFORK_DONE で 入 手 で き る 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_CONT
停 止 し た 子 プ ロ セ ス の 実 行 を 再 開 さ せ る 。 data が ゼ ロ で な く 、 SIGSTOP で も な け れ ば 、 子 プ ロ セ ス に 配 送 さ れ る シ グ ナ ル と 解 釈 さ れ る 。 ゼ ロ や SIGSTOP の 場 合 は シ グ ナ ル は 配 送 さ れ な い 。 こ れ を 使 う と 、 例 え ば 、 親 プ ロ セ ス は 子 プ ロ セ ス に 送 ら れ た シ グ ナ ル を 実 際 に 配 送 す る か ど う か を 制 御 す る こ と が で き る 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_SYSCALL
, PTRACE_SINGLESTEP

PTRACE_CONT と 同 様 に 停 止 し た 子 プ ロ セ ス を 再 開 す る 。 た だ し 、 PTRACE_SYSCALL の 場 合 は 子 プ ロ セ ス が 次 に シ ス テ ム コ ー ル に 入 る か シ ス テ ム コ ー ル か ら 抜 け る か す る 時 に 、 PTRACE_SINGLESTEP の 場 合 は 1 命 令 (instruction) 実 行 し た 後 に 停 止 さ せ る (通 常 ど お り 、 子 プ ロ セ ス は シ グ ナ ル を 受 け 取 っ た 場 合 に も 停 止 す る )。 親 プ ロ セ ス か ら 見 る と 、 子 プ ロ セ ス は SIGTRAP を 受 信 し て 停 止 し た よ う に 見 え る 。 そ の た め 、 例 え ば PTRACE_SYSCALL を 使 う と 、 1回 目 の 停 止 で 引 き 数 を 調 べ て PTRACE_SYSCALL を 実 行 し 、 2回 目 の 停 止 で シ ス テ ム コ ー ル の 返 り 値 を 調 べ る 、 と い う よ う な こ と が で き る 。 引 き 数 dataPTRACE_CONT の 場 合 と 同 じ 様 に 解 釈 さ れ る 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 )

PTRACE_SYSEMU, PTRACE_SYSEMU_SINGLESTEP (Linux 2.6.14 以 降 )

PTRACE_SYSEMU は 、 実 行 を 再 開 し 、 次 の シ ス テ ム コ ー ル に 入 る 時 に 停 止 さ せ る 。 シ ス テ ム コ ー ル は 実 行 さ れ な い 。 PTRACE_SYSEMU_SINGLESTEP も 同 様 だ が 、 シ ス テ ム コ ー ル で な い 場 合 に は 1 命 令 (singlestep) だ け 実 行 し た 時 点 で も 停 止 さ せ る 。 こ の コ ー ル は User Mode Linux の よ う に 子 プ ロ セ ス の シ ス テ ム コ ー ル を 全 て エ ミ ュ レ ー ト し よ う と す る プ ロ グ ラ ム で 使 用 さ れ る 。 引 き 数 dataPTRACE_CONT の 場 合 と 同 じ 様 に 解 釈 さ れ る 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 全 て の ア ー キ テ ク チ ャ で サ ポ ー ト さ れ て い る わ け で は な い 。 )

PTRACE_KILL 子 プ ロ セ ス に SIGKILL を 送 り 終 了 さ せ る 。 (addrdata は 無 視 さ れ る 。 )
PTRACE_ATTACH

pid で 指 定 さ れ た プ ロ セ ス に 接 続 (attach) し 、 そ れ を 呼 び 出 し 元 の プ ロ セ ス の 子 プ ロ セ ス と し て ト レ ー ス で き る よ う に す る 。 子 プ ロ セ ス は PTRACE_TRACEME し た か の よ う に 振 舞 う 。 呼 び 出 し 元 の プ ロ セ ス は そ の ほ と ん ど の 目 的 に お い て 、 そ の 子 プ ロ セ ス の 実 際 の 親 に な る (例 え ば 、 子 プ ロ セ ス の イ ベ ン ト の 通 知 を 受 け と っ た り 、 ps(1) で 親 と し て 表 示 さ れ た り す る )。 し か し 、 子 プ ロ セ ス で getppid(2) を 実 行 し た 場 合 に は 元 の 親 プ ロ セ ス の PID が 返 さ れ る 。 子 プ ロ セ ス に は SIGSTOP が 送 ら れ る が 、 こ の 呼 び 出 し が 完 了 す る ま で に 必 ず し も 停 止 す る と は 限 ら な い 。 子 プ ロ セ ス の 停 止 を 待 つ に は wait(2) を 使 用 す る こ と 。 (addrdata は 無 視 さ れ る 。 )

PTRACE_DETACH

PTRACE_CONT と 同 様 に 停 止 し た 子 プ ロ セ ス を 再 開 す る 。 た だ し ま ず そ の プ ロ セ ス か ら の 分 離 (detach) を 行 い 、 PTRACE_ATTACH で の 親 の 切 り 換 え に よ る 効 果 と PTRACE_TRACEME の 効 果 を 取 り 消 す 。 意 図 し た も の で は な い だ ろ う が 、 Linux で は 、 ト レ ー ス さ れ て い る 子 プ ロ セ ス は ど の よ う な 方 法 で ト レ ー ス を 開 始 さ れ た と し て も 、 こ の 方 法 で 分 離 (detach) す る こ と が で き る 。 (addr は 無 視 さ れ る 。 )

返 り 値

成 功 す る と 、 PTRACE_PEEK* の 場 合 は 要 求 し た デ ー タ を 返 し 、 そ れ 以 外 の 場 合 は 0 を 返 す 。 エ ラ ー の 場 合 は −1 を 返 し 、 errno が 適 切 に 設 定 さ れ る 。 PTRACE_PEEK* が 成 功 し て 返 す 値 も   −1 に な る こ と が あ る た め 、 そ の よ う な 要 求 の 場 合 に は 、 呼 び 出 し 元 は errno を 調 べ 、 エ ラ ー か 発 生 し た の か ど う か を 判 断 し な け れ ば な ら な い 。

エ ラ ー

EBUSY

(i386 の み ) デ バ ッ グ レ ジ ス タ の 確 保 ま た は 解 放 で エ ラ ー が 発 生 し た 。

EFAULT

親 プ ロ セ ス ま た は 子 プ ロ セ ス の メ モ リ の 不 正 な 領 域 に 読 み 書 き し よ う と し た 。 お そ ら く そ の 領 域 が マ ッ ピ ン グ さ れ て い な い か 、 そ の 領 域 へ の ア ク セ ス が 許 さ れ て い な い か で あ る 。 不 運 な こ と に 、 Linux で は こ の よ う な エ ラ ー の 場 合 、 多 か れ 少 な か れ 恣 意 的 に EIO を 返 し た り EFAULT を 返 し た り す る こ と が あ る 。
EINVAL

不 正 な オ プ シ ョ ン を 設 定 し よ う と し た 。

EIO

request が 不 正 で あ る 。 ま た は 、 親 プ ロ セ ス ま た は 子 プ ロ セ ス の メ モ リ の 不 正 な 領 域 に 読 み 書 き し よ う と し た 。 ま た は 、 ワ ー ド 境 界 違 反 が あ っ た 。 ま た は 、 実 行 再 開 の 要 求 で 不 正 な シ グ ナ ル を 指 定 し た 。

EPERM

指 定 し た プ ロ セ ス を ト レ ー ス す る こ と が で き な い 。 こ れ は 親 プ ロ セ ス が 必 要 な 権 限 (必 要 な ケ ー パ ビ リ テ ィ は CAP_SYS_PTRACE) を 持 っ て い な い こ と が 原 因 の 場 合 が あ る 。 分 か り や す い 理 由 を 挙 げ る な ら 、 ル ー ト で な い プ ロ セ ス は シ グ ナ ル を 送 れ な い プ ロ セ ス は ト レ ー ス で き な い し 、 set-user-ID/set-group-ID プ ロ グ ラ ム を 実 行 し て い る プ ロ セ ス は ト レ ー ス で き な い 。 ま た は 、 プ ロ セ ス は す で に ト レ ー ス 中 で あ る 、 ま た は init(8) プ ロ セ ス (PID が 1) で あ る 。

ESRCH

指 定 し た プ ロ セ ス が 存 在 し な い 。 ま た は 、 指 定 し た プ ロ セ ス は 呼 び 出 し た プ ロ セ ス が 現 在 ト レ ー ス 中 の 子 プ ロ セ ス で は な い 。 ま た は 、 指 定 し た プ ロ セ ス が 停 止 し て い な い (停 止 し て い る こ と が 必 要 な 要 求 の 場 合 )。

準 拠

SVr4, 4.3BSD.

注 意

ptrace() の 引 き 数 は 上 の よ う な プ ロ ト タ イ プ に 基 づ い て 解 釈 さ れ る が 、 glibc で は 、 現 在 の と こ ろ ptrace() は request 引 き 数 だ け が 固 定 の 可 変 長 引 き 数 関 数 と し て 宣 言 さ れ て い る 。 こ れ は 必 要 な け れ ば 残 り の 引 き 数 は 省 略 可 能 で あ る こ と を 意 味 す る が 、 そ れ は gcc(1) の 明 文 化 さ れ て い な い 動 作 を 利 用 し て い る こ と に な る 。

init(8) す な わ ち PID が 1 の プ ロ セ ス は ト レ ー ス す る こ と が で き な い 。 メ モ リ や USER 領 域 の 内 容 や 配 置 は OS ご と 、 ア ー キ テ ク チ ャ ご と に 非 常 に 依 存 す る 。 オ フ セ ッ ト が 指 定 さ れ た 場 合 、 返 さ れ る デ ー タ は struct user の 定 義 と 完 全 に 一 致 し な い こ と も あ り え る 。 「 ワ ー ド (word) 」 の 大 き さ は OS に よ っ て 決 ま る 。 (例 え ば 、 32 ビ ッ ト の Linux で は 32 ビ ッ ト で あ る 、 な ど 。 ) ト レ ー ス す る こ と に よ っ て ト レ ー ス さ れ る プ ロ セ ス の 動 作 に 些 細 な 違 い が 起 こ る こ と が あ る 。 例 え ば 、 プ ロ セ ス が PTRACE_ATTACH に よ っ て 接 続 さ れ た 場 合 に は 、 そ の プ ロ セ ス が 停 止 し た 時 で も 本 来 の 親 は wait(2) を 使 っ て 通 知 を 受 け る こ と が で き ず 、 新 し い 親 が 効 率 よ く こ の 通 知 を 真 似 る 方 法 も な い 。 親 プ ロ セ ス が PTRACE_EVENT_* が セ ッ ト さ れ た イ ベ ン ト を 受 信 し た 場 合 、 子 プ ロ セ ス は 通 常 通 り の シ グ ナ ル 配 送 が 行 わ れ る 状 態 に な い 。 つ ま り 、 親 プ ロ セ ス が 、 シ グ ナ ル に よ り ptrace(PTRACE_CONT) を 行 っ た り 、 ptrace(PTRACE_KILL) を 行 っ た り で き な い と い う こ と で あ る 。 こ ら ら の メ ッ セ ー ジ の 受 信 後 は 、 子 プ ロ セ ス を 終 了 (kill) す る の に 、 シ グ ナ ル SIGKILL を 指 定 し て kill(2) を 行 う 方 法 を 代 わ り に 使 用 で き る 。 こ の マ ニ ュ ア ル は 現 在 の Linux に お け る ptrace() コ ー ル の 動 作 に つ い て 記 述 し て い る 。 他 の Unix で は そ の 動 作 は 著 し く 異 な る 。 い か な る 場 合 も ptrace() を 使 う と OS や ア ー キ テ ク チ ャ に 非 常 に 依 存 し た も の に な る 。

SunOS の マ ニ ュ ア ル ・ ペ ー ジ に は ptrace() は 「 独 特 で 不 可 解 」 と 記 述 さ れ て お り 、 ま さ し く そ う で あ る 。 Solaris 2 で は proc ベ ー ス の デ バ ッ グ の イ ン タ ー フ ェ ー ス と し て ptrace() の 上 位 互 換 関 数 が 実 装 さ れ 、 よ り 強 力 で 一 貫 性 の あ る も の と な っ て い る 。

バ グ

カ ー ネ ル 2.6 の ヘ ッ ダ が イ ン ス ト ー ル さ れ た ホ ス ト で は 、 PTRACE_SETOPTIONS は カ ー ネ ル 2.4 の ヘ ッ ダ と は 異 な る 値 で 宣 言 さ れ る 。 こ の た め 、 カ ー ネ ル 2.6 の ヘ ッ ダ で コ ン パ イ ル さ れ た ア プ リ ケ ー シ ョ ン は カ ー ネ ル 2.4 で は 正 し く 動 作 し な い 。 こ の 問 題 は 、 PTRACE_SETOPTIONS が 定 義 さ れ て い た 際 は 、 PTRACE_SETOPTIONSPTRACE_OLDSETOPTIONS に 定 義 し 直 す こ と で 対 処 で き る 。

関 連 項 目

gdb(1), strace(1), execve(2), fork(2), signal(2), wait(2), exec(3), capabilities(7)

COMMENTS