Manpages

名 前

strxfrm − 文 字 列 の 変 換

書 式

#include <string.h>

size_t strxfrm(char *dest, const char *src, size_t n);

説 明

strxfrm() 関 数 は 、 文 字 列 src に 対 し て 、 次 の よ う な 変 換 を 行 う 。 変 換 は 、 あ る 二 つ の 文 字 列 に 対 し て 、 そ れ ぞ れ を strxfrm() で 変 換 し た 文 字 列 に 対 し て strcmp(3) を 行 っ た 結 果 が 、 変 換 を 行 わ ず に strcoll(3) を 行 っ た 結 果 と 同 じ と な る よ う に 行 う 。 変 換 さ れ た 文 字 列 の 先 頭 か ら n バ イ ト 分 が dest に 代 入 さ れ る 。 変 換 は 、 プ ロ グ ラ ム の 現 在 の ロ ケ ー ル の カ テ ゴ リ ー LC_COLLATE に 基 づ い て 行 わ れ る (setlocale(3) を 参 照 )。

返 り 値

strxfrm() 関 数 は 、 変 換 さ れ た 文 字 列 を dest に 代 入 す る と き に 必 要 な バ イ ト 数 か ら 、 終 端 の ヌ ル バ イ ト ('\0') の 分 を 引 い た も の を 返 す 。 も し 返 り 値 が n 以 上 の 場 合 、 dest の 内 容 は 不 定 と な る 。

準 拠

SVr4, 4.3BSD, C89, C99.

注 意

POSIX ま た は C ロ ケ ー ル で は 、 関 数 strxfrm() は 、 関 数 strncpy(3) を 使 っ て 文 字 列 を コ ピ ー す る の と 同 じ で あ る 。

関 連 項 目

bcmp(3), memcmp(3), setlocale(3), strcasecmp(3), strcmp(3), strcoll(3), string(3)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS