Manpages

名 称

troff − 文 書 を フ ォ ー マ ッ ト す る

書 式

troff−abivzCERU ] [ −wname ] [ −Wname ] [ −dcs ] [ −ffam ] [ −mname ] [ −nnum ] [ −olist ] [ −rcn ] [ −Tname ] [ −Fdir ] [ −Mdir ] [ files... ] コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン と パ ラ メ ー タ の 間 に 空 白 を 含 め る こ と が 可 能 で す 。

解 説

本 マ ニ ュ ア ル で は 、 groff ド キ ュ メ ン ト フ ォ ー マ ッ ト シ ス テ ム の 一 部 で あ る GNU バ ー ジ ョ ン の troff に つ い て 記 述 し ま す 。 本 コ マ ン ド は UNIX troff と 高 い 互 換 性 を 持 ち ま す 。 通 常 troff は groff コ マ ン ド か ら 起 動 さ れ ま す 。 groff は ま た 、 適 切 な 前 処 理 プ ロ グ ラ ム と 後 処 理 プ ロ グ ラ ム を 適 切 な オ プ シ ョ ン で 、 適 切 な 順 序 で 起 動 し ま す 。

オ プ シ ョ ン

−a

ASCII 文 字 の み の 近 似 的 な 出 力 を 行 い ま す 。

−b

各 警 告 と エ ラ ー メ ッ セ ー ジ に 対 す る バ ッ ク ト レ ー ス を 表 示 し ま す 。 こ れ は 、 警 告 や エ ラ ー の 原 因 を 調 べ る の に 有 用 で す 。 出 力 さ れ る 行 番 号 は 必 ず し も 正 し く は あ り ま せ ん 。 asam リ ク エ ス ト に よ り 、 troff が 行 番 号 を 誤 認 す る 可 能 性 が あ る か ら で す 。
−i

指 定 さ れ た フ ァ イ ル を す べ て 処 理 し た あ と に 、 標 準 入 力 も 読 み 込 み 、 処 理 し ま す 。

−v バ ー ジ ョ ン 番 号 を 表 示 し ま す 。

−wname

name で 指 定 し た 分 類 の 警 告 を 行 い ま す 。 指 定 で き る name は 、 後 述 の 警 告 の サ ブ セ ク シ ョ ン を 参 照 し て く だ さ い 。 −w オ プ シ ョ ン は 複 数 指 定 で き ま す 。

−Wname

name で 指 定 し た 分 類 の 警 告 を 行 い ま せ ん 。 −W オ プ シ ョ ン は 複 数 指 定 す る こ と が で き ま す 。

−E

エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を 一 切 出 力 し ま せ ん 。

−z フ ォ ー マ ッ ト し た 結 果 を 出 力 し ま せ ん 。

−C 互 換 モ ー ド に し ま す 。

−dcs

−dname=s マ ク ロ

c ま た は name を 文 字 列 s と 定 義 し ま す 。 c は 1 文 字 の マ ク ロ 名 で す 。

−ffam

fam を デ フ ォ ル ト の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ と し て 使 用 し ま す 。

−mname

マ ク ロ フ ァ イ ル name.tmac を 読 み 込 み ま す 。 見 つ か ら な け れ ば 、 か わ り に tmac.name を 試 み ま す 。 ま ず 最 初 に −M コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン で 指 定 さ れ た デ ィ レ ク ト リ 、 続 い て GROFF_TMAC_PATH 環 境 変 数 で 指 定 さ れ た デ ィ レ ク ト リ 、 そ し て 現 在 の デ ィ レ ク ト リ (安 全 で な い モ ー ド の 場 合 の み )、 ホ ー ム デ ィ レ ク ト リ 、 /usr/share/tmac/、 /usr/share/tmac/、 /usr/share/tmac の 順 に 検 索 し ま す 。

−U

安 全 で な い モ ー ド 。 こ れ に よ っ て 以 下 の リ ク エ ス ト が 有 効 に な り ま す : .open, .opena, .pso, .sy, .pi. そ う で な け れ ば 、 セ キ ュ リ テ ィ の た め に こ れ ら の 危 険 性 の あ る リ ク エ ス ト は 禁 止 さ れ て い ま す 。 ま た 現 在 の デ ィ レ ク ト リ を マ ク ロ 検 索 パ ス に 加 え ま す 。
−R

troffrctroffrc-end を 読 み ま せ ん 。

−nnum

最 初 の ペ ー ジ 番 号 を num と し ま す 。
−o
list

list で 指 定 し た ペ ー ジ の み を 出 力 し ま す 。 list は 、 コ ン マ で 区 切 ら れ た ペ ー ジ 範 囲 の 列 で す 。 ペ ー ジ 範 囲 の 指 定 方 法 は 以 下 の と お り で す : nn ペ ー ジ の 出 力 、 mnm ペ ー ジ か ら n ペ ー ジ ま で の 出 力 、 −nn ペ ー ジ ま で の 出 力 、 nn ペ ー ジ 以 降 の 出 力 を 意 味 し ま す 。 troff は リ ス ト の 最 後 の ペ ー ジ を 印 刷 し 終 え る と 終 了 し ま す 。

−rcn

−rname=n

数 値 レ ジ ス タ c ま た は name の 値 を n と し ま す 。 c は 1 文 字 の 名 前 で す 。 n は troff で 扱 え る 数 式 で す 。

−Tname

デ バ イ ス name 用 の 出 力 を 生 成 し ま す 。 デ フ ォ ル ト は ps で す 。

−Fdir フ ォ ン ト フ

ァ イ ル と DESC フ ァ イ ル を 検 索 す る の に 、 デ ィ レ ク ト リ (ま た は デ ィ レ ク ト リ パ ス ) dir 以 下 の devname (name は 出 力 デ バ イ ス 名 ) を 探 し ま す 。 他 の す べ て の フ ォ ン ト デ ィ レ ク ト リ よ り 前 に dir を 調 べ ま す 。

−Mdir

指 定 し た デ ィ レ ク ト リ (ま た は デ ィ レ ク ト リ パ ス ) dir か ら マ ク ロ フ ァ イ ル を 検 索 し ま す 。 他 の す べ て の マ ク ロ デ ィ レ ク ト リ よ り 前 に 調 べ ま す 。

使 用 法

こ こ で は UNIX troff に は 無 い 機 能 の み を 説 明 し ま す 。 長 い 名 前 数 値 レ ジ ス タ 、 フ ォ ン ト 、 文 字 列 /マ ク ロ /転 換 、 特 殊 文 字 の そ れ ぞ れ の 名 前 の 長 さ は 任 意 で す 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 中 、 す な わ ち 2 文 字 の 名 前 (xx を 使 用 可 能 な 場 所 で 、 任 意 の 長 さ の 名 前 [xxx] を 使 用 可 能 で す 。

\[xxx]

xxx で 呼 ば れ る 特 殊 文 字 を 表 示 し ま す 。

\f[xxx] フ ォ ン ト xxx を 設 定 し ま す 。
\*[
xxx] 文 字 列 xxx を 挿 入 す る 。
\n[
xxx] 数 値 レ ジ ス タ xxx を 挿 入 す る 。 分 数 の ポ イ ン ト サ イ ズ ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト は 1/sizescale ポ イ ン ト で す 。 こ こ で sizescale は DESC フ ァ イ ル で 指 定 さ れ ま す (デ フ ォ ル ト 値 は 1 で す )。 ま た 、 新 し い ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ z が あ り ま す 。 こ れ は sizescale 倍 す る 効 果 が あ り ま す 。 troff に お け る リ ク エ ス ト お よ び エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は ポ イ ン ト サ イ ズ を 表 す 引 数 を ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト 単 位 で 表 さ れ て い る と し て 解 釈 し ま す が 、 こ の よ う な 引 数 の 評 価 は デ フ ォ ル ト の ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ z に て 行 い ま す 。 こ の よ う に 取 り 扱 わ れ る 引 数 に は 、 ps リ ク エ ス ト の 引 数 、 cs リ ク エ ス ト の 3 番 目 の 引 数 、 tkf リ ク エ ス ト の 2 番 目 お よ び 4 番 目 の 引 数 、 \H エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の 引 数 、 \s エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の 変 形 で 数 値 式 を 引 数 と し て 取 る も の と が あ り ま す 。 例 え ば sizescale を 1000 と し ま す ; こ の 場 合 ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト は ミ リ ポ イ ン ト と な り ま す ; リ ク エ ス ト .ps 10.25.ps 10.25z と 同 じ で す し 、 ポ イ ン ト サ イ ズ は 10250 ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト に 設 定 さ れ ま す 。 こ れ は 10.25 ポ イ ン ト と 等 し い 値 で す 。 数 値 レ ジ ス タ \n[.s] は ポ イ ン ト サ イ ズ を 10 進 数 分 数 の ポ イ ン ト 単 位 で 返 し ま す 。 新 し い 数 値 レ ジ ス タ \n[.ps] も あ り 、 こ れ は ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト 単 位 で の ポ イ ン ト サ イ ズ を 返 し ま す 。 デ フ ォ ル ト の ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ が u, z の ど ち ら で も な い 数 式 中 で z ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ を 使 用 す る の は 無 意 味 で し ょ う 。 troff は こ の よ う な こ と を 禁 止 し ま す 。 同 様 に 、 z が デ フ ォ ル ト の ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ で あ っ た 数 式 に お い て z, u の ど ち ら で も な い ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ を 使 用 す る の は 無 意 味 で し ょ う 。 troff は こ の よ う な こ と を 禁 止 し ま す 。 ま た 、 新 し い ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ s が あ り ま す 。 こ れ は も と の 値 を ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト の 単 位 数 で 逓 倍 し ま す 。 例 え ば 、 \n[.ps]s1m と 同 じ で す 。 s, z ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ を 混 同 し な い よ う に し て 下 さ い 。 数 値 式 括 弧 内 の 数 式 中 に 空 白 を 含 め る こ と が 許 さ れ ま す 。

M は em の 1/100 を 意 味 し ま す 。

e1>?e2

e1e2 と で 小 さ く な い 方 。

e1<?e2

e1e2 と で 大 き く な い 方 。

(c;e)

c を デ フ ォ ル ト の ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ と し て e を 評 価 し ま す 。 c が 指 定 さ れ な い 場 合 は e の 評 価 に お い て ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ は 無 視 さ れ ま す 。

新 し い エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス

\A’anything

1 ま た は 0 に 展 開 さ れ ま す 。 こ れ は anything が 文 字 列 、 マ ク ロ 、 展 開 、 数 値 レ ジ ス タ 、 環 境 、 フ ォ ン ト の い ず れ か と し て 受 理 可 能 か 否 か に 依 存 し ま す 。 anything が 空 の 場 合 に は 0 が 返 さ れ ま す 。 連 想 表 の よ う な も の か ら ユ ー ザ の 入 力 を 取 り 出 す よ う な 場 合 に 有 効 で す 。

\B’anything こ れ は 数 値 式 anything が 正 当 か 否 か に 応 じ て 1 ま た は 0 に 展 開 さ れ ま す 。 anything が 空 の 場 合 は 0 を 返 し ま す 。
\C’
xxx

xxx と い う 名 前 の 文 字 を タ イ プ セ ッ ト し ま す 。 通 常 、 \[xxx] を 使 用 す る 方 が 便 利 で す 。 し か し \C の 優 位 点 は 、 最 近 の UNIX と 互 換 性 が あ り 互 換 モ ー ド に お い て 使 用 可 能 で あ る こ と で す 。

\E エ ス ケ ー プ 文 字 と 等 価 で す が 、 コ ピ ー モ ー ド で は 解 釈 さ れ ま せ ん 。 例 え ば 、 上 付 き 文 字 の 始 ま り と 終 り の 文 字 列 は 次 の よ う に 定 義 で き ま す :

.ds { \v’−.3m’\s’\En[.s]*6u/10u’
.ds } \s0\v’.3m’

\E を 使 用 す る と 、 例 え \*{ が コ ピ ー モ ー ド に お い て 解 釈 さ れ る よ う な 場 合 で も 、 こ れ ら の 定 義 が う ま く 作 用 す る こ と を 保 証 で き ま す (例 え ば マ ク ロ の 引 数 で 使 用 さ れ る 場 合 )。

\N’n コ ー ド

n の 文 字 を 現 在 の フ ォ ン ト で タ イ プ セ ッ ト し ま す 。 n は 任 意 の

整 数 値 で す 。 ほ と ん ど の デ バ イ ス は 文 字 コ ー ド が 0 か ら 255 ま で し か あ り ま せ ん 。 現 在 の フ ォ ン ト が 対 応 す る コ ー ド の 文 字 を 持 た な い 場 合 、 ス ペ シ ャ ル フ ォ ン ト は 探 さ れ ま せ ん 。 \N エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は char リ ク エ ス ト と の 組 み 合 わ せ に よ り 便 利 に 使 え ま す :

.char \[phone] \f(ZD\N’37’ 各 文 字 の コ ー ド は 、 フ ォ ン ト 記 述 フ ァ イ ル で 、 charset コ マ ン ド の 後 の 4 番 目 の カ ラ ム に 書 か れ て い ま す 。 文 字 の 名 前 と し て −−− を 使 う こ と で 、 名 前 の 無 い 文 字 を フ ォ ン ト 記 述 フ ァ イ ル に 組 み 込 む こ と が 可 能 で す 。 こ れ ら の 文 字 を 使 用 す る に は 、 \N エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 う 方 法 し か あ り ま せ ん 。

\R’name ±n こ れ は 、 次 の も の と 同 じ 効 果 で す 。

.nr name ±n

\s(nn

\s±(nn ポ イ ン ト サ イ ズ を

nn ポ イ ン ト に 設 定 し ま す ; nn は 正 確 に 2 桁 の 10

進 数 で あ る 必 要 が あ り ま す 。

\s[±n]

\s±[n]

\s’±n

\s±’n ポ イ ン ト サ イ ズ を

n ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト に し ま す ; n は 数 値 式 で あ

り 、 デ フ ォ ル ト ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ は z で す 。

\Vx

\V(xx

\V[xxx]

getenv(3) で 返 さ れ る 環 境 変 数 xxx の 内 容 を 挿 入 し ま す 。 \V は コ ピ ー モ ー ド で 解 釈 さ れ ま す 。

\Yx

\Y(xx

\Y[xxx] こ れ は \X’\*[xxx]’ と ほ と ん ど 同 一 で す 。 し か し 文 字 列 /マ ク ロ xxx は 解 釈 さ れ ま せ ん ; ま た xxx が マ ク ロ と と し て 定 義 さ れ る こ と が 許 さ れ て お り 、 改 行 文 字 を 含 ん で も 良 い で す ( \X の 引 数 は 改 行 文 字 を 含 ん で は な り ま せ ん )。 改 行 文 字 を 含 む 場 合 に は UNIX troff 出 力 フ ォ ー マ ッ ト が 拡 張 さ れ て い る 必 要 が あ り ま す 。 ま た 、 こ の 拡 張 を 知 ら な い ド ラ イ バ ー を 混 乱 さ せ て し ま い ま す 。
\Z’
anything

anything を 表 示 し た あ と 水 平 位 置 及 び 垂 直 位 置 を 元 に 戻 し ま す ; anything は タ ブ や リ ー ダ ー を 含 ん で は な り ま せ ん 。

\$0 現 在 の マ ク ロ が 呼 び 出 さ れ た 名 前 で す 。

als リ ク エ ス ト は マ ク ロ に 複

数 の 名 前 を 持 た せ る こ と が で き ま す 。

\$* マ ク ロ 中 で 、 全 て の 引 数 を 空 白 で 区 切 っ て 結 合 し た 文 字 列 に な り ま す 。

\$@ マ ク ロ 中 で 、 各 引 数 を ダ ブ ル ク ォ ー ト で 括 り 、 そ の 全 て を 空 白 で 区 切 っ て 結 合 し た 文 字 列 に な り ま す 。

\$(nn

\$[nnn] マ ク ロ 中 で 、 nn番 目 も し く は nnn番 目 の 引 数 を 与 え ま す 。 マ ク ロ の 取 り う る 引 数 の 数 に は 制 限 は あ り ま せ ん 。
\?
anything\? 転 換 中 で 使 用 す る と 、 anything を 転 換 中 に 透 過 的 に 埋 め 込 み ま す 。 anything は コ ピ ー モ ー ド で 読 ま れ ま す 。 転 換 の 内 容 が 後 で 読 み 込 ま れ る 時 、 anything は 解 釈 さ れ ま す 。 anything は 改 行 文 字 を 含 ん で は な り ま せ ん ; 転 換 中 に 改 行 文 字 を 埋 め 込 み た い 場 合 に は \! を 使 用 し て 下 さ い 。 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \? は コ ピ ー モ ー ド に お い て 認 識 さ れ 、 単 一 の 内 部 コ ー ド に 変 換 さ れ ま す ; anything の 終 了 を 表 す の が こ の コ ー ド で す 。 そ れ ゆ え 、

.nr x 1
.nf
.di d
\?\\?\\\\?\\\\\\\\nx\\\\?\\?\?
.di
.nr x 2
.di e
.d
.di
.nr x 3
.di f
.e
.di
.nr x 4
.f
4 を 表 示 し ま す 。

\/ 先 行 す る 文 字 の 幅 を 増 や し ま す 。 そ の 結 果 、 継 続 す る 文 字 が ロ ー マ ン 文 字 の 場 合 、 先 行 す る 文 字 と 継 続 す る 文 字 と の 間 隔 が 正 し く な り ま す 。 例 え ば 、 イ タ リ ッ ク の

f の 直 後 に ロ ー マ ン の 右 括 弧 が 続 く 場 合 、 ほ と ん ど の フ ォ ン ト に お い て f の 右 上 の 部 分 が 右 括 弧 の 左 上 の 部 分 と が 重 な り f) と な り ま す 。 こ れ は 醜 い で す 。 \/ を 挿 入 す る こ と に よ り f) と な り こ の 問 題 を 防 ぎ ま す 。 こ の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 、 イ タ リ ッ ク 文 字 の 直 後 に 空 白 を は さ ま ず に ロ ー マ ン 文 字 が 続 く 場 合 に は 常 に 使 用 す る こ と は 良 い 考 え で す 。

\, 後 続 す る 文 字 の 空 白 を 修 正 し ま す 。 そ の 結 果 、 先 行 す る 文 字 が ロ ー マ ン 文 字 の 場 合 、 そ の 文 字 と 先 行 す る 文 字 と の 間 の 空 白 が 正 し く な り ま す 。 例 え ば

\, を 括 弧 と f の 間 に 挿 入 す る こ と に よ り 、 (f は (f と な り ま す 。 ロ ー マ ン 文 字 の 直 後 に 空 白 を は さ ま ず に イ タ リ ッ ク 文 字 が 続 く 場 合 に は 常 に 使 用 す る こ と は 良 い 考 え で す 。

\)

\& に 似 て い ま す が 、 cflags リ ク エ ス ト に よ り 宣 言 さ れ た 文 字 と し て 動 作 し ま す 。 こ の は 文 の 終 了 判 定 の た め に 使 用 し ま す 。

\~

行 分 割 さ れ な い が 、 行 内 部 の 空 白 調 整 に お い て 普 通 の 単 語 間 空 白 と 同 様 に 伸 び 縮 み す る 空 白 を 生 成 し ま す 。

\: 幅 が

0 の ブ レ ー ク ポ イ ン ト を 挿 入 し ま す 。 \% と 等 価 で す が ソ フ ト ハ

イ フ ン 文 字 を 挿 入 し ま せ ん 。

\# 次 の 改 行 文 字

(こ れ を 含 み ま す ) ま で の 全 て を 無 視 し ま す 。 コ ピ ー

モ ー ド で 解 釈 さ れ て い ま す 。 こ れ は \" に 似 て い ま す が 、 \" は 最 後 の 改 行 文 字 を 無 視 し な い と こ ろ が 違 い ま す 。 新 し い リ ク エ ス ト

.aln xx yy 数 値 レ ジ ス タ オ ブ ジ ェ ク ト で 名 前 が yy の も の へ の エ イ リ ア ス xx を 作 成 し ま す 。 新 し い 名 前 と 古 い 名 前 は 完 全 に 等 価 に な り ま す 。 も し yy が 未 定 義 の 場 合 、 タ イ プ reg の 警 告 が 生 成 さ れ 、 リ ク エ ス ト は 無 視 さ れ ま す 。
.als 
xx yy

yy と い う 名 前 の リ ク エ ス ト /文 字 列 /マ ク ロ /転 換 の 各 オ ブ ジ ェ ク ト に 対 す る エ イ リ ア ス xx を 作 成 し ま す 。 新 し い 名 前 と 古 い 名 前 は 完 全 に 等 価 に な り ま す (ソ フ ト リ ン ク に 対 す る ハ ー ド リ ン ク の よ う な も の で す )。 yy が 未 定 義 な ら 、 タ イ プ mac の 警 告 が 生 成 さ れ 、 リ ク エ ス ト は 無 視 さ れ ま す 。 マ ク ロ /転 換 /文 字 列 転 換 が 現 在 未 定 義 で あ る 場 合 、 も し く は リ ク エ ス ト と し て 定 義 さ れ て い る 場 合 に は 、 de, am, di, da, ds, as リ ク エ ス ト は 新 し い オ ブ ジ ェ ク ト を 生 成 す る だ け で す ; こ れ ら は 通 常 は 既 に 存 在 す る オ ブ ジ ェ ク ト の 値 を 変 更 し ま す 。

.am1 xx yy

.am と 同 様 で す が 、 実 行 中 に 互 換 モ ー ド は オ フ に な り ま す 。 入 る 時 に 現 在 の 互 換 モ ー ド が 保 存 さ れ 、 終 了 時 に 回 復 さ れ ま す 。

.asciify xx こ の リ ク エ ス ト は 、 転 換 xx を 以 下 の よ う に ’ア ン フ ォ ー マ ッ ト ’ し ま す 。 す な わ ち フ ォ ー マ ッ ト さ れ xx に 転 換 格 納 さ れ た ASCII と 空 白 文 字 (そ し て い く つ か の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス ) が 、 xx が 再 度 読 み 込 ま れ る 時 に 、 普 通 に 入 力 さ れ た 文 字 と し て 扱 わ れ ま す 。 .writem リ ク エ ス ト と 組 み 合 わ せ た 転 換 で 有 用 で す 。 ま た 大 々 的 な ハ ッ ク に も 利 用 で き ま す 。 例 え ば 、

.tr @.
.di x
@nr n 1
.br
.di
.tr @@
.asciify x
.x
は レ ジ ス タ n を 1 に 設 定 し ま す 。 グ リ フ 情 報 (フ ォ ン ト 、 フ ォ ン ト サ イ ズ 等 々 ) は 保 存 さ れ ま せ ん 。 代 わ り に .unformat を 使 っ て く だ さ い 。

.backtrace 入 力 ス タ ッ ク の バ ッ ク ト レ ー ス を 標 準 エ ラ ー 出 力 に 出 力 し ま す 。
.blm 
xx 空 行 マ ク ロ を xx に 設 定 し ま す 。 空 行 マ ク ロ が 存 在 す る 場 合 、 空 行 に 出 会 っ た 時 に 、 通 常 の troff の 振 舞 と は 異 な り 、 こ の マ ク ロ を 呼 び 出 し ま す 。
.box 
xx
.boxa 
xx こ れ ら の リ ク エ ス ト は 、 途 中 ま で 行 詰 め さ れ た 行 が 転 換 の 一 部 に な ら ず (つ ま り 転 換 は 常 に 改 行 か ら 始 ま り ま す )、 し か し 転 換 の 終 了 後 に 戻 さ れ 、 転 換 か ら 生 じ た で あ ろ う 途 中 ま で 行 詰 め さ れ た 行 を 破 棄 す る と い う 点 を 除 い て 、 dida リ ク エ ス ト と 同 様 で す 。

.break

while ル ー プ を 抜 け ま す 。 while, continue リ ク エ ス ト も 見 て 下 さ い 。 br リ ク エ ス ト と 混 同 し な い よ う に し て 下 さ い 。

.brp

\p と 同 様 で す 。

.cflags n c1 c2... 文 字 c1, c2,... は 、 n で 定 義 さ れ る プ ロ パ テ ィ を 持 ち ま す 。 こ こ で n は 以 下 の も の を OR し た も の で す 。

1 こ の 文 字 で 文 が 終 り ま す 。

(初 期 状 態 で は 文 字 .?! が こ の プ ロ

パ テ ィ を 持 ち ま す );

2 こ の 文 字 の 前 で ラ イ ン ブ レ イ ク 可 能 で す

(初 期 状 態 で は こ の プ

ロ パ テ ィ を 持 つ 文 字 は あ り ま せ ん ); 両 側 の 文 字 が 非 0 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド を 持 つ 場 合 を 除 き 、 こ の プ ロ パ テ ィ を 持 つ 文 字 の 場 所 で ラ イ ン ブ レ イ ク は し ま せ ん 。

4 こ の 文 字 の 後 で ラ イ ン ブ レ イ ク 可 能 で す

(初 期 状 態 で は 文 字

−\(hy\(em が こ の プ ロ パ テ ィ を 持 ち ま す ); 両 側 の 文 字 が 非 0 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド を 持 つ 場 合 を 除 き 、 こ の プ ロ パ テ ィ を 持 つ 文 字 の 場 所 で ラ イ ン ブ レ イ ク は し ま せ ん 。

8 こ の 文 字 は 水 平 に オ ー バ ラ ッ プ し ま す 。

(初 期 状 態 で は 文 字

\(ul\(rn\(ru が こ の プ ロ パ テ ィ を 持 ち ま す );

16 こ の 文 字 は 垂 直 に オ ー バ ラ ッ プ し ま す 。

(初 期 状 態 で は 文 字

\(br が こ の プ ロ パ テ ィ を 持 ち ま す );

32 こ の プ ロ パ テ ィ を 持 つ 文 字 が 任 意 数 後 続 し そ の 後 に 改 行 も し く は

2 つ の 空 白 が 後 続 す る よ う な 文 の 終 り を 表 す 文 字 は 、 文 の 終 り と し て 扱 わ れ ま す ; 言 い 替 え る と 、 こ の 文 字 は 文 の 終 り の 認 識 に お い て 透 過 で す ; TeX に お い て ゼ ロ 空 白 フ ァ ク タ を 持 つ の と 同 じ で す (初 期 状 態 で は 文 字 "’)]*\(dg\(rq が こ の プ ロ パ テ ィ を 持 ち ま す )。

.char c string 文 字 cstring と 定 義 し ま す 。 文 字 c が 表 示 さ れ る 必 要 が あ る 時 は い つ で も 、 一 時 的 な 環 境 で string が 処 理 さ れ 、 結 果 が 単 一 の オ ブ ジ ェ ク ト し て 生 成 さ れ ま す 。 string の 処 理 中 は 、 互 換 モ ー ド は オ フ に さ れ エ ス ケ ー プ 文 字 は \ に 設 定 さ れ ま す 。 太 字 化 /定 空 白 化 /カ ー ニ ン グ は 、 string の 各 文 字 で は な く こ の オ ブ ジ ェ ク ト に 対 し て 適 用 さ れ ま す 。 こ の リ ク エ ス ト に よ っ て 定 義 さ れ た 文 字 は 、 出 力 デ バ イ ス に よ っ て 提 供 さ れ る 通 常 の 文 字 の よ う に 使 用 で き ま す 。 特 に 、 他 の 文 字 は こ の 文 字 に tr リ ク エ ス ト に よ っ て 変 換 可 能 で す ; こ の 文 字 は lc リ ク エ ス ト に よ っ て リ ー ダ 文 字 と す る こ と が 可 能 で す ; \l, \L エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス に よ っ て 、 こ の 文 字 を 繰 り 返 し パ タ ン で 使 用 す る こ と が 可 能 で す ; hcode リ ク エ ス ト に よ っ て こ の 文 字 が ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド を 持 て ば 、 こ の 文 字 を 含 む 語 は 正 確 に ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 可 能 で す 。 ま た 特 殊 な 非 再 帰 機 能 が あ り ま す : 文 字 の 定 義 中 に い て 使 用 さ れ る 文 字 は 、 通 常 の 文 字 と し て 扱 わ れ 、 char で は 定 義 さ れ た も の で は あ り ま せ ん 。 文 字 の 定 義 は rchar リ ク エ ス ト に て 除 去 可 能 で す 。
.chop 
xx マ ク ロ /文 字 列 /転 換 xx か ら 最 後 の 文 字 を 切 り 落 と し ま す 。 文 字 列 と し て 挿 入 さ れ る 転 換 か ら 最 後 の 改 行 文 字 を 除 去 す る の に 有 効 で す 。
.close 
stream

stream と い う 名 前 の ス ト リ ー ム を ク ロ ー ズ し ま す ; streamwrite リ ク エ ス ト の 引 数 と は な り え な く な り ま す 。 open リ ク エ ス ト を 見 て 下 さ い 。

.continue

while ル ー プ の 現 在 の 繰 り 返 し を 終 了 し ま す 。 while, break リ ク エ ス ト も 見 て 下 さ い 。

.cp n

n が 非 ゼ ロ か 存 在 し な い 場 合 、 互 換 モ ー ド を 有 効 に し ま す 。 そ う で な い 場 合 は 互 換 モ ー ド を 無 効 に し ま す 。 互 換 モ ー ド で は 、 長 い 名 前 は 理 解 さ れ ず 、 長 い 名 前 に 起 因 す る 非 互 換 性 の 問 題 は 発 生 し ま せ ん 。

.dei xx yy 間 接 的 に マ ク ロ を 定 義 し ま す 。 次 の 例 は

.ds xx aa
.ds yy bb
.dei xx yy
以 下 と 等 価 で す 。

.de aa bb

.de1 xx yy

.de と 同 様 で す が 、 実 行 中 に 互 換 モ ー ド は オ フ に な り ま す 。 入 る 時 に 現 在 の 互 換 モ ー ド が 保 存 さ れ 、 終 了 時 に 回 復 さ れ ま す 。

.do xxx

.xxx を 互 換 モ ー ド を 無 効 に し て 解 釈 し ま す 。 例 え ば

.do fam T は 、 互 換 モ ー ド が 有 効 で あ っ て も 機 能 す る こ と を 除 け ば 、

.fam T と 同 じ 効 果 を 持 ち ま す 。 xxx で 使 用 す る フ ァ イ ル を 解 釈 す る 前 に 互 換 モ ー ド は 元 に 戻 さ れ る こ と に 注 意 し て 下 さ い 。

.ecs 現 在 の エ ス ケ ー プ 文 字 を 保 存 し ま す 。

.ecr

ecs で 保 存 し た エ ス ケ ー プ 文 字 を 復 帰 し ま す 。 事 前 に ecs を 呼 び 出 し て い な い と ’\’ が 新 し い エ ス ケ ー プ 文 字 に な り ま す 。

.evc xx 環 境 xx の 内 容 を 、 現 在 の 環 境 へ コ ピ ー し ま す 。 環 境 の プ ッ シ ョ お よ び ポ ッ プ は 行 い ま せ ん 。
.fam 
xx 現 在 の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ を xx に 設 定 し ま す 。 現 在 の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ は 現 在 の 環 境 の 一 部 で す 。 xx が 無 い 場 合 は 以 前 の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ に 戻 り ま す 。 フ ォ ン ト フ ァ ミ リ に 関 す る さ ら な る 情 報 は 、 sty リ ク エ ス ト の 解 説 を 見 て 下 さ い 。
.fspecial 
f s1 s2... 現 在 の フ ォ ン ト が f の 場 合 、 フ ォ ン ト s1, s2,... が ス ペ シ ャ ル と な り ま す 。 す な わ ち 、 現 在 の フ ォ ン ト で 存 在 し な い 文 字 が ス ペ シ ャ ル フ ォ ン ト に お い て 探 さ れ ま す 。 special リ ク エ ス ト で 指 定 さ れ た フ ォ ン ト は fspecial リ ク エ ス ト で 指 定 さ れ た フ ォ ン ト の 後 に 探 さ れ ま す 。
.ftr 
f g フ ォ ン ト fg に 変 換 し ま す 。 \f エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 中 、 ft, ul, bd, cs, tkf, special, fspecial, fp, sty リ ク エ ス ト 中 で 、 名 前 f で 参 照 さ れ る フ ォ ン ト に 関 し て 、 フ ォ ン ト g が 使 用 さ れ ま す 。 g が 指 定 さ れ な い 場 合 お よ び f と 等 し い 場 合 は 、 フ ォ ン ト f は 変 換 さ れ ま せ ん 。
.hcode 
c1 code1 c2 code2... ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド の 設 定 を 、 文 字 c1 に 対 し code1 、 文 字 c2 に 対 し code2 と い う ふ う に 行 い ま す 。 ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド は 、 数 字 も し く は 空 白 以 外 の 単 一 入 力 文 字 (非 ス ペ シ ャ ル な 文 字 ) で あ る 必 要 が あ り ま す 。 初 期 状 態 で は 、 各 小 文 字 は ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド を そ れ 自 体 の 文 字 と し て 持 ち 、 各 大 文 字 は ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド を 各 小 文 字 と し て 持 ち ま す 。 hpf リ ク エ ス ト も 見 て 下 さ い 。
.hla 
lang 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 言 語 を lang に 設 定 し ま す 。 hw リ ク エ ス ト で 指 定 さ れ る ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 例 外 お よ び hpf リ ク エ ス ト で 指 定 さ れ る ハ イ フ ネ ー シ ョ ン パ タ ン は 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 言 語 に 関 連 づ け ら れ ま す 。 hla リ ク エ ス ト は 通 常 troffrc フ ァ イ ル か ら 起 動 さ れ ま す 。

n に 設 定 し ま

.hlm n ハ イ フ ネ ー シ ョ ン さ れ た 行 が 連 続 で き る 行 数 の 最 大 値 を

す 。 n が 負 の 場 合 、 最 大 値 は あ り ま せ ん 。 デ フ ォ ル ト 値 は −1 で す 。 こ の 値 は 現 在 の 環 境 と 関 連 づ け ら れ て い ま す 。 行 数 の カ ウ ン ト は 、 一 つ の 環 境 の 中 で そ の 環 境 で の 最 大 値 ま で 行 わ れ ま す 。 \% の 結 果 の ハ イ フ ン は カ ウ ン ト さ れ ま す ; 明 示 的 な ハ イ フ ン は カ ウ ン ト さ れ ま せ ん 。

.hpf file ハ イ フ ネ ー シ ョ ン パ タ ン を file か ら 読 み 込 み ま す ; フ ァ イ ル の 探 索 は 、 −mname オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ た 時 に name.tmac が 探 さ れ る の と 同 じ 方 法 で 行 わ れ ま す 。 こ の パ タ ン は TeX に お け る \patterns プ リ ミ テ ィ ブ の 引 数 と 同 じ フ ォ ー マ ッ ト で あ る 必 要 が あ り ま す ; こ の フ ァ イ ル 中 の 文 字 は ハ イ フ ネ ー シ ョ ン コ ー ド と し て 解 釈 さ れ ま す 。 パ タ ン フ ァ イ ル 中 の % 文 字 は 行 末 ま で の コ メ ン ト を 表 し ま す 。 ハ イ フ ネ ー シ ョ ン パ タ ン の セ ッ ト は hla リ ク エ ス ト に よ り 指 定 さ れ る 言 語 に 関 連 づ け ら れ ま す 。 hpf リ ク エ ス ト は 通 常 troffrc フ ァ イ ル に よ り 起 動 さ れ ま す 。

.hym n ハ イ フ ネ ー シ ョ ン マ ー ジ ン

n に 設 定 し ま す : 現 在 の 修 正 モ ー ド が b

で は な い 時 、 行 が n よ り 短 い 場 合 に は 行 は ハ イ フ ネ ー シ ョ ン さ れ ま せ ん 。 デ フ ォ ル ト の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン マ ー ジ ン は 0 で す 。 こ の リ ク エ ス ト に 対 す る デ フ ォ ル ト の ス ケ ー リ ン グ イ ン ジ ケ ー タ は m で す 。 ハ イ フ ネ ー シ ョ ン マ ー ジ ン は 現 在 の 環 境 と 関 連 づ け ら れ て い ま す 。 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン マ ー ジ ン は \n[.hym] レ ジ ス タ を 介 し て 利 用 可 能 で す 。

.hys n ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 空 白 を

n に 設 定 し ま す : 現 在 の 修 正 モ ー ド が b の 場

合 、 各 単 語 の 間 の 間 隔 に 追 加 す る 間 隔 の 幅 を n 以 下 で 行 調 整 が 済 ま せ ら れ る 場 合 、 そ の 行 は ハ イ フ ネ ー シ ョ ン さ れ ま せ ん 。 デ フ ォ ル ト の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 空 白 は 0 で す 。 こ の リ ク エ ス ト に 対 す る デ フ ォ ル ト の ス ケ ー リ ン グ イ ン ジ ケ ー タ は m で す 。 ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 空 白 は 現 在 の 環 境 と 関 連 づ け ら れ て い ま す 。 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 空 白 は \n[.hys] レ ジ ス タ を 介 し て 利 用 可 能 で す 。

.kern n

n が 非 0 か 指 定 さ れ な い 場 合 、 文 字 ペ ア 間 カ ー ニ ン グ を 有 効 に し ま す 。 そ う で な い 場 合 は 文 字 ペ ア 間 の カ ー ニ ン グ を 無 効 に し ま す 。

.length xx string

string の 長 さ を 計 算 し 、 こ れ を 数 値 レ ジ ス タ xx (前 も っ て 定 義 す る 必 要 は あ り ま せ ん ) に 入 れ て 返 し ま す 。

.linetabs n

n が 0 で な い か 省 略 さ れ る と ラ イ ン -タ ブ モ ー ド が 有 効 に な り 、 そ う で な い 場 合 は 無 効 に し ま す (デ フ ォ ル ト は 無 効 で す )。 ラ イ ン -タ ブ モ ー ド で は タ ブ の 幅 が (現 在 の ) 出 力 行 に 応 じ て 計 算 さ れ ま す 。 そ う で な い 場 合 は 入 力 行 に 応 じ て 計 算 さ れ ま す 。 例 え ば 次 の ソ ー ス

.ds x a\t\c
.ds y b\t\c
.ds z c
.ta 1i 3i
\*x
\*y
\*z
は 以 下 を 生 成 し ま す 。

a b c ラ イ ン -タ ブ モ ー ド で は 同 じ コ ー ド が 以 下 の よ う に な り ま す 。

a b c ラ イ ン -タ ブ モ ー ド は 現 在 の 環 境 に 関 連 づ け ら れ ま す 。 ラ イ ン -タ ブ モ ー ド で は 読 み 出 し 専 用 の 数 値 レ ジ ス タ \n[.linetabs] が  1 に セ ッ ト さ れ 、 そ う で な け れ ば 0 に セ ッ ト さ れ ま す 。

.mso file

−m コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ た 場 合 に マ ク ロ フ ァ イ ル を 検 索 す る の と 同 じ デ ィ レ ク ト リ で file を 検 索 す る 点 を 除 い て so リ ク エ ス ト と 同 じ で す 。 イ ン ク ル ー ド す る フ ァ イ ル 名 が name.tmac の 形 式 で 、 見 つ か ら な い 場 合 は 、 代 わ り に msotmac.name を イ ン ク ル ー ド し よ う と し ま す 。 逆 も ま た 同 様 で す 。

.nop anything

anything を 実 行 し ま す 。 こ れ は ’.if 1’ と 同 様 で す 。

.nroff

n ビ ル ト イ ン 条 件 を 真 に し 、 t ビ ル ト イ ン 条 件 を 偽 に し ま す 。 troff リ ク エ ス ト を 使 用 す る こ と で 、 逆 に で き ま す 。

.open stream filename

filename を 書 き 込 み の た め に オ ー プ ン し 、 stream と い う 名 前 の ス ト リ ー ム と 関 連 づ け ま す 。 close, write リ ク エ ス ト も 見 て 下 さ い 。

.opena stream filename

open と 同 様 で す が 、 filename が 存 在 す る 場 合 、 縮 小 す る こ と は せ ず に 、 ア ペ ン ド し ま す 。

.pnr 現 在 定 義 さ れ て い る 数 値 レ ジ ス タ の 名 前 と 内 容 を 標 準 エ ラ ー 出 力 に 出 力 し ま す 。

.psbb filename

PostScript イ メ ー ジ filename の バ ウ ン デ ィ ン グ ボ ッ ク ス を 得 ま す 。 こ の フ ァ イ ル は 、 Adobe の Document Structuring Conventions に 従 う こ と が 必 要 で す 。 こ の コ マ ン ド は 、 %%BoundingBox コ メ ン ト を 探 し 、 バ ウ ン デ ィ ン グ ボ ッ ク ス 値 を 得 ま す 。 呼 び 出 し に 成 功 す る と 、 左 下 と 右 上 の 角 の 座 標 が (PostScript 単 位 で )、 レ ジ ス タ \n[llx], \n[lly], \n[urx], \n[ury] に そ れ ぞ れ 設 定 さ れ ま す 。 な ん ら か の エ ラ ー が 発 生 す る と 、 4 個 の レ ジ ス タ は 0 に 設 定 さ れ ま す 。

.pso command 入 力 が command の 標 準 出 力 で あ る こ と を 除 け ば 、 so リ ク エ ス ト の よ う に 動 作 し ま す 。

.ptr 全 て の ト ラ ッ プ

(入 力 行 の ト ラ ッ プ と 転 換 の ト ラ ッ プ は 除 き ま す ) の 名

前 と 位 置 を 標 準 エ ラ ー 出 力 に 出 力 し ま す 。 ペ ー ジ ト ラ ッ プ リ ス ト の 空 の ス ロ ッ ト も 出 力 さ れ ま す 。 な ぜ な ら 、 後 で 設 置 さ れ る ト ラ ッ プ の 優 先 度 に 影 響 を 与 え 得 る か ら で す 。

.rchar c1 c2... 文 字 c1, c2,... の 定 義 を 取 り 除 き ま す 。 char リ ク エ ス ト の 影 響 を 取 り 除 き ま す 。
.return
マ ク ロ 中 で あ れ ば 即 座 に 復 帰 し ま す 。 そ れ 以 外 で は 何 も し ま せ ん 。

.rj

.rj n 後 続 す る

n 入 力 行 を 右 揃 え し ま す 。 引 数 が 無 い 場 合 、 次 の 行 を 右 揃 え

し ま す 。 右 揃 え さ れ る 行 の 数 は \n[.rj] レ ジ ス タ を 介 し て 利 用 可 能 で す 。 本 リ ク エ ス ト に よ り 暗 黙 的 に .ce 0 と な り ま す 。 ce リ ク エ ス ト は 暗 黙 的 に .rj 0 し ま す 。

.rnn xx yy 数 値 レ ジ ス タ xxyy に リ ネ ー ム し ま す 。

.shc c ソ フ ト ハ イ フ ン 文 字 を

c に し ま す 。 c が 省 略 さ れ た 場 合 、 ソ フ ト ハ

イ フ ン 文 字 は デ フ ォ ル ト の \(hy に な り ま す 。 ソ フ ト ハ イ フ ン 文 字 は 、 語 が ラ イ ン ブ レ イ ク に よ っ て ハ イ フ ネ ー シ ョ ン さ れ る 時 に 挿 入 さ れ る 文 字 で す 。 ブ レ イ ク す べ き 位 置 の 直 前 の 文 字 の フ ォ ン ト に ソ フ ト ハ イ フ ン 文 字 が 存 在 し な い 場 合 、 そ の よ う な 位 置 で は ブ レ イ ク し ま せ ん 。 ソ フ ト ハ イ フ ン 文 字 を 見 付 け る 時 に は 、 定 義 ( char リ ク エ ス ト で 指 定 ) も 変 換 ( tr リ ク エ ス ト で 指 定 ) も 解 釈 さ れ ま せ ん 。

.shift n マ ク ロ 中 で 引 数 を n ポ ジ シ ョ ン だ け シ フ ト し ま す : 引 数 i は 引 数 in と な り ま す ; 引 数 1 か ら n は 使 用 不 能 と な り ま す 。 n が 指 定 さ れ な い 場 合 、 引 数 は 1 シ フ ト さ れ ま す 。 負 の シ フ ト は 現 在 未 定 義 で す 。
.special 
s1 s2... フ ォ ン ト s1, s2, は ス ペ シ ャ ル で あ り 、 現 在 の フ ォ ン ト に は 無 い 文 字 が 探 さ れ ま す 。
.sty 
n f ス タ イ ル f を フ ォ ン ト 位 置 n と 関 連 づ け ま す 。 フ ォ ン ト 位 置 は フ ォ ン ト も し く は ス タ イ ル と 関 連 づ け 可 能 で す 。 現 在 の フ ォ ン ト は フ ォ ン ト 位 置 の イ ン デ ッ ク ス で あ り 、 つ ま り 、 フ ォ ン ト も し く は ス タ イ ル で す 。 現 在 の フ ォ ン ト が ス タ イ ル で あ る 場 合 、 実 際 に 使 用 さ れ る フ ォ ン ト は 、 現 在 の フ ァ ミ リ 名 と 現 在 の ス タ イ ル 名 と を 結 合 し た 名 前 を も つ も の と な り ま す 。 例 え ば 現 在 の フ ォ ン ト が 1 で あ り 、 フ ォ ン ト 位 置 1 が ス タ イ ル R と 関 連 づ け ら れ て お り 、 現 在 の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ が T で あ る 場 合 、 フ ォ ン ト TR が 使 用 さ れ ま す 。 現 在 の フ ォ ン ト が ス タ イ ル で は な い 場 合 、 現 在 の フ ァ ミ リ は 無 視 さ れ ま す 。 リ ク エ ス ト cs, bd, tkf, uf, fspecial が ス タ イ ル に 適 用 さ れ る 場 合 、 実 際 は 当 該 ス タ イ ル に 対 応 す る 現 在 の フ ァ ミ リ の メ ン バ に 対 し て 適 用 さ れ ま す 。 デ フ ォ ル ト フ ァ ミ リ は −f オ プ シ ョ ン で 設 定 で き ま す 。 DESC フ ァ イ ル 中 の ス タ イ ル コ マ ン ド が 、 (も し 存 在 す れ ば ) ど の フ ォ ン ト 位 置 が 初 期 状 態 に お い て フ ォ ン ト で は な く ス タ イ ル に 関 連 づ け ら れ て い る の か を 制 御 し ま す 。
.substring 
xx n1 [n2] レ ジ ス タ xx 中 の 文 字 列 を 、 イ ン デ ッ ク ス n1n2 で 指 定 さ れ る サ ブ 文 字 列 で 置 き 換 え ま す 。 文 字 列 の 最 初 の 文 字 は イ ン デ ッ ク ス 1 で す 。 n2 が 省 略 さ れ る と 、 文 字 列 の 長 さ と み な さ れ ま す 。 イ ン デ ッ ク ス 値 n1 ま た は n2 が 負 ま た は 0 で あ る 場 合 、 文 字 列 の 末 尾 か ら 後 ろ 向 き に 数 え ま す 。 す な わ ち 、 最 後 の 文 字 が イ ン デ ッ ク ス 0 で あ り 、 最 後 の 文 字 の 前 の 文 字 が -1 な ど と な り ま す 。
.tkf 
f s1 n1 s2 n2 フ ォ ン ト f に 対 し ト ラ ッ ク カ ー ニ ン グ を 有 効 に し ま す 。 現 在 の フ ォ ン ト が f で あ る 場 合 、 全 て の 文 字 の 幅 が n1 か ら n2 の 範 囲 で 増 加 し ま す ; 現 在 の ポ イ ン ト サ イ ズ が s1 以 下 の 場 合 、 幅 は n1 増 え ま す ; 現 在 の ポ イ ン ト サ イ ズ が s2 以 上 の 場 合 、 幅 は n2 増 え ま す ; ポ イ ン ト サ イ ズ が s1 以 上 か つ s2 以 下 の 場 合 は 、 増 加 す る 幅 は ポ イ ン ト サ イ ズ の 線 形 関 数 と な り ま す 。
.tm1 
string

tm リ ク エ ス ト と 同 様 で す 。 string が コ ピ ー モ ー ド で 読 み 込 ま れ て 標 準 エ ラ ー に 書 き 出 さ れ ま す 。 た だ し 先 頭 に 空 白 を 置 け る よ う に す る た め に 、 string の 最 初 の ダ ブ ル ク ォ ー ト は 取 り 除 か れ ま す 。

.tmc string

tm1 と 同 様 で す が 最 後 の 改 行 を 出 力 し ま せ ん 。

.trf filename 透 過 的 に フ ァ イ ル filename の 内 容 を 出 力 し ま す 。 各 行 の 出 力 は 各 行 の 先 頭 に \! つ い た も の と し て 出 力 さ れ ま す 。 し か し 、 行 は コ ピ ー モ ー ド に お け る 解 釈 の 対 象 と は な り ま せ ん 。 フ ァ イ ル が 改 行 文 字 で 終 ら な い 場 合 、 改 行 文 字 が 追 加 さ れ ま す 。 例 え ば 、 フ ァ イ ル f の 内 容 を 含 む マ ク ロ x を 定 義 す る に は 、

.di x
.trf 
f
.di
と し ま す 。 cf リ ク エ ス ト と は 異 な り 、 フ ァ イ ル 中 に は NUL と い っ た troff 入 力 文 字 と し て 不 正 な も の を 含 む こ と は で き ま せ ん 。

.trnt abcd

\! に よ り 転 換 へ 透 過 的 に 取 り 込 ま れ る テ キ ス ト に 対 し て 適 用 さ れ な い こ と を 除 い て 、 tr リ ク エ ス ト と 同 じ で す 。 例 え ば 、

.tr ab
.di x
\!.tm a
.di
.x
b を 表 示 し ま す ; trnttr の か わ り に 使 わ れ た 場 合 、 a を 表 示 し ま す 。

.troff

n ビ ル ト イ ン 状 態 を 偽 に 、 t ビ ル ト イ ン 状 態 を 真 に し ま す 。 nroff リ ク エ ス ト の 効 果 を 打 ち 消 し ま す 。

.unformat xx こ の リ ク エ ス ト は 、 転 換 xx を ’ア ン フ ォ ー マ ッ ト ’ し ま す 。 転 換 の 整 形 済 み 要 素 を 可 能 な 限 り 入 力 ト ー ク ン に 復 元 し よ う と 試 み る .asciify リ ク エ ス ト と は 逆 に 、 .unformat は 単 語 間 の タ ブ と ス ペ ー ス (通 常 、 入 力 中 の ス ペ ー ス か 改 行 で 生 じ る ) の み 特 別 扱 い し ま す 。 前 者 は そ れ ら が 入 力 ト ー ク ン で あ る か の よ う に 扱 わ れ ま す 。 そ し て 後 者 は 再 び 伸 び 縮 み 可 能 と 扱 わ れ ま す 。 行 の 垂 直 方 向 の サ イ ズ が 保 存 さ れ な い こ と に 注 意 し て く だ さ い 。 グ リ フ 情 報 (フ ォ ン ト 、 フ ォ ン ト サ イ ズ 、 ス ペ ー ス 幅 等 々 ) は 保 た れ ま す 。 .box.boxa リ ク エ ス ト と 組 み 合 わ せ る と 便 利 で す 。

.vpt n

n が 非 0 の 場 合 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ を 有 効 に し ま す 。 そ う で な い 場 合 、 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ を 無 効 に し ま す 。 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ は wh , dt リ ク エ ス ト に よ り 設 定 さ れ る ト ラ ッ プ で す 。 it リ ク エ ス ト に よ り 設 定 さ れ る ト ラ ッ プ は 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ で は あ り ま せ ん 。 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ が 発 生 す る か 否 か を 制 御 す る こ の パ ラ メ ー タ は 大 域 的 で す 。 初 期 状 態 で は 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ は 有 効 で す 。

.warn n 警 告 を 制 御 し ま す 。 n は 有 効 と さ れ る べ き 警 告 と 関 連 づ け ら れ た 数 の 和 で す ; そ の 他 の 警 告 は 無 効 と な り ま す 。 警 告 と 関 連 づ け ら れ る 数 の リ ス ト は ’警 告 ’の 章 に 記 載 し ま す 。 例 え ば .warn 0 は 全 て の 警 告 を 無 効 に し ま す 。 ま た 、 .warn 1 は 存 在 し な い 文 字 に 関 す る 警 告 の み を 有 効 に し ま す 。 n が 与 え ら れ な い 場 合 、 全 て の 警 告 が 有 効 に な り ま す 。
.while 
c anything 条 件 c が 真 の 間 、 anything を 入 力 と し て 受 け 付 け ま す ; cif リ ク エ ス ト と し て 受 理 可 能 な 任 意 の 条 件 で す ; 最 初 の 行 が \{ で 開 始 さ れ 最 後 の 行 が \} で 終 了 す る 場 合 、 anything は 複 数 行 と な り 得 ま す 。 break, continue リ ク エ ス ト も 見 て 下 さ い 。
.write 
stream anything

anythingstream と い う 名 前 の ス ト リ ー ム に 書 き 込 み ま す 。 stream は す で に open リ ク エ ス ト の 対 象 で あ っ た は ず で す 。 anything が コ ピ ー モ ー ド で 読 ま れ ま す ; 先 行 す る " は 取 り 除 か れ ま す 。

.writem stream xx マ ク ロ ま た は 文 字 列 xx の 内 容 を stream で 指 定 さ れ た ス ト リ ー ム へ 書 き 出 し ま す 。 stream は 事 前 に open リ ク エ ス ト で オ ー プ ン さ れ て い な け れ ば な り ま せ ん 。 xx は コ ピ ー モ ー ド で 読 ま れ ま す 。 拡 張 さ れ た リ ク エ ス ト
.cf 
filename 転 換 の 中 で 使 用 さ れ た 場 合 は 、 後 で そ の 転 換 が 読 み 込 ま れ る と き に 、 filename の 内 容 が 透 過 的 に 出 力 に コ ピ ー さ れ る よ う な オ ブ ジ ェ ク ト を そ の 転 換 の 中 に 埋 め 込 み ま す 。 UNIX troff で は 、 現 在 、 転 換 の 中 か ど う か に か か わ ら ず filename の 内 容 は す ぐ に 出 力 に コ ピ ー さ れ ま す ; こ の 動 作 は 変 則 的 で あ り バ グ に 違 い あ り ま せ ん 。

.ev xx

xx が 数 で な い 場 合 、 xx で 呼 ば れ る 名 前 付 き 環 境 に 切 り 替 え ま す 。 引 数 な し の ev リ ク エ ス ト に 対 し て は 、 番 号 付 き 環 境 の 場 合 と 同 様 に 、 対 応 す る 環 境 が ポ ッ プ さ れ ま す 。 名 前 の あ る 環 境 の 数 に は 制 限 は あ り ま せ ん ; 最 初 に 参 照 さ れ る 時 に 生 成 さ れ ま す 。

.fp n f1 f2

fp リ ク エ ス ト は オ プ シ ョ ン で 3 番 目 の 引 数 を 取 り ま す 。 こ の 引 数 は フ ォ ン ト の 外 部 名 を 与 え ま す 。 こ の 名 前 で フ ォ ン ト 記 述 フ ァ イ ル を 探 し ま す 。 2 番 目 の 引 数 は フ ォ ン ト の 内 部 名 で あ り 、 フ ォ ン ト を マ ウ ン ト し た 後 に troff 中 で フ ォ ン ト を 参 照 す る の に 使 用 し ま す 。 3 番 目 の 引 数 が 無 い 場 合 は 内 部 名 を 外 部 名 と し て 使 用 し ま す 。 こ の 機 能 に よ り 、 互 換 モ ー ド に て 長 い 名 前 の フ ォ ン ト を 使 用 で き ま す 。

.ss m n

ss リ ク エ ス ト に 対 し 2 つ の 引 数 が 与 え ら れ る 場 合 、 2 番 目 の 引 数 は 文 の 空 白 サ イ ズ を 与 え ま す 。 2 番 目 の 引 数 が 与 え ら れ な い 場 合 、 文 の 空 白 サ イ ズ は 語 の 空 白 サ イ ズ と 同 じ に な り ま す 。 語 の 空 白 サ イ ズ と 同 様 、 文 の 空 白 サ イ ズ は 現 在 の フ ォ ン ト の 空 白 幅 パ ラ メ ー タ の 1/12 を 単 位 と し ま す 。 語 の 空 白 サ イ ズ と 文 の 空 白 サ イ ズ の 初 期 値 は と も に 12 で す 。 UNIX troff に 反 し て GNU troff は こ の リ ク エ ス ト も nroff モ ー ド で 扱 い ま す 。 そ れ か ら 指 定 さ れ た 値 は  12 の 倍 数 で 最 も 近 い 値 に 丸 め ら れ ま す 。 文 の 空 白 サ イ ズ は 2 つ の 状 況 に て 使 用 さ れ ま す : 行 詰 め モ ー ド に て 文 の 終 り と な っ た 場 合 、 語 間 の 空 白 と 文 の 空 白 が と も に 追 加 さ れ ま す ; 行 の 途 中 に て 、 文 の 終 り に 引 続 き 2 つ の 空 白 が 後 続 す る 場 合 、 2 番 目 の 空 白 は 文 の 空 白 と な り ま す 。 リ ク エ ス ト の 2 番 目 の 引 数 を 与 え な け れ ば 、 GNU troff の 動 作 は UNIX troff の 動 作 と 完 全 に 同 じ に な り ま す 。 GNU troff で は UNIX troff と 同 様 、 改 行 及 び 2 つ の 空 白 に て 文 を 追 跡 し ま す 。

.ta n1 n2...nn r1 r2...rn タ ブ 位 置 を n1, n2,..., nn と し 、 そ の 後 タ ブ 位 置 を nn+r1, nn+r2,...., nn+rn と し 、 そ の 後 タ ブ 位 置 を nn+rn+r1, nn+rn+r2,..., nn+rn+rn, と し …と い う こ と を 繰 り 返 し ま す 。 例 え ば 、

.ta T .5i は 1/2 イ ン チ 毎 に タ ブ 位 置 と し ま す 。 新 し い 数 値 レ ジ ス タ 以 下 の 読 み 取 り 専 用 レ ジ ス タ が 利 用 可 能 で す :

\n[.C] 互 換 モ ー ド 時 に

1 に 、 そ う で な い 場 合 は 0 に な り ま す 。

\n[.cdp] 現 在 の 環 境 に 付 加 さ れ て い る 最 後 の 文 字 の 深 さ 。 文 字 が ベ ー ス ラ イ ン よ り 下 に い く 場 合 に 正 に な り ま す 。
\n[.ce]
中 央 寄 せ さ れ る べ き 残 り の 行 数 。 こ の 値 は ce リ ク エ ス ト で セ ッ ト さ れ ま す 。
\n[.cht]
現 在 の 環 境 に 付 加 さ れ て い る 最 後 の 文 字 の 高 さ 。 文 字 が ベ ー ス ラ イ ン の 上 に い く 場 合 に 正 に な り ま す 。
\n[.csk]
現 在 の 環 境 に 付 加 さ れ て い る 最 後 の 文 字 の ス キ ュ ー 値 。 文 字 の ス キ ュ ー は 、 そ の 文 字 の 上 に 付 く ア ク セ ン ト が そ の 文 字 の 中 央 か ら ど れ だ け 右 に よ っ て 配 置 さ れ る か を 表 し ま す 。
\n[.ev]
現 在 の 環 境 の 名 前 も し く は 番 号 。 こ れ は 文 字 列 で 値 を 保 持 す る レ ジ ス タ で す 。
\n[.fam]
現 在 の フ ォ ン ト フ ァ ミ リ 。 こ れ は 文 字 列 で 値 を 保 持 す る レ ジ ス タ で す 。
\n[.fp]
次 の フ リ ー フ ォ ン ト 位 置 の 数 を 表 し ま す 。

\n[.g] 常 に

1 で す 。 マ ク ロ 中 で GNU troff 下 で 動 作 し て い る か ど う か を 判

定 す る に は 、 こ の 値 を 使 用 す る こ と 。

\n[.hla]

hla リ ク エ ス ト に よ り 設 定 さ れ た 現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 言 語 。

\n[.hlc] 連 続 し て ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 処 理 し た 行 数 。
\n[.hlm]
連 続 し て ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 処 理 し て 良 い 最 大 値 。 こ の 値 は 、 hlm リ ク エ ス ト で 設 定 さ れ ま す 。
\n[.hy]
現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン フ ラ グ ( hy リ ク エ ス ト に て 設 定 さ れ ま す )。
\n[.hym]
現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン マ ー ジ ン ( hym リ ク エ ス ト に て 設 定 さ れ ま す )。
\n[.hys]
現 在 の ハ イ フ ネ ー シ ョ ン 空 白 ( hys リ ク エ ス ト に て 設 定 さ れ ま す )。
\n[.in]
現 在 の 出 力 行 に 適 用 さ れ て い る イ ン デ ン ト 。
\n[.int]
直 前 の 出 力 行 が 割 り 込 ま れ た 場 合 に 正 の 値 に 設 定 さ れ ま す (つ ま り \c を 含 ん で い る 場 合 で す )。
\n[.kern]
文 字 ペ ア 間 カ ー ニ ン グ が 有 効 な ら 1、 そ う で な い な ら 0 で す 。
\n[.lg]
現 在 の リ ガ チ ャ モ ー ド を 表 し ま す ( lg リ ク エ ス ト に て 設 定 さ れ ま す )。
\n[.linetabs]
現 在 の ラ イ ン -タ ブ モ ー ド ( linetabs リ ク エ ス ト で 設 定 さ れ た )。
\n[.ll]
現 在 の 出 力 行 に 適 用 す る 行 の 長 さ 。
\n[.lt]

lt リ ク エ ス ト に よ り 設 定 さ れ た タ イ ト ル 長 。

\n[.ne] 最 後 に ト ラ ッ プ を 起 こ し た ne リ ク エ ス ト に 必 要 だ っ た 空 白 の 量 。 \n[.trunc] レ ジ ス タ と と も に 使 用 し ま す 。
\n[.ns]
空 白 モ ー ド が 有 効 で な い 場 合 は 1 で 、 そ う で な い 場 合 は 0 で す 。
\n[.pn]
次 の ペ ー ジ 番 号 : pn リ ク エ ス ト に て 設 定 さ れ る か 、 現 在 の ペ ー ジ 番 号 に 1 を 加 え た も の で す 。
\n[.ps]
ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト 単 位 で 表 し た 現 在 の ポ イ ン ト サ イ ズ で す 。
\n[.psr]
ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト 単 位 で 表 し た 最 後 に リ ク エ ス ト さ れ た ポ イ ン ト サ イ ズ で す 。
\n[.rj]
右 揃 え す べ き 行 数 。 rj リ ク エ ス ト に よ り 設 定 さ れ ま す 。
\n[.sr]
最 後 に リ ク エ ス ト さ れ た 10進 数 分 数 ポ イ ン ト で 表 す ポ イ ン ト サ イ ズ 。 こ れ は 文 字 列 で 値 を 保 持 す る レ ジ ス タ で す 。
\n[.tabs]
現 在 の タ ブ 設 定 の 文 字 列 表 記 で あ り 、 ta リ ク エ ス ト の 引 数 と し て そ の ま ま 利 用 可 能 で す 。
\n[.trunc]
最 後 に 発 生 し た 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ に よ り 縮 め ら れ た 垂 直 空 白 の 量 。 ト ラ ッ プ が ne リ ク エ ス ト に て 生 じ た 場 合 、 ne リ ク エ ス ト に よ り 垂 直 位 置 位 置 の 移 動 分 は 差 し 引 か れ ま す 。 言 い 替 え る な ら 、 ト ラ ッ プ が 発 生 し た 場 所 で 、 ト ラ ッ プ が な か っ た と し た 場 合 の 垂 直 位 置 と 、 実 際 の 垂 直 位 置 と の 差 を 表 し ま す 。 \n[.ne] レ ジ ス タ と と も に 使 用 す る と 効 果 が あ り ま す 。
\n[.ss]
\n[.sss]

ss リ ク エ ス ト の 最 初 の 引 数 お よ び 2 番 目 の 引 数 に よ り 設 定 さ れ た 値 を 与 え ま す 。

\n[.vpt] 垂 直 位 置 ト ラ ッ プ が 有 効 の 場 合 1、 そ う で な い 場 合 は 0 で す 。
\n[.warn]
現 在 有 効 と な っ て い る 警 告 に 関 連 づ け ら れ て い る 数 の 和 で す 。 警 告 に 関 連 づ け ら れ て い る 数 字 の リ ス ト は ’警 告 ’節 に 記 載 さ れ て い ま す 。

\n[.x] メ ジ ャ ー バ ー ジ ョ ン 番 号 。 例 え ば バ ー ジ ョ ン 番 号 が

1.03 の 場 合 、

\n[.x]1 で す 。

\n[.y] マ イ ナ バ ー ジ ョ ン 番 号 。 例 え ば バ ー ジ ョ ン 番 号 が

1.03 の 場 合 、

\n[.y]03 で す 。

\n[.Y]

groff の バ ー ジ ョ ン 番 号 。

\n[llx]
\n[lly]
\n[urx]
\n[ury]
こ れ ら の 4 個 の レ ジ ス タ は 、 .psbb リ ク エ ス ト に よ っ て 設 定 さ れ 、 指 定 さ れ た PostScript イ メ ー ジ に 対 す る (PostScript 単 位 で の ) バ ウ ン デ ィ ン グ ボ ッ ク ス 情 報 を 保 持 し ま す 。 以 下 の 読 み 書 き 可 能 レ ジ ス タ は \w エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス で 設 定 さ れ ま す :
\n[rst]
\n[rsb]

st, sb レ ジ ス タ と 同 様 で す が 、 文 字 の 高 さ と 深 さ も 考 慮 に 入 れ ま す 。

\n[ssc] 最 後 の 文 字 か ら 下 付 き 文 字 ま で に 加 え ら れ る 水 平 空 白 の 量 。 負 も 取 り 得 ま す 。
\n[skw]

\w 引 数 に お け る 最 後 の 文 字 の 中 央 か ら ど れ ほ ど 右 に ず れ て 、 ロ ー マ ン フ ォ ン ト の ア ク セ ン ト の 中 央 が そ の 文 字 上 に 配 置 さ れ る か を 表 し ま す 。 他 に 利 用 可 能 な 読 み 書 き 可 能 の 数 値 レ ジ ス タ と し て 以 下 が あ り ま す :

\n[c.] 現 在 の 入 力 行 番 号 。

\n[.c] は こ の レ ジ ス タ の 別 名 で あ り 、 読 み 出 し 専

用 で す 。

\n[hp] 入 力 行 で の 現 在 の 水 平 位 置 で す 。

\n[systat]

sy リ ク エ ス ト に よ り 最 後 に 実 行 さ れ た system() の 戻 り 値 。

\n[slimit]

0 よ り 大 き い 場 合 、 入 力 ス タ ッ ク の 最 大 オ ブ ジ ェ ク ト 数 を 表 し ま す 。 0 以 下 の 場 合 、 入 力 ス タ ッ ク 上 の オ ブ ジ ェ ク ト 数 に 制 限 は あ り ま せ ん 。 制 限 が 無 い 場 合 、 仮 想 記 憶 を 使 い 果 た す ま で 再 帰 が 続 く こ と が あ り ま す 。

\n[year] 現 在 の 年 。 伝 統 的 な troff 数 値 レ ジ ス タ \n[yr] は 、 現 在 の 年 か ら 1900 を 減 じ た 値 で あ る こ と に 注 意 し て く だ さ い 。 そ の 他
troff
は 、 (読 み 書 き 用 ) 文 字 列 ベ ー ス の レ ジ ス タ \*(.T を 前 も っ て 定 義 し て お り 、 こ れ に は -T コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン に 与 え ら れ た 引 数 、 す な わ ち 現 在 の 出 力 デ バ イ ス を 保 持 し て い ま す (例 え ば latin1ascii )。 こ れ は 、 (読 み 込 み 専 用 の ) 数 値 レ ジ ス タ \n[.T] が 、 troff-T コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン 付 で 呼 び 出 さ れ た と き に 1 に 定 義 さ れ 、 そ う で な い と き に 0 に 定 義 さ れ る の と は 同 じ で は あ り ま せ ん 。 こ の 動 作 は 、 UNIX troff と は 異 な り ま す 。

DESC フ ァ イ ル に 記 述 さ れ て い な い フ ォ ン ト は 、 参 照 さ れ た 時 点 で 自 動 的 に 次 の 利 用 可 能 な フ ォ ン ト 位 置 に マ ウ ン ト さ れ ま す 。 フ ォ ン ト を 明 示 的 に fp リ ク エ ス ト に て 未 使 用 の フ ォ ン ト 位 置 に マ ウ ン ト す る 場 合 、 最 初 の 未 使 用 の フ ォ ン ト 位 置 に マ ウ ン ト し な け れ ば な り ま せ ん 。 こ の 位 置 は \n[.fp] レ ジ ス タ に て 参 照 で き ま す ; し か し な が ら 、 troff は こ れ を 厳 密 に は 強 い ま せ ん 。 現 在 使 用 さ れ て い る 位 置 よ り も 多 大 に 大 き く ず れ る 位 置 に マ ウ ン ト さ れ る こ と は 許 さ れ ま せ ん 。 文 字 列 の 挿 入 は 既 に 存 在 す る マ ク ロ 引 数 を 隠 し は し ま せ ん 。 そ れ ゆ え マ ク ロ 中 で

.xx \\$@ を よ り 効 率 良 く 行 う た め に は 、

\\*[xx]\\ と し ま す 。 フ ォ ン ト 記 述 フ ァ イ ル に 文 字 ペ ア 間 カ ー ニ ン グ 情 報 が 含 ま れ る 場 合 、 こ の フ ォ ン ト か ら 出 力 さ れ る 文 字 は カ ー ニ ン グ さ れ ま す 。 \& を 2 つ の 文 字 間 に 置 く こ と で 、 そ の 文 字 間 の カ ー ニ ン グ を 禁 止 で き ま す 。 条 件 に お い て 文 字 列 を 比 較 す る 場 合 、 最 初 の デ リ ミ タ と 異 な る 入 力 レ ベ ル に お い て 出 現 す る 文 字 は 2 番 目 3 番 目 の デ リ ミ タ と し て 認 識 さ れ ま せ ん 。 こ れ は tl リ ク エ ス ト に も 当 て は ま り ま す 。 \w エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス に お い て 、 最 初 の デ リ ミ タ 文 字 と は 異 な る 入 力 レ ベ ル に あ る 閉 じ る 方 の デ リ ミ タ 文 字 は 、 認 識 さ れ ま せ ん 。 マ ク ロ 引 数 を デ コ ー ド す る 時 に 、 マ ク ロ 引 数 が ダ ブ ル ク ォ ー ト で 区 切 ら れ る 場 合 、 最 初 の デ リ ミ タ 文 字 と は 異 な る 入 力 レ ベ ル に あ る 文 字 は 、 閉 じ る 方 の デ リ ミ タ 文 字 と は 認 識 さ れ ま せ ん 。 \$@ の 実 装 で は 、 引 数 を 括 る ダ ブ ル ク ォ ー ト は 同 じ レ ベ ル と な る こ と が 保 証 さ れ て い ま す 。 こ の レ ベ ル は 引 数 の 入 力 レ ベ ル と は 異 な り ま す 。 長 い エ ス ケ ー プ 名 中 で は ] は 開 く 方 の ] の 入 力 レ ベ ル と 同 じ で あ る 場 合 を 除 き 、 閉 じ る 方 の デ リ ミ タ と は 認 識 さ れ ま せ ん 。 互 換 モ ー ド で は 入 力 レ ベ ル に 対 す る 注 意 は 払 わ れ ま せ ん 。 条 件 が 増 え ま し た :

.if rxxx 数 値 レ ジ ス タ xxx が 存 在 す る 場 合 に 真 と な り ま す 。
.if d
xxx 文 字 列 /マ ク ロ /転 換 /リ ク エ ス ト に xxx と い う 名 前 の も の が あ っ た 場 合 に 真 に な り ま す 。
.if c
ch 文 字 ch が 使 用 可 能 な 場 合 に 真 に な り ま す ; chASCII 文 字 で も ス ペ シ ャ ル 文 字 \(xx, \[xxx] で も か ま い ま せ ん ; chchar リ ク エ ス ト に て 定 義 さ れ た 場 合 に も 真 に な り ま す 。

tr リ ク エ ス ト は 文 字 を \~ に マ ッ プ で き る よ う に な り ま し た 。 警 告
troff
が 出 力 す る 警 告 は 以 下 の カ テ ゴ リ に 分 類 さ れ ま す 。 各 警 告 に 関 連 す る 名 前 は −w, −W オ プ シ ョ ン で 使 用 可 能 で す ; ま た 番 号 は 、 warn リ ク エ ス ト お よ び .warn レ ジ ス タ が 使 用 し ま す 。

char 1 存 在 し な い 文 字 。 デ フ ォ ル ト で 有 効 で す 。

number 2 不 正 な 数 式 。 デ フ ォ ル ト で 有 効 で す 。

break 4 行 詰 め モ ー ド に て 、 行 を 分 割 で き な か っ た た め 、 行 の 長 さ よ り も 短 く な っ て し ま い ま し た 。 デ フ ォ ル ト で 有 効 で す 。

delim 8 閉 じ る 方 の デ リ ミ タ が 無 い も し く は マ ッ チ し ま せ ん 。

el 16 対 応 す る

ie リ ク エ ス ト の 無 い 、 el リ ク エ ス ト 。

scale 32 意 味 の 無 い ス ケ ー リ ン グ イ ン ジ ゲ ー タ 。

range 64 引 数 が 範 囲 を 越 え て い ま す 。

syntax 128 数 式 中 の 曖 昧 な 文 法 。

di 256 現 在 転 換 が 無 い に も か か わ ら ず 、 引 数 無 し で

di, da

使 用 し た 。

mac 512 未 定 義 の 文 字 列 、 マ ク ロ 、 転 換 を 使 用 し た 。 未 定 義 の 文 字 列 、 マ ク ロ 、 転 換 を 使 用 し た 場 合 、 文 字 列 が 自 動 的 に 空 に 定 義 さ れ ま す 。 こ の た め 各 名 前 に 対 す る 警 告 は 大 概 最 大

1 回 だ け で す 。

reg 1024 未 定 義 の 数 値 レ ジ ス タ を 使 用 し た 。 未 定 義 の 数 値 レ ジ ス タ を 使 用 し た 場 合 、 レ ジ ス タ が 自 動 的 に 値

0 に 定 義 さ れ ま す 。 定 義 は 自 動 的 に 値 0 に て 行 わ れ ま す 。 こ の た め 各 名 前 に 対 す る 警 告 は 大 概 最 大 1 回 だ け で す 。

tab 2048 タ ブ 文 字 の 使 用 が 不 適 切 で し た 。 数 字 が 期 待 さ れ る 場 所 で タ ブ を 使 用 し た か 、 ク ォ ー ト さ れ い て な い マ ク ロ の 引 数 中 で タ ブ 文 字 を 使 用 し た か の ど ち ら か で し ょ う 。

right-brace 4096 数 字 が 期 待 さ れ る 場 所 で

\} が 使 用 さ れ た 。

missing 8192 非 オ プ シ ョ ン 引 数 が 足 り な い リ ク エ ス ト 。

input 16384 不 正 な 入 力 文 字 。

escape 32768 認 識 で き な い エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス 。 認 識 で き な い エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス に 会 っ た 場 合 は 、 そ の エ ス ケ ー プ 文 字 は 無 視 さ れ ま す 。

space 65536 リ ク エ ス ト も し く は マ ク ロ と そ れ ら の 引 数 の 間 に 空 白 が あ り ま せ ん 。 こ の 警 告 は 、

2 文 字 よ り 長 い 未 定 義 の 文 字 に 会 っ た 場 合 で 最 初 の 2 文 字 が 定 義 さ れ た 名 前 の と き に 起 こ り 得 ま す 。 こ の と き リ ク エ ス ト も し く は マ ク ロ は 起 動 さ れ ま せ ん 。 こ の 警 告 が 発 せ ら れ る 時 、 ど の よ う な マ ク ロ も 自 動 的 に は 定 義 さ れ ま せ ん 。 デ フ ォ ル ト で 有 効 で す 。 こ の 警 告 は 互 換 モ ー ド で は 起 こ り 得 ま せ ん 。

font 131072 存 在 し な い フ ォ ン ト 。 デ フ ォ ル ト で 有 効 で す 。

ig 262144

ig リ ク エ ス ト に よ り 無 視 さ れ た テ キ ス ト の 中 に あ る 不 正 な エ ス ケ ー プ 。 こ れ ら は 無 視 さ れ た テ キ ス ト の 中 で は 発 生 し な い エ ラ ー で す 。 警 告 の グ ル ー プ を 指 定 す る 名 前 も あ り ま す :

all す べ て 、 た だ し

di, mac, reg を 除 き ま す 。 伝 統 的 な マ ク ロ パ ッ ケ ー

ジ を 使 用 す る 際 に 有 用 な 警 告 の 全 て を カ バ ー す る よ う に 導 入 さ れ ま し た 。

w 全 て の 警 告 。 非 互 換 性 長 い 名 前 を 使 用 す る と 非 互 換 性 の 問 題 が 起 こ る 場 合 が あ り ま す 。

UNIX troff

.dsabcd を 文 字 列 ab の 定 義 で あ り 、 そ の 内 容 が cd で あ る と 解 釈 し ま す 。 通 常 、 GNU troff は こ れ を マ ク ロ dsabcd の 呼 び 出 し で あ る と 解 釈 し ま す 。 ま た 、 UNIX troff は \*[\n[ を 、 文 字 列 /数 値 レ ジ ス タ [ の 参 照 で あ る と 解 釈 し ま す 。 し か し 、 GNU troff で は 、 こ れ は 通 常 長 い 名 前 の 始 ま り で あ る と 解 釈 し ま す 。 互 換 モ ー ド で は GNU troff は こ れ ら を 伝 統 的 な 方 法 で 解 釈 し ま す 。 ま た 長 い 名 前 は 認 識 さ れ ま せ ん 。 互 換 モ ー ド は −C コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン に て 有 効 に 出 来 、 cp リ ク エ ス ト に て 有 効 無 効 の 切 替 え が 出 来 ま す 。 互 換 モ ー ド が 有 効 の 場 合 に は 数 値 レ ジ ス タ \n[.C] が 1 と な り 、 そ う で な い 場 合 は 0 と な り ま す 。

GNU troff は 文 字 列 /マ ク ロ /展 開 /数 値 レ ジ ス タ /フ ォ ン ト /環 境 の 名 前 に お い て 、 エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス \\|\^\&\}\{\(space)\’\’\-\_\!\%\c を 使 用 す る こ と を 許 し ま せ ん ; 一 方 UNIX troff で は 出 来 ま す 。 名 前 中 で の こ れ ら の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス の 使 用 を 避 け る に は 、 \A エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス が 役 に 立 つ か も し れ ま せ ん 。 分 数 の ポ イ ン ト サ イ ズ は 顕 著 な 非 互 換 性 を 引 き 起 こ し ま す 。 UNIX troff で は ps リ ク エ ス ト は ス ケ ー ル イ ン ジ ケ ー タ を 無 視 す る た め

.ps 10u は ポ イ ン ト サ イ ズ を 10 ポ イ ン ト に 設 定 し ま す が 、 GNU troff で は ポ イ ン ト サ イ ズ を 10 ス ケ ー ル ド ポ イ ン ト に 設 定 し ま す 。

GNU torff で は 、 フ ォ ー マ ッ ト さ れ て い な い 入 力 文 字 と フ ォ ー マ ッ ト さ れ た 出 力 文 字 と の 間 に 基 本 的 な 違 い が あ り ま す 。 出 力 文 字 が ど の よ う に 出 力 さ れ る の か に 影 響 す る こ と が ら は 全 て 、 そ の 文 字 に 記 録 さ れ て い ま す 。 一 度 出 力 文 字 が 構 成 さ れ た な ら ば 、 そ の 出 力 文 字 は そ の 後 に 実 行 さ れ る リ ク エ ス ト の 影 響 を 受 け ま せ ん 。 こ の リ ク エ ス ト に は bd, cs, tkf, tr, fp リ ク エ ス ト が 含 ま れ ま す 。 通 常 、 出 力 文 字 が 入 力 文 字 か ら 構 成 さ れ る の は 、 出 力 文 字 が 現 在 の 出 力 行 に 追 加 さ れ る 直 前 で す 。 マ ク ロ /転 換 /文 字 列 は 実 際 同 じ タ イ プ の オ ブ ジ ェ ク ト で す ; す な わ ち 入 力 文 字 の リ ス ト と 出 力 の 文 字 の 任 意 の 組 み 合 わ せ の リ ス ト を 保 持 し て い ま す 。 マ ク ロ 処 理 に お い て は 出 力 文 字 は 入 力 文 字 の よ う に は 振 舞 い ま せ ん ; 出 力 文 字 は 、 そ の 元 の 入 力 文 字 が 持 っ て い た 特 殊 な プ ロ パ テ ィ を 一 切 継 承 し ま せ ん 。 例 え ば 、

.di x
\\\\
.br
.di
.x
はGNU groff で は \\ を 表 示 し ま す ; 各 \ の ペ ア は 単 一 の 出 力 \ に な り 、 出 力 結 果 の 複 数 の \ は 、 再 読 み 込 み の 時 に は エ ス ケ ー プ 文 字 と し て は 解 釈 さ れ ま せ ん 。 UNIX troff で は 再 読 み 込 み の 時 に は エ ス ケ ー プ 文 字 と し て 解 釈 さ れ る た め 、 最 終 的 な 結 果 は 単 一 の \ と な り ま す 。 表 示 可 能 な \ を 得 る 正 し い 方 法 は 、 \e エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 用 す る こ と で す : こ の エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス は 、 転 換 の 中 で あ る か 否 に か か わ ら ず 、 常 に 現 在 の エ ス ケ ー プ 文 字 実 体 を 一 つ 表 示 し ま す ; こ れ は GNU troff で も UNIX troff で も 動 作 し ま す 。 転 換 中 に 、 転 換 が 再 読 み 込 み さ れ た 時 に 解 釈 さ れ る よ う な エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 埋 め 込 み た い 場 合 、 伝 統 的 な \! 透 過 出 力 機 構 を 使 用 す る か 、 こ れ が 適 当 で な い な ら 新 し い \? エ ス ケ ー プ シ ー ケ ン ス を 使 用 し て 下 さ い 。

環 境 変 数

GROFF_TMAC_PATH : で 区 切 ら れ た 、 マ ク ロ フ ァ イ ル を 検 索 す べ き デ ィ レ ク ト リ 名 の リ ス ト 。 troff は 、 そ れ ら の 前 に −M オ プ シ ョ ン で 指 定 さ れ た デ ィ レ ク ト リ を 調 べ 、 そ ら ら の 後 で 標 準 の デ ィ レ ク ト リ (安 全 で な い モ ー ド で は 現 在 の デ ィ レ ク ト リ 、 ホ ー ム デ ィ レ ク ト リ 、 /usr/share/tmac/, /usr/share/tmac/, /usr/share/tmac/) を 調 べ ま す 。
GROFF_TYPESETTER
デ フ ォ ル ト の 出 力 デ バ イ ス
GROFF_FONT_PATH
:
で 区 切 ら れ た 、 フ ォ ン ト を 検 索 す べ き デ ィ レ ク ト リ 名 の リ ス ト 。 troff は 、 ま ず -F オ プ シ ョ ン で 指 定 さ れ た デ ィ レ ク ト リ を 検 索 し 、 次 に 本 環 境 変 数 で 指 定 さ れ た デ ィ レ ク ト リ 、 最 後 に 標 準 の デ ィ レ ク ト リ ( /usr/share/groff_font ) を 検 索 し ま す 。

関 連 フ ァ イ ル

/usr/share/tmac/troffrc 初 期 化 フ ァ イ ル (他 の マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ の 前 に 呼 び 出 さ れ ま す )
/usr/share/tmac/troffrc-end
初 期 化 フ ァ イ ル (他 の マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ の 後 に 呼 び 出 さ れ ま す )
/usr/share/tmac/
name.tmac
/usr/share/tmac/tmac.
name マ ク ロ フ ァ イ ル
/usr/share/groff_font/dev
name/DESC デ バ イ ス name の デ バ イ ス 記 述 フ ァ イ ル
/usr/share/groff_font/dev
name/F デ バ イ ス name に お け る フ ォ ン ト F の フ ォ ン ト 記 述 フ ァ イ ル

troffrctroffrc-end は 、 セ キ ュ リ テ ィ の た め デ フ ォ ル ト で 現 在 の デ ィ レ ク ト リ と ホ ー ム デ ィ レ ク ト リ の い ず れ で も 検 索 さ れ な い 事 に 注 意 し て く だ さ い ( −U オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ て い て も )。 必 要 な 場 合 は −M コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン か GROFF_TMAC_PATH 環 境 変 数 を 使 っ て そ れ ら の デ ィ レ ク ト リ を 検 索 パ ス に 加 え ら れ ま す 。

関 連 項 目

groff(7) -- 短 い で す が 、 リ ク エ ス ト 、 レ ジ ス タ 、 エ ス ケ ー プ に 関 す る 完 全 な リ フ ァ レ ン ス で す 。

groff(1), tbl(1), pic(1), eqn(1), refer(1), soelim(1), grn(1), grops(1), grodvi(1), grotty(1), grohtml(1), grolj4(1), groff_font(5), groff_out(5), groff_char(7)

COMMENTS