Manpages

名 称

sendmail − 電 子 メ ー ル 配 送 デ ー モ ン

書 式

sendmail [flags] [address ...]
newaliases
mailq
[−v]
hoststat
purgestat
smtpd

解 説

sendmail は メ ッ セ ー ジ を 一 人 ま た は 複 数 の 受 け 手 (recipient) に 送 り ま す 。 必 要 な ら ば イ ン タ ー ネ ッ ト ワ ー ク を 通 し て メ ッ セ ー ジ を 正 し い 場 所 に 転 送 し ま す 。

sendmail は ユ ー ザ イ ン タ フ ェ ー ス と し て 使 わ れ る こ と は 考 慮 さ れ て い ま せ ん 。 ユ ー ザ に と っ て 使 い や す い フ ロ ン ト エ ン ド は 別 の プ ロ グ ラ ム で 提 供 さ れ ま す 。 sendmail は 、 あ ら か じ め メ ー ル と し て 整 形 さ れ た メ ッ セ ー ジ を 配 送 す る た め だ け に 使 わ れ ま す 。 引 数 を 指 定 せ ず に 起 動 す る と 、 sendmail は 標 準 入 力 を フ ァ イ ル の 終 端 ま で 、 ま た は ’.’だ け を 含 む 行 ま で 読 み 込 み 、 そ こ で 確 認 し た メ ッ セ ー ジ の コ ピ ー を 、 列 挙 さ れ た ア ド レ ス に 送 り ま す 。 ア ド レ ス の 文 法 や 内 容 に も と づ い て 経 路 に 使 用 す る ネ ッ ト ワ ー ク を 決 定 し ま す 。 ロ ー カ ル ア ド レ ス は 、 あ る フ ァ イ ル の 中 を 検 索 し て 適 当 な エ イ リ ア ス を 行 い ま す 。 先 頭 に バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ ’\’ の つ い た ア ド レ ス に つ い て は 、 エ イ リ ア ス は 行 な わ れ ま せ ん 。 8.10 か ら 、 送 り 手 は エ イ リ ア ス 展 開 の 対 象 に 含 ま れ る よ う に な り ま し た 。 つ ま り 、 ’john’ が ’group’ に メ ー ル を 送 る 際 に 、 ’john’ が ’group’ に 含 ま れ て い る な ら ば 、 送 っ た メ ッ セ ー ジ は ’john’ に も 送 ら れ ま す 。 パ ラ メ ー タ

−Btype ボ デ ィ の タ イ プ を

type に 設 定 し ま す 。 現 在 有 効 な の は 、 7BIT か

8BITMIME で す 。

−ba

ARPANET モ ー ド に 移 行 し ま す 。 す べ て の 入 力 行 は CR-LF で 終 わ ら な け れ ば な ら ず 、 す べ て の メ ッ セ ー ジ の 末 尾 に は CR-LF が つ き ま す 。 ま た 、 ’’From:’’ と ’’Sender:’’ フ ィ ー ル ド は 送 り 手 の 名 前 と し て チ ェ ッ ク さ れ ま す 。

−bd

デ ー モ ン モ ー ド で 実 行 し ま す 。 Berkley IPC が 必 要 で す 。 sendmail は fork を 行 い 、 バ ッ ク グ ラ ウ ン ド で 動 作 し 、 ソ ケ ッ ト 番 号 25 で SMTP コ ネ ク シ ョ ン を 待 ち ま す 。 通 常 こ の モ ー ド は 、 /etc/rc か ら 実 行 さ れ て い ま す 。

−bD

フ ォ ア グ ラ ウ ン ド で 動 作 す る 以 外 は −bd と 同 じ で す 。
−bh
継 続 的 な ホ ス ト 状 況 デ ー タ ベ ー ス の 現

在 の 値 を 表 示 し ま す 。

−bH 継 続 的 な ホ ス ト 状 況 デ ー タ ベ ー ス か ら 期 限 切 れ の エ ン ト リ を 抹 消 し ま す 。

−bi エ イ リ ア ス デ ー タ ベ ー ス を 初 期 化 し ま す 。

−bm 普 通 に メ ー ル を 配 送 し ま す

(デ フ ォ ル ト )。

−bp メ ー ル キ ュ ー の リ ス ト を 表 示 し ま す 。

−bs 標 準 入 出 力 で

RFC821 に も と づ い た SMTP プ ロ ト コ ル を 使 い ま す 。 こ の フ ラ グ は 、 −ba フ ラ グ の う ち SMTP 互 換 の 全 て の 操 作 を 含 み ま す 。

−bt ア ド レ ス の テ ス ト モ ー ド で 起 動 し ま す 。 こ の モ ー ド は 対 話 モ ー ド で ア ド レ ス を 入 力 し 、 処 理 の 過 程 を 表 示 し ま す 。 設 定 フ ァ イ ル を デ バ ッ グ す る の に 使 い ま す 。

−bv 名 前 の チ ェ ッ ク だ け を 行 い ま す 。 メ ッ セ ー ジ の 収 集 や 配 送 は 行 い ま せ ん 。 ベ リ フ ァ イ モ ー ド は 、 ユ ー ザ や メ ー リ ン グ リ ス ト が 有 効 か ど う か を 確 認 す る た め に 使 い ま す 。

−Cfile 別 の 設 定 フ ァ イ ル を 使 い ま す 。

sendmail は 、 別 の 設 定 フ ァ イ ル を 使 用 す る 場 合 は root と し て 実 行 す る こ と は で き ま せ ん 。

−dX デ バ ッ グ 値 を

X に 設 定 し ま す 。

−Ffullname 送 り 手 の フ ル ネ ー ム を 設 定 し ま す 。

−fname

’’from’’ に 入 る 名 前 (つ ま り 、 エ ン ベ ロ ー プ 中 の 送 り 手 (envelope sender) の 名 前 で す )を 設 定 し ま す 。 最 初 の 送 信 依 頼 の 間 に From: ヘ ッ ダ が 失 わ れ て い る 場 合 、 こ の ア ド レ ス は From: ヘ ッ ダ の 中 で も 用 い ら れ る 場 合 が あ り ま す 。 エ ン ベ ロ ー プ 中 の 送 り 手 ア ド レ ス は 、 メ ッ セ ー ジ 伝 送 状 態 の 通 知 の 受 け 手 と し て 用 い ら れ 、 ま た 、 Return-Path: ヘ ッ ダ に も 現 れ ま す 。 −f は 、 ’’trusted’’ な ユ ー ザ (普 通 は root, daemon, network で す )が 使 う か 、 送 り 手 が 自 分 自 身 の 名 前 を 指 定 し て 使 う 場 合 の み 指 定 す る こ と が で き ま す 。 そ れ 以 外 の 場 合 、 X-Authentication-Warning ヘ ッ ダ が メ ッ セ ー ジ に 付 加 さ れ ま す 。

−G

メ ッ セ ー ジ の リ レ ー (ゲ ー ト ウ ェ イ ) 送 信 。 例 え ば 、 rmailsendmail を 呼 ぶ と き が そ う で す 。

−hN

ホ ッ プ カ ウ ン ト を N に 設 定 し ま す 。 ホ ッ プ カ ウ ン ト は 、 メ ー ル が 処 理 さ れ る た び に 増 え て い き ま す 。 ホ ッ プ カ ウ ン ト が 上 限 に 達 し た と き 、 メ ー ル は 「 エ イ リ ア ス が ル ー プ し て い る 」 と い う 旨 の エ ラ ー メ ッ セ ー ジ と い っ し ょ に 送 り 返 さ れ ま す 。 も し こ の フ ラ グ が 指 定 さ れ な け れ ば 、 メ ッ セ ー ジ の な か の ’’Received:’’ 行 が カ ウ ン ト さ れ ま す 。

−i

入 力 さ れ る メ ッ セ ー ジ 中 の ’.’ だ け を 含 む 行 を 無 視 し ま す 。 こ の フ ラ グ は 、 デ ー タ を フ ァ イ ル か ら 読 み 込 む よ う な 場 合 に 使 用 す る 必 要 が あ り ま す 。
−L
tag

syslog メ ッ セ ー ジ 中 で 使 わ れ る 識 別 子 を 、 指 定 し た tag に 設 定 し ま す 。

−N dsn

配 送 状 況 の 通 知 条 件 を dsn に 設 定 し ま す 。 dsn に は 、 ’never’ (何 も 通 知 し な い )ま た は 、 コ ン マ で 区 切 っ た 、 ’failure’ (配 送 が 失 敗 し た 場 合 に 通 知 す る ) ’delay’ (配 送 が 遅 れ た 場 合 に 通 知 す る ) ’success’ (配 送 が 正 常 に 行 わ れ た 場 合 に 通 知 す る ) の 組 み 合 わ せ を 指 定 す る 事 が で き ま す 。
−n

エ イ リ ア ス を 行 い ま せ ん 。

−O option=value オ プ シ ョ ン option を 、 指 定 し た value に 設 定 し ま す 。 こ の 形 式 で は 長 い オ プ シ ョ ン 名 が 使 用 さ れ ま す 。 詳 し く は 後 に 記 述 し ま す 。

−ox value オ プ シ ョ ン x を 、 指 定 し た value に 設 定 し ま す 。 こ の 形 式 で は 、 一 文 字 の オ プ シ ョ ン 名 し か 使 用 で き ま せ ん 。 短 い オ プ シ ョ ン 名 に つ い て は こ の マ ニ ュ ア ル に は 記 述 さ れ て い ま せ ん 。 詳 し く は 、 Sendmail Installation and Operation Guide を 参 照 し て 下 さ い 。
−p
protocol メ ッ セ ー ジ を 受 け 取 る た め に 利 用 す る プ ロ ト コ ル 名 を 設 定 し ま す 。 設 定 で き る の は 、 ’’UUCP’’ の よ う な プ ロ ト コ ル 名 だ け か プ ロ ト コ ル +ホ ス ト 名 、 た と え ば ’’UUCP:ucbvax’’ な ど で す 。
−q
[time] キ ュ ー の な か に あ る メ ッ セ ー ジ を 処 理 す る 間 隔 を 設 定 し ま す 。 time を 省 略 し た 場 合 は 、 キ ュ ー の 内 容 を 一 度 だ け し か 処 理 し ま せ ん 。 time は 、 ’s’ (秒 )、 ’m’ (分 )、 ’h’ (時 間 )、 ’d’ (日 )、 ’w’ (週 )の 単 位 を 付 け た 数 字 で 指 定 し ま す 。 た と え ば 、 ’−q1h30m’ や ’−q90m’ は 、 タ イ ム ア ウ ト を 1 時 間 30 分 に 設 定 し ま す 。 time が 指 定 さ れ る と 、 sendmail は デ ー モ ン と し て バ ッ ク グ ラ ウ ン ド で 実 行 さ れ ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン は 、 問 題 な く −bd と 共 に 指 定 可 能 で す 。
−qI
substr キ ュ ー ID の 文 字 列 に substr が 含 ま れ る ジ ョ ブ の み を 処 理 し ま す 。
−qR
substr 受 け 手 の リ ス ト の 文 字 列 に substr が 含 ま れ る ジ ョ ブ の み を 処 理 し ま す 。
−qS
substr 送 り 手 の 文 字 列 に substr が 含 ま れ る ジ ョ ブ の み を 処 理 し ま す 。
−R
return メ ッ セ ー ジ が バ ウ ン ス し た 時 に 返 送 さ れ る メ ッ セ ー ジ の 量 を 設 定 し ま す 。 return パ ラ メ ー タ に は 、 メ ッ セ ー ジ 全 体 を 返 送 す る 場 合 は ’full’ を 、 ヘ ッ ダ の み を 返 送 す る 場 合 は ’hdrs’ を 指 定 し ま す 。

−rname

−f フ ラ グ と 同 じ で す が 、 古 い 形 式 で す 。

−t

受 け 手 を メ ッ セ ー ジ か ら 読 み 取 り ま す 。 To:, Cc:, Bcc: フ ィ ー ル ド が 受 け 手 の ア ド レ ス と し て 読 み 込 ま れ ま す 。 Bcc: フ ィ ー ル ド は メ ッ セ ー ジ の 転 送 前 に 削 除 さ れ ま す 。

−U

最 初 の (ユ ー ザ か ら の )発 送 で あ る 事 を 示 し ま す 。 こ の フ ラ グ は 、 Mailexmh の よ う な ユ ー ザ エ ー ジ ェ ン ト か ら 呼 び 出 す 場 合 は 必 ず 指 定 す る 必 要 が あ り 、 rmail な ど の ネ ッ ト ワ ー ク 配 送 エ ー ジ ェ ン ト か ら 呼 び 出 す 場 合 は 、 絶 対 に 指 定 し て は い け ま せ ん 。

−V envid オ リ ジ ナ ル の エ ン ベ ロ ー プ ID を 設 定 し ま す 。 こ れ は 、 DSN を サ ポ ー ト す る サ ー バ 間 で は SMTP 上 を 伝 達 し 、 DSN に 従 っ た エ ラ ー メ ッ セ ー ジ の 中 で 返 送 さ れ ま す 。

−v 詳 細 モ ー ド に 移 行 し ま す 。 エ イ リ ア ス の 展 開 な ど が 報 告 さ れ ま す 。

−X logfile 指 定 さ れ た logfile に 、 メ ー ラ に 出 入 り す る 情 報 す べ て を 記 録 し ま す 。 メ ー ラ を デ バ ッ グ す る 際 の 最 後 の 手 段 と し て の み 使 っ て く だ さ い 。 非 常 に 大 量 の 情 報 が あ っ と い う 間 に 記 録 さ れ ま す 。

−− コ マ ン ド フ ラ グ 処 理 を 停 止 し 、 残 り の 引 数 を ア ド レ ス と し て 使 用 し ま す 。 オ プ シ ョ ン

sendmail に は 、 設 定 す る こ と が で き る 多 く の 処 理 オ プ シ ョ ン が あ り ま す 。 通 常 、 こ れ ら の オ プ シ ョ ン は シ ス テ ム 管 理 者 の み が 使 い ま す 。 オ プ シ ョ ン は 、 コ マ ン ド ラ イ ン か ら −o フ ラ グ を 使 っ て (短 い オ プ シ ョ ン 名 で )指 定 し た り 、 −O フ ラ グ を 使 っ て (長 い オ プ シ ョ ン 名 で )指 定 し た り 、 設 定 フ ァ イ ル か ら 指 定 す る こ と が で き ま す 。 こ こ に 記 述 し て い る の は 部 分 的 な も の で 、 コ マ ン ド 行 か ら 指 定 す る 場 合 に 便 利 な 物 だ け を 、 長 い オ プ シ ョ ン 名 で 示 し て い ま す 。 完 全 な リ ス ト (と 詳 細 )は 、 Sendmail Installation and Operation Guide を 参 照 し て く だ さ い 。 オ プ シ ョ ン に は 以 下 の 物 が あ り ま す 。
AliasFile=file 別 の エ イ リ ア ス フ ァ イ ル を 使 い ま す 。
HoldExpensive 接 続 す る の に 時 間 が か か る ホ ス ト と 接 続 す る と き は 、 す ぐ に 接 続 せ ず 、 リ ク エ ス ト は キ ュ ー に 入 れ ら れ ま す 。
CheckpointInterval=N

sendmail が 、 N 個 の 配 送 に 成 功 す る た び に キ ュ ー フ ァ イ ル に チ ェ ッ ク ポ イ ン ト を 設 定 し ま す (デ フ ォ ル ト は 10 個 で す )。 こ れ に よ っ て 、 シ ス テ ム の ク ラ ッ シ ュ に よ っ て 長 い メ ー リ ン グ リ ス ト の 配 送 が 中 断 さ れ た と き で も 、 再 開 時 に 同 じ 人 に 重 複 し て 配 送 さ れ る こ と を 防 ぎ ま す 。

DeliveryMode=x 配 送 モ ー ド を x に 設 定 し ま す 。 配 送 モ ー ド に は ’i’ 対 話 的 (同 期 的 )配 送 モ ー ド 、 ’b’ バ ッ ク グ ラ ウ ン ド (非 同 期 的 )配 送 モ ー ド 、 ’q’ キ ュ ー モ ー ド (実 際 の 配 送 は 、 キ ュ ー が 実 行 さ れ る と き に 行 わ れ る )、 ’d’ 延 期 モ ー ド ( −D オ プ シ ョ ン で 指 定 さ れ た マ ッ プ (デ フ ォ ル ト は ホ ス ト マ ッ プ ) に 対 し デ ー タ ベ ー ス の 検 索 が 行 わ れ な い 以 外 は ’q’ と 同 じ )が あ り ま す 。
ErrorMode=x エ ラ ー 処 理 を モ ー ド x に 設 定 し ま す 。 有 効 な モ ー ド と し て 、 ’m’ は エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を 送 り 返 し ま す 。 ’w’ は エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を 送 り 手 の 端 末 に 書 き 出 し ま す (送 り 手 が ロ グ イ ン し て い な け れ ば 、 メ ー ル を 返 し ま す )。 ’p’ は 、 エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を 端 末 に 表 示 し ま す (デ フ ォ ル ト )。 ’q’ は 、 エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を 捨 て ま す (exit コ ー ド だ け を 返 し ま す )。 ’e’ は 、 BerkNet 用 に 特 別 処 理 を し ま す 。 も し 、 モ ー ド ’m’ や ’w’ を 使 っ て い る 場 合 に 、 エ ラ ー と な っ た メ ッ セ ー ジ が エ ラ ー メ ー ル と し て 送 り 返 さ れ ず 、 送 り 手 が sendmail を 実 行 し て い る マ シ ン 上 の ユ ー ザ な ら ば 、 メ ッ セ ー ジ の コ ピ ー は 送 り 手 の ホ ー ム デ ィ レ ク ト リ に あ る dead.letter に 追 加 さ れ ま す 。
SaveFromLine メ ッ セ ー ジ の は じ め に UNIX-style の From 行 を 残 し ま す 。
MaxHopCount=N メ ー ル が ル ー プ し て い る と 判 断 さ れ な い 、 最 大 の ホ ッ プ 数 を 指 定 し ま す 。
IgnoreDots

’.’ だ け を 含 む 行 を メ ッ セ ー ジ の 終 わ り と し て 解 釈 し ま せ ん 。

SendMimeErrors エ ラ ー メ ッ セ ー ジ を MIMEフ ォ ー マ ッ ト で 送 り 返 し ま す 。 設 定 さ れ て い な い 場 合 は 、 DSN (Delivery Status Notification: 配 送 状 況 通 知 ) SMTP 拡 張 は 無 効 に な り ま す 。
ConnectionCacheTimeout=timeout コ ネ ク シ ョ ン キ ャ ッ シ ュ の タ イ ム ア ウ ト を 設 定 し ま す 。
ConnectionCacheSize=N コ ネ ク シ ョ ン キ ャ ッ シ ュ の サ イ ズ を 設 定 し ま す 。
LogLevel=n ロ グ レ ベ ル を 設 定 し ま す 。
MeToo=False エ イ リ ア ス に 自 分 自 身 が 含 ま れ て い て も 、 ’’me’’(送 り 手 自 身 )に は 送 り ま せ ん 。
CheckAliases

newaliases(1) コ マ ン ド の 実 行 の 際 、 エ イ リ ア ス の 右 辺 (エ イ リ ア ス の 値 )の 有 効 性 を チ ェ ッ ク し ま す 。

OldStyleHeaders こ の オ プ シ ョ ン が 設 定 さ れ て い れ ば 、 メ ッ セ ー ジ が 古 い ス タ イ ル の ヘ ッ ダ を 持 つ こ と が あ る こ と を 意 味 し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン が 設 定 さ れ て い な け れ ば 、 こ の メ ッ セ ー ジ が 新 し い ス タ イ ル を 持 っ て い る こ と が 保 証 さ れ ま す (2 つ の ア ド レ ス の 間 は ス ペ ー ス の か わ り に コ ン マ で 区 切 ら れ ま す )。 こ の オ プ シ ョ ン が 設 定 さ れ て い る と 、 ヘ ッ ダ の フ ォ ー マ ッ ト を た い て い の 場 合 に 正 し く 決 定 す る 適 応 ア ル ゴ リ ズ ム が 用 い ら れ ま す 。
QueueDirectory=queuedir キ ュ ー メ ッ セ ー ジ を 保 存 す る デ ィ レ ク ト リ を 選 択 し ま す 。
StatusFile=file 指 定 し た 名 前 の フ ァ イ ル に 統 計 情 報 を セ ー ブ し ま す 。
Timeout.queuereturn=time キ ュ ー の な か の 配 送 さ れ な か っ た メ ッ セ ー ジ の タ イ ム ア ウ ト 時 間 を 設 定 し ま す 。 こ の 時 間 内 に (ホ ス ト の ダ ウ ン な ど に よ り )配 送 が 行 わ れ な か っ た と き に は 、 失 敗 し た 旨 の メ ッ セ ー ジ が 送 り 返 さ れ ま す 。 デ フ ォ ル ト は 5 日 で す 。
UserDatabaseSpec=userdatabase セ ッ ト し た 場 合 、 ユ ー ザ デ ー タ ベ ー ス を 見 て 、 フ ォ ワ ー ド 情 報 を 得 ま す 。 こ の 方 法 を エ イ リ ア ス 機 構 の 補 助 と し て 使 用 す る 事 が で き ま す 。 こ の 方 法 は 、 デ ー タ ベ ー ス が 分 配 さ れ る こ と を 意 図 し て い る 点 が 異 な り ま す 。 一 方 、 エ イ リ ア ス は 、 そ の ホ ス ト ロ ー カ ル で の み 有 効 で す 。 sendmail が USERDB 付 き で コ ン パ イ ル さ れ て い な け れ ば 使 う こ と は で き ま せ ん 。
ForkEachJob キ ュ ー を 処 理 す る 間 、 各 ジ ョ ブ ご と に fork を 行 い ま す 。 メ モ リ が 少 な い マ シ ン で は 便 利 で す 。
SevenBitInput 到 着 す る メ ッ セ ー ジ を 7 ビ ッ ト に し ま す (8 ビ ッ ト 目 は 落 し ま す )。
EightBitMode=mode

8 ビ ッ ト の 入 力 を 7 ビ ッ ト の 宛 先 へ 送 る 場 合 の 処 理 方 法 を mode に 設 定 し ま す 。 処 理 方 法 に は 、 m (mime 化 ) 7 ビ ッ ト MIME 形 式 へ 変 換 、 p (パ ス ) 8 ビ ッ ト の ま ま 配 送 (プ ロ ト コ ル に は 違 反 し ま す )、 s (厳 密 ) メ ッ セ ー ジ を バ ウ ン ス 、 が あ り ま す 。

MinQueueAge=timeout 配 送 の 試 行 の 間 、 ジ ョ ブ が キ ュ ー に 蓄 積 さ れ る 時 間 を 設 定 し ま す 。
DefaultCharSet=charset 文 字 集 合 が 特 に 指 定 さ れ て い な い 8 ビ ッ ト デ ー タ に ラ ベ ル 付 け す る 際 に 用 い る 、 デ フ ォ ル ト の 文 字 集 合 を 設 定 し ま す 。
DialDelay=sleeptime コ ネ ク シ ョ ン の 確 立 が 失 敗 し た 場 合 に 、 再 試 行 ま で に sleeptime だ け ス リ ー プ し ま す 。 オ ン デ マ ン ド で ダ イ ヤ ル 接 続 す る サ イ ト で の 使 用 に 便 利 で す 。
NoRecipientAction=action 受 け 手 ヘ ッ ダ (To:, Cc:, Bcc:) が な い 場 合 の 動 作 を action に 設 定 し ま す 。 none メ ッ セ ー ジ を 変 更 し な い 、 add-to エ ン ベ ロ ー プ で 指 定 さ れ た 受 け 手 を 入 れ た To: ヘ ッ ダ を 加 え る 、 add-apparrently-to エ ン ベ ロ ー プ で 指 定 さ れ た 受 け 手 を 入 れ た Apparrently-To: ヘ ッ ダ を 加 え る 、 add-bcc 空 の Bcc: ヘ ッ ダ を 加 え る 、 add-to-undisclosed ’To: undisclosed-recipients:;’ と い う ヘ ッ ダ を 加 え る 、 と い う 動 作 を 指 定 で き ま す 。
MaxDaemonChildren=N 待 ち 受 け SMTP デ ー モ ン が 同 時 に 生 成 す る 子 プ ロ セ ス の 最 大 数 を N に 設 定 し ま す 。
ConnectionRateThrottle=N

SMTP ポ ー ト へ の 1 秒 当 り の 最 大 コ ネ ク シ ョ ン 数 を N に 設 定 し ま す 。 エ イ リ ア ス の な か で 最 初 の 文 字 が ’|’ で 始 ま る も の は 、 メ ー ル の 内 容 を パ イ プ で コ マ ン ド に 送 る も の と 解 釈 さ れ ま す 。 sendmail に 引 数 の 間 か ら 空 白 文 字 を 削 除 さ せ な い よ う に す る 場 合 は 名 前 を ク ォ ー ト す る (" で く く る )必 要 が あ り ま す 。 以 下 に 、 例 を 示 し ま す :

msgs: "|/usr/bin/msgs -s" エ イ リ ア ス に は 、 ’’:include:filename’’ と い う 文 法 も あ り ま す 。 sendmail は 、 メ ー ル の 受 け 手 の リ ス ト を 得 る た め に 、 指 定 さ れ た フ ァ イ ル を 読 み ま す 。 以 下 に 、 例 を 示 し ま す :

poets: ":include:/usr/local/lib/poets.list" 上 記 の 例 の 場 合 は 、 /usr/local/lib/poets.list を 読 み 、 ’poets’ の グ ル ー プ の た め の ア ド レ ス リ ス ト を 作 り ま す 。

sendmail は 、 以 下 に 示 す よ う な 終 了 コ ー ド を 返 し ま す 。 こ れ ら の コ ー ド は 、 <sysexits.h> に 定 義 さ れ て い ま す 。

EX_OK す べ て の ア ド レ ス に つ い て 完 全 に 成 功 し ま し た 。

EX_NOUSER ユ ー ザ 名 が 認 識 で き ま せ ん 。
EX_UNAVAILABLE 処 理 に 必 要 な リ ソ ー ス を 得 る こ と が で き ま せ ん 。
EX_SYNTAX ア ド レ ス に 文 法 的 な 間 違 い が あ り ま す 。
EX_SOFTWARE 引 数 が 間 違 っ て い る な ど の 、 内 部 的 な エ ラ ー で す 。
EX_OSERR

’’cannot fork’’’ の よ う な 、 一 時 的 な OS エ ラ ー で す 。

EX_NOHOST ホ ス ト 名 が 認 識 で き ま せ ん 。
EX_TEMPFAIL メ ッ セ ー ジ は す ぐ に は 送 ら れ ま せ ん で し た が 、 キ ュ ー に は 入 れ ら れ ま し た 。

newaliases と い う コ マ ン ド で 実 行 さ れ る と 、 sendmail は エ イ リ ア ス デ ー タ ベ ー ス を 再 構 築 し ま す 。 mailq と い う コ マ ン ド で 実 行 さ れ る と 、 sendmail は メ ー ル キ ュ ー の 内 容 を 表 示 し ま す 。 hoststat と い う コ マ ン ド で 実 行 さ れ る と 、 sendmail は 、 継 続 的 な ホ ス ト 状 態 デ ー タ ベ ー ス の 内 容 を 表 示 し ま す 。 purgestat と い う コ マ ン ド で 実 行 さ れ る と 、 sendmail は 、 継 続 的 な ホ ス ト 状 態 デ ー タ ベ ー ス か ら 期 限 切 れ の エ ン ト リ を 抹 消 し ま す 。 smtpd と い う コ マ ン ド で 実 行 さ れ る と 、 −bd オ プ シ ョ ン を 指 定 さ れ た の 同 じ よ う に 、 sendmail は デ ー モ ン と し て 動 作 し ま す 。

sendmail は 、 多 く の 問 題 の 原 因 だ と 責 め ら れ る こ と が よ く あ り ま す が 、 実 際 の と こ ろ 、 そ れ ら の 問 題 は 、 デ ィ レ ク ト リ の モ ー ド が 過 剰 に 許 可 さ れ た 状 態 で あ る な ど 、 他 の 問 題 に 起 因 す る も の で す 。 こ の た め 、 sendmail は 、 シ ス テ ム デ ィ レ ク ト リ と フ ァ イ ル の モ ー ド を チ ェ ッ ク し 、 そ れ ら デ ィ レ ク ト リ 、 フ ァ イ ル が 信 頼 す る に 足 る も の か ど う か を 決 定 し ま す 。 DontBlameSendmail オ プ シ ョ ン を 設 定 す る こ と に よ り 、 こ の チ ェ ッ ク を オ フ に し 、 シ ス テ ム の セ キ ュ リ テ ィ を 低 下 す る こ と も で き ま す が 、 基 本 的 に は 、 パ ー ミ ッ シ ョ ン の 問 題 は 修 正 さ れ ね ば な り ま せ ん 。 詳 細 な 情 報 は 、

http://www.sendmail.org/tips/DontBlameSendmail.html を 参 照 し て 下 さ い 。

関 連 フ ァ イ ル

/etc/mail/sendmail.cf そ れ 自 身 を 除 き 、 以 下 の フ ァ イ ル の パ ス は す べ て /etc/mail/sendmail.cf の 内 部 で 指 定 さ れ て い ま す 。 以 下 の 値 は 概 略 に 過 ぎ ま せ ん 。
/etc/mail/aliases エ イ リ ア ス 名 の 生 デ ー タ
/etc/mail/aliases.db エ イ リ ア ス 名 の デ ー タ ベ ー ス
/etc/mail/sendmail.cf 設 定 フ ァ イ ル
/etc/mail/helpfile ヘ ル プ フ ァ イ ル
/etc/mail/statistics 統 計 情 報 フ ァ イ ル
/var/spool/mqueue/* テ ン ポ ラ リ フ ァ イ ル

関 連 項 目

mail(1), syslog(3), aliases(5), mailaddr(7), mail.local(8), rc(8), rmail(8)

DARPA Internet Request For Comments RFC819, RFC821, RFC822. Sendmail Installation and Operation Guide, No. 8, SMM.

http://www.sendmail.org/

歴 史

sendmail コ マ ン ド は 4.2BSD か ら 登 場 し ま し た 。

COMMENTS