Manpages

書 式

xfs − X の フ ォ ン ト サ ー バ

説 明

xfs [−config configuration_file] [−daemon] [−droppriv] [−ls listen_socket] [−nodaemon] [−port tcp_port] [−user username]

説 明

xfs は X ウ ィ ン ド ウ シ ス テ ム の フ ォ ン ト サ ー バ で あ る 。 xfs は X ウ ィ ン ド ウ シ ス テ ム の デ ィ ス プ レ イ サ ー バ に フ ォ ン ト を 提 供 す る 。

サ ー バ の 起 動

こ の サ ー バ は 通 常 、 /etc/rc.local の よ う な 起 動 フ ァ イ ル を 使 っ て シ ス テ ム 管 理 者 が 起 動 す る 。 ま た 、 特 定 の フ ォ ン ト 群 を 使 う た め に 個 人 用 の サ ー バ を 実 行 し て も よ い 。

OPTIONS

−config configuration_file フ ォ ン ト サ ー バ が 使 う 設 定 フ ァ イ ル を 指 定 す る 。 こ の 引 き 数 を 指 定 し な け れ ば 、 デ フ ォ ル ト の フ ァ イ ル と し て /usr/X11R6/lib/X11/fs/config が 使 わ れ る 。
−ls listen_socket
既 に 待 ち 状 態 ソ ケ ッ ト と し て 準 備 さ れ て い る フ ァ イ ル デ ィ ス ク リ プ タ を 指 定 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン が 意 図 し て い る の は 、 追 加 の 接 続 を 処 理 す る た め に フ ォ ン ト サ ー バ が 自 分 の コ ピ ー を 自 動 的 に 生 成 す る 際 に 、 そ の フ ォ ン ト サ ー バ 自 身 が 使 う 場 合 だ け で あ る 。
−port tcp_port
フ ォ ン ト サ ー バ が 接 続 を 待 つ TCP ポ ー ト 番 号 を 指 定 す る 。 デ フ ォ ル ト の ポ ー ト 番 号 は 7100で あ る 。

−daemon フ ォ ン ト サ ー バ の 起 動 時 に 、 自 動 的 に

fork し て バ ッ ク グ ラ ウ ン ド で

動 作 す る よ う に 指 示 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 し な け れ ば (か つ デ フ ォ ル ト で デ ー モ ン と し て 動 作 す る よ う に xfs を 構 築 し て い な け れ ば )、 xfs は 通 常 プ ロ セ ス と し て 動 作 す る 。

−droppriv こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と 、 xfs は ユ ー ザ xfs お よ び グ ル ー プ xfs の 権 限 で 動 作 し よ う と す る ( −user オ プ シ ョ ン を 指 定 し て い な い 場 合 )。 こ の オ プ シ ョ ン は セ キ ュ リ テ ィ 上 の 理 由 で 用 意 さ れ て い る 。 と い う の も 、 ロ ー カ ル お よ び リ モ ー ト の 両 方 か ら の ア ク セ ス に 対 し て 、 xfs に は 未 発 見 の バ ッ フ ァ オ ー バ ー フ ロ ー が あ る か も し れ な い し 、 他 に も 悪 用 で き る 抜 け 穴 が あ る か も し れ な い か ら で あ る 。 こ の オ プ シ ョ ン に 加 え て 、 設 定 フ ァ イ ル で "no-listen = tcp" も 指 定 す る と よ い だ ろ う 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と 、 xfs は ま っ た く TCP ポ ー ト を 使 わ な い 。
−nodaemon

xfs が デ フ ォ ル ト で デ ー モ ン と し て (バ ッ ク グ ラ ウ ン ド で )動 作 す る よ う に 構 築 さ れ て い る 場 合 、 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と デ ー モ ン と し て の 動 作 は 行 わ れ ず 、 xfs は 通 常 プ ロ セ ス と し て 起 動 さ れ る 。

−user username こ の オ プ シ ョ ン は −droppriv と よ く 似 て い る が 、 ユ ー ザ username と し て xfs が 動 作 す る 点 が 異 な る 。

シ グ ナ ル

SIGTERM こ の シ グ ナ ル は フ ォ ン ト サ ー バ を 正 常 終 了 さ せ る 。

SIGUSR1 こ の シ グ ナ ル を 使 う と 、 フ ォ ン ト サ ー バ は 設 定 フ ァ イ ル を 再 読 み 込 み す る 。

SIGUSR2 こ の シ グ ナ ル を 使 う と 、 フ ォ ン ト サ ー バ は も し キ ャ ッ シ ュ を 持 っ て い れ ば フ ラ ッ シ ュ さ せ る 。

SIGHUP こ の シ グ ナ ル を 使 う と 、 フ ォ ン ト サ ー バ が リ セ ッ ト さ れ 、 全 て の ア ク テ ィ ブ な 接 続 は 切 断 さ れ 、 設 定 フ ァ イ ル が 再 読 み 込 み さ れ る 。

設 定

設 定 言 語 は 、 キ ー ワ ー ド と 値 の ペ ア を 並 べ た も の で あ る 。 そ れ ぞ れ の キ ー ワ ー ド の 後 に は ’=’ と 設 定 し た い 値 を 続 け る 。 認 識 さ れ る キ ー ワ ー ド は 以 下 の 通 り で あ る :

catalogue (文 字 列 の リ ス ト ) フ ォ ン ト パ ス 要 素 名 の 順 序 付 き の リ ス ト 。 現 在 の と こ ろ は "catalogue" と い う キ ー ワ ー ド を 使 っ て い る こ と で 紛 ら わ し い こ と に な っ て い る が 、 現 在 の 実 装 で 対 応 し て い る カ タ ロ グ は ひ と つ ("all") だ け で あ る 。 "all" カ タ ロ グ は 指 定 さ れ た フ ォ ン ト を 全 て 含 む 。
alternate-servers (文 字 列 の リ ス ト ) こ の フ ォ ン ト サ ー バ に 対 す る 、 代 理 フ ォ ン ト サ ー バ の リ ス ト 。
client-limit (cardinal) こ の フ ォ ン ト サ ー バ が サ ー ビ ス を 拒 絶 し な い で 受 け 入 れ る ク ラ イ ア ン ト の 数 。 こ の 設 定 は 、 個 々 の フ ォ ン ト サ ー バ の 負 荷 を 調 節 す る の に 便 利 で あ る 。
clone-self (boolean) 接 続 す る ク ラ イ ア ン ト の 数 が 制 限 に 達 し た 時 、 フ ォ ン ト サ ー バ が 自 分 の 複 製 を 作 る か ど う か を 指 定 す る 。
default-point-size (cardinal) サ イ ズ が 指 定 さ れ て い な い フ ォ ン ト の デ フ ォ ル ト の ポ イ ン ト サ イ ズ (単 位 は 1/10 ポ イ ン ト )。 デ フ ォ ル ト 値 は 120 で あ る 。
default-resolutions (解 像 度 の リ ス ト ) サ ー バ が デ フ ォ ル ト で 対 応 す る 解 像 度 。 こ の 情 報 は 、 プ レ レ ン ダ リ ン グ の ヒ ン ト と し て 使 わ れ た り 、 解 像 度 が 指 定 さ れ て い な い ス ケ ー ル フ ォ ン ト の 値 を 決 め る た め に 使 わ れ る こ と が あ る 。 ひ と つ の 解 像 度 は 、 x, y の 解 像 度 の 組 を コ ン マ で 区 切 っ て 表 す (単 位 は ピ ク セ ル 毎 イ ン チ )。 解 像 度 が 複 数 個 あ る 場 合 は 、 解 像 度 を コ ン マ で 区 切 っ て 並 べ る 。
error-file (文 字 列 ) エ ラ ー フ ァ イ ル の フ ァ イ ル 名 。 全 て の ウ ォ ー ニ ン グ と エ ラ ー が こ こ に 記 録 さ れ る 。
no-listen (通 信 の 種 類 ) 無 効 に す る 通 信 の 種 類 。 例 え ば 、 "no-listen tcp" を 指 定 す る と 、 TCP/IP で 接 続 で き な く な る 。
port (cardinal) サ ー バ が 接 続 待 ち を す る TCP ポ ー ト 。
use-syslog (boolean)

(syslog に 対 応 し て い る シ ス テ ム に お い て )エ ラ ー 出 力 に syslog(3)を 使 う か ど う か を 指 定 す る 。

deferglyphs (文 字 列 ) グ リ フ の 遅 延 引 き 出 し と キ ャ ッ シ ュ の モ ー ド を 指 定 す る 。 指 定 で き る 値 は "none" (遅 延 グ リ フ を 使 用 し な い ), "all" (全 て の フ ォ ン ト に 適 用 す る ), "16" (16 ビ ッ ト フ ォ ン ト だ け に 適 用 す る )で あ る 。

設 定 例

#
# フ ォ ン ト サ ー バ の 設 定 フ ァ イ ル の 例
#

# 10 ク ラ イ ア ン ト ま で フ ォ ン ト サ ー バ へ の 接 続 を 許 可 す る 。
client-limit = 10

# フ ォ ン ト サ ー バ へ の 接 続 数 が 制 限 に 達 し た ら 、 新 し い フ ォ ン ト サ ー バ を 起 動 す る 。
clone-self = on

# ク ラ イ ア ン ト が 使 え る 代 理 フ ォ ン ト サ ー バ
alternate-servers = hansen:7101,hansen:7102

# フ ォ ン ト を 探 す 場 所 の 指 定 :
# 最 初 に Speedo フ ォ ン ト の ア ウ ト ラ イ ン フ ォ ン ト を 探 し 、 次 に misc
# フ ォ ン ト の ビ ッ ト マ ッ プ を 探 し 、 最 後 に 100dpi フ ォ ン ト の ビ ッ ト マ ッ プ を 探 す
#
catalogue = /usr/X11R6/lib/X11/fonts/speedo,

/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc,

/usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi/

# 12 point で (単 位 は 1/10 ポ イ ン ト )
default-point-size = 120

# 100 x 100 と 75 x 75
default-resolutions = 100,100,75,75
use-syslog = off

フ ォ ン ト サ ー バ の 名 前

TCP 接 続 を 受 け る フ ォ ン ト サ ー バ の 指 定 に は 、 以 下 の 書 式 の い ず れ か が 使 用 で き る :

tcp/hostname:port
tcp/hostname:port/cataloguelist

hostname は フ ォ ン ト サ ー バ が 動 作 し て い る マ シ ン の 名 前 (ま た は 10進 表 記 で の ア ド レ ス )を 指 定 す る 。 port は フ ォ ン ト サ ー バ が 接 続 待 ち を し て い る TCP ポ ー ト の 番 号 (10進 表 記 )で あ る 。 cataloguelist は カ タ ロ グ 名 の リ ス ト を 指 定 す る 。 リ ス ト の 区 切 り 文 字 は ’+’ で あ る 。 指 定 例 : tcp/fs.x.org:7100, tcp/18.30.0.212:7101/all.

DECnet 接 続 を 受 け る フ ォ ン ト サ ー バ の 指 定 に は 、 以 下 の 書 式 の い ず れ か が 使 用 で き る 。

decnet/nodename::font$objname
decnet/nodename::font$objname/cataloguelist

nodename は フ ォ ン ト サ ー バ が 動 作 し て い る マ シ ン の 名 前 (ま た は 10進 表 記 で の ア ド レ ス )を 指 定 す る 。 objname は 通 常 の DECnet の オ ブ ジ ェ ク ト 名 で あ る (大 文 字 ・ 小 文 字 は 区 別 し な い )。 cataloguelist は カ タ ロ グ 名 の リ ス ト を 指 定 す る 。 リ ス ト の 区 切 り 文 字 は ’+’ で あ る 。 例 : DECnet/SRVNOD::FONT$DEFAULT, decnet/44.70::font$special/symbols.

関 連 項 目

X(7), The X Font Service Protocol,
Font server implementation overview

バ グ

複 数 個 の カ タ ロ グ を 扱 え る よ う に す べ き で あ る 。

作 者

Dave Lemke, Network Computing Devices, Inc
Keith Packard, Massachusetts Institute of Technology

COMMENTS