Manpages

名 前

lp − フ ァ イ ル を 印 刷 す る

書 式

lp [ −E ] [ −U username ] [ −c ] [ −d destination[/instance] ] [ −h hostname[:port] ] [ −m ] [ −n num−copies ] [ −o option[=value] ] [ −q priority ] [ −s ] [ −t title ] [ −H handling ] [ −P page−list ] [ −− ] [ file(s) ]
lp
[ −E ] [ −U username ] [ −c ] [ −h hostname[:port] ] [ −i job−id ] [ −n num−copies ] [ −o option[=value] ] [ −q priority ] [ −t title ] [ −H handling ] [ −P page−list ]

説 明

lp は フ ァ イ ル を 印 刷 に 回 し た り 、 保 留 に な っ て い る ジ ョ ブ の 状 態 を 変 更 し た り す る 。 標 準 入 力 か ら 読 み 込 ん で 印 刷 す る に は 、 フ ァ イ ル 名 に "−" を 指 定 す れ ば よ い 。

デ フ ォ ル ト の 出 力 先

CUPS で デ フ ォ ル ト の 出 力 先 を 設 定 す る に は 、 い ろ い ろ な 方 法 が あ る 。 ま ず 最 初 に 環 境 変 数 "LPDEST" や "PRINTER" が 参 照 さ れ る 。 ど ち ら も 設 定 さ れ て い な い 場 合 は 、 lpoptions(1) コ マ ン ド で 設 定 し た 現 在 の デ フ ォ ル ト が 使 わ れ る 。 そ れ も 設 定 さ れ て い な い 場 合 は 、 lpadmin(8) コ マ ン ド で 設 定 し た デ フ ォ ル ト が 使 用 さ れ る 。

オ プ シ ョ ン

lp は 以 下 の オ プ シ ョ ン を 認 識 す る 。

−− オ プ シ ョ ン の 終 わ り を 示 す 。 印 刷 す る フ ァ イ ル の 名 前 が ダ ッ シ ュ

(−) で

始 ま る と き 、 こ れ を 使 用 す る と よ い 。

−E サ ー バ に 接 続 す る と き 、 必 ず 暗 号 化 を 行 う よ う に す る 。

−U username サ ー バ に 接 続 す る と き に 使 用 す る ユ ー ザ 名 を 指 定 す る 。

−c こ の オ プ シ ョ ン が 用 意 さ れ て い る の は 、 後 方 互 換 の た め に す ぎ な い 。 こ の オ プ シ ョ ン を サ ポ ー ト し て い る シ ス テ ム で 指 定 す る と 、 印 刷 す る 前 に 、 印 刷 す る フ ァ イ ル を ス プ ー ル デ ィ レ ク ト リ に コ ピ ー す る 。

CUPS で は 、 印 刷 す る フ ァ イ ル が 、 常 に IPP 経 由 で ス ケ ジ ュ ー ラ に 送 ら れ る が 、 そ れ に は −c オ プ シ ョ ン と 同 じ 効 果 が あ る 。
−d destination フ ァ イ ル の 印 刷 に こ の 名 前 の プ リ ン タ を 使 う 。
−h hostname[:port] 別 の サ ー バ を 選 択 す る 。
−i job−id 存 在 す る ジ ョ ブ の う ち 、 状 態 を 変 更 す る も の を 指 定 す る 。

−m ジ ョ ブ が 完 了 し た ら 、

E メ ー ル を 送 付 す る 。

−n copies 印 刷 す る 枚 数 を 指 定 す る 。 枚 数 の 指 定 は 1 か ら 100 ま で 。
−o "name=value [name=value ...]" ジ ョ ブ に 対 す る オ プ シ ョ ン を 一 つ 以 上 設 定 す る 。
−q priority

1 (最 低 ) か ら 100 (最 高 ) ま で の ジ ョ ブ の 優 先 度 を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト の 優 先 度 は 50 で あ る 。

−s 付 け ら れ た ジ ョ ブ

ID を 通 知 し な い (サ イ レ ン ト モ ー ド )。

−t "name" ジ ョ ブ に 名 前 (タ イ ト ル ) を 付 け る 。
−H hh:mm
−H hold
−H immediate
−H restart
−H resume ジ ョ ブ が い つ 印 刷 さ れ る か を 指 定 す る 。 値 が immediate だ と 、 フ ァ イ ル は 即 座 に 印 刷 さ れ る 。 値 が hold の 場 合 は 、 ジ ョ ブ は 無 期 限 に 保 留 さ れ る 。 値 が UTC の 時 刻 (HH:MM) の 場 合 は 、 指 定 し た 時 刻 (UTC、 す な わ ち 協 定 世 界 時 で あ っ て 、 現 地 時 刻 で は な い ) が 来 る ま で 、 ジ ョ ブ は 保 留 さ れ る こ と に な る 。 −H オ プ シ ョ ン の resume と い う 値 は −i オ プ シ ョ ン と 組 み 合 わ せ て 使 用 し 、 保 留 に な っ て い る ジ ョ ブ を 再 開 さ せ る 。 restart と い う 値 も 、 −i オ プ シ ョ ン と 組 み 合 わ せ て 使 用 し 、 完 了 し た ジ ョ ブ を 再 実 行 さ せ る 。
−P page−list 文 書 中 の ど の ペ ー ジ を 印 刷 す る か を 指 定 す る 。 リ ス ト に は 、 ペ ー ジ 番 号 と ペ ー ジ の 範 囲 (#−#) を コ ン マ で 区 切 っ た も の が 使 え る (た と え ば 、 1,3−5,16 と い っ た 具 合 だ )。 ペ ー ジ 番 号 は 出 力 さ れ る ペ ー ジ の 番 号 で あ っ て 、 文 書 そ の も の の ペ ー ジ 番 号 で は な い 。 言 い 換 え れ ば 、 "number−up" な ど の オ プ シ ョ ン を 使 う と 、 ペ ー ジ の 数 え 方 が 変 わ る こ と が あ る と い う こ と で あ る 。

ジ ョ ブ に 対 し て よ く 使 う オ プ シ ョ ン

lpoptions(1) に よ っ て 報 告 さ れ る プ リ ン タ ー に 固 有 な オ プ シ ョ ン の ほ か に も 、 以 下 の よ う な 汎 用 の オ プ シ ョ ン が 使 用 で き る 。
−o media=size ペ ー ジ サ イ ズ を size に 設 定 す る 。 ほ と ん ど の プ リ ン タ が 少 な く と も "a4", "letter", "legal" と い う サ イ ズ 名 を サ ポ ー ト し て い る 。
−o landscape
−o orientation−requested=4 ジ ョ ブ を 横 長 で 印 刷 す る (90 度 回 転 す る )。
−o sides=one−sided
−o sides=two−sided−long−edge
−o sides=two−sided−short−edge 用 紙 の 片 面 、 あ る い は 両 面 に 印 刷 す る 。 "two−sided−long−edge" と い う 値 は 普 通 、 縦 長 の (つ ま り 、 回 転 し な い ) ペ ー ジ を 印 刷 す る と き に 使 わ れ る 。 "two−sided−short−edge" の 方 は 、 横 長 の ペ ー ジ に 使 用 さ れ る 。
−o fitplot 印 刷 す る フ ァ イ ル を 用 紙 に 合 わ せ て 縮 小 ・ 拡 大 す る 。
−o number−up=2
−o number−up=4
−o number−up=6
−o number−up=9
−o number−up=16 用 紙 の 一 枚 に 文 書 の 複 数 ペ ー ジ を 印 刷 す る 。
−o scaling=number 用 紙 の number パ ー セ ン ト を 使 う よ う に 、 画 像 フ ァ イ ル を 縮 小 ・ 拡 大 す る 。 100 以 上 の 値 を 指 定 す る と 、 画 像 フ ァ イ ル が 複 数 枚 の 用 紙 を 使 っ て 、 印 刷 さ れ る こ と に な る 。
−o cpi=N テ キ ス ト フ ァ イ ル の 印 刷 で 、 1 イ ン チ あ た り 何 文 字 印 刷 す る か を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト は 10 文 字 で あ る 。
−o lpi=N テ キ ス ト フ ァ イ ル の 印 刷 で 、 1 イ ン チ あ た り 何 行 印 刷 す る か を 設 定 す る 。 デ フ ォ ル ト は 6 行 で あ る 。
−o page−bottom=N
−o page−left=N
−o page−right=N
−o page−top=N テ キ ス ト フ ァ イ ル を 印 刷 す る と き の ペ ー ジ の 余 白 を 設 定 す る 。 値 の 単 位 は ポ イ ン ト で あ る 。 1 イ ン チ は 72 ポ イ ン ト 。

用 例

"foo" と い う プ リ ン タ で 、 文 書 を リ ー ガ ル サ イ ズ の 用 紙 に 両 面 印 刷 す る 。
lp −d foo −o media=legal −o sides=two−sided−long−edge filename 画 像 を 用 紙 四 枚 を 使 っ て 印 刷 す る 。
lp −d bar −o scaling=200 filename 横 は 1 イ ン チ あ た り 12 文 字 、 縦 は 1 イ ン チ あ た り 8 行 、 左 の 余 白 を 1 イ ン チ 取 っ て 、 テ キ ス ト フ ァ イ ル を 印 刷 す る 。
lp −d bar −o cpi=12 −o lpi=8 −o page−left=72 filename

互 換 性

System V の 印 刷 シ ス テ ム と は 違 っ て 、 CUPS で は プ リ ン タ 名 に 、 空 白 、 タ ブ 、 "/"、 "#" 以 外 な ら 、 ど ん な 印 刷 可 能 文 字 で も 使 用 す る こ と が で き る 。 ま た 、 プ リ ン タ 名 や ク ラ ス 名 に つ い て 、 大 文 字 小 文 字 の 区 別 も 行 わ な い 。

"q" オ プ シ ョ ン が 受 け 付 け る 値 の 範 囲 は 、 Solaris の lp コ マ ン ド と 異 な っ て い る 。 す な わ ち 、 IPP ジ ョ ブ の 優 先 度 (1 か ら 100、 100 が 最 優 先 ) に 対 応 す る 値 で あ っ て 、 Solaris の 優 先 度 (0 か ら 39、 0 が 最 優 先 ) で は な い 。

関 連 項 目

cancel(1), lpadmin(8), lpmove(8), lpoptions(1), lpstat(1),
http://localhost:631/help

COPYRIGHT

Copyright 2007−2011 by Apple Inc.

COMMENTS