Manpages

名 前

iconv − テ キ ス ト を あ る 文 字 符 号 化 か ら 別 の 文 字 符 号 化 に 変 換 す る

書 式

iconv [options] [−f from−encoding] [−t to−encoding] [inputfile]...

説 明

iconv プ ロ グ ラ ム は あ る 符 号 化 (encoding) か ら テ キ ス ト を 読 み 出 し 、 別 の 符 号 化 で そ の テ キ ス ト を 出 力 す る 。 入 力 が 指 定 さ れ な か っ た 場 合 、 も し く は 入 力 フ ァ イ ル と し て ダ ッ シ ュ (−) が 指 定 さ れ た 場 合 、 iconv は 標 準 入 力 か ら 入 力 を 行 う 。 出 力 が 指 定 さ れ な か っ た 場 合 、 iconv は 標 準 出 力 に 出 力 す る 。

from−encoding が 指 定 さ れ な か っ た 場 合 、 デ フ ォ ル ト は 現 在 の ロ ケ ー ル の 文 字 符 号 化 か ら 取 得 さ れ る 。 to−encoding が 指 定 さ れ な か っ た 場 合 、 デ フ ォ ル ト は 現 在 の ロ ケ ー ル の 文 字 符 号 化 か ら 取 得 さ れ る 。

オ プ シ ョ ン

−f from−encoding, −−from−code=from−encoding 文 字 入 力 に from−encoding を 使 用 す る 。
−t
to−encoding, −−to−code=to−encoding 文 字 出 力 に to−encoding を 使 用 す る 。

to−encoding の 後 ろ に 文 字 列 //IGNORE が 付 い て い た 場 合 、 変 換 で き な か っ た 文 字 は 破 棄 さ れ 、 変 換 後 に エ ラ ー が 表 示 さ れ る 。

to−encoding の 後 ろ に 文 字 列 //TRANSLIT が 付 い て い た 場 合 、 変 換 さ れ る 文 字 の 書 き 直 し (transliterate) が 必 要 で 可 能 な 場 合 、 書 き 直 し が 行 わ れ る 。 変 換 先 の 文 字 集 合 で 文 字 が 表 現 で き な い 場 合 、 変 換 先 の 文 字 集 合 の 文 字 に 近 似 さ れ る こ と を 意 味 す る (1 文 字 の 場 合 も 複 数 文 字 の 場 合 も あ る )。 変 換 先 の 文 字 集 合 外 の 文 字 で 、 書 き 直 し も で き な い 文 字 は 、 出 力 で は 疑 問 符 (?) に 置 き 換 え ら れ る 。

−l, −−list 認 識 す る す べ て の 文 字 集 合 符 号 化 の リ ス ト を 表 示 す る 。

−c 変 換 で き な い 文 字 が あ っ た 場 合 に 、 変 換 を 終 了 す る の で は な く 、 そ の 文 字 を 黙 っ て 破 棄 す る 。

−o outputfile, −−output=outputfile 出 力 に outputfile を 使 用 す る 。
−s
, −−silent こ の オ プ シ ョ ン は 無 視 さ れ る 。 互 換 性 の た め だ け に 存 在 す る 。
−−verbose
複 数 の フ ァ イ ル を 処 理 す る 際 に 進 捗 情 報 を 標 準 エ ラ ー に 出 力 す る 。
−?
, −−help 使 用 方 法 を 表 示 し 、 終 了 す る 。
−−usage
簡 潔 な 使 用 方 法 を 出 力 し 、 終 了 す る 。
−V
, −−version

iconv の バ ー ジ ョ ン 番 号 、 ラ イ セ ン ス 、 保 証 免 責 を 表 示 す る 。

終 了 ス テ ー タ ス

成 功 す る と 0 で 、 エ ラ ー の 場 合 0 以 外 。

環 境 変 数

内 部 で は 、 iconv プ ロ グ ラ ム は iconv(3) 関 数 を 使 用 す る 。 iconv(3) 関 数 は 順 に gconv モ ジ ュ ー ル (動 的 に ロ ー ド さ れ る 共 有 ラ イ ブ ラ リ ) を 使 っ て 、 変 換 元 、 変 換 先 の 文 字 集 合 を 取 り 扱 う 。 iconv(3) を 呼 び 出 す 前 に 、 iconv プ ロ グ ラ ム は 最 初 に iconv_open(3) を 使 っ て 変 換 デ ィ ス ク リ プ タ ー を 割 り 当 て る 。 iconv_open(3) の 動 作 は GCONV_PATH 環 境 変 数 の 設 定 の 影 響 を 受 け る 。

*

GCONV_PATH が 設 定 さ れ て い な い 場 合 、 iconv_open(3)iconvconfig(8) に よ り 作 成 さ れ た シ ス テ ム の gconv モ ジ ュ ー ル 設 定 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ル を 読 み 込 み 、 そ れ か ら こ の 設 定 に 基 づ き 、 変 換 を 行 う の に 必 要 な gconv モ ジ ュ ー ル を ロ ー ド す る 。 シ ス テ ム の gconv モ ジ ュ ー ル 設 定 キ ャ ッ シ ュ フ ァ イ ル が 利 用 で き な い 場 合 、 シ ス テ ム の gconv モ ジ ュ ー ル 設 定 フ ァ イ ル が 使 用 さ れ る 。

*

GCONV_PATH (コ ロ ン 区 切 り の パ ス 名 の リ ス ト ) が 定 義 さ れ て い る 場 合 、 シ ス テ ム の gconv モ ジ ュ ー ル 設 定 キ ャ ッ シ ュ は 使 用 さ れ な い 。 代 わ り に iconv_open(3) は 最 初 に GCONV_PATH に 指 定 さ れ た デ ィ レ ク ト リ を 順 番 に 検 索 し て 設 定 フ ァ イ ル の 読 み 出 し を 試 み 、 そ の 後 で シ ス テ ム の デ フ ォ ル ト の gconv モ ジ ュ ー ル 設 定 フ ァ イ ル を ロ ー ド す る 。 デ ィ レ ク ト リ に gconv モ ジ ュ ー ル 設 定 フ ァ イ ル が な い 場 合 、 そ の デ ィ レ ク ト リ に あ る gconv モ ジ ュ ー ル は 無 視 さ れ る 。 デ ィ レ ク ト リ に gconv モ ジ ュ ー ル 設 定 フ ァ イ ル が あ り 、 そ の デ ィ レ ク ト リ に 現 在 の 変 換 に 必 要 な モ ジ ュ ー ル が あ る と 判 断 し た 場 合 、 必 要 な モ ジ ュ ー ル が こ の デ ィ レ ク ト リ か ら ロ ー ド さ れ る 。 GCONV_PATH で 最 初 に 見 つ か っ た 適 切 な モ ジ ュ ー ル が 使 用 さ れ る 。 こ れ に よ り 、 ユ ー ザ ー が 独 自 の モ ジ ュ ー ル を 使 用 し 、 GCONV_PATH デ ィ レ ク ト リ に そ れ ら の モ ジ ュ ー ル を 置 く こ と で シ ス テ ム が 提 供 す る モ ジ ュ ー ル を 置 き 換 え る こ と が で き る 。

フ ァ イ ル

/usr/lib/gconv 通 常 の デ フ ォ ル ト の gconv モ ジ ュ ー ル の パ ス 。
/usr/lib/gconv/gconv−modules
通 常 の デ フ ォ ル ト の gconv モ ジ ュ ー ル の シ ス テ ム 設 定 フ ァ イ ル 。
/usr/lib/gconv/gconv−modules.cache
通 常 の デ フ ォ ル ト の gconv モ ジ ュ ー ル の シ ス テ ム 設 定 キ ャ ッ シ ュ 。

準 拠

POSIX.1−2001.

テ キ ス ト を ISO 8859−15 文 字 符 号 化 か ら UTF−8 に 変 換 す る 。

$ iconv −f ISO−8859−15 −t UTF−8 < input.txt > output.txt 以 下 の 例 は UTF−8 か ら ASCII へ の 変 換 を 行 い 、 可 能 で あ れ ば 書 き 直 し (transliterate) を 行 う 。

$ echo abc ß α € àḃç | iconv −f UTF−8 −t ASCII//TRANSLIT
abc ss ? EUR abc

関 連 項 目

locale(1), iconv(3), nl_langinfo(3), charsets(7), iconvconfig(8)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS