Manpages

名 前

getfacl − フ ァ イ ル の ア ク セ ス 制 御 リ ス ト (access control list) を 取 得 す る

書 式

getfacl [−aceEsRLPtpndvh] file ...

getfacl [−aceEsRLPtpndvh] −

説 明

各 フ ァ イ ル に つ い て 、 getfacl は フ ァ イ ル 名 ・ 所 有 者 ・ グ ル ー プ ・ ア ク セ ス 制 御 リ ス ト (ACL) を 表 示 す る 。 デ ィ レ ク ト リ が デ フ ォ ル ト ACL を 持 つ 場 合 、 getfacl は デ フ ォ ル ト ACL も 表 示 す る 。 デ ィ レ ク ト リ 以 外 は デ フ ォ ル ト ACL を 持 つ こ と が で き な い 。

ACL を サ ポ ー ト し て い な い フ ァ イ ル シ ス テ ム 上 で getfacl を 使 う と 、 getfacl は 伝 統 的 な フ ァ イ ル モ ー ド 許 可 ビ ッ ト で 定 義 さ れ る ア ク セ ス 許 可 を 表 示 す る 。

getfacl の 出 力 形 式 は 以 下 の よ う な も の で あ る :

1: # file: somedir/
2: # owner: lisa
3: # group: staff
4: # flags: −s−
5: user::rwx
6: user:joe:rwx #effective:r−x
7: group::rwx #effective:r−x
8: group:cool:r−x
9: mask::r−x
10: other::r−x
11: default:user::rwx
12: default:user:joe:rwx #effective:r−x
13: default:group::r−x
14: default:mask::r−x
15: default:other::−−−

1−3 行 目 は 、 フ ァ イ ル 名 、 所 有 者 、 グ ル ー プ を 示 し て い る 。

4 行 目 は setuid ビ ッ ト (s)、 setgid ビ ッ ト (s)、 ス テ ィ ッ キ ー ビ ッ ト (t) を 示 し て い る 。 ビ ッ ト に 対 応 す る 文 字 か 、 ダ ッ シ ュ (−) の ど ち ら か が 表 示 さ れ る 。 こ の 行 は 、 こ れ ら の ビ ッ ト の う ち セ ッ ト さ れ て い る も の が あ る 場 合 に 表 示 さ れ る 。 そ の た め 、 ほ と ん ど の フ ァ イ ル で は 表 示 さ れ な い だ ろ う 。 (下 記 の 「 POSIX 1003.1e DRAFT STANDARD 17 へ の 準 拠 」 の 節 を 参 照 。 )

5, 7, 10 行 目 は フ ァ イ ル モ ー ド 許 可 ビ ッ ト の ユ ー ザ ・ グ ル ー プ ・ そ の 他 の フ ィ ー ル ド に 対 応 す る 。 こ れ ら 3 つ は 基 本 (base) ACL エ ン ト リ と 呼 ば れ る 。 6, 8 行 目 は 指 名 ユ ー ザ (named user) と 指 名 グ ル ー プ (named group) で あ る 。 9 行 目 は 実 効 権 (effective right) マ ス ク で あ る 。 こ の エ ン ト リ は 全 て の グ ル ー プ と 指 名 ユ ー ザ に 許 可 さ れ て い る 実 効 権 を 制 限 す る 。 (フ ァ イ ル 所 有 者 と そ の 他 の 許 可 は 、 実 効 権 マ ス ク に 影 響 を 受 け な い 。 そ の 他 全 て の エ ン ト リ は 影 響 を 受 け る 。 ) 11−15 行 目 は デ ィ レ ク ト リ に 関 連 づ け ら れ て い る デ フ ォ ル ト の ACL を 表 示 す る 。 デ ィ レ ク ト リ は デ フ ォ ル ト ACL を 持 つ こ と が で き る 。 通 常 の フ ァ イ ル は デ フ ォ ル ト ACL を 持 つ こ と は な い 。

getfacl の デ フ ォ ル ト 動 作 で は 、 ACL と デ フ ォ ル ト ACL の 両 方 を 表 示 し 、 エ ン ト リ の 権 利 が 実 効 権 と 異 な る と き は 、 実 効 権 を コ メ ン ト に し て 表 示 す る 。 出 力 が 端 末 で あ る 場 合 、 実 効 権 の コ メ ン ト は 40 桁 目 に 配 置 さ れ る 。 端 末 で な い 場 合 は 、 1 つ の タ ブ で ACL エ ン ト リ と 実 効 権 の コ メ ン ト を 区 切 る 。 複 数 の フ ァ イ ル の ACL を 表 示 す る 場 合 は 、 空 行 で 区 切 る 。 getfacl の 出 力 は setfacl の 入 力 に 使 う こ と も で き る 。 許 可 フ ァ イ ル の 検 索 ア ク セ ス 権 を 持 つ プ ロ セ ス (つ ま り 、 フ ァ イ ル を 保 持 す る デ ィ レ ク ト リ の 読 み 込 み ア ク セ ス 権 を 持 つ プ ロ セ ス ) は 、 フ ァ イ ル の ACL の 読 み 込 み ア ク セ ス も 許 可 さ れ る 。 こ れ は フ ァ イ ル モ ー ド へ ア ク セ ス す る 許 可 と 類 似 し て い る 。

オ プ シ ョ ン

−a, −−access フ ァ イ ル ア ク セ ス 制 御 リ ス ト を 表 示 す る 。
−d, −−default
デ フ ォ ル ト ア ク セ ス 制 御 リ ス ト を 表 示 す る 。
−c, −−omit−header
コ メ ン ト ヘ ッ ダ (各 フ ァ イ ル の 出 力 の 最 初 の 3 行 ) を 表 示 し な い 。
−e, −−all−effective
実 効 権 が ACL エ ン ト リ で 定 義 さ れ る 権 利 と 同 じ で あ っ て も 、 全 て の 実 効 権 の コ メ ン ト を 表 示 す る 。
−E, −−no−effective
実 効 権 の コ メ ン ト を 表 示 し な い 。
−s, −−skip−base
基 本 ACL エ ン ト リ (所 有 者 ・ グ ル ー プ ・ そ の 他 ) し か 持 た な い フ ァ イ ル を ス キ ッ プ す る 。
−R, −−recursive
全 て の フ ァ イ ル と デ ィ レ ク ト リ の ACL を 再 帰 的 に 一 覧 表 示 す る 。
−L, −−logical
論 理 的 に 辿 り 、 デ ィ レ ク ト リ へ の シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク を 辿 る 。 デ フ ォ ル ト の 動 作 で は 、 シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク 引 き 数 を 辿 り 、 サ ブ デ ィ レ ク ト リ で 見 つ か っ た シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク は ス キ ッ プ す る 。 −R と 一 緒 に 使 用 し た 場 合 に の み 効 果 を 持 つ 。
−P, −−physical
物 理 的 に 辿 り 、 デ ィ レ ク ト リ へ の シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク を ス キ ッ プ す る 。 シ ン ボ リ ッ ク リ ン ク 引 き 数 も ス キ ッ プ す る 。 −R と 一 緒 に 使 用 し た 場 合 に の み 効 果 を 持 つ 。
−t, −−tabular
別 の 表 出 力 形 式 を 使 う 。 ACL と デ フ ォ ル ト ACL が 一 緒 に 表 示 さ れ る 。 ACL マ ス ク エ ン ト リ に よ り 無 効 に な っ て い る 許 可 は 、 大 文 字 で 表 示 さ れ る 。 ACL_USER_OBJ と ACL_GROUP_OBJ エ ン ト リ の エ ン ト リ タ グ 名 も 大 文 字 で 表 示 さ れ 、 こ れ ら の エ ン ト リ を 見 つ け る の に 役 立 つ 。
−p, −−absolute−names
先 頭 の ス ラ ッ シ ュ 文 字 (’/’) を 取 り 除 か な い 。 デ フ ォ ル ト の 動 作 で は 、 先 頭 の ス ラ ッ シ ュ 文 字 が 取 り 除 か れ る 。
−n, −−numeric
ユ ー ザ ID と グ ル ー プ ID を 数 字 で 表 示 す る 。
−v, −−version

getfacl の バ ー ジ ョ ン を 表 示 し て 、 終 了 す る 。

−h, −−help コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン を 説 明 す る ヘ ル プ を 表 示 す る 。

−− コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン の 終 わ り 。 残 り の 引 き 数 は 、 た と え ダ ッ シ ュ 文 字 で 始 ま っ て い た と し て も 、 フ ァ イ ル 名 と し て 解 釈 さ れ る 。

フ ァ イ ル 名 引 き 数 が

1 つ の ダ ッ シ ュ 文 字 で あ る 場 合 、 getfacl は 標 準 入 力 か ら フ ァ イ ル の リ ス ト を 読 み 込 む 。

POSIX 1003.1e DRAFT STANDARD 17 へ の 準 拠

環 境 変 数 POSIXLY_CORRECT が 定 義 さ れ て い る 場 合 、 getfacl の デ フ ォ ル ト の 動 作 は 、 以 下 の よ う に 変 わ る 。 特 に 指 定 さ れ て い な け れ ば 、 ACL の み が 表 示 さ れ る 。 −d オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ た 場 合 、 デ フ ォ ル ト ACL の み が 表 示 さ れ る 。 コ マ ン ド ラ イ ン 引 き 数 が 指 定 さ れ な い 場 合 、 getfacl は “getfacl −” と し て 起 動 さ れ た と き と 同 様 に 動 作 す る 。 setuid, setgid, sticky ビ ッ ト を 示 す フ ラ グ コ メ ン ト は 表 示 さ れ な い 。

著 者

Andreas Gruenbacher, <a.gruenbacher [AT] bestbits.at>. バ グ 報 告 と 意 見 は 上 記 の ア ド レ ス に 送 っ て ほ し い 。

関 連 項 目

setfacl(1), acl(5)

COMMENTS