Manpages

名 前

setlogmask − ロ グ の 優 先 度 マ ス ク を 設 定 す る

書 式

#include <syslog.h>

int setlogmask(int mask);

説 明

プ ロ セ ス に は ロ グ 優 先 度 マ ス ク (log priority mask)が 用 意 さ れ て い て 、 こ れ を 用 い て syslog(3) が 呼 び 出 さ れ た 場 合 に ロ グ 記 録 を 行 う か ど う か を 決 定 す る 。 他 の す べ て の 関 数 が 呼 び 出 さ れ た 場 合 は ロ グ 記 録 が 行 わ れ な い 。 mask の 各 ビ ッ ト は 優 先 度 に 対 応 し て お り 、 対 応 す る ビ ッ ト が 1 に セ ッ ト さ れ て い る 優 先 度 に 対 し て ロ グ 収 集 (logging)が 有 効 に な る 。 マ ス ク の 初 期 値 は 、 す べ て の 優 先 度 に 対 し て ロ グ 収 集 が 有 効 に な る よ う な 値 で あ る 。

setlogmask() 関 数 は 、 呼 び 出 し 元 の プ ロ セ ス に 対 す る ロ グ マ ス ク を 設 定 し 、 変 更 前 の マ ス ク を 返 す 。 mask 引 き 数 が 0 な ら ば 、 現 在 の ロ グ マ ス ク は 変 更 さ れ な い 。 以 下 の 8レ ベ ル の 優 先 度 が 定 義 さ れ て い る (優 先 度 の 高 い 順 ): LOG_EMERG, LOG_ALERT, LOG_CRIT, LOG_ERR, LOG_WARNING, LOG_NOTICE, LOG_INFO, LOG_DEBUG。 優 先 度 p に 対 応 す る ビ ッ ト 列 は LOG_MASK(p) に よ っ て 求 め ら れ る 。 優 先 度 p 以 上 の す べ て の 優 先 度 (p を 含 む ) の マ ス ク ビ ッ ト を 求 め る こ と が で き る マ ク ロ LOG_UPTO(p) を 使 用 で き る シ ス テ ム も あ る 。

返 り 値

変 更 前 の ロ グ 優 先 度 マ ス ク の 値 を 返 す 。

エ ラ ー

な し 。

準 拠

POSIX.1−2001. POSIX.1−2001 で の 説 明 に は 欠 陥 が あ る こ と に 注 意 す る こ と 。

関 連 項 目

closelog(3), openlog(3), syslog(3)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS