Manpages

名 前

clearenv − 環 境 (environment) を ク リ ア す る

書 式

#include <stdlib.h>

int clearenv(void);

glibc 向 け の 機 能 検 査 マ ク ロ の 要 件 (feature_test_macros(7) 参 照 ):

clearenv(): _SVID_SOURCE || _BSD_SOURCE

説 明

clearenv() 関 数 は 、 名 前 と 値 が 組 に な っ た 全 て の 環 境 を ク リ ア す る 。 さ ら に 外 部 変 数 environ の 値 を NULL に す る 。

返 り 値

clearenv() 関 数 は 、 成 功 し た 場 合 は 0 を 返 し 、 失 敗 し た 場 合 は 0 以 外 を 返 す 。

バ ー ジ ョ ン

glibc 2.0 以 降 で 利 用 可 能 。

準 拠

(DG/UX, HP−UX, QNX, な ど の ) 多 く の UNIX 系 OS。 (FORTRAN77 へ の バ イ ン デ ィ ン グ で あ る ) POSIX.9。 POSIX.1−1996 で は clearenv() と putenv(3) は 採 用 さ れ な か っ た が 、 方 針 が 変 更 さ れ 、 こ の 標 準 規 格 の 以 降 の 号 (B.4.6.1 を 参 照 ) で は 採 用 さ れ る こ と に な っ た 。 し か し POSIX.1−2001 で は putenv(3) だ け が 追 加 さ れ 、 clearenv() の 追 加 は 否 決 さ れ た 。

注 意

こ の 関 数 は セ キ ュ リ テ ィ に 考 慮 し た ア プ リ ケ ー シ ョ ン で 使 わ れ る 。 こ の 関 数 が 使 用 で き な い 場 合 は 、

environ = NULL; と い う よ う に 変 数 environ を 設 定 す れ ば よ い 。

DG/UX と Tru64 man ペ ー ジ に は 次 の よ う に 記 さ れ て い る : environputenv(3), getenv(3), clearenv() 関 数 以 外 で 変 更 さ れ た 場 合 、 clearenv() は エ ラ ー を 返 し 、 プ ロ セ ス 環 境 は 変 更 前 の ま ま に さ れ る 。

関 連 項 目

getenv(3), putenv(3), setenv(3), unsetenv(3), environ(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS