Manpages

名 前

inotify_rm_watch − inotify イ ン ス タ ン ス か ら 既 存 の 監 視 ア イ テ ム を 削 除 す る

書 式

#include <sys/inotify.h>

int inotify_rm_watch(int fd, int wd);

説 明

inotify_rm_watch() は 、 監 視 対 象 デ ィ ス ク リ プ タ ー (watch descriptor) wd に 対 応 す る 監 視 ア イ テ ム を 、 フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー fd に 対 応 す る inotify イ ン ス タ ン ス か ら 削 除 す る 。 監 視 対 象 を 削 除 す る と 、 こ の 監 視 対 象 デ ィ ス ク リ プ タ ー に 対 し て IN_IGNORED イ ベ ン ト が 生 成 さ れ る (inotify(7) 参 照 )。

返 り 値

成 功 す る と 、 inotify_rm_watch() は 0 を 返 す 。 エ ラ ー の 場 合 、 −1 を 返 し 、 errno を エ ラ ー の 原 因 を 示 す 値 に 設 定 す る 。

エ ラ ー

EBADF

fd が 有 効 な フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー で は な い 。

EINVAL

監 視 対 象 デ ィ ス ク リ プ タ ー wd が 有 効 で な い 。 も し く は 、 fd が inotify フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ ー で は な い 。

バ ー ジ ョ ン

inotify は Linux カ ー ネ ル 2.6.13 に 組 み 込 ま れ た 。

準 拠

こ の シ ス テ ム コ ー ル は Linux 独 自 で あ る 。

関 連 項 目

inotify_add_watch(2), inotify_init(2), inotify(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS