Manpages

名 前

standards − C と UNIX の 標 準 規 格

説 明

多 く の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 「 準 拠 (CONFORMING TO)」 の 章 は 、 そ の ペ ー ジ に 記 載 さ れ た イ ン タ ー フ ェ ー ス が 準 拠 す る 各 種 の 標 準 規 格 を 示 す も の で あ る 。 以 下 に こ れ ら の 標 準 規 格 の 簡 単 な 説 明 を 記 す 。

V7 バ ー ジ ョ ン

7 (第 7 版 と も 呼 ば れ る ) UNIX。 1979 年 に AT&T/Bell

Labs に よ り リ リ ー ス さ れ た 。 こ の 時 点 以 降 、 UNIX シ ス テ ム は BSD と System V の 二 つ の 系 譜 に 分 か れ た 。

4.2BSD カ リ フ ォ ル ニ ア 大 バ ー ク レ ー 校

(the University of California at

Berkeley) に よ り リ リ ー ス さ れ た Berkeley Software Distribution リ リ ー ス 4.2 に よ っ て 規 定 さ れ た 、 実 装 に 基 づ く 標 準 規 格 (implementation standard)。 バ ー ク レ ー に よ る リ リ ー ス の 中 で TCP/IP ス タ ッ ク と ソ ケ ッ ト API を 含 む 最 初 の リ リ ー ス で あ る 。 こ れ よ り 前 の BSD の 主 な リ リ ー ス と し て は 3BSD (1980), 4BSD (1980), 4.1BSD (1981) が あ る 。

4.3BSD

1986 年 に リ リ ー ス さ れ た 4.2BSD の 後 継 。

4.4BSD

1993 年 に リ リ ー ス さ れ た 4.3BSD の 後 継 。 バ ー ク レ ー (Berkeley) に よ る 最 後 の 大 き な リ リ ー ス で あ る 。

System V

AT&T の 商 用 System V (5) リ リ ー ス の 1983 年 版 に よ り 規 定 さ れ た 実 装 に 基 づ く 標 準 規 格 。 一 つ 前 の AT&T の 大 き な リ リ ー ス は 1981 年 に リ リ ー ス さ れ た System III で あ る 。

System V release 2 (SVr2)

System V の 二 番 目 の リ リ ー ス で あ り 、 1985 年 に 作 成 さ れ た 。 SVr2 は 正 式 に は 1985 年 に 発 行 さ れ た System V Interface Definition version 1 (SVID 1) に 記 載 さ れ て い る 。

System V release 3 (SVr3)

SVr2 の 後 継 。 1986 年 に リ リ ー ス さ れ た 。 こ の リ リ ー ス は 正 式 に は System V Interface Definition version 2 (SVID 2) に 記 載 さ れ て い る 。

System V release 4 (SVr4)

SVr3 の 後 継 。 1989 年 に リ リ ー ス さ れ た 。 こ の バ ー ジ ョ ン の System V に つ い て は "Programmer’s Reference Manual: Operating System API (Intel processors)" (Prentice−Hall 1992, ISBN 0−13−951294−2) に 記 載 さ れ て い る 。 こ の リ リ ー ス は 正 式 に は System V Interface Definition version 3 (SVID 3) に 記 載 さ れ て お り 、 System V の 最 終 的 な リ リ ー ス と 考 え ら れ て い る 。

SVID 4

System V Interface Definition version 4。 1995 年 に 発 行 さ れ た 。 イ ン タ ー ネ ッ ト で は http://www.sco.com/developers/devspecs/">http://www.sco.com/developers/devspecs/ で 入 手 で き る 。

C89

最 初 の C 言 語 の 標 準 規 格 で あ る 。 ANSI (American National Standards Institute) に よ り 1989 年 の 承 認 さ れ た (X3.159−1989)。 時 に は 、 こ の 規 格 は ANSI C と も 呼 ば れ る が 、 C99 も ANSI 標 準 な の で 、 こ の 言 い 方 は あ い ま い で あ る 。 こ の 規 格 は 1990 年 に ISO (International Standards Organization) に よ る 承 認 も 受 け て お り (ISO/IEC 9899:1990)、 そ の た め ISO C90 と し て 参 照 さ れ る こ と も た ま に あ る 。
C99

C 言 語 の 標 準 規 格 の こ の 改 訂 版 は ISO に よ り 1999 年 に 承 認 さ れ た (ISO/IEC 9899:1999)。 http://www.open-std.org/jtc1/sc22/wg14/www/standards">http://www.open-std.org/jtc1/sc22/wg14/www/standards か ら オ ン ラ イ ン で 入 手 可 能 で あ る 。

C11

C 言 語 の 標 準 規 格 の こ の 改 訂 版 は ISO に よ り 2011 年 に 承 認 さ れ た (ISO/IEC 9899:2011)。 http://www.open-std.org/jtc1/sc22/wg14/www/standards">http://www.open-std.org/jtc1/sc22/wg14/www/standards か ら オ ン ラ イ ン で 入 手 可 能 で あ る 。

POSIX.1−1990

"Portable Operating System Interface for Computing Environments". 1990 年 に ISO に よ り 承 認 さ れ た 、 IEEE 1003.1−1990 part 1 (ISO/IEC 9945−1:1990)。 "POSIX" と い う 言 葉 は Richard Stallman が 初 め て 作 っ た 。

POSIX.2

IEEE Std 1003.2−1992. コ マ ン ド と ユ ー テ ィ リ テ ィ に つ い て 説 明 が 書 か れ て お り 、 1993 年 に ISO に よ り 承 認 さ れ た (ISO/IEC 9945−2:1993)。

POSIX.1b (以 前 は POSIX.4 と も 言 わ れ た )

IEEE Std 1003.1b−1993. 移 植 可 能 な オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム の た め の リ ア ル タ イ ム 機 能 に つ い て 記 載 さ れ て お り 、 1996 年 の ISO に よ り 承 認 さ れ た (ISO/IEC 9945−1:1996)。

POSIX.1c

IEEE Std 1003.1c−1995. POSIX ス レ ッ ド イ ン タ ー フ ェ ー ス に つ い て 記 載 し て い る 。

POSIX.1d

IEEE Std 1003.1c−1999. 追 加 の リ ア ル タ イ ム 拡 張 に つ い て 記 載 し て い る 。

POSIX.1g

IEEE Std 1003.1g−2000. (ソ ケ ッ ト を 含 め た ) ネ ッ ト ワ ー ク API に つ い て 記 載 し て い る 。

POSIX.1j

IEEE Std 1003.1j−2000. 高 度 な リ ア ル タ イ ム 拡 張 に つ い て 記 載 し て い る 。

POSIX.1−1996

POSIX.1 の 1996 年 の 改 訂 版 。 POSIX.1b と POSIX.1c を 取 り 込 ん で い る 。

XPG3

1989 年 リ リ ー ス の 、 マ ル チ ベ ン ダ に よ る 業 界 団 体 で あ る X/Open 社 に よ る X/Open Portability Guide の 最 初 の 大 き な リ リ ー ス で あ る 。 こ の 指 針 は POSIX 標 準 規 格 に 基 づ い て い る 。

XPG4

1992 年 に リ リ ー ス さ れ た 、 X/Open Portability Guide (移 植 性 に 関 す る 指 針 ) の 改 訂 版 。

XPG4v2

XPG4 の 1994年 改 訂 版 。 Spec 1170 と も 呼 ば れ る 。 1170 と は こ の 標 準 規 格 が 定 義 し て い る イ ン タ ー フ ェ ー ス の 数 を 表 す も の で あ る 。

SUS (SUSv1)

Single UNIX Specification. こ の 規 格 は 、 XPG4v2 や そ の 他 の X/Open に よ る 標 準 規 格 (X/Open Curses Issue 4 version 2, X/Open Networking Service (XNS) Issue 4) を 再 構 成 し た も の で あ る 。 こ の 規 格 に 準 拠 す る シ ス テ ム は UNIX 95 を 名 乗 る こ と が で き る 。

SUSv2

Single UNIX Specification version 2. XPG5 と 呼 ば れ る こ と も あ る 。 こ の 規 格 は 1997 年 に 登 場 し た 。 こ の 規 格 に 準 拠 す る シ ス テ ム は UNIX 98 を 名 乗 る こ と が で き る 。 http://www.UNIX-systems.org/version2/">http://www.UNIX-systems.org/version2/ も 参 照 の こ と 。

POSIX.1−2001, SUSv3 こ れ は POSIX.1, POSIX.2, SUS の 2001年 の 改 訂 版 で あ る 。 ま た 、 POSIX.1, POSIX.2, SUS を 一 つ の 文 書 に 統 合 し た も の で あ る 。 こ の 統 合 は Austin Group ( http://www.opengroup.org/austin/">http://www.opengroup.org/austin/) の 後 援 の 元 で 行 わ れ た 。 イ ン タ ー ネ ッ ト で は http://www.unix-systems.org/version3/">http://www.unix-systems.org/version3/ で 入 手 で き る 。 ま た 、 こ の 規 格 に 書 か れ て い る イ ン タ ー フ ェ ー ス に つ い て は Linux の マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ パ ッ ケ ー ジ の 1p, 3p セ ク シ ョ ン で も 参 照 で き る (例 え ば 、 "man 3p open")。 こ の 規 格 で は 、 POSIX Conformance (POSIX 準 拠 )XSI Conformance (XSI 準 拠 ) の 二 段 階 の 適 合 性 を 定 義 し て い る 。 POSIX 準 拠 は 準 拠 す る シ ス テ ム に 必 要 と さ れ る イ ン タ ー フ ェ ー ス の 基 本 セ ッ ト で あ り 、 XSI 準 拠 ) で は "XSI 拡 張 " と い う 追 加 の イ ン タ ー フ ェ ー ス 群 が 義 務 付 け ら れ て い る (POSIX 準 拠 で は XSI 拡 張 の 実 装 は 任 意 (optional) と な っ て い る )。 XSI 準 拠 の シ ス テ ム は UNIX 03 を 名 乗 る こ と が で き る (XSI 準 拠 の 内 容 が Single UNIX Specification version 3 (SUSv3) で あ る )。

POSIX.1−2001 文 書 は 4つ の 部 分 に 分 け る こ と が で き る :

XBD: 定 義 、 用 語 と 概 念 、 ヘ ッ ダ ー フ ァ イ ル の 仕 様 。

XSH: 関 数 の 仕 様 (関 数 と は 、 実 際 の 実 装 で の シ ス テ ム コ ー ル と ラ イ ブ ラ リ 関 数 の こ と で あ る )。

XCU: コ マ ン ド と ユ ー テ ィ リ テ ィ の 仕 様 (以 前 、 POSIX.2 に 記 載 さ れ て い た 内 容 )。

XRAT: 参 考 情 報 と 規 格 の そ れ 以 外 の 部 分

POSIX.1−2001 は C99 と 整 合 が と ら れ て お り 、 C99 で 標 準 化 さ れ た ラ イ ブ ラ リ 関 数 は POSIX.1−2001 で も 標 準 化 さ れ て い る 。 元 の 2001 年 版 の 標 準 に 対 す る Technical Corrigenda (正 誤 表 ; 細 か な 修 正 と 改 良 ) が 二 つ 行 わ れ て い る : 2003 年 の TC1 (POSIX.1−2003 と 呼 ば れ る ) と 2004 年 の TC2 (POSIX.1−2004 と 呼 ば れ る ) で あ る 。

POSIX.1−2008, SUSv4

POSIX.1/SUS の 次 の 改 訂 版 に 関 す る 作 業 は 2008 年 に 完 了 し 承 認 さ れ た 。 こ の 改 訂 版 で の 変 更 は POSIX.1−2001/SUSv3 で 行 わ れ た 変 更 ほ ど 大 き く な い が 、 多 く の 新 し い イ ン タ ー フ ェ イ ス が 追 加 さ れ 、 既 存 の 仕 様 に 関 し て も 種 々 の 詳 細 が 変 更 さ れ て い る 。 POSIX.1−2001 で は 任 意 (optional) と さ れ て い た イ ン タ ー フ ェ イ ス の 多 く が 2008 年 版 の 標 準 で は 必 須 (mandatory) に な る 。 POSIX.1−2001 に 存 在 す る イ ン タ ー フ ェ イ ス の い く つ か は 、 POSIX.1−2008 で は 廃 止 予 定 の 印 が 付 け ら れ た り 、 標 準 か ら 完 全 に 削 除 さ れ た り し て い る 。 改 訂 さ れ た 標 準 は POSIX.1−2001 と 同 じ く 4 つ の 部 分 に 分 け ら れ 、 前 回 と 同 様 に 二 段 階 の 適 合 性 を 定 義 し て い る 。 基 本 セ ッ ト で あ る POSIX Conformance (POSIX 準 拠 ) と 、 基 本 仕 様 の イ ン タ ー フ ェ イ ス に 加 え て 追 加 の イ ン タ ー フ ェ イ ス 群 が 義 務 付 け ら れ て い る XSI Conformance (XSI 準 拠 ) の 二 つ で あ る 。 一 般 に は 、 マ ニ ュ ア ル ペ ー ジ の 「 準 拠 」 の 章 の リ ス ト に POSIX.1−2001 が あ れ ば 、 他 に 注 意 書 き が な け れ ば 、 そ の イ ン タ ー フ ェ イ ス は POSIX.1−2008 に も 準 拠 し て い る と 考 え て よ い 。 こ の 標 準 の Technical Corrigendum 1 (正 誤 表 ; 細 か な 修 正 と 改 良 ) が 2013 年 に リ リ ー ス さ れ て い る (POSIX.1−2013 と 呼 ば れ る )。 詳 し い 情 報 は Austin Group の ウ ェ ブ サ イ ト http://www.opengroup.org/austin/">http://www.opengroup.org/austin/ に 載 っ て い る 。

関 連 項 目

feature_test_macros(7), libc(7), posixoptions(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS