Manpages

名 称

named — イ ン タ ー ネ ッ ト ド メ イ ン ネ ー ム サ ー バ (DNS) 書 式
named
[−d debuglevel] [−p port#] [

(
b
|c) config_file ] [−f −q −r −v] [−u user_name] [−g group_name] [−t directory] [−w directory] [config_file] 解 説

named は イ ン タ ー ネ ッ ト ド メ イ ン ネ ー ム サ ー バ で す 。 イ ン タ ー ネ ッ ト ド メ イ ン ネ ー ム シ ス テ ム の 詳 細 な 情 報 に つ い て は RFC 1033, 1034, 1035 を 参 照 し て く だ さ い 。 パ ラ メ ー タ が な い 場 合 は named は デ フ ォ ル ト の 設 定 フ ァ イ ル で あ る /etc/namedb/named.conf の 初 期 化 デ ー タ を 読 み 込 み 、 問 い 合 わ せ に 対 し 待 機 し ま す 。 コ マ ン ド 行 の 最 後 に 与 え ら れ た config_file 引 数 は ’’−b’’ ま た は ’’−c’’ フ ラ グ を 使 用 し て 指 定 さ れ た config_file を 無 効 に し ま す 。 注 : named の い く つ か の オ プ シ ョ ン と 多 く の 動 作 は 、 設 定 フ ァ イ ル の 中 で 制 御 で き ま す 。 更 な る 情 報 は こ の BIND 配 布 物 に 含 ま れ る 設 定 フ ァ イ ル ガ イ ド を 参 照 し て く だ さ い 。 指 定 で き る オ プ シ ョ ン は 以 下 の 通 り で す 。

−d debuglevel デ バ ッ グ 情 報 を 出 力 し ま す 。 debuglevel は 表 示 す る メ ッ セ ー ジ の レ ベ ル を 決 定 す る 数 字 で す 。 も し 負 の 値 の 場 合 、 debuglevel は ’’1’’ に 設 定 さ れ ま す 。 注 : 新 し い デ バ ッ グ の 枠 組 は 古 い バ ー ジ ョ ン の named よ り も か な り 洗 練 さ れ て い ま す 。 設 定 フ ァ イ ル の ’’logging’’ 宣 言 は (問 い 合 わ せ や 内 /外 へ の 転 送 な ど の ) 多 く の 種 類 に わ た る イ ベ ン ト そ れ ぞ れ に 対 し て 、 複 数 の 別 々 な デ バ ッ グ レ ベ ル を 設 定 す る こ と が で き ま す 。 こ れ ら の 広 範 囲 に わ た る 新 し い 機 能 に 関 す る 更 な る 情 報 は 、 こ の BIND 配 布 物 に 含 ま れ る 設 定 フ ァ イ ル ガ イ ド を 参 照 し て く だ さ い 。

−p port# 指 定 さ れ た リ モ ー ト ポ ー ト 番 号 を 使 用 し ま す 。 こ の ポ ー ト 番 号 は named が 問 い 合 わ せ を 送 る 番 号 で す 。 デ フ ォ ル ト の 値 は 標 準 の ポ ー ト 番 号 、 つ ま り getservbyname(3) が ’’domain’’ に 対 し て 返 す ポ ー ト 番 号 で す 。 注 : 以 前 は 、 ’’−p port#[/localport#]’’ と い う 文 法 が 使 用 で き 、 1 つ 目 の ポ ー ト が remote サ ー バ へ の 接 続 に 使 用 さ れ 、 2 つ 目 の ポ ー ト が namedlocal サ ー バ に 対 す る ポ ー ト 番 号 と し て 使 用 さ れ ま し た 。 現 在 の 使 用 法 は 古 い 使 用 法 か ら localport# の 指 定 を 除 い た も の と 同 等 で す 。 こ の 機 能 は 設 定 フ ァ イ ル の ’’options’’ 宣 言 に あ る ’’listen-on’’ 節 で 指 定 で き ま す 。

(
b
|c) config_file 代 わ り の config_file を 使 用 し ま す 。 こ の 引 数 は コ マ ン ド 行 の 最 後 に 指 定 さ れ た config_file に よ っ て 上 書 き さ れ ま す 。 デ フ ォ ル ト の 値 は /etc/namedb/named.conf で す 。

−f こ の プ ロ セ ス を 表 で 動 か し 、 fork(2) や デ ー モ ン 化 を し ま せ ん (デ フ ォ ル ト で は デ ー モ ン 化 を し ま す )。

−q

named が QRYLOG を 定 義 し て コ ン パ イ ル さ れ て い る 場 合 に 、 す べ て の 問 い 合 わ せ の ト レ ー ス を 行 な い ま す 。 注 : 設 定 フ ァ イ ル の ’’logging’’ 宣 言 で ’’queries’’ logging category す る 方 が 賛 成 さ れ 、 こ の オ プ シ ョ ン は 反 対 さ れ て い ま す 。 更 な る 情 報 は 、 こ の BIND 配 布 物 に 含 ま れ る 設 定 フ ァ イ ル ガ イ ド を 参 照 し て く だ さ い 。

−r 再 帰 的 な ネ ー ム サ ー バ の 問 い 合 わ せ を 抑 止 し ま す 。 問 い 合 わ せ に 対 し て は ロ ー カ ル ゾ ー ン (プ ラ イ マ リ も し く は セ カ ン ダ リ ) か ら の み 回 答 さ れ ま す 。 こ の 指 定 は ル ー ト サ ー バ に て 使 用 す る こ と が で き ま す 。 デ フ ォ ル ト で は 再 帰 的 な 問 い 合 わ せ を 行 な い ま す 。 注 : こ の オ プ シ ョ ン は 設 定 フ ァ イ ル の ’’options’’ 宣 言 の ’’recursion’’ 節 に よ っ て 上 書 き さ れ 、 ま た そ ち ら の ほ う が 推 奨 さ れ て い ま す 。

−v バ ー ジ ョ ン を 報 告 し 、 終 了 し ま す 。

−u user_name ユ ー ザ を 指 定 す る と 、 初 期 化 後 の サ ー バ が こ の ユ ー ザ で 動 作 し ま す 。 値 は ユ ー ザ 名 ま た は 数 字 の ユ ー ザ ID ど ち ら で も 構 い ま せ ん 。 ’’−g’’ フ ラ グ が 指 定 さ れ て い な か っ た 場 合 、 指 定 さ れ た ユ ー ザ の プ ラ イ マ リ グ ル ー プ が グ ル ー プ ID と し て 使 用 さ れ ま す (initgroups() が 呼 ば れ る た め 、 ユ ー ザ の 所 属 す る す べ て の グ ル ー プ が サ ー バ に 渡 さ れ ま す )。

−g group_name グ ル ー プ を 指 定 す る と 、 初 期 化 後 の サ ー バ が こ の グ ル ー プ で 動 作 し ま す 。 値 は グ ル ー プ 名 ま た は 数 字 の グ ル ー プ ID ど ち ら で も 構 い ま せ ん 。

−t directory サ ー バ が コ マ ン ド 行 引 数 を 処 理 し た ら す ぐ に chroot() す る べ き デ ィ レ ク ト リ を 指 定 し ま す 。

−w directory サ ー バ の 作 業 デ ィ レ ク ト リ を 設 定 し ま す 。 設 定 フ ァ イ ル の ’’options’’ 宣 言 の ’’directory’’ 節 は コ マ ン ド 行 で 指 定 し た あ ら ゆ る 値 を 上 書 き し ま す 。 デ フ ォ ル ト の 作 業 デ ィ レ ク ト リ は カ レ ン ト デ ィ レ ク ト リ (’’.’’) で す 。 そ れ 以 外 の 引 数 は 上 で 述 べ た と お り 、 古 い 実 装 と の 互 換 性 の た め に 、 設 定 フ ァ イ ル の 名 前 と し て 扱 わ れ ま す 。 こ の 引 数 は ’’−b’’ ま た は ’’−c’’ フ ラ グ を 使 用 し て 指 定 さ れ る config_file を 無 効 に し ま す 。 特 に 引 数 が 与 え ら れ な け れ ば 、 デ フ ォ ル ト の 設 定 フ ァ イ ル が 使 用 さ れ ま す (/etc/namedb/named.conf) 。 マ ス タ フ ァ イ ル 形 式 マ ス タ フ ァ イ ル は 制 御 情 報 と ゾ ー ン 中 の オ ブ ジ ェ ク ト の 資 源 レ コ ー ド の リ ス ト か ら な り 、 次 の 形 式 を 取 り ま す 。

$INCLUDE <filename> <opt_domain>
$ORIGIN <domain>
$TTL <ttl>
<domain> <opt_ttl> <opt_class> <type> <resource_record_data> こ こ で 、

domain ル ー ト の 場 合 は ’’.’’ を 、 現 在 の 起 点 の 場 合 は ’’@’’ を 、 そ れ ら 以 外 で は 通 常 の ド メ イ ン 名 を 指 定 し ま す 。 domain が ’’.’’ で 終 っ て い な い 通 常 の ド メ イ ン 名 で あ る 場 合 は 、 現 在 の 起 点 が ド メ イ ン に 追 加 さ れ ま す 。 ド メ イ ン 名 が ’’.’’ で 終 っ て い る 場 合 は 変 更 さ れ ま せ ん 。

opt_domain こ の フ ィ ー ル ド に は イ ン ク ル ー ド フ ァ イ ル 中 の デ ー タ の 起 点 を 定 義 し ま す 。 こ れ は イ ン ク ル ー ド フ ァ イ ル の 最 初 の 行 の 前 に $ORIGIN 宣 言 を 置 く こ と と 等 価 で す 。 こ の フ ィ ー ル ド は オ プ シ ョ ナ ル で す 。 opt_domain フ ィ ー ル ド や イ ン ク ル ー ド フ ァ イ ル 中 の $ORIGIN 宣 言 は そ の フ ァ イ ル 自 身 の 現 在 の 起 点 を 変 更 す る こ と は あ り ま せ ん 。

ttl 明 示 的 な TTL (time-to-live) を 持 た な い 将 来 の レ コ ー ド の た め の デ フ ォ ル ト の TTL を 、 整 数 値 で 指 定 し ま す 。

opt_ttl こ の フ ィ ー ル ド は オ プ シ ョ ン で あ り 、 time-to-live を 整 数 値 で 指 定 し ま す 。 設 定 さ れ な い 場 合 、 TTL は 最 後 の $TTL 文 か ら 取 得 さ れ ま す 。 $TTL 文 が 存 在 し な い 場 合 、 SOA の 最 小 値 が 使 用 さ れ 、 警 告 が 生 成 さ れ ま す 。

opt_class オ ブ ジ ェ ク ト の ア ド レ ス の 型 を 指 定 し ま す 。 現 在 は DARPAイ ン タ ー ネ ッ ト に 接 続 す る オ ブ ジ ェ ク ト で あ る IN の み が サ ポ ー ト さ れ て い ま す 。

type こ の フ ィ ー ル ド に は 以 下 の ト ー ク ン の う ち ひ と つ が 含 ま れ ま す 。 括 弧 中 に お の お の resource_record_data フ ィ ー ル ド に 指 定 す べ き デ ー タ を 示 し て い ま す 。

A ホ ス ト ア ド レ ス (4つ 組 ド ッ ト IP ア ド レ ス )

NS 権 威 が あ る ネ ー ム サ ー バ (ド メ イ ン )

MX メ ー ル エ ク ス チ ェ ン ジ ャ (ド メ イ ン ) 優 先 順 位 (0..32767) に 引 続 き 指 定 し ま す 。 優 先 順 位 は 小 さ い 値 が 優 先 順 位 の 高 い こ と を 示 し ま す 。

CNAME 別 名 に 対 応 し た 正 式 名 (ド メ イ ン )

SOA オ ー ソ リ テ ィ ゾ ー ン デ ー タ の 開 始 を 示 し ま す 。 (ホ ス ト の 属 す る ド メ イ ン 、 メ ン テ ナ の ド メ イ ン ア ド レ ス 、 シ リ ア ル 番 号 、 そ の 後 に リ フ レ ッ シ ュ 、 リ ト ラ イ 、 有 効 期 限 、 最 小 TTL (RFC 883 と RFC 2308 を 参 照 ) の 各 値 を 秒 で 指 定 し た パ ラ メ ー タ が 続 く )。

NULL ヌ ル リ ソ ー ス レ コ ー ド (形 式 や デ ー タ は あ り ま せ ん )

RP い く つ か の ド メ イ ン 名 の 責 任 者 (メ ー ル ア ド レ ス か 参 照 で き る テ キ ス ト )

PTR ド メ イ ン 名 の ポ イ ン タ (ド メ イ ン )

HINFO ホ ス ト 情 報 (CPUタ イ プ 、 OSタ イ プ ) 通 常 は 行 末 で リ ソ ー ス レ コ ー ド は 終 了 し ま す が 、 左 括 弧 と 右 括 弧 で 囲 ま れ た 場 合 は 複 数 行 に ま た が る こ と が 可 能 と な り ま す 。 セ ミ コ ロ ン か ら 行 末 ま で は コ メ ン ト と し て 扱 わ れ ま す 。 注 : こ こ に は 示 さ れ て い ま せ ん が 、 こ の ほ か の タ イ プ の リ ソ ー ス レ コ ー ド も 存 在 し ま す 。 リ ソ ー ス レ コ ー ド の す べ て の タ イ プ を 知 る に は BIND Operations Guide (’’BOG’’) を 参 照 す る 必 要 が あ る で し ょ う 。 新 し い RFC に て い く つ か の リ ソ ー ス タ イ プ が 標 準 化 さ れ て い ま す が 、 こ の バ ー ジ ョ ン の BIND で は ま だ 実 装 さ れ て い ま せ ん 。

SOA レ コ ー ド 形 式 各 マ ス タ ゾ ー ン フ ァ イ ル は そ の ゾ ー ン の SOA レ コ ー ド で 始 ま ら な け れ ば な り ま せ ん 。 以 下 に SOA レ コ ー ド の 例 を 示 し ま す 。

@

IN

SOA

ucbvax.Berkeley.EDU. rwh.ucbvax.Berkeley.EDU. (

1989020501

; serial

10800

; refresh

3600

; retry

3600000

; expire

86400 )

; minimum

SOA で は シ リ ア ル 番 号 (serial) を 指 定 し ま す 。 シ リ ア ル 番 号 は マ ス タ フ ァ イ ル を 更 新 す る た び に 増 加 す る 必 要 が あ り ま す 。 シ リ ア ル 番 号 は 小 数 点 つ き の 数 字 を 指 定 す る こ と も で き ま す が 、 整 数 へ の 変 換 は 乗 算 や 加 算 で は な く 文 字 列 と し て つ な げ て 行 っ て い る た め 、 あ ま り 賢 い 方 法 と は い え ま せ ん 。 年 月 日 と 0〜 99 の シ リ ア ル 番 号 を 使 用 す る こ と で 、 こ の フ ィ ー ル ド の サ イ ズ で あ る 符 号 な し の 32 ビ ッ ト 以 内 に 収 ま り ま す 。 (こ の や り 方 は 4294 年 に は 考 え 直 す 必 要 が あ る こ と は 確 か で す が 、 そ れ に つ い て は 心 配 す る 必 要 は な い で し ょ う )。 セ カ ン ダ リ サ ー バ は 秒 で 指 定 さ れ た リ フ レ ッ シ ュ 時 間 (refresh) の 間 隔 で シ リ ア ル 番 号 を チ ェ ッ ク し ま す 。 シ リ ア ル 番 号 に 変 更 が あ れ ば 、 新 し い デ ー タ を 読 み 込 む た め に ゾ ー ン 情 報 が 転 送 さ れ ま す 。 リ フ レ ッ シ ュ 時 間 が 過 ぎ て も マ ス タ サ ー バ に 接 続 で き な い 場 合 は 、 リ ト ラ イ 時 間 (retry) の 間 隔 で リ フ レ ッ シ ュ が 試 み ら れ ま す 。 期 限 切 れ 時 間 (expire) が 過 ぎ て マ ス タ サ ー バ に 接 続 で き な い 場 合 は 、 セ カ ン ダ リ サ ー バ は そ の ゾ ー ン の す べ て の デ ー タ を 破 棄 し ま す 。 ブ ー ト フ ァ イ ル で の ’’domain’’ と ’’suffixes’’ の 指 定 は 廃 止 さ れ 、 も っ と 便 利 な リ ゾ ル バ ベ ー ス の 実 装 、 す な わ ち 部 分 的 な 形 の ド メ イ ン 名 (partially-qualified domain names) の 接 尾 辞 に 置 き 変 え ら れ ま し た 。 以 前 の メ カ ニ ズ ム で は 多 く の 状 況 下 で 失 敗 す る こ と が あ り 、 特 に ロ ー カ ル ネ ー ム サ ー バ が 完 全 な 情 報 を 持 っ て い な い 場 合 に 失 敗 し ま し た 。 以 下 に 各 シ グ ナ ル を kill(1) コ マ ン ド に よ っ て サ ー バ に 送 っ た 場 合 の 効 果 を 示 し ま す 。

SIGHUP サ ー バ は named.conf を 読 み 、 デ ー タ ベ ー ス を ロ ー ド し 直 し ま す 。 サ ー バ が コ ン パ イ ル オ プ シ ョ ン の FOCED_RELOAD を 定 義 さ れ て コ ン パ イ ル さ れ て い る 場 合 は 、 SIGHUP を 送 る と サ ー バ は す べ て の セ カ ン ダ リ ゾ ー ン の シ リ ア ル 番 号 も チ ェ ッ ク し ま す 。 通 常 、 シ リ ア ル 番 号 は SOA 中 に 指 定 さ れ た 間 隔 で の み チ ェ ッ ク さ れ ま す 。

SIGINT 現 在 の デ ー タ ベ ー ス と キ ャ ッ シ ュ の 内 容 を ’’/var/tmp/named_dump.db’’ ま た は _PATH_DUMPFILE の 値 に ダ ン プ し ま す 。

SIGILL サ ー バ が -DSTATS 付 き で コ ン パ イ ル さ れ て い れ ば 、 統 計 デ ー タ を named.stats に ダ ン プ し ま す 。 統 計 デ ー タ は こ の フ ァ イ ル の 末 尾 に 追 加 さ れ ま す 。

SIGSYS サ ー バ が プ ロ フ ァ イ リ ン グ (サ ー バ の fork, chdir と exit) を 有 効 に さ れ て コ ン パ イ ル さ れ て い れ ば 、 プ ロ フ ァ イ リ ン グ デ ー タ を /var/tmp に ダ ン プ し ま す 。

SIGTERM 更 新 さ れ た デ ー タ が 存 在 す れ ば こ れ を 保 存 し 、 サ ー バ を シ ャ ッ ト ダ ウ ン し ま す

SIGUSR1 デ バ ッ グ 機 能 を 有 効 に し ま す 。 SIGUSR1 が 送 ら れ る た び に デ バ ッ グ レ ベ ル が 上 が り ま す 。 (
SIGUSR1 が な い 古 い シ ス テ ム で は
SIGEMT が 使 わ れ ま す 。 )

SIGUSR2 デ バ ッ グ 機 能 を 完 全 に 無 効 に し ま す 。 (
SIGUSR2 が な い 古 い シ ス テ ム で は
SIGFPE が 使 わ れ ま す 。 )

SIGWINCH す べ て の サ ー バ に 入 力 さ れ る 問 い 合 わ せ の syslog(8) に よ る ロ グ 採 取 の 有 無 を 切 り 替 え ま す 。 (ロ グ 採 取 は サ ー バ が QRYLOG オ プ シ ョ ン を 指 定 さ れ て コ ン パ イ ル さ れ て い る 必 要 が あ り ま す 。 ) 関 連 フ ァ イ ル
/etc/namedb/named.conf
デ フ ォ ル ト の ネ ー ム サ ー バ の 設 定 フ ァ イ ル
/var/run/named.pid
(_PATH_PIDFILE) プ ロ セ ス ID
/var/tmp/named_dump.db
(_PATH_DUMPFILE) ネ ー ム サ ー バ デ ー タ ベ ー ス の ダ ン プ
/var/tmp/named.run
(file: _PATH_DEBUG) デ バ ッ グ 出 力
/var/tmp/named.stats
(file: _PATH_STATS) ネ ー ム サ ー バ の 統 計 デ ー タ 関 連 項 目

gethostbyname(3), hostname(7), kill(1), resolver(3), resolver(5), signal(2), RFC 882, RFC 883, RFC 973, RFC 974, RFC 1033, RFC 1034, RFC 1035, RFC 1123, RFC 2308 ’’Name Server Operations Guide for BIND’’

COMMENTS