Manpages

名 前

rtnetlink − Linux IPv4 ル ー テ ィ ン グ ソ ケ ッ ト

書 式

#include <asm/types.h>
#include <linux/netlink.h>
#include <linux/rtnetlink.h>
#include <sys/socket.h>

rtnetlink_socket = socket(AF_NETLINK, int socket_type, NETLINK_ROUTE);

説 明

rtnetlink は カ ー ネ ル の ル ー テ ィ ン グ テ ー ブ ル を 読 ん だ り 変 更 し た り す る た め の も の で あ る 。 こ れ は カ ー ネ ル が 内 部 の サ ブ シ ス テ ム と 通 信 す る た め に も 用 い ら れ て い る が 、 そ れ は こ こ で は 記 述 し な い 。 こ の man ペ ー ジ で は ユ ー ザ ー 空 間 の プ ロ グ ラ ム と の 通 信 に 関 し て の み 述 べ る 。 ネ ッ ト ワ ー ク 経 路 ・ IP ア ド レ ス ・ リ ン ク パ ラ メ ー タ ー ・ 近 傍 設 定 (neighbor setup)・ キ ュ ー イ ン グ ル ー ル (queueing dicipline)・ ト ラ フ ィ ッ ク ク ラ ス ・ パ ケ ッ ト の ク ラ ス 分 類 な ど が 、 す べ て NETLINK_ROUTE ソ ケ ッ ト を 通 し て 制 御 で き る 。 rtnetlink は netlink メ ッ セ ー ジ を ベ ー ス に し て い る 。 詳 細 は netlink(7) を 見 る こ と 。 ル ー テ ィ ン グ 属 性
rtnetlink メ ッ セ ー ジ に は 、 初 期 ヘ ッ ダ ー の 後 に 付 加 的 な 属 性 を 持 つ も の が あ る 。

struct rtattr {
unsigned short rta_len; /* Length of option */
unsigned short rta_type; /* Type of option */
/* Data follows */ }; こ れ ら の 属 性 の 操 作 は 、 RTA_* マ ク ロ か libnetlink の み を 使 っ て 行 う べ き で あ る 。 rtnetlink(3) を 見 よ 。 メ ッ セ ー ジ

rtnetlink は (標 準 的 な netlink メ ッ セ ー ジ に 加 え て ) 以 下 の メ ッ セ ー ジ タ イ プ か ら 構 成 さ れ る 。
RTM_NEWLINK
, RTM_DELLINK, RTM_GETLINK 指 定 し た ネ ッ ト ワ ー ク イ ン タ ー フ ェ ー ス の 情 報 を 、 生 成 ・ 削 除 ・ 取 得 す る 。 こ れ ら の メ ッ セ ー ジ は ifinfomsg 構 造 体 と 、 そ れ に 続 い て い く つ か の rtattr 構 造 体 を 伴 う 。

struct ifinfomsg {
unsigned char ifi_family; /* AF_UNSPEC */
unsigned short ifi_type; /* Device type */
int ifi_index; /* Interface index */
unsigned int ifi_flags; /* Device flags */
unsigned int ifi_change; /* change mask */ };

ifi_flags は デ バ イ ス の フ ラ グ で あ る 。 netdevice(7) を 参 照 。 ifi_index は 他 と 重 な ら な い イ ン タ ー フ ェ ー ス の index で あ る (Linux 3.7 以 降 で は 、 RTMGRP_LINK メ ッ セ ー ジ で 0 以 外 の 値 を 指 定 す る こ と が で き 、 そ の た め 指 定 し た ifindex で リ ン ク を 作 成 で き る )。 ifi_change は 将 来 の 利 用 の た め に 予 約 さ れ て お り 、 常 に 0xFFFFFFFF に セ ッ ト す べ き で あ る 。

IFLA_STATS の 値 の 型 は struct rtnl_link_stats (Linux 2.4 以 前 で は struct net_device_stats) で あ る 。

RTM_NEWADDR, RTM_DELADDR, RTM_GETADDR イ ン タ ー フ ェ ー ス の IP ア ド レ ス の 情 報 を 追 加 ・ 削 除 ・ 取 得 す る 。 Linux 2.2 で は 、 一 つ の イ ン タ ー フ ェ ー ス に 複 数 の IP ア ド レ ス を 保 持 さ せ る こ と が で き 、 こ れ は 2.0 の 別 名 デ バ イ ス の 概 念 を 置 き 換 え る 。 Linux 2.2 で は 、 こ れ ら の メ ッ セ ー ジ は IPv4 と IPv6 の 両 方 の ア ド レ ス を サ ポ ー ト し て い る 。 こ れ ら は ifaddrmsg 構 造 体 を 伴 う 。 そ の あ と に rtattr ル ー テ ィ ン グ 属 性 が 続 く こ と も あ る 。

struct ifaddrmsg {
unsigned char ifa_family; /* Address type */
unsigned char ifa_prefixlen; /* Prefixlength of address */
unsigned char ifa_flags; /* Address flags */
unsigned char ifa_scope; /* Address scope */
int ifa_index; /* Interface index */ };

ifa_family は ア ド レ ス フ ァ ミ リ ー の タ イ プ で あ る (現 在 は AF_INET ま た は AF_INET6)。 ifa_prefixlen は ア ド レ ス の ア ド レ ス マ ス ク の 長 さ で あ る (IPv4 の よ う に 、 そ の フ ァ ミ リ ー で 定 義 さ れ て い る 場 合 )。 ifa_scope は ア ド レ ス の ス コ ー プ で あ る 。 ifa_index は ア ド レ ス が 関 連 づ け ら れ て い る イ ン タ ー フ ェ ー ス の index で あ る 。 ifa_flags は フ ラ グ ワ ー ド で 、 二 つ め の ア ド レ ス (古 い 別 名 イ ン タ ー フ ェ ー ス ) の 場 合 は IFA_F_SECONDARY に 、 永 続 的 な ア ド レ ス の 場 合 は IFA_F_PERMANENT に 適 用 さ れ る 。 ユ ー ザ ー に よ っ て セ ッ ト さ れ る フ ラ グ と 、 undocumented な フ ラ グ が あ る 。

RTM_NEWROUTE, RTM_DELROUTE, RTM_GETROUTE ネ ッ ト ワ ー ク 経 路 の 情 報 を 生 成 ・ 削 除 ・ 取 得 す る 。 こ れ ら の メ ッ セ ー ジ は rtmsg 構 造 体 を 伴 う 。 そ の あ と に い く つ か の rtattr 構 造 体 を 続 け る こ と も で き る 。 RTM_GETROUTErtm_dst_lenrtm_src_len に 0 を セ ッ ト す る と 、 指 定 さ れ た ル ー テ ィ ン グ テ ー ブ ル の 全 て の エ ン ト リ ー を 所 得 す る 。 rtm_tablertm_protocol 以 外 の 他 の フ ィ ー ル ド に 0 を 入 れ る と 、 ワ イ ル ド カ ー ド を 意 味 す る 。

struct rtmsg {
unsigned char rtm_family; /* Address family of route */
unsigned char rtm_dst_len; /* Length of destination */
unsigned char rtm_src_len; /* Length of source */
unsigned char rtm_tos; /* TOS filter */

unsigned char rtm_table; /* Routing table ID */
unsigned char rtm_protocol; /* Routing protocol; see below */
unsigned char rtm_scope; /* See below */
unsigned char rtm_type; /* See below */

unsigned int rtm_flags; };

RTPROT_STATIC よ り も 大 き な 値 は カ ー ネ ル に よ っ て 解 釈 さ れ な い 。 こ れ は 単 な る ユ ー ザ ー へ の 情 報 で あ る 。 こ れ ら は 経 路 情 報 の 情 報 源 を タ グ 付 け し た り 、 複 数 の ル ー テ ィ ン グ デ ー モ ン か ら の 情 報 を 区 別 す る た め に 用 い る こ と が で き る 。 既 に 割 り 当 て ら れ て い る ル ー テ ィ ン グ デ ー モ ン の 識 別 子 に つ い て は <linux/rtnetlink.h> を 見 よ 。

rtm_scope は 行 き 先 へ の 距 離 で あ る 。

ユ ー ザ ー は RT_SCOPE_UNIVERSERT_SCOPE_SITE の 間 の 値 を 用 い る こ と が で き る 。

rtm_flags は 以 下 の 意 味 を 持 つ :

rtm_table で は ル ー テ ィ ン グ テ ー ブ ル を 指 定 す る 。

ユ ー ザ ー は RT_TABLE_UNSPECRT_TABLE_DEFAULT. の 間 の 任 意 の 値 を 用 い る こ と が で き る 。

(こ れ ら の 値 を 埋 め る こ と !)

RTM_NEWNEIGH, RTM_DELNEIGH, RTM_GETNEIGH 近 傍 テ ー ブ ル (neighbor table) の エ ン ト リ ー (例 え ば ARP エ ン ト リ ー ) の 情 報 を 追 加 ・ 削 除 ・ 取 得 す る 。 こ の メ ッ セ ー ジ は ndmsg 構 造 体 を 伴 う 。

struct ndmsg {
unsigned char ndm_family;
int ndm_ifindex; /* Interface index */
__u16 ndm_state; /* State */
__u8 ndm_flags; /* Flags */
__u8 ndm_type; };

struct nda_cacheinfo {
__u32 ndm_confirmed;
__u32 ndm_used;
__u32 ndm_updated;
__u32 ndm_refcnt; };

ndm_state は 以 下 の 状 態 の ビ ッ ト マ ス ク で あ る :

有 効 な ndm_flags は 以 下 の 通 り :

rtattr 構 造 体 は 、 rta_type フ ィ ー ル ド に 応 じ て そ れ ぞ れ 以 下 の 意 味 を 持 つ :

rta_type フ ィ ー ル ド が NDA_CACHEINFO の 場 合 に は 、 struct nda_cacheinfo ヘ ッ ダ ー が 続 く 。

RTM_NEWRULE, RTM_DELRULE, RTM_GETRULE ル ー テ ィ ン グ ル ー ル を 追 加 ・ 削 除 ・ 取 得 す る 。 struct rtmsg を 伴 う 。
RTM_NEWQDISC
, RTM_DELQDISC, RTM_GETQDISC キ ュ ー イ ン グ ル ー ル を 追 加 ・ 削 除 ・ 取 得 す る 。 こ の メ ッ セ ー ジ は struct tcmsg を 伴 い 、 ま た そ の あ と に 属 性 が い く つ か 続 く こ と も あ る 。

struct tcmsg {
unsigned char tcm_family;
int tcm_ifindex; /* interface index */
__u32 tcm_handle; /* Qdisc handle */
__u32 tcm_parent; /* Parent qdisc */
__u32 tcm_info; };

さ ら に 、 qdisc モ ジ ュ ー ル 特 有 の 様 々 な 属 性 を 指 定 で き る 。 詳 細 な 情 報 は 適 切 な イ ン ク ル ー ド フ ァ イ ル を 見 よ 。

RTM_NEWTCLASS, RTM_DELTCLASS, RTM_GETTCLASS ト ラ フ ィ ッ ク ク ラ ス を 追 加 ・ 削 除 ・ 取 得 す る 。 こ れ ら の メ ッ セ ー ジ は 、 上 述 の struct tcmsg を 伴 う 。
RTM_NEWTFILTER
, RTM_DELTFILTER, RTM_GETTFILTER ト ラ フ ィ ッ ク フ ィ ル タ ー の 情 報 を 追 加 ・ 削 除 ・ 取 得 す る 。 こ れ ら の メ ッ セ ー ジ は 、 上 述 の struct tcmsg を 伴 う 。

バ ー ジ ョ ン

rtnetlink は Linux 2.2 の 新 機 能 で あ る 。

バ グ

こ の マ ニ ュ ア ル は 完 全 で は な い 。

関 連 項 目

cmsg(3), rtnetlink(3), ip(7), netlink(7)

こ の 文 書 に つ い て

こ の man ペ ー ジ は Linux man−pages プ ロ ジ ェ ク ト の リ リ ー ス 3.79 の 一 部 で あ る 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 説 明 と バ グ 報 告 に 関 す る 情 報 は http://www.kernel.org/doc/man−pages/ に 書 か れ て い る 。

COMMENTS