Manpages

名 称

rcsmerge − RCS フ ァ イ ル の リ ビ ジ ョ ン を 併 合 す る

書 式

rcsmerge [options] file

解 説

rcsmergeRCS の 2 つ の リ ビ ジ ョ ン 間 の 変 更 点 を 対 応 す る ワ ー ク フ ァ イ ル に 適 用 し ま す 。

RCS 拡 張 子 に マ ッ チ す る パ ス 名 は RCS フ ァ イ ル で あ る と み な し 、 そ の 他 は ワ ー ク フ ァ イ ル で あ る と み な し ま す 。 名 前 の 対 応 に つ い て は ci(1) を 参 照 し て く だ さ い 。 後 述 す る オ プ シ ョ ン (通 常 は -r )に よ っ て 、 少 な く と も 1つ の リ ビ ジ ョ ン を 指 定 す る 必 要 が あ り ま す 。 最 大 で 2 つ の リ ビ ジ ョ ン を 指 定 す る こ と が で き ま す 。 1 つ の リ ビ ジ ョ ン の み が 指 定 さ れ た 場 合 、 も う 1つ の リ ビ ジ ョ ン と し て 、 デ フ ォ ル ト 枝 (通 常 は 幹 で 最 大 の 番 号 を 持 つ 枝 ) の 最 新 リ ビ ジ ョ ン が 用 い ら れ ま す 。 リ ビ ジ ョ ン は 、 数 字 ま た は シ ン ボ ル で 指 定 で き ま す 。 も し 重 複 が 発 生 す る と 、 rcsmerge は 警 告 メ ッ セ ー ジ を 表 示 し 、 重 複 し た 領 域 を merge(1) で 説 明 さ れ て い る よ う な 形 式 で 出 力 し ま す 。 本 コ マ ン ド は チ ェ ッ ク ア ウ ト し た リ ビ ジ ョ ン に 一 連 の 変 更 を 加 え る の に 便 利 で す 。

オ プ シ ョ ン

−A も し サ ポ ー ト さ れ て い れ ば 、

diff3(1)−A ス タ イ ル で 矛 盾 点 を 出 力

し ま す 。 file2 か ら file3 へ の 変 更 点 全 て を file1 に 適 用 し 、 大 変 詳 細 な 情 報 を 出 力 し ま す 。

−E, −e こ れ ら は 、

−A よ り も 情 報 量 が 少 な い 形 式 で 矛 盾 点 を 出 力 す る ス タ イ ル

を 指 定 す る も の で す 。 詳 細 は diff3(1) を 参 照 し て 下 さ い 。 デ フ ォ ル ト は −E で す 。 −e を 指 定 す る と 、 rcsmerge は 矛 盾 点 の 警 告 を 行 な い ま せ ん 。

−ksubst キ ー ワ ー ド 置 換 に お い て 、 subst で 指 定 さ れ た 形 式 を 用 い ま す 。 詳 細 は co(1) を 参 照 し て く だ さ い 。 例 え ば 、 −kk −r1.1 −r1.21.1 か ら 1.2 へ の 変 更 を 併 合 す る 際 に 、 キ ー ワ ー ド の 違 い を 無 視 し ま す 。 バ イ ナ リ フ ァ イ ル を テ キ ス ト で あ る か の よ う に リ ビ ジ ョ ン 併 合 す る こ と は 、 普 通 、 意 味 を 持 ち ま せ ん 。 で す か ら rcsmerge−kb が 指 定 さ れ て い る と フ ァ イ ル の リ ビ ジ ョ ン 併 合 を 行 な い ま せ ん 。
−p
[rev] 結 果 を ワ ー ク フ ァ イ ル に 上 書 き せ ず に 、 標 準 出 力 に 書 き 出 し ま す 。
−q
[rev] 静 か に 動 作 し ま す 。 診 断 メ ッ セ ー ジ は 表 示 さ れ ま せ ん 。
−r
[rev] リ ビ ジ ョ ン rev に 関 し て 併 合 を 行 い ま す 。 rev を 指 定 し な い 場 合 は 、 デ フ ォ ル ト 枝 の 最 新 リ ビ ジ ョ ン (通 常 は 先 頭 )を 使 用 し ま す 。

−T こ の オ プ シ ョ ン は 意 味 を 持 ち ま せ ん 。 他 の

RCS コ マ ン ド と の 互 換 性 の

た め に 存 在 し ま す 。

−V

RCS の バ ー ジ ョ ン 番 号 を 表 示 し ま す 。

−Vn

RCS シ ス テ ム の バ ー ジ ョ ン n の エ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 行 い ま す 。 詳 細 は co(1) を 参 照 し て く だ さ い 。

−xsuffixes

RCS フ ァ イ ル 拡 張 子 を suffixes と し ま す 。 詳 し く は ci(1) を 参 照 し て く だ さ い 。

−zzone キ ー ワ ー ド 置 換 時 の タ イ ム ゾ ー ン を

zone と し ま す 。 詳 し く は co(1)

を 参 照 し て く だ さ い 。

使 用 例

す で に リ リ ー ス し た リ ビ ジ ョ ン 2.8 の f.c と い う フ ァ イ ル が あ る と し ま す 。 こ こ で 、 ま だ リ リ ー ス し て い な い リ ビ ジ ョ ン 3.4 が 完 成 し た と き に 、 他 人 か ら 2.8 を 改 良 し た も の を 受 け と っ た と し ま す 。 こ の 改 良 と 、 あ な た が 2.8 か ら 3.4 の 間 に 行 っ た 変 更 を 併 合 す る に は 次 の よ う に し ま す 。

rcsmerge −p −r2.8 −r3.4 f.c >f.merged.c こ こ で 、 併 合 さ れ た f.merged.c を 検 査 し ま す 。 も し 、 2.8 に 対 す る 更 新 部 分 を RCS フ ァ イ ル 中 に 保 存 し て お き た い と 考 え る な ら 、 そ れ を 2.8.1.1 と い う リ ビ ジ ョ ン で チ ェ ッ ク イ ン し 、 そ の 後 で co −j を 実 行 し ま す 。

ci −r2.8.1.1 f.c
co −r3.4 −j2.8:2.8.1.1 f.c
別 の 例 と し て 、 以 下 の コ マ ン ド は リ ビ ジ ョ ン 2.4 か ら 2.8 へ の 変 更 を す で に チ ェ ッ ク ア ウ ト い る ワ ー ク フ ァ イ ル f.c か ら 取 り 消 し ま す 。

rcsmerge −r2.8 −r2.4 f.c 指 定 す る リ ビ ジ ョ ン 番 号 の 順 番 に 注 意 し て く だ さ い 。 ま た 、 f.c が 上 書 き さ れ る こ と に も 注 意 し て く だ さ い 。

環 境 変 数

RCSINIT コ マ ン ド ラ イ ン 引 数 に 先 立 っ て 指 定 す べ き オ プ シ ョ ン を 空 白 で 区 切 っ て 指 定 し ま す 。 詳 し く は ci(1) を 参 照 し て く だ さ い 。

診 断

併 合 に よ っ て 重 複 が 生 じ な け れ ば 終 了 ス テ ー タ ス 0 を 、 重 複 が あ れ ば 1 を 、 問 題 が 発 生 し た 場 合 は 2 を 返 し ま す 。

作 者

Author: Walter F. Tichy.
Manual Page Revision: 1.5; Release Date: 1999/08/27.
Copyright © 1982, 1988, 1989 Walter F. Tichy.
Copyright © 1990, 1991, 1992, 1993, 1994, 1995 Paul Eggert.

関 連 項 目

ci(1), co(1), ident(1), merge(1), rcs(1), rcsdiff(1), rcsintro(1), rlog(1), rcsfile(5)
Walter F. Tichy, RCS --A System for Version Control, Software--Practice & Experience 15, 7 (July 1985), 637-654.

COMMENTS