Manpages

名 前

tan, tanf, tanl − 正 接 ( タ ン ジ ェ ン ト ) 関 数

書 式

#include <math.h>

double tan(double x);
float tanf(float
x);
long double tanl(long double
x);

−lm で リ ン ク す る 。

glibc 向 け の 機 能 検 査 マ ク ロ の 要 件 (feature_test_macros(7) 参 照 ):

tanf(), tanl():

_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 600 || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L;
or cc −std=c99

説 明

tan() 関 数 は x の 正 接 ( タ ン ジ ェ ン ト ) の 値 を 返 す 。 x は ラ ジ ア ン 単 位 で 指 定 す る 。

返 り 値

成 功 す る と 、 こ れ ら の 関 数 は x の 正 接 (タ ン ジ ェ ン ト ) を 返 す 。

x が NaN の 場 合 、 NaN が 返 さ れ る 。

x が 正 の 無 限 大 か 負 の 無 限 大 の 場 合 、 領 域 エ ラ ー (domain error) が 発 生 し 、 NaN が 返 さ れ る 。 結 果 が オ ー バ ー フ ロ ー す る 場 合 、 範 囲 エ ラ ー (range error) が 発 生 し 、 各 関 数 は そ れ ぞ れ HUGE_VAL, HUGE_VALF, HUGE_VALL を 返 す 。

エ ラ ー

こ れ ら の 関 数 を 呼 び 出 し た 際 に エ ラ ー が 発 生 し た か の 判 定 方 法 に つ い て の 情 報 は math_error(7) を 参 照 の こ と 。 以 下 の エ ラ ー が 発 生 す る 可 能 性 が あ る 。 領 域 エ ラ ー

(domain error): x が 無 限 大 で あ る

errnoEDOM が 設 定 さ れ る (「 バ グ 」 の 節 も 参 照 )。 不 正 (invalid) 浮 動 小 数 点 例 外 (FE_INVALID) が 上 が る 。 範 囲 エ ラ ー

(range error): 結 果 の オ ー バ ー フ ロ ー オ ー バ ー フ ロ ー 浮 動 小 数 点 例 外 (FE_OVERFLOW) が 上 が る 。

属 性

マ ル チ ス レ ッ デ ィ ン グ (pthreads(7) 参 照 ) 関 数 tan(), tanf(), tanl() は ス レ ッ ド セ ー フ で あ る 。

準 拠

C99, POSIX.1−2001. double 版 の 関 数 は SVr4, 4.3BSD, C89 に も 準 拠 し て い る 。

バ グ

バ ー ジ ョ ン 2.10 よ り 前 の glibc の 実 装 で は 、 領 域 エ ラ ー が 発 生 し た 際 に 、 errnoEDOM が 設 定 さ れ な か っ た 。

関 連 項 目

acos(3), asin(3), atan(3), atan2(3), cos(3), ctan(3), sin(3)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS