Manpages

名 前

sigpause − 禁 止 (block)さ れ た シ グ ナ ル (signal)を 根 本 的 に 解 放 (release)し て 割 り 込 み (interrupt)を 待 つ 。

書 式

#include <signal.h>

int sigpause(int sigmask);

説 明

こ の イ ン タ ー フ ェ ス は sigsuspend(2) に よ っ て 廃 止 (obsolete)さ れ た 。

sigpausesigmask に シ グ ナ ル の マ ス ク の 組 を 設 定 し 、 シ グ ナ ル が 発 生 す る の を 待 つ 。 返 っ て 来 た ら シ グ ナ ル の マ ス ク の 組 は 元 に 戻 さ れ る 。

sigmask は 通 常 は ど の シ グ ナ ル も 禁 止 さ れ て い な い こ と を 意 味 す る 0 で あ る 。 sigpause は 常 に 割 込 み に よ っ て 終 了 し 、 −1 を 返 し 、 errnoEINTR を 設 定 す る 。

準 拠

4.4BSD. sigpause 関 数 コ ー ル は 4.3BSD で 現 わ れ 、 反 対 さ れ た 。

関 連 項 目

sigsuspend(2), kill(2), sigaction(2), sigprocmask(2), sigblock(2), sigvec(2)

COMMENTS