Manpages

名 前

stpcpy, strcasecmp, strcat, strchr, strcmp, strcoll, strcpy, strcspn, strdup, strfry, strlen, strncat, strncmp, strncpy, strncasecmp, strpbrk, strrchr, strsep, strspn, strstr, strtok, strxfrm, index, rindex − 文 字 列 を 操 作 す る 関 数

書 式

#include <strings.h>
int strcasecmp(const char *
s1, const char *s2); 文 字 列 s1s2 を 大 文 字 小 文 字 の 違 い を 無 視 し て 比 較 す る 。
int strncasecmp(const char *
s1, const char *s2, size_t n); 文 字 列 s1s2 の 最 初 の n 文 字 を 、 大 文 字 小 文 字 の 違 い を 無 視 し て 比 較 す る 。
char *index(const char *
s, int c); 文 字 列 s 中 に 最 初 に 文 字 c が 現 れ た 位 置 へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
char *rindex(const char *
s, int c); 文 字 列 s 中 に 最 後 に 文 字 c が 現 れ た 位 置 へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
#include <string.h>
char *stpcpy(char *
dest, const char *src); 文 字 列 を src か ら dest に コ ピ ー し 、 dest に 格 納 さ れ た 文 字 列 の 末 尾 へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
char *strcat(char *
dest, const char *src); 文 字 列 src を 文 字 列 dest に 追 加 し 、 dest へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
char *strchr(const char *
s, int c); 文 字 列 s 中 に 最 初 に 文 字 c が 現 れ た 位 置 へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
int strcmp(const char *
s1, const char *s2); 文 字 列 s1s2 を 比 較 す る 。
int strcoll(const char *
s1, const char *s2); 現 在 の ロ ケ ー ル を 使 用 し て 、 文 字 列 s1s2 と 比 較 す る
char *strcpy(char *
dest, const char *src); 文 字 列 srcdest に コ ピ ー し 、 dest の 先 頭 へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
size_t strcspn(const char *
s, const char *reject); 文 字 列 s の 、 文 字 列 reject に 含 ま れ な い バ イ ト だ け で 構 成 さ れ る 最 初 の 部 分 文 字 列 の 長 さ を 計 算 す る 。
char *strdup(const char *
s); 文 字 列 s を 、 malloc(3) を 使 っ て 確 保 し た メ モ リ ー に 複 製 し て 返 す 。
char *strfry(char *
string);

string 中 の 文 字 を ラ ン ダ ム に 並 び 替 え る 。

size_t strlen(const char *s); 文 字 列 s の 長 さ を 返 す 。
char *strncat(char *
dest, const char *src, size_t n); 文 字 列 src の 最 大 n 文 字 を 文 字 列 dest に 追 加 し 、 dest へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
int strncmp(const char *
s1, const char *s2, size_t n); 文 字 列 s1s2 を 最 大 n バ イ ト ま で 比 較 す る 。
char *strncpy(char *
dest, const char *src, size_t n); 文 字 列 src か ら dest へ 最 大 n バ イ ト を コ ピ ー し 、 dest の 先 頭 へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
char *strpbrk(const char *
s, const char *accept); 文 字 列 accept に 含 ま れ る バ イ ト の い ず れ か が 、 文 字 列 s 内 で 最 初 に 現 れ る 位 置 を 特 定 す る 。
char *strrchr(const char *
s, int c); 文 字 列 s 中 に 最 後 に 文 字 c が 現 れ た 位 置 へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
char *strsep(char **
stringp, const char *delim); 文 字 列 s か ら 、 delim の い ず れ か の バ イ ト で 区 切 っ た 最 初 の ト ー ク ン を 取 り 出 す 。
size_t strspn(const char *
s, const char *accept); 文 字 列 s 中 の accept に 含 ま れ る 文 字 だ け で 構 成 さ れ る 最 初 の 部 分 文 字 列 の 長 さ を 計 算 す る 。
char *strstr(const char *
haystack, const char *needle); 部 分 文 字 列 needle が 文 字 列 haystack 中 で 最 初 に 現 れ る 位 置 を 探 し 、 そ の 部 分 文 字 列 へ の ポ イ ン タ ー を 返 す 。
char *strtok(char *
s, const char *delim); 文 字 列 s か ら 、 delim の い ず れ か の バ イ ト で 区 切 っ た ト ー ク ン を 取 り 出 す 。
size_t strxfrm(char *
dest, const char *src, size_t n);

src を 現 在 の ロ ケ ー ル に 変 換 し 、 最 初 の n 文 字 を dest に コ ピ ー す る 。

説 明

文 字 列 関 数 は 、 ヌ ル 終 端 さ れ た 文 字 列 に 対 し て 、 文 字 列 操 作 を 実 行 す る 。 そ れ ぞ れ の 関 数 の 説 明 に つ い て は 個 々 の manペ ー ジ を 見 よ 。

関 連 項 目

index(3), rindex(3), stpcpy(3), strcasecmp(3), strcat(3), strchr(3), strcmp(3), strcoll(3), strcpy(3), strcspn(3), strdup(3), strfry(3), strlen(3), strncasecmp(3), strncat(3), strncmp(3), strncpy(3), strpbrk(3), strrchr(3), strsep(3), strspn(3), strstr(3), strtok(3), strxfrm(3)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS