Manpages

名 称

refer − groff の た め の 参 考 文 献 目 録 プ リ プ ロ セ ッ サ

書 式

refer−benvCPRS ] [ −a] [ −cfields ] [ −f] [ −ifields ] [ −kfield ] [ −lm,n ] [ −pfilename ] [ −sfields ] [ −t] [ −Bfield.macro ] [ filename... ] コ マ ン ド ラ イ ン オ プ シ ョ ン と パ ラ メ ー タ の 間 に 、 空 白 を 置 く こ と が 可 能 で す 。

解 説

本 フ ァ イ ル で は groff ド キ ュ メ ン ト フ ォ ー マ ッ テ ィ ン グ シ ス テ ム の 一 部 で あ る GNU バ ー ジ ョ ン の refer に つ い て 記 述 し ま す 。 refer.[.] で 囲 ま れ た 引 用 と し て 解 釈 さ れ る 行 と 、 .R1.R2 で 囲 ま れ た 引 用 の 処 理 方 法 を 記 述 し た コ マ ン ド と し て 解 釈 さ れ る 行 を 除 き 、 filename... の 内 容 を 標 準 出 力 に コ ピ ー し ま す 。 各 々 の 引 用 で は 参 考 文 献 を 指 定 し ま す 。 引 用 で は 、 あ る 参 考 文 献 に の み 含 ま れ る キ ー ワ ー ド の 集 合 を 与 え る こ と に よ っ て 、 そ の 参 考 文 献 を 図 書 目 録 デ ー タ ベ ー ス か ら 指 定 で き ま す 。 ま た 、 引 用 の 中 で デ ー タ ベ ー ス レ コ ー ド を 指 定 す る こ と に よ っ て も 参 考 文 献 を 指 定 で き ま す 。 こ れ ら の 方 法 を 組 み 合 わ せ る こ と も 可 能 で す 。 各 々 の 引 用 に お い て refer は テ キ ス ト の 中 に マ ー ク を 作 成 で き ま す 。 こ の マ ー ク は 色 々 な 方 法 で テ キ ス ト や 他 の ラ ベ ル か ら 区 別 さ れ る い く つ か の ラ ベ ル か ら 構 成 さ れ ま す 。 各 引 用 に お け る 参 考 文 献 を マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ を 使 っ て フ ォ ー マ ッ ト し て 出 力 す る た め の groff コ マ ン ド を 出 力 す る こ と も で き ま す 。 そ の た め に は refer の 出 力 は 適 切 な マ ク ロ パ ッ ケ ー ジ を 使 っ て 処 理 さ れ な け れ ば な り ま せ ん 。 −ms−me は い ず れ も 適 切 な マ ク ロ で す 。 引 用 の 参 考 文 献 を フ ォ ー マ ッ ト す る コ マ ン ド を 引 用 の 直 後 に 出 力 す る こ と も 、 参 考 文 献 を 蓄 積 し て 後 で コ マ ン ド を 出 力 す る こ と も で き ま す 。 参 考 文 献 を 蓄 積 し た 時 、 同 じ 参 考 文 献 が 複 数 か ら 引 用 さ れ て い る 場 合 に は 、 参 考 文 献 は 1 つ に ま と め て フ ォ ー マ ッ ト さ れ ま す 。

GNU refer の 新 し い 機 能 と し て .R1.R2 の 間 の 行 は コ マ ン ド と し て 解 釈 さ れ ま す 。 こ の 機 能 を 使 用 し て 作 成 さ れ た ド キ ュ メ ン ト は 、 ド キ ュ メ ン ト の 先 頭 に

.de R1
.ig R2
..
の 行 を 追 加 す る こ と に よ り UNIX refer で も 処 理 で き ま す 。 こ の 指 定 に よ っ て troff.R1.R2 の 間 を す べ て 無 視 し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン に よ っ て い く つ か の コ マ ン ド と 同 等 の 効 果 を 得 る こ と が で き ま す 。 こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 主 に Unix refer と の 互 換 性 の た め に サ ポ ー ト さ れ て い る も の で す 。 通 常 は コ マ ン ド を 使 っ た 方 が 便 利 で す 。

referrefer の 出 力 を 読 む コ マ ン ド に よ っ て 生 成 さ れ る メ ッ セ ー ジ の 中 の フ ァ イ ル 名 と 行 番 号 が 正 し く な る よ う に .lf 行 を 生 成 し ま す 。 入 力 が soelim (1) の よ う な コ マ ン ド に よ っ て 前 処 理 さ れ て い る 場 合 で も 、 メ ッ セ ー ジ 中 の フ ァ イ ル 名 と 行 番 号 と 生 成 さ れ る .lf 行 が 正 確 に な る よ う に .lf で 始 ま る 行 も 解 釈 し ま す 。

オ プ シ ョ ン

ほ と ん ど の オ プ シ ョ ン に は 同 等 な コ マ ン ド が あ り ま す (こ れ ら の コ マ ン ド に つ い て は コ マ ン ド セ ク シ ョ ン の 説 明 を 参 照 し て 下 さ い )。

−b

no-label-in-text; no-label-in-reference

−e

accumulate

−n

no-default-database

−C

compatible

−P

move-punctuation

−S

label "(A.n|Q) ’, ’ (D.y|D)"; bracket-label " (" ) "; "

−an

reverse An

−cfields

capitalize fields

−fn

label %n

−ifields

search-ignore fields

−k

label L~%a

−kfield

label field~%a

−l

label A.nD.y%a

−lm

label A.n+mD.y%a

−l,n

label A.nD.y−n%a

−lm,n

label A.n+mD.y−n%a

−pfilename

database filename

−sspec

sort spec

−tn

search-truncate n

こ れ ら の オ プ シ ョ ン は 以 下 の コ マ ン ド と 同 等 で す 。 た だ し 、 通 常 の 方 法 の か わ り に コ マ ン ド 行 で 指 定 さ れ る フ ァ イ ル 名 が bibliography コ マ ン ド へ の 引 数 で あ る よ う に 処 理 さ れ ま す 。

−B

annotate X AP; no-label-in-reference

−Bfield.macro

annotate field macro; no-label-in-reference 以 下 の オ プ シ ョ ン に は 同 等 な コ マ ン ド は あ り ま せ ん 。

−v バ ー ジ ョ ン 番 号 を 表 示 し ま す 。

−R

.R1 / .R2 で 始 ま る 行 を 認 識 し ま せ ん 。

使 用 法

図 書 目 録 デ ー タ ベ ー ス 図 書 目 録 デ ー タ ベ ー ス は 1 行 以 上 の 空 白 行 で 区 切 ら れ た レ コ ー ド か ら な る テ キ ス ト フ ァ イ ル で す 。 各 レ コ ー ド で は フ ィ ー ル ド は % で 始 ま る 行 で 開 始 し ま す 。 各 フ ィ ー ル ド に は % に 続 く 1 文 字 の 名 称 が あ り ま す 。 フ ィ ー ル ド の 名 称 に は 大 文 字 か 小 文 字 の み を 使 う の が 最 良 の 方 法 で す 。 フ ィ ー ル ド の 名 称 の 後 に は 正 確 に 1 つ の ス ペ ー ス が 続 か な け れ ば な り ま せ ん 。 空 の フ ィ ー ル ド は 無 視 さ れ ま す 。 各 フ ィ ー ル ド の 慣 例 的 な 意 味 は 次 の 通 り で す 。

A 作 者 の 名 前 。 名 前 の 末 尾 に

Jr. の よ う な 肩 書 が 含 ま れ る 場 合 は コ ン

マ で ラ ス ト ネ ー ム と 区 切 ら れ て い な け れ ば な り ま せ ん 。 A フ ィ ー ル ド は 複 数 回 現 れ て も 構 い ま せ ん 。 出 現 す る 順 番 は 意 味 を 持 ち ま す 。 A フ ィ ー ル ド か Q フ ィ ー ル ド は 常 に 指 定 す る の が 良 い で し ょ う 。

B あ る 本 の 一 部 で あ る 記 事 に お い て 、 そ の 本 の タ イ ト ル で す 。

C 出 版 社 の 所 在 地

(都 市 ) で す 。

D 出 版 さ れ た 日 付 で す 。 出 版 年 に 略 称 を 使 用 し て は い け ま せ ん 。 も し 出 版 月 を 指 定 す る 場 合 は 数 字 に よ る 月 で は な く 、 月 名 を 使 わ な け れ ば な り ま せ ん が 、 最 初 の

3 文 字 を 指 定 す れ ば 十 分 で す 。 D フ ィ ー ル ド は 常 に 指 定 す る の が 良 い で し ょ う 。 た だ し 、 出 版 の 日 付 が 分 か ら な け れ ば in pressunknown の よ う な 値 を 使 う こ と も で き ま す 。

E あ る 本 の 一 部 で あ る 記 事 に お い て 、 そ の 本 の 編 集 者 の 名 前 で す 。 出 版 作 業 が 著 者 の な い 編 集 だ け の も の で あ っ た 場 合 、 編 集 者 の 名 前 を

A フ ィ ー ル ド で 指 定 し 、 , (ed) ま た は , (eds) を 最 後 の 著 者 の 後 に 指 定 し な け れ ば な り ま せ ん 。

G 米 国 政 府 注 文 番 号 で す 。

I 出 版 者

(発 行 人 ) で す 。

J 定 期 刊 行 物 の 記 事 に お け る 、 そ の 刊 行 物 の 名 称 で す 。

K 検 索 に 使 わ れ る キ ー ワ ー ド で す 。

L ラ ベ ル で す 。

N 定 期 刊 行 物 の 発 行 番 号 で す 。

O そ の 他 の 情 報 で す 。 こ れ は 通 常 参 考 文 献 の 末 尾 に 印 刷 さ れ ま す 。

P ペ ー ジ 番 号 で す 。 ペ ー ジ 番 号 の 範 囲 は

m − n で 指 定 で き ま す 。

Q 著 者 が 個 人 で な い 場 合 の 著 者 の 名 称 で す 。 こ れ は

A フ ィ ー ル ド が な い

場 合 に の み 使 用 さ れ ま す 。 Q フ ィ ー ル ド は 1 つ の み 使 う こ と が で き ま す 。

R 技 術 報 告 書 番 号 で す 。

S シ リ ー ズ の 名 称 で す 。

T タ イ ト ル で す 。 本 や 定 期 刊 行 物 中 の 記 事 で は こ れ は 記 事 の タ イ ト ル と な り ま す 。

V 定 期 刊 行 物 も し く は 本 の ボ リ ュ ー ム 番 号 で す 。

X 注 釈 で す 。

AE を 除 く す べ て の フ ィ ー ル ド で 、 あ る レ コ ー ド に 複 数 の 特 定 の フ ィ ー ル ド が あ る 場 合 、 最 後 の フ ィ ー ル ド の み が 使 用 さ れ ま す 。 ア ク セ ン ト 文 字 列 は ア ク セ ン ト を つ け る 文 字 に 引 き 続 い て 指 定 さ れ な け れ ば な り ま せ ん 。 こ れ は AM マ ク ロ は −ms マ ク ロ と と も に 使 用 し な け れ ば な ら な い こ と を 意 味 し ま す 。 ア ク セ ン ト 文 字 列 は 引 用 符 で 囲 ん で は い け ま せ ん 。 ま た 、 \ は 2 つ で な く 1 つ の み 使 っ て 下 さ い 。 引 用 引 用 の フ ォ ー マ ッ ト は

.[opening-text
flags keywords
fields

.]
closing-text と な り ま す 。

opening-textclosing-textflags の コ ン ポ ー ネ ン ト は 省 略 可 能 で す 。 keywordsfields の い ず れ か 1 つ の コ ン ポ ー ネ ン ト を 指 定 す る 必 要 が あ り ま す 。

keywords コ ン ポ ー ネ ン ト は keywords に 含 ま れ る 全 て の 単 語 を 含 む 参 考 文 献 を 文 献 デ ー タ ベ ー ス か ら 検 索 す る た め に 指 定 し ま す 。 も し 複 数 の 参 考 文 献 が 見 つ か っ た 場 合 は エ ラ ー と な り ま す 。

fields コ ン ポ ー ネ ン ト は 参 考 文 献 の 中 で 指 定 さ れ る も の を 置 き 換 え る か 付 け 加 え る た め の 追 加 フ ィ ー ル ド を 指 定 し ま す 。 参 考 文 献 が 蓄 積 さ れ る 設 定 で 、 keywords コ ン ポ ー ネ ン ト が 空 で な け れ ば 、 追 加 フ ィ ー ル ド は あ る 特 定 の 参 考 文 献 が 引 用 さ れ て い る 最 初 の 部 分 に お い て の み 指 定 さ れ な け れ ば な ら ず 、 そ の 参 考 文 献 を 引 用 し て い る 全 て の 部 分 に 適 用 さ れ ま す 。

opening-textclosing-text コ ン ポ ー ネ ン ト は bracket-label コ マ ン ド に お い て 指 定 さ れ る 文 字 列 の 代 わ り に ラ ベ ル を 囲 む た め に 使 わ れ る 文 字 列 を 指 定 し ま す 。 こ れ ら の い ず れ も が 空 で な け れ ば 、 bracket-label コ マ ン ド で 指 定 さ れ て い る 文 字 列 は 使 わ れ ま せ ん 。 こ の 処 理 は [] フ ラ グ を 使 っ て 置 き 換 え る こ と が で き ま す 。 こ れ ら の コ ン ポ ー ネ ン ト の 前 と 後 に つ く ス ペ ー ス は 意 味 を 持 つ こ と に 注 意 し て 下 さ い 。

flags コ ン ポ ー ネ ン ト は こ こ で の 引 用 の 扱 い を 変 更 す る た め の ア ル フ ァ ベ ッ ト 以 外 の 文 字 の リ ス ト で す 。 Unix refer は こ れ ら の フ ラ グ を キ ー ワ ー ド の 一 部 と し て 処 理 し ま す が 、 そ れ ら は ア ル フ ァ ベ ッ ト で な い た め 無 視 し ま す 。 以 下 の フ ラ グ が 現 在 認 識 さ れ る も の で す 。

# こ れ は

short-label コ マ ン ド に よ っ て 指 定 さ れ る ラ ベ ル を label コ マ

ン ド で 指 定 さ れ る も の の 代 わ り に 使 用 す る こ と を 指 示 し ま す 。 も し シ ョ ー ト ラ ベ ル が 指 定 さ れ な け れ ば 、 通 常 の ラ ベ ル が 使 用 さ れ ま す 。 普 通 は シ ョ ー ト ラ ベ ル は auther-date ラ ベ ル に 使 用 さ れ 、 日 付 と お そ ら く は 曖 昧 さ が 取 り 除 か れ た 文 字 か ら 構 成 さ れ ま す 。 こ こ で 、 # は ラ ベ ル の 数 字 に よ る タ イ プ を 示 唆 す る も の と 考 え ら れ ま す 。

[

bracket-label コ マ ン ド の 中 で 指 定 さ れ る 最 初 の 文 字 列 が opening-text の 前 に 置 か れ ま す 。

]

bracket-label コ マ ン ド の 中 で 指 定 さ れ る 2 番 目 の 文 字 列 が closing-text の 後 に 置 か れ ま す 。

opening-textclosing-text の 中 に 括 弧 を 含 め る の で は な く 、 [] フ ラ グ を 使 う こ と の 1 つ の 利 点 は bracket-label コ マ ン ド で 変 更 す る だ け で ド キ ュ メ ン ト の 中 で 使 っ て い る 括 弧 の ス タ イ ル を 変 更 で き る こ と で す 。 も う 1 つ の 利 点 と し て 、 こ れ ら の フ ラ グ を 使 う こ と に よ っ て 引 用 の ソ ー ト と マ ー ジ を 禁 止 す る 必 要 が な い こ と が あ げ ら れ ま す 。 も し ラ ベ ル が テ キ ス ト 中 に 挿 入 さ れ る べ き も の で あ れ ば 、 そ れ は .[ 行 の 前 の 行 に 挿 入 さ れ ま す 。 そ の よ う な 行 が な い 場 合 に は .[ の 前 に 余 分 の 行 が 挿 入 さ れ て 警 告 が 表 示 さ れ ま す 。 複 数 の 参 考 文 献 に 対 す る 引 用 を 作 成 す る 特 別 の 表 記 法 は あ り ま せ ん 。 た だ 引 用 を 1 つ の 参 考 文 献 に つ き 1 つ ず つ 連 続 し て 使 用 し ま す 。 引 用 の 間 に は 何 も 入 れ な い で 下 さ い 。 全 て の 引 用 に 対 す る ラ ベ ル は 最 初 の 引 用 の 前 の 行 に 付 加 さ れ ま す 。 ラ ベ ル は ま た ソ ー ト し た り 、 マ ー ジ し た り す る こ と も で き ま す 。 ラ ベ ル の 表 記 法 <> と コ マ ン ド sort-adjacent-labelsabbreviate-label-ranges の 説 明 を 参 照 し て 下 さ い 。 ラ ベ ル は 引 用 に 空 で な い opening-textclosing-text が あ る 時 に は マ ー ジ さ れ ま せ ん 。 し か し 、 opening-text が 伴 わ ず [ フ ラ グ を 使 っ た 引 用 が そ の 直 後 に 続 く 、 closing-text を 伴 わ な い ] フ ラ グ を 使 っ た 引 用 の ラ ベ ル は 最 初 の 引 用 の opening-text か 次 の 引 用 の closing-text が 空 で な い 場 合 に お い て も 、 ソ ー ト と マ ー ジ を 行 な う こ と が で き ま す 。 (も し こ れ を 行 な い た く な い 場 合 は 、 最 初 の 引 用 で closing-text\& と し て く だ さ い 。 ) コ マ ン ド コ マ ン ド は .R1 で 始 ま る 行 と .R2 の 間 に 指 定 さ れ ま す 。 こ れ ら の 行 は −R オ プ シ ョ ン を 使 う こ と に よ っ て 認 識 さ れ な い よ う に で き ま す 。 .R1 行 が 認 識 さ れ た 時 、 す べ て の 蓄 積 さ れ て い る 参 考 文 献 は 消 去 さ れ ま す 。 .R1 行 と .R2 行 お よ び こ れ ら の 間 に 指 定 さ れ た も の は す べ て 出 力 さ れ ま せ ん 。 コ マ ン ド は 改 行 か ; に よ っ て 区 切 ら れ ま す 。 # か ら そ の 行 の 最 後 ま で は コ メ ン ト と な り ま す (し か し 、 改 行 自 身 は 改 行 と し て あ つ か わ れ ま す ) 。 各 コ マ ン ド は ワ ー ド に 分 割 さ れ ま す 。 ワ ー ド は ス ペ ー ス か タ ブ に よ っ て 区 切 ら れ ま す 。 " で 始 ま る ワ ー ド は 次 の " (た だ し も う 1 つ の " が 直 後 に な い も の ) ま で が ワ ー ド と し て 扱 わ れ ま す 。 も し 、 次 の " が な い 場 合 に は そ の 行 の 最 後 ま で が ワ ー ド と な り ま す 。 " で 始 ま る ワ ー ド 中 の " の ペ ア は ひ と つ の " と し て 扱 わ れ ま す 。 " の 中 で は #; は 認 識 さ れ ま せ ん 。 行 は 末 尾 に \ を つ け る こ と に よ っ て 継 続 で き ま す 。 た だ し # の 後 の 場 合 は 継 続 さ れ ま せ ん 。

* で マ ー ク さ れ た 各 コ マ ン ド name に は name の 効 果 を 打 ち 消 す 否 定 コ マ ン ド no-name が あ り ま す 。 例 え ば 、 no-sort コ マ ン ド は 参 考 文 献 を ソ ー ト し な い こ と を 指 定 し ま す 。 否 定 コ マ ン ド は 引 数 を 取 り ま せ ん 。 以 下 の 説 明 で 各 引 数 は ひ と つ の ワ ー ド と な り ま す 。 field は フ ィ ー ル ド の 名 前 と な る 1 文 字 の 小 文 字 ま た は 大 文 字 で す 。 fields は そ の よ う な 文 字 の シ ー ケ ン ス で す 。 mn は 非 負 の 数 字 で す 。 string は 任 意 の 文 字 列 で す 。 filename は フ ァ イ ル 名 で す 。
abbreviate
fields string1 string2 string3 string4

fields の フ ァ ー ス ト ネ ー ム を 短 縮 形 に し ま す 。 頭 文 字 と も う 1 つ の 頭 文 字 の 間 に は string1 が 挿 入 さ れ ま す 。 ラ ス ト ネ ー ム と の 間 に は string2 が 挿 入 さ れ 、 そ の 他 の も の ( vonde の よ う な も の ) と の 間 に は string3 が 挿 入 さ れ ま す 。 こ れ ら の ス ト リ ン グ の デ フ ォ ル ト は ピ リ オ ド に ス ペ ー ス が 続 い た も の と な り ま す 。 ハ イ フ ン で 区 切 ら れ た フ ァ ー ス ト ネ ー ム の 中 で 、 名 前 の 最 初 の 部 分 の 頭 文 字 は string4 (デ フ ォ ル ト は ピ リ オ ド ) に よ っ て ハ イ フ ン と 分 離 さ れ ま す 。 省 略 形 に 起 因 す る 曖 昧 さ に つ い て は 特 に 考 慮 し て い ま せ ん 。 名 前 は ソ ー ト す る 前 お よ び ラ ベ ル が 構 築 さ れ る 前 に 省 略 形 に さ れ ま す 。

abbreviate-label-rangesstring 連 続 し た 参 考 文 献 を 参 照 す る 3 つ 以 上 の 隣 接 す る ラ ベ ル は 、 最 初 の ラ ベ ル string 最 後 の ラ ベ ル の 順 か ら な る 1 つ の ラ ベ ル に 省 略 さ れ ま す 。 こ れ は 主 に 数 字 ラ ベ ル に お い て 便 利 で す 。 string が 省 略 さ れ た 場 合 の デ フ ォ ル ト は で す 。

accumulate* 各 参 考 文 献 を 出 現 す る た び に 書 き 出 す の で は な く 、 参 考 文 献 を 蓄 積 し て い き ま す 。 蓄 積 さ れ た 参 考 文 献 は す べ て の 入 力 フ ァ イ ル が 処 理 さ れ

.R1 行 が 認 識 さ れ た 後 に 、

.[
$LIST$
.]
の 形 式 の 参 照 が 指 定 さ れ た 時 に 書 き 出 さ れ ま す 。

annotatefield string

field は 注 釈 で す 。 注 釈 は 参 考 文 献 の 最 後 に

.string の 行 の 後 に パ ラ グ ラ フ と し て 印 刷 さ れ ま す 。 macro が 省 略 さ れ る と デ フ ォ ル ト の AP と な り ま す 。 も し 、 field も 省 略 さ れ る と デ フ ォ ル ト の X と な り ま す 。 注 釈 に な れ る フ ィ ー ル ド は 1 つ の み で す 。

articles string...

string... は 定 冠 詞 も し く は 不 定 冠 詞 で あ り 、 ソ ー ト さ れ る 時 に は フ ィ ー ル ド T の 最 初 で は 無 視 さ れ な け れ ば な り ま せ ん 。 初 期 状 態 で は theaan が 冠 詞 と し て 認 識 さ れ ま す 。

bibliography filename...

図 書 目 録 デ ー タ ベ ー ス filename... に 含 ま れ る 全 て の 参 考 文 献 を 書 き 出 し ま す 。

bracket-label string1 string2 string3 テ キ ス ト 中 で 、 各 ラ ベ ル を string1string2 で 囲 み ま す 。 string2 の 直 後 に string1 が 現 れ た 場 合 は string3 に 置 き 換 え ら れ ま す 。 デ フ ォ ル ト で は

bracket-label \*([. \*(.] ", " と な り ま す 。

capitalize fields

fields を 大 文 字 と そ れ に 続 く 小 文 字 に 変 換 し ま す 。

compatible*

ス ペ ー ス や 改 行 以 外 の 文 字 が 次 に 続 く 場 合 で も .R1.R2 を 認 識 し ま す 。

database filename...

図 書 目 録 デ ー タ ベ ー ス filename... を 検 索 し ま す 。 各 々 の filename に つ い て 、 も し indxbib(1) に よ っ て 生 成 さ れ た イ ン デ ッ ク ス filename.i が 存 在 す れ ば 、 そ れ が 代 わ り に 検 索 さ れ ま す 。 各 イ ン デ ッ ク ス は 複 数 の デ ー タ ベ ー ス を カ バ ー で き ま す 。
date-as-label
string

string は ラ ベ ル を 構 成 し た 後 に フ ィ ー ル ド D を 置 き 換 え る 文 字 列 を 指 定 す る ラ ベ ル 式 で す 。 ラ ベ ル 式 の 説 明 に つ い て は ラ ベ ル 式 の 項 を 参 照 し て 下 さ い 。 こ の コ マ ン ド は 参 考 文 献 リ ス ト の 中 で 明 示 的 な ラ ベ ル は 使 い た く な い が 、 何 ら か の 方 法 で 日 付 を 修 飾 す る こ と に よ っ て 曖 昧 さ を 取 り 除 き た い 場 合 に 便 利 で す 。 通 常 、 テ キ ス ト 中 で 使 用 さ れ て い る ラ ベ ル は 作 者 と 日 付 の 組 み 合 わ せ に な り ま す 。 ほ と ん ど の 場 合 、 no-label-in-reference コ マ ン ド も 使 う 必 要 が あ り ま す 。 例 え ば 、

date-as-label D.+yD.y%a*D.-y は 参 考 文 献 中 の フ ィ ー ル ド D の 年 の 部 分 に 曖 昧 さ を 取 り 除 く 文 字 を 追 加 し ま す 。

default-database* デ フ ォ ル ト の デ ー タ ベ ー ス を 検 索 し ま す 。 こ れ は デ フ ォ ル ト の 動 作 で あ り 、 こ の コ マ ン ド の 否 定 バ ー ジ ョ ン が 有 用 で す 。

refer は 検 索 を 行 な う 必 要 が 最 初 に 出 て き た 場 合 、 デ フ ォ ル ト の デ ー タ ベ ー ス を 検 索 す る べ き か ど う か を 決 定 し ま す 。 そ の た め no-default-database コ マ ン ド を 有 効 と す る た め に は 、 そ れ 以 前 に 指 定 し て お く 必 要 が あ り ま す 。

discardfields 参 考 文 献 が 読 み 込 ま れ た 時 、

fields を 無 効 と し ま

す 。 fields の 文 字 列 の 定 義 は 出 力 さ れ ま せ ん 。 初 期 状 態 で は fieldsXYZ と な っ て い ま す 。

et-alstring m n ラ ベ ル 式 に お け る 式

@ の 評 価 で の et al の 使 い 方

を 制 御 し ま す 。 著 者 の シ ー ケ ン ス を 明 確 に す る た め に 必 要 な 著 者 の 数 を u 、 著 者 の 合 計 が t と す る と 、 最 後 の tu の 著 者 が string に よ っ て 置 換 さ れ 、 tum よ り 小 さ く な く 、 tn よ り 小 さ く な い よ う に な り ま す 。 デ フ ォ ル ト で は

et-al " et al" 2 3 と な り ま す 。

include filename

filename を イ ン ク ル ー ド し 、 そ の 内 容 を コ マ ン ド と し て 解 釈 し ま す 。

join-authors string1 string2 string3 こ れ は ど の よ う に 作 者 を 連 結 す る か を 指 定 し ま す 。 ち ょ う ど 2 人 の 作 者 が あ る 場 合 、 string1 に よ っ て 連 結 さ れ ま す 。 2 人 よ り 多 い 作 者 が あ る 場 合 、 最 後 の 2 人 を 除 い た 作 者 は string2 で 連 結 さ れ 、 最 後 の 2 人 の 作 者 は string3 で 連 結 さ れ ま す 。 も し string3 が 省 略 さ れ る と 、 デ フ ォ ル ト は string1 と な り ま す 。 も し string2 も 省 略 さ れ る と 、 デ フ ォ ル ト は string1 と な り ま す 。 例 え ば 、

join-authors " and " ", " ", and " は 作 者 の 連 結 を デ フ ォ ル ト の 方 法 に 戻 し ま す 。

label-in-reference* 参 考 文 献 を 出 力 す る 時 に 、 文 字 列

[F を 参 考 文 献 の

ラ ベ ル に 定 義 し ま す 。 こ れ は デ フ ォ ル ト の 動 作 で す 。 こ の コ マ ン ド の 否 定 バ ー ジ ョ ン が 有 用 で す 。

label-in-text* 各 参 考 文 献 に お い て テ キ ス ト 中 の ラ ベ ル を 出 力 し ま す 。 ラ ベ ル は

bracket-label コ マ ン ド に 記 述 さ れ て い る よ う に そ れ を 囲 む テ キ ス ト と 分 離 さ れ ま す 。 こ れ は デ フ ォ ル ト の 動 作 で す 。 こ の コ マ ン ド の 否 定 バ ー ジ ョ ン が 有 用 で す 。

label string

string は ど の よ う に 各 参 考 文 献 に ラ ベ ル を つ け る か を 記 述 す る ラ ベ ル 式 と な り ま す 。

separate-label-second-parts string

2つ の 部 分 か ら な る ラ ベ ル を マ ー ジ す る 時 、 2 番 目 の ラ ベ ル の 2 番 目 の 部 分 を string で 最 初 の ラ ベ ル と 分 離 し ま す 。 ラ ベ ル 式 に つ い て は <> の ラ ベ ル 式 の 説 明 を 参 照 し て 下 さ い 。

move-punctuation* テ キ ス ト に お い て ラ ベ ル の 後 の 行 末 の 句 読 点 を 移 動 し ま す 。 ラ ベ ル に 肩 文 字 の 数 字 を 使 っ て い な け れ ば 、 こ の コ マ ン ド を 使 う と い い で し ょ う 。

reversestring 名 前 が

string 中 に あ る フ ィ ー ル ド を 逆 に し ま す 。 各 フ ィ ー ル ド 名 の 後 に は い く つ の フ ィ ー ル ド が 逆 に さ れ る か を 示 す 数 が 指 定 さ れ ま す 。 フ ィ ー ル ド に こ の 数 が 指 定 さ れ な け れ ば 、 そ の フ ィ ー ル ド は 全 て 逆 に な り ま す 。

search-ignorefields イ ン デ ッ ク ス が 存 在 し な い デ ー タ ベ ー ス で キ ー を 検 索 し て い る 際 に 、

fields の 内 容 を 無 視 し ま す 。 初 期 状 態 で は フ ィ ー ル ド XYZ が 無 視 さ れ ま す 。

search-truncaten キ ー の 最 初 の

n 文 字 が 与 え ら れ る こ と の み を 要 求

し ま す 。 実 際 に デ ー タ ベ ー ス 中 で 与 え ら れ た キ ー を 検 索 す る 時 に は n と キ ー の 長 さ の 大 き い 方 の 長 さ に 切 ら れ ま す 。 初 期 状 態 で は n は 6 で す 。

short-labelstring

string は ラ ベ ル の も う 1 つ の (通 常 は 短 縮 形 の ) ス タ イ ル を 指 定 す る ラ ベ ル 式 で す 。 こ れ は # フ ラ グ が 引 用 で 与 え ら れ て い る 時 に 使 わ れ ま す 。 author-date ス タ イ ル の ラ ベ ル を 使 う 時 、 作 者 は 文 脈 か ら 明 ら か に 識 別 で き る こ と が あ り 、 ラ ベ ル で は 作 者 を 省 略 し た い こ と が あ り ま す 。 通 常 、 short-label コ マ ン ド は 日 付 と (多 分 ) 明 確 な 文 字 の み を 含 む ラ ベ ル を 指 定 す る た め に 使 用 さ れ ま す 。

sortstring

string に 従 っ て 参 考 文 献 を ソ ー ト し ま す 。 参 考 文 献 は 自 動 的 に 累 積 さ れ ま す 。 string は フ ィ ー ル ド 名 の リ ス ト で あ り 、 各 フ ィ ー ル ド 名 に は ソ ー ト に 使 わ れ る 名 前 に い く つ の フ ィ ー ル ド が あ る か を 示 す 数 字 が 続 き ま す 。 + を 名 前 の つ い た 全 て の フ ィ ー ル ド を 使 う こ と を 示 す た め に 使 う こ と が で き ま す 。 ま た 、 . を 参 考 文 献 が (一 時 的 な ) ラ ベ ル を 使 っ て ソ ー ト さ れ る こ と を 示 す た め に 使 う こ と も で き ま す 。 ( ラ ベ ル 式 の セ ク シ ョ ン で 一 時 的 な ラ ベ ル の 概 念 に つ い て 説 明 し て い ま す 。 )

sort-adjacent-labels*

参 考 文 献 リ ス ト 中 で の 位 置 に 従 っ て 、 テ キ ス ト 中 の 隣 接 し て い る ラ ベ ル を ソ ー ト し ま す 。 こ の コ マ ン ド は 通 常 は abbreviate-label-ranges コ マ ン ド が 与 え ら れ て い る 時 か 、 ラ ベ ル 式 に <> 式 が 含 ま れ て い る 時 に 使 用 す る べ き で す 。 こ れ は 参 考 文 献 が 累 積 さ れ て い な い と 影 響 が あ り ま せ ん 。 ラ ベ ル 式 ラ ベ ル 式 は 通 常 も し く は 一 時 的 に 評 価 で き ま す 。 通 常 評 価 の 結 果 は 出 力 に 使 わ れ ま す 。 一 時 的 評 価 の 結 果 は 一 時 的 ラ ベ ル と 呼 ば れ 、 通 常 評 価 で ラ ベ ル を 明 確 に す る 必 要 が あ る 情 報 を 集 め る た め に 使 わ れ ま す 。 date-as-labelshort-label コ マ ン ド で 指 定 さ れ る ラ ベ ル 式 は 一 時 的 に は 評 価 さ れ ま せ ん 。 通 常 評 価 と 一 時 的 評 価 は @*% の 式 を 除 い た 全 て の タ イ プ の 式 で 同 じ で す 。 以 下 の 説 明 は 特 に 指 定 さ れ た 場 合 を 除 き 通 常 評 価 に 適 用 さ れ ま す 。

field

field n

fieldn 番 め の 部 分 で す 。 n が 省 略 さ れ た 場 合 は デ フ ォ ル ト は 1 と な り ま す 。

string

string 中 の 文 字 は 文 字 通 り 解 釈 さ れ ま す 。

@ 全 て の 作 者 を

join-authors コ マ ン ド で 指 定 さ れ た 通 り に 連 結 し ま す 。

各 々 の 作 者 名 の 全 体 が 使 用 さ れ ま す 。 し か し 参 考 文 献 が 作 者 で ソ ー ト さ れ る と (す な わ ち A+ で 始 ま る ソ ー ト 仕 様 )、 作 者 の ラ ス ト ネ ー ム が 代 わ り に 使 用 さ れ (こ れ は 曖 昧 さ を 持 ち 込 み ま せ ん )、 ま た 作 者 の 頭 文 字 の シ ー ケ ン ス が 全 て の 作 者 の 代 わ り に 使 用 さ れ ま す (こ れ も 曖 昧 さ を 持 ち 込 み ま せ ん )。 い く つ か の 参 考 文 献 の i番 目 の 作 者 に ラ ス ト ネ ー ム だ け を 使 う の は 他 に 参 考 文 献 が あ る 時 に は 曖 昧 で あ る と 考 え ら れ ま す 。 す な わ ち 参 考 文 献 の 最 初 の i-1 人 の 作 者 が 同 じ で 、 i番 目 の 作 者 は 同 じ で な い が 、 i番 目 の 作 者 の ラ ス ト ネ ー ム が 同 じ で あ る よ う な 場 合 で す 。 い く つ か の 参 考 文 献 の 作 者 の シ ー ケ ン ス の 適 切 な 頭 文 字 の サ ブ シ ー ケ ン ス は 、 適 切 な 頭 文 字 の サ ブ シ ー ケ ン ス と し て の サ ブ シ ー ケ ン ス を も つ 作 者 の 別 の シ ー ケ ン ス を と る 参 考 文 献 が あ る 場 合 に は 、 曖 昧 で あ る と 考 え ら れ ま す 。 作 者 の 頭 文 字 の サ ブ シ ー ケ ン ス が 使 わ れ る 場 合 、 残 り の 作 者 は et-al コ マ ン ド で 指 定 さ れ た 文 字 列 で 置 き 換 え ら れ ま す 。 こ の コ マ ン ド は 頭 文 字 の シ ー ケ ン ス を 使 う こ と が で き る 以 前 に 満 た さ れ る 追 加 の 要 求 も 指 定 で き ま す 。 @ は 一 時 的 に 作 者 の 正 式 の 表 現 に 評 価 さ れ 、 ソ ー ト の た め に 同 等 か ど う か を 比 較 す る 作 者 は 同 じ 表 現 と な り ま す 。

%n

%a

%A

%i

%I 参 考 文 献 の シ リ ア ル 番 号 は

% が 続 く 文 字 に 従 っ て フ ォ ー マ ッ ト さ れ ま

す 。 参 考 文 献 の シ リ ア ル 番 号 は こ の 参 考 文 献 と し て 同 じ 一 時 的 ラ ベ ル を も つ 先 に 現 れ た 参 考 文 献 の 番 号 に 1 を 加 え た も の と な り ま す 。 こ れ ら の 式 は 一 時 的 に 空 の 文 字 列 に 評 価 さ れ ま す 。

expr* こ の 参 考 文 献 と し て の 同 じ 一 時 的 ラ ベ ル を 持 つ も う

1 つ の 参 考 文 献 が

あ る 場 合 、 空 の 文 字 列 で な け れ ば expr と な り ま す 。 こ れ は 一 時 的 に 評 価 さ れ 、 空 の 文 字 列 に な り ま す 。

expr+n

exprn

expr の 最 初 (+) ま た は 末 尾 () の n 文 字 の 大 文 字 か 小 文 字 か 数 字 で す 。 troff の ( \(’a の よ う な ) 特 別 文 字 は 1 文 字 と し て カ ウ ン ト さ れ ま す 。 ア ク セ ン ト 文 字 列 は 保 持 さ れ ま す が 、 合 計 に は カ ウ ン ト さ れ ま せ ん 。

expr.l

expr を 小 文 字 に 変 換 し た も の で す 。

expr.u

expr を 大 文 字 に 変 換 し た も の で す 。

expr.c

expr を 大 文 字 と そ れ に 続 く 小 文 字 に 変 換 し た も の で す 。

expr.r

expr を ラ ス ト ネ ー ム が 最 初 に 来 る よ う に 逆 に し た も の で す 。

expr.a

フ ァ ー ス ト ネ ー ム が 略 称 に な っ た expr で す 。 abbreviate コ マ ン ド に よ っ て 指 定 さ れ た フ ィ ー ル ド は ラ ベ ル が 評 価 さ れ る 前 に 略 称 に さ れ ま す 。 こ の た め 、 .a は 参 考 文 献 の 中 で は な く ラ ベ ル の 中 で の み フ ィ ー ル ド を 略 称 に し た い 時 の み 有 用 で す 。
expr
.y

expr の 年 の 部 分 で す 。

expr.+y

expr の 年 の 前 の 部 分 、 も し く は そ れ が 年 を 含 ん で い な け れ ば expr の 全 体 と な り ま す 。

expr.−y

expr の 年 の 後 の 部 分 、 も し く は expr が 年 を 含 ん で い な け れ ば 空 の 文 字 列 と な り ま す 。

expr.n

expr の ラ ス ト ネ ー ム の 部 分 と な り ま す 。

expr1~expr2

expr1 と な り ま す 。 た だ し 、 expr1 の 最 後 の 文 字 が で あ る 場 合 は expr2 に 置 き 換 え ら れ ま す 。

expr1 expr2

expr1expr2 の 結 合 で す 。

expr1|expr2

expr1 が 空 で な け れ ば expr1 と な り 、 そ れ 以 外 で は expr2 と な り ま す 。

expr1&expr2

expr1 が 空 で な け れ ば expr2 と な り 、 そ れ 以 外 で は 空 の 文 字 列 と な り ま す 。

expr1?expr2:expr3

expr1 が 空 で な け れ ば expr2 と な り そ れ 以 外 で は expr3 と な り ま す 。

<expr> こ の ラ ベ ル に は

2 つ の 部 分 が あ り 、 expr に よ っ て 分 離 さ れ て い ま

す 。 2 つ の 部 分 か ら な り 、 最 初 の 部 分 が 同 じ で あ る 2 つ の 連 続 し た ラ ベ ル は 最 初 の ラ ベ ル に 次 の ラ ベ ル の 2 番 目 の 部 分 を 追 加 し 、 separate-label-second-parts コ マ ン ド (初 期 値 で は ス ペ ー ス が 続 く コ ン マ ) に よ っ て 指 定 さ れ た 文 字 列 に よ っ て 分 離 す る こ と に よ っ て マ ー ジ さ れ ま す 。 そ の 結 果 の ラ ベ ル も ま た 2 つ の 部 分 か ら な る ラ ベ ル と な り 、 最 初 の 部 分 が マ ー ジ 前 の 最 初 の 部 分 と な り ま す 。 さ ら に 追 加 さ れ る ラ ベ ル は こ れ に マ ー ジ さ れ ま す 。 最 初 の 部 分 が 空 で あ っ て も 差 し 支 え あ り ま せ ん 。 こ れ は short-label コ マ ン ド で 使 う 式 で 使 う こ と が で き ま す 。

(expr)

expr と 同 様 で す 。 グ ル ー ピ ン グ を 行 な う た め に 使 わ れ ま す 。

上 述 の 式 は 順 位 (高 い も の が 最 初 ) の 順 に リ ス ト さ れ ま す 。 &| は 同 じ 優 先 順 位 と な り ま す 。 マ ク ロ イ ン タ フ ェ ー ス 各 参 考 文 献 は マ ク ロ ]- の 呼 び 出 し で 始 ま り ま す 。 文 字 列 [Fno-label-in-reference コ マ ン ド が 与 え ら れ て い な い と 、 こ の 参 考 文 献 の ラ ベ ル に な る よ う に 定 義 さ れ ま す 。 そ の 後 一 連 の 文 字 列 の 定 義 が 続 き ま す 。 定 義 は 各 フ ィ ー ル ド に 1 つ ず つ で 、 文 字 列 [X は フ ィ ー ル ド X に 対 応 し ま す 。 数 値 レ ジ ス タ [P は フ ィ ー ル ド P が ペ ー ジ の 範 囲 を 含 ん で い れ ば 1 に セ ッ ト さ れ ま す 。 [T[A[O の 数 値 レ ジ ス タ は 、 .?! の 文 字 の い ず れ か で 終 る フ ィ ー ル ド TAO に 対 応 し て 1 に セ ッ ト さ れ ま す 。 数 値 レ ジ ス タ [E は 文 字 列 [E が 複 数 の 名 前 を 含 ん で い れ ば 1 に セ ッ ト さ れ ま す 。 参 考 文 献 に は マ ク ロ ][ へ の 呼 び 出 し が 続 き ま す 。 こ の マ ク ロ の 最 初 の 引 数 に は 参 考 文 献 の タ イ プ を 表 す 数 を 与 え ま す 。 も し 参 考 文 献 が フ ィ ー ル ド J を 含 ん で い る と 、 タ イ プ 1 と し て 分 類 さ れ ま す 。 ま た フ ィ ー ル ド B を 含 ん で い る と タ イ プ 3、 フ ィ ー ル ド GR を 含 ん で い る と タ イ プ 4、 フ ィ ー ル ド I を 含 ん で い る と タ イ プ 2と な り 、 こ れ ら 以 外 で は タ イ プ 0 と な り ま す 。 2 番 目 の 引 数 は タ イ プ other, journal-article, book, article-in-book も し く は tech-report の シ ン ボ ル 名 で す 。 bibliography コ マ ン ド に よ っ て 累 積 も し く は 生 成 さ れ る 参 考 文 献 の グ ル ー プ は ]< マ ク ロ の 呼 び 出 し に 先 行 し 、 ]> マ ク ロ の 呼 び 出 し が 続 き ま す 。

関 連 フ ァ イ ル

/usr/share/dict/papers/Ind デ フ ォ ル ト の デ ー タ ベ ー ス で す 。

file.i イ ン デ ッ ク ス フ ァ イ ル で す 。

関 連 項 目

indxbib(1), lookbib(1), lkbib(1)

バ グ

ラ ベ ル 表 記 法 に お い て <> 表 記 は .char 表 記 の 中 で は 無 視 さ れ ま す 。

COMMENTS