Manpages

名 前

sfdisk − Linux 用 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル 操 作 ツ ー ル

書 式

sfdisk [options] device
sfdisk −s
[partition]

説 明

sfdisk に は (主 に ) 4 つ の 使 用 法 が あ り 、 パ ー テ ィ シ ョ ン サ イ ズ の 一 覧 ・ デ バ イ ス 上 の パ ー テ ィ シ ョ ン の 一 覧 ・ デ バ イ ス 上 の パ ー テ ィ シ ョ ン の チ ェ ッ ク ・ デ バ イ ス の パ ー テ ィ シ ョ ン 再 分 割 (こ れ は 非 常 に 危 険 ) が で き る 。 サ イ ズ の 一 覧
sfdisk −s
partition と す る と partition の サ イ ズ を ブ ロ ッ ク 単 位 で 表 示 す る 。 こ の 使 用 法 は mkswap の よ う な プ ロ グ ラ ム と 共 に 使 う 場 合 に 便 利 で あ る 。 こ こ で 、 partition は 、 普 通 /dev/hda1/dev/sdb12 の よ う に す る が 、 /dev/xda の よ う に デ ィ ス ク 全 体 で も よ い 。

% sfdisk −s /dev/hda9
81599
% パ ー テ ィ シ ョ ン 引 き 数 が 省 略 さ れ た 場 合 、 sfdisk は 全 て の デ ィ ス ク の サ イ ズ と 合 計 を リ ス ト す る :
% sfdisk −s
/dev/hda: 208896
/dev/hdb: 1025136
/dev/hdc: 1031063
/dev/sda: 8877895
/dev/sdb: 1758927 合 計 :
12901917 ブ ロ ッ ク
% パ ー テ ィ シ ョ ン の 一 覧 第2 の 呼 び 出 し 形 式 : sfdisk −l [options] device は デ バ イ ス 上 の パ ー テ ィ シ ョ ン を リ ス ト す る 。 デ バ イ ス 引 き 数 が 省 略 さ れ た 場 合 、 全 て の ハ ー ド デ ィ ス ク 上 の パ ー テ ィ シ ョ ン が リ ス ト さ れ る 。

% sfdisk −l /dev/hdc デ ィ ス ク
/dev/hdc: ヘ ッ ド 数 16、 セ ク タ 数 63、 シ リ ン ダ 数 2045 ユ ニ ッ ト
= 516096 バ イ ト の シ リ ン ダ 、 1024 バ イ ト の ブ ロ ッ ク 、 0 か ら 数 え ま す デ バ イ ス ブ ー ト 始 点 終 点
#シ リ ン ダ #ブ ロ ッ ク ID シ ス テ ム
/dev/hdc1 0+ 406 407− 205096+ 83 Linux native
/dev/hdc2 407 813 407 205128 83 Linux native
/dev/hdc3 814 2044 1231 620424 83 Linux native
/dev/hdc4 0 − 0 0 0 空
% 数 字 の 後 ろ に 付 い た − と + 符 号 は 、 丸 め が 行 わ れ て お り 、 本 当 の 値 は 多 少 小 さ い (大 き い ) こ と を 示 す 。 正 確 な 値 を 知 る た め に は 、 セ ク タ を 単 位 と し て リ ス ト す れ ば よ い 。 パ ー テ ィ シ ョ ン の チ ェ ッ ク 第 3 の 呼 び 出 し 形 式 : sfdisk −V devicedevice 上 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル に 対 し て い ろ い ろ な 整 合 性 チ ェ ッ ク を 適 用 す る 。 ’OK’ ま た は 問 題 点 が 表 示 さ れ る 。 −V オ プ シ ョ ン は −l と 一 緒 に 使 う こ と が で き る 。 シ ェ ル ス ク リ プ ト か ら 使 う 場 合 は sfdisk −V −q device と す れ ば ス テ ー タ ス の み を 返 す こ と も で き る 。 パ ー テ ィ シ ョ ン の 作 成 第 4 の 呼 び 出 し 形 式 : sfdisk device を 用 い る と 、 sfdiskdevice 用 の パ ー テ ィ シ ョ ン 分 割 指 定 を 標 準 入 力 か ら 読 み 込 み 、 そ の デ ィ ス ク の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 変 更 す る 。 よ っ て 、 sfdisk を シ ェ ル ス ク リ プ ト か ら 使 う こ と が で き る 。 sfdisk が 標 準 入 力 を 端 末 と 認 識 し た 場 合 は 、 対 話 的 な 動 作 に 入 る 。 そ れ 以 外 の 場 合 は 、 何 ら か の エ ラ ー で ア ボ ー ト (abort) す る 。 特 に 注 意 - 1 つ 打 ち 間 違 え る だ け で 全 て の デ ー タ が 失 わ れ る 予 防 措 置 と し て 、 sfdisk で 変 更 さ れ る セ ク タ を 保 存 す る こ と が で き る :

% sfdisk /dev/hdd −O hdd-partition-sectors.save
...
% こ う す れ ば 、 (デ ィ ス ク に 何 か を 書 き 込 む 前 な ら ) 何 か 馬 鹿 な 間 違 い に 気 付 い た 場 合 に 、 以 下 の よ う に し て 以 前 の 状 態 に 戻 す こ と が で き る 。
% sfdisk /dev/hdd −I hdd-partition-sectors.save
%

(こ れ は 以 前 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 保 存 す る の と は 異 な る : 以 前 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル は −d オ プ シ ョ ン を 使 え ば 可 読 な 形 式 で 保 存 で き る 。 し か し 、 論 理 パ ー テ ィ シ ョ ン を 作 成 し た 場 合 、 そ れ を 記 述 す る セ ク タ は デ ィ ス ク の ど こ か に あ り 、 以 前 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル の 一 部 で は な い セ ク タ に 置 か れ る 可 能 性 も あ る 。 よ っ て 、 −O オ プ シ ョ ン で 保 存 さ れ る 情 報 は 、 −d の 出 力 の バ イ ナ リ 版 で は な い 。 ) 多 く の オ プ シ ョ ン が あ る 。

オ プ シ ョ ン

−v ま た は −−version

sfdisk の バ ー ジ ョ ン 番 号 を 表 示 し て 、 す ぐ に 終 了 す る 。

−? ま た は −−help 使 用 法 の メ ッ セ ー ジ を 表 示 し て 、 す ぐ に 終 了 す る 。
−T
ま た は −−list−types 認 識 さ れ た タ イ プ (シ ス テ ム ID) を 表 示 す る 。
−s
ま た は −−show−size パ ー テ ィ シ ョ ン の サ イ ズ を リ ス ト す る 。
−g
ま た は −−show−geometry 指 定 さ れ た デ ィ ス ク に 関 す る カ ー ネ ル の ジ オ メ ト リ 情 報 を リ ス ト す る 。
−G
ま た は −−show−pt−geometry 指 定 さ れ た デ ィ ス ク に 関 す る カ ー ネ ル の ジ オ メ ト リ 情 報 を 、 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 見 て 推 測 し 、 リ ス ト す る 。
−l
ま た は −−list デ バ イ ス の パ ー テ ィ シ ョ ン を リ ス ト す る 。

−d

sfdisk の 入 力 と し て 使 え る フ ォ ー マ ッ ト で 、 デ バ イ ス の パ ー テ ィ シ ョ ン を ダ ン プ す る 。 例 え ば 、

% sfdisk -d /dev/hda > hda.out
% sfdisk /dev/hda < hda.out は (OS/2 の fdisk が 作 っ た ) 不 正 な 最 後 の 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン を 修 正 す る 。

−V ま た は −−verify パ ー テ ィ シ ョ ン が 正 し い か を テ ス ト す る (上 記 を 参 照 )。
−i
ま た は −−increment シ リ ン ダ 数 を 0 で は な く 1 か ら 数 え る 。
−N
number 指 定 さ れ た 1 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン だ け を 変 更 す る 。 例 え ば 、

% sfdisk /dev/hdb −N5 ,,,
*
% は /dev/hdb の 第 5 パ ー テ ィ シ ョ ン を ブ ー ト 可 能 (’ア ク テ ィ ブ ’) に し て 、 他 は 変 更 し な い (多 分 、 こ の 第 5 パ ー テ ィ シ ョ ン は /dev/hdb5 と 呼 ば れ る が 、 ’/my_equipment/disks/2/5’ の よ う な 別 の 名 前 で 呼 ぶ の も 自 由 で あ る )。

−Anumber 指 定 し た パ ー テ ィ シ ョ ン (複 数 で も よ い ) を ア ク テ ィ ブ に し て 、 他 の パ ー テ ィ シ ョ ン を 非 ア ク テ ィ ブ に す る 。
−c
ま た は −−id number [Id] 引 き 数 Id が 指 定 さ れ な い 場 合 : 指 定 さ れ た パ ー テ ィ シ ョ ン の ID を 表 示 す る 。 引 き 数 Id が 指 定 さ れ て い る 場 合 : 指 定 さ れ た パ ー テ ィ シ ョ ン の タ イ プ (ID) を 与 え ら れ た 値 に 変 更 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン に は −−print−id と −−change−id と い う 非 常 に 長 い 形 式 が あ る 。 例 を 示 す :

% sfdisk --print-id /dev/hdb 5
6
% sfdisk --change-id /dev/hdb 5 83
OK 最 初 に /dev/hdb5 が ID 6 で あ る こ と を 表 示 さ せ 、 次 に ID を 83 に 変 更 し て い る 。

−uS ま た は −uB ま た は −uC ま た は −uM セ ク タ 単 位 (ブ ロ ッ ク 単 位 ・ シ リ ン ダ 単 位 ・ メ ガ バ イ ト 単 位 ) の 数 値 を 受 け 付 け ・ 表 示 す る 。 少 な く と も ジ オ メ ト リ が 分 か る 場 合 、 デ フ ォ ル ト は シ リ ン ダ 単 位 で あ る 。
−x
ま た は −−show−extended 基 本 パ ー テ ィ シ ョ ン で な い 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン も 出 力 に リ ス ト す る 。 ま た そ れ ら に 対 す る パ ー テ ィ シ ョ ン 設 定 を 入 力 で 受 け 付 け る 。
−C
cylinders シ リ ン ダ 数 を 指 定 す る 。 カ ー ネ ル が 想 定 し て い る 値 を 上 書 き で き る 。
−H
heads ヘ ッ ド 数 を 指 定 す る 。 カ ー ネ ル が 想 定 し て い る 値 を 上 書 き で き る 。
−S
sectors セ ク タ 数 を 指 定 す る 。 カ ー ネ ル が 想 定 し て い る 値 を 上 書 き で き る 。
−f
ま た は −−force た と え 馬 鹿 げ た こ と で あ っ て も 、 指 示 し た こ と を 行 わ せ る 。
−q
ま た は −−quiet 警 告 メ ッ セ ー ジ を 表 示 し な い 。
−L
ま た は −−Linux

Linux に 関 連 し な い 警 告 を 出 さ な い 。

−D ま た は −−DOS

DOS と の 互 換 性 の た め に 、 い く ら か の 領 域 を 無 駄 に す る (よ り 正 確 に は : あ る パ ー テ ィ シ ョ ン が デ バ イ ス の MBR だ っ た り 、 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン 用 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 含 ん で い た り し て セ ク タ 0 を 持 つ こ と が で き な い 場 合 、 通 常 sfdisk は 次 の セ ク タ か ら パ ー テ ィ シ ョ ン を 開 始 す る 。 し か し こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と 、 デ フ ォ ル ト で 次 の ト ラ ッ ク に ス キ ッ プ し て か ら パ ー テ ィ シ ョ ン を 開 始 す る 。 例 え ば 34 セ ク タ /ト ラ ッ ク の 場 合 な ら 、 33 セ ク タ が 無 駄 に な る 。 こ れ は 、 あ る バ ー ジ ョ ン の DOS が 行 う 動 作 と 同 じ で あ る )。 あ る 種 の デ ィ ス ク マ ネ ー ジ ャ と ブ ー ト ロ ー ダ (OSBS な ど の こ と で 、 LILO や OS/2 ブ ー ト マ ネ ー ジ ャ は 含 ま れ な い ) は こ の 空 き 領 域 に 置 か れ る の で 、 こ れ ら を 使 う 場 合 に は 、 こ の オ プ シ ョ ン が 必 要 か も し れ な い 。

−E ま た は −−DOS−extended 「 内 側 」 の 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン の 開 始 セ ク タ 番 号 を 、 (Linux の よ う に ) 「 外 側 」 の 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン の 開 始 セ ク タ か ら の 相 対 位 置 と し て 取 得 せ ず 、 (DOS の あ る バ ー ジ ョ ン の よ う に ) 開 始 シ リ ン タ 境 界 か ら の 相 対 位 置 と し て 取 得 す る 。 (こ こ に 違 い が あ る と い う こ と は 、 も し DOS と Linux が パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 同 じ 方 法 で 解 釈 し て い れ ば 、 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン を 常 に シ リ ン ダ 境 界 か ら 始 め な け れ ば な ら な い 、 と い う こ と を 意 味 す る 。 も ち ろ ん 、 ど こ に シ リ ン ダ 境 界 が あ る か は 、 DOS が デ ィ ス ク に 対 し て ど の よ う な ジ オ メ ト リ を 使 う か を 知 っ て い な け れ ば わ か ら な い 。 )
−−IBM
ま た は −−leave−last

IBM の あ る 診 断 プ ロ グ ラ ム は 、 最 後 の シ リ ン ダ を デ ィ ス ク チ ェ ッ ク の 目 的 で 使 用 す る 。 も し 、 こ の よ う な プ ロ グ ラ ム を 実 行 す る こ と が あ る な ら 、 sfdisk に 対 し て 最 後 の シ リ ン ダ を 割 り 当 て さ せ な い よ う に 、 こ の オ プ シ ョ ン を 使 う こ と 。 最 後 の シ リ ン ダ に 不 正 な セ ク タ テ ー ブ ル が 含 ま れ て い る こ と が 時 々 あ る 。

−n 全 て の 動 作 を 通 し て 実 行 す る が 、 実 際 に は デ ィ ス ク に 書 き 込 ま な い 。

−R

(カ ー ネ ル に パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 再 び 読 み 込 ま せ る た め に ) BLKRRPART ioctl の み を 実 行 す る 。 最 後 の BLKRRPART が 成 功 す る か を 前 も っ て チ ェ ッ ク す る の に 役 立 つ 。 ま た (例 え ば バ ッ ク ア ッ プ か ら dd を 使 っ て ) 「 手 動 で 」 パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル を 変 更 し た 場 合 な ど に も 役 立 つ 。 カ ー ネ ル が (’device busy for revalidation (usage = 2)’) と い う 警 告 を 出 し た 場 合 は 、 デ バ イ ス が ま だ 使 わ れ て お り 、 フ ァ イ ル シ ス テ ム を ア ン マ ウ ン ト す べ き で あ る 。 あ る い は ス ワ ッ プ パ ー テ ィ シ ョ ン な ら swapoff を 実 行 す べ き で あ る 。

−−no−reread デ ィ ス ク の パ ー テ ィ シ ョ ン 再 分 割 を 始 め る と 、 sfdisk は デ ィ ス ク が マ ウ ン ト さ れ て い な い か 、 ま た は ス ワ ッ プ デ バ イ ス と し て 使 わ れ て い な い か を チ ェ ッ ク す る 。 使 わ れ て い る 場 合 に は 、 続 行 を 拒 否 す る 。 こ の オ プ シ ョ ン を 指 定 す る と 、 こ の チ ェ ッ ク を 行 わ な い 。 (一 方 で 、 −f オ プ シ ョ ン は sfdisk に 対 し て テ ス ト が 失 敗 し た 場 合 で も 強 制 的 に 続 行 さ せ る 。 )
−O
file 新 し い パ ー テ ィ シ ョ ン を 書 き 込 む 直 前 に 、 上 書 き さ れ る セ ク タ を file に 出 力 す る (file は 、 他 の デ ィ ス ク や フ ロ ッ ピ ー に あ る 方 が 良 い )。
−I
file 不 適 切 な sfdisk コ マ ン ド で フ ァ イ ル シ ス テ ム を 壊 し て し ま っ た 後 で も 以 前 の 状 態 に 回 復 で き る 。 こ れ は −O フ ラ グ を 使 っ て 以 前 の 状 態 を 保 存 し て あ る 場 合 に の み 可 能 で あ る 。

理 論

デ ィ ス ク の ブ ロ ッ ク 0 (マ ス タ ー ブ ー ト レ コ ー ド ) に は 、 他 に 4 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン デ ィ ス ク リ プ タ が あ る 。 こ こ で 説 明 す る パ ー テ ィ シ ョ ン は 基 本 パ ー テ ィ シ ョ ン と 呼 ば れ る 。 パ ー テ ィ シ ョ ン デ ィ ス ク リ プ タ に は 6 つ の フ ィ ー ル ド が あ る :

struct partition {

unsigned char bootable;

/* 0 ま た は 0x80 */

hsc begin_hsc;
unsigned char id;
hsc end_hsc;
unsigned int starting_sector;
unsigned int nr_of_sectors; }

2 つ の hsc フ ィ ー ル ド は 、 最 初 と 最 後 の パ ー テ ィ シ ョ ン の ヘ ッ ド ・ セ ク タ ・ シ リ ン ダ を 示 す 。 各 hsc フ ィ ー ル ド は 3 バ イ ト し か な い の で 、 24 ビ ッ ト し か 使 用 で き ず 、 大 き な デ ィ ス ク (つ ま り 8GB よ り 大 き い デ ィ ス ク ) に は 十 分 で な い 。 実 際 に は 、 (通 常 は 16 で あ る ヘ ッ ド 数 の た め に 1 バ イ ト を 使 う ) 無 駄 の 多 い 表 現 の た め に 、 0.5GB か ら 既 に 問 題 が 起 こ る 。 し か し 、 Linux は こ の フ ィ ー ル ド を 使 わ ず 、 Linux が 起 動 す る 前 の ブ ー ト 時 に の み 問 題 が 生 じ る 可 能 性 が あ る 。 詳 し く は 、 lilo の ド キ ュ メ ン ト を 参 照 す る こ と 。 各 パ ー テ ィ シ ョ ン に は タ イ プ ’ID’ が あ る 。 ID が 5 ま た は f (’拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン ’) の 場 合 、 こ の パ ー テ ィ シ ョ ン の 開 始 セ ク タ に も 4 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン デ ィ ス ク リ プ タ が あ る 。 MSDOS は 最 初 の 2 つ し か 使 わ な い : 最 初 の 1 つ は 実 際 の デ ー タ パ ー テ ィ シ ョ ン で 2 つ め は 、 次 の 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン (ま た は 空 ) で あ る 。 こ の よ う に し て 、 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン の 連 鎖 を つ く る 。 他 の OS は 少 し 異 な る 方 法 を 使 う 。 Linux は 85 を 5 や f と 同 じ も の と し て 受 け 付 け る - DOS FDISK を ハ ン グ さ せ る こ と な く 1024 シ リ ン ダ を 越 え た と こ ろ に Linux の 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン を 作 り た い 場 合 に 、 こ れ が 役 立 つ 。 (正 当 な 理 由 が な い 場 合 は 、 他 の OS に も 認 識 さ れ る 5 の み を 使 う べ き で あ る 。 ) 基 本 や 拡 張 で な い パ ー テ ィ シ ョ ン は 、 論 理 パ ー テ ィ シ ョ ン と 呼 ば れ る 。 大 抵 、 論 理 パ ー テ ィ シ ョ ン か ら は ブ ー ト で き な い (な ぜ な ら 、 論 理 パ ー テ ィ シ ョ ン を 見 付 け る プ ロ セ ス は 、 た だ MBR を 探 す の に く ら べ て 更 に 複 雑 な た め で あ る )。 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン で は 、 ID と 開 始 点 し か 使 わ れ な い 点 に 注 意 す る こ と 。 他 の フ ィ ー ル ド に 何 を 書 く の か に は 、 い ろ い ろ な 習 慣 が あ る 。 デ ー タ の 保 管 や ス ワ ッ プ に は 、 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン は 使 う べ き で は な い 。

入 力 フ ォ ー マ ッ ト

sfdisk は 、 以 下 の 形 式 の 行 を 読 み 込 む 。

<start> <size> <id> <bootable> <c,h,s> <c,h,s> こ こ で 各 行 は 1 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン デ ィ ス ク リ プ タ に 対 応 す る 。 フ ィ ー ル ド は 空 白 ・ コ ン マ ・ セ ミ コ ロ ン で 区 切 ら れ る (こ れ ら の 後 に 空 白 を 置 い て も よ い )。 先 頭 と 末 尾 の 空 白 は 無 視 さ れ る 。 数 字 は 8 進 ・ 10 進 ・ 16 進 を 使 う こ と が で き て 、 10 進 が デ フ ォ ル ト で あ る 。 フ ィ ー ル ド が な い 場 合 、 ま た は 空 白 の 場 合 、 デ フ ォ ル ト の 値 が 使 わ れ る 。

<c,h,s> の 部 分 は 省 略 で き る (た ぶ ん 省 略 す べ き で あ る ) - こ れ ら は 、 sfdisk が <start>, <size>, カ ー ネ ル か ら 与 え ら れ る デ ィ ス ク ジ オ メ ト リ を 使 っ て 計 算 す る か 、 −H, −S, −C フ ラ グ で 指 定 さ れ る 。 ブ ー ト 可 能 と す る か ど う か は [*|−] で 指 定 す る 。 デ フ ォ ル ト で は ブ ー ト 可 能 で な い 。 (こ の フ ィ ー ル ド の 値 は Linux と は 関 係 な い 。 - Linux が 稼 働 し て い る な ら 、 既 に ブ ー ト 済 み で あ る - し か し 、 こ の フ ィ ー ル ド は あ る 種 の ブ ー ト ロ ー ダ や 他 の OS で 用 い ら れ る 。 例 え ば 、 複 数 の DOS パ ー テ ィ シ ョ ン が あ る 場 合 、 DOS は ブ ー ト 可 能 な も の の 中 か ら 最 初 の も の を C: に 割 り 当 て る 。 )

ID は 、 プ レ フ ィ ッ ク ス 0x を 付 け な い 16 進 数 か 、 [E|S|L|X] で 指 定 さ れ る 。 こ こ で L (LINUX_NATIVE (83)) は デ フ ォ ル ト で あ り 、 S は LINUX_SWAP (82), E は EXTENDED_PARTITION (5), X は LINUX_EXTENDED (85) で あ る 。

start の デ フ ォ ル ト 値 は 、 割 り 当 て ら れ て い な い 最 初 の セ ク タ /シ リ ン ダ /... で あ る 。

size の デ フ ォ ル ト 値 は 、 (次 の パ ー テ ィ シ ョ ン ま た は デ ィ ス ク の 終 り ま で の ) 可 能 な 限 り 大 き な 値 で あ る 。 し か し 、 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン の 内 側 の 4 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン の デ フ ォ ル ト は 、 Linux パ ー テ ィ シ ョ ン ・ 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン ・ 空 ・ 空 で あ る 。 た だ し 、 (1 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン だ け を 変 更 す る ) −N オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ た 場 合 、 各 フ ィ ー ル ド の デ フ ォ ル ト は 前 の 値 に な る 。

コ マ ン ド

sfdisk /dev/hdc << EOF
0,407 ,
407 ; ;
EOF は 、 先 に 説 明 し た よ う に /dev/hdc を 分 割 す る 。 コ マ ン ド
sfdisk /dev/hdb << EOF ,
3,L ,
60,L ,
19,S ,,
E ,
130,L ,
130,L ,
130,L ,,
L
EOF は 、/dev/hdb を 、 3 シ リ ン ダ と 60 シ リ ン ダ の 2 つ の Linux パ ー テ ィ シ ョ ン 、 19 シ リ ン ダ の ス ワ ッ プ ス ペ ー ス 、 残 り の 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン に 分 割 す る 。 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン の 内 部 は 4 つ の Linux 論 理 パ ー テ ィ シ ョ ン が あ り 、 3 つ は 130 シ リ ン ダ で 、 1 つ は そ の 残 り の 部 分 で あ る 。

−x オ プ シ ョ ン を 使 っ た 場 合 、 入 力 行 数 は 4 の 倍 数 で な け れ ば な ら な い : 使 用 し な い 2 つ の 空 パ ー テ ィ シ ョ ン を 2 つ の 空 行 を 使 っ て リ ス ト し な け れ ば な ら な い 。 −x オ プ シ ョ ン を 使 わ な い 場 合 、 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン の 内 部 の パ ー テ ィ シ ョ ン に 対 し て 4 行 で は な く 1 行 で 指 定 し 、 end-of-file (^D) で 終 了 し な け れ ば な ら な い 。 (さ ら に sfdisk は 、 入 力 行 が 4 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン 中 の 第 1 パ ー テ ィ シ ョ ン を 表 し て い る も の と 仮 定 す る 。 第 2 パ ー テ ィ シ ョ ン は 拡 張 パ ー テ ィ シ ョ ン で 、 第 3,4 は 空 で あ る 。 )

DOS 6.x 向 け の 警 告

DOS 6.x の FORMAT コ マ ン ド は パ ー テ ィ シ ョ ン の デ ー タ エ リ ア の 第 一 セ ク タ か ら あ る 種 の 情 報 を 検 索 し 、 こ れ を パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル に あ る 情 報 よ り 信 頼 で き る も の と し て 扱 う 。 DOS の FORMAT は 、 容 量 が 変 更 さ れ た と き に は 最 初 の 512 バ イ ト 分 の デ ー タ 領 域 が DOS 版 FDISK に よ っ て ク リ ア さ れ て い る こ と を 仮 定 し て い る 。 DOS の FORMAT は こ の 拡 張 情 報 を /U フ ラ グ を 指 定 し た 場 合 で も 見 よ う と す る − こ れ は DOS FORMAT と DOS FDISK の バ グ で あ る と 我 々 は 考 え る 。 結 局 の と こ ろ 、 sfdisk を 用 い て DOS パ ー テ ィ シ ョ ン の 容 量 を 変 更 し た と き は 、 DOS FORMAT を 使 っ て パ ー テ ィ シ ョ ン を フ ォ ー マ ッ ト す る 前 に dd を 使 っ て 先 頭 の 512 バ イ ト を 0 で 埋 め な け れ ば な ら な い 、 と い う わ け で あ る 。 例 え ば sfdisk を 用 い て /dev/hda1 の DOS パ ー テ ィ シ ョ ン の テ ー ブ ル エ ン ト リ を 作 成 し た 場 合 に は 、 (sfdisk を 終 了 し 、 Linux を リ ブ ー ト し て パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル の 情 報 を 有 効 に し た あ と で ) 先 頭 の 512 バ イ ト を 0 に す る た め に "dd if=/dev/zero of=/dev/hda1 bs=512 count=1" な ど と 実 行 す る 必 要 が あ る 。 注 意 点 : dd コ マ ン ド を 使 う 場 合 に は 特 に 注 意 す る こ と 。 ち ょ っ と し た タ イ プ ミ ス で 、 デ ィ ス ク 上 の す べ て の デ ー タ が 使 え な く な る 可 能 性 も あ る 。 で き る だ け 問 題 を 起 こ し た く な け れ ば 、 常 に OS 固 有 の パ ー テ ィ シ ョ ン テ ー ブ ル 用 プ ロ グ ラ ム を 用 い る こ と で あ る 。 例 え ば DOS パ ー テ ィ シ ョ ン は DOS FDISK プ ロ グ ラ ム で 作 り 、 Linux の パ ー テ ィ シ ョ ン は Linux の sfdisk で 作 る べ き な の で あ る 。

DRDOS 向 け の 警 告

Stephen Tweedie は 次 の よ う に 報 告 し て い る (930515): 「 ス ー パ ー ブ ロ ッ ク の 破 損 に 関 す る 報 告 の 大 部 分 は 、 1 つ の フ ァ イ ル シ ス テ ム が 次 の フ ァ イ ル シ ス テ ム の 最 初 に は み 出 し て ス ー パ ー ブ ロ ッ ク を 壊 し て い る 、 と い っ た 不 正 な パ ー テ ィ シ ョ ン 分 割 に よ る も の で あ る 。 私 は 、 信 頼 で き る と 思 っ て い た DRDOS で も 、 こ の 問 題 に 出 会 っ た 。 こ れ は 多 分 DRDOS-6.0 の FDISK コ マ ン ド に よ る も の だ ろ う 。 DRDOS パ ー テ ィ シ ョ ン と 直 後 の パ ー テ ィ シ ョ ン の 間 に 空 白 の ト ラ ッ ク や シ リ ン ダ を 作 成 し な い 限 り 、 DRDOS は 能 天 気 に も 次 の パ ー テ ィ シ ョ ン の 最 初 の 部 分 を 全 て 壊 し て し ま っ た 。 DRDOS パ ー テ ィ シ ョ ン の 後 に 小 さ な 空 き デ ィ ス ク 領 域 を 置 く 限 り 、 1 つ の ド ラ イ ブ に 2 つ の パ ー テ ィ シ ョ ン が 存 在 し て も 他 に 何 も 問 題 は 起 き な い 点 に 気 を 付 け る こ と 。 」

A. V. Le Blanc は README.efdisk で 次 の よ う に 書 い て い る : 「 Dr. DOS 5.0 と 6.0 は Linux と 一 緒 に 使 う と 問 題 が あ る と 報 告 さ れ て い る 。 こ の バ ー ジ ョ ン の efdisk に は 特 に 問 題 が あ る 。 こ の efdisk は フ ァ イ ル シ ス テ ム タ イ プ を 16 進 数 の 81 に 設 定 す る 。 Dr. DOS は 、 こ れ を DOS コ ー ド で あ る 16 進 数 の 1 と 勘 違 い す る よ う だ 。 Dr. DOS を 使 う 場 合 は 、 efdisk の コ マ ン ド ’t’ を 使 っ て Linux パ ー テ ィ シ ョ ン の シ ス テ ム コ ー ド を 変 更 し 、 16 進 数 の 80 よ り 小 さ い 値 に す る こ と 。 さ し あ た り は 、 41 と 42 が 良 い か と 思 う 。 」

A. V. Le Blanc は 彼 の README.fdisk で 次 の よ う に 書 い て い る : 「 DR-DOS 5.0 と 6.0 に は 80 以 上 の パ ー テ ィ シ ョ ン ID コ ー ド に 問 題 が あ る と の 報 告 が あ る 。 Linux ’fdisk’ は 新 し い パ ー テ ィ シ ョ ン の シ ス テ ム タ イ プ を 16 進 数 の 81 に 設 定 す る 。 DR-DOS は 、 こ れ を DOS コ ー ド で あ る 16 進 数 の 1 と 勘 違 い す る よ う だ 。 ス ワ ッ プ を 表 す 値 82 と フ ァ イ ル シ ス テ ム を 表 す 値 83 に つ い て は 、 DR-DOS で は 問 題 は 起 き な い は ず だ 。 し か し 、 も し 問 題 が 起 こ る よ う な ら ば 、 fdisk の コ マ ン ド ’t’ を 使 っ て Linux パ ー テ ィ シ ョ ン の シ ス テ ム コ ー ド を 変 更 し 、 16 進 数 の 80 よ り 小 さ い 値 に す る こ と 。 さ し あ た り は 、 42 と 43 が 良 い か と 思 う 。 」 実 の と こ ろ は 、 DRDOS FDISK は 4 ビ ッ ト し か 見 て い な い の だ ろ う 。 そ の た め 、 例 え ば 11 と 21 が DOS 2.0 と し て リ ス ト さ れ て い る 。 し か し 、 DRDOS 自 身 は 1 バ イ ト 全 て を 使 っ て い る よ う に 思 わ れ る 。 私 自 身 は 、 DRDOS と そ の fdisk に よ る 破 壊 を 再 現 で き て い な い 。

バ グ

今 の と こ ろ 、 対 応 す る 対 話 的 な (curses イ ン タ ー フ ェ ー ス の ) cfdisk が な い 。 オ プ シ ョ ン が 多 す ぎ る 。

non-DOS パ ー テ ィ シ ョ ン タ イ プ が サ ポ ー ト さ れ て い な い 。

関 連 項 目

cfdisk(8), fdisk(8), mkfs(8), parted(8)

COMMENTS