Manpages

名 称

rcsclean − ワ ー ク フ ァ イ ル の 後 片 付 け

書 式

rcsclean [options] [ file ... ]

解 説

rcsclean は 、 RCS フ ァ イ ル か ら チ ェ ッ ク ア ウ ト さ れ た 後 に 変 更 を 受 け て い な い ワ ー ク フ ァ イ ル を 削 除 し ま す 。 rcsclean −u は 、 対 象 と な る ワ ー ク フ ァ イ ル の ロ ッ ク を 解 除 し 、 削 除 し ま す 。 各 file に つ い て rcsclean は 、 ワ ー ク フ ァ イ ル と そ れ に 対 応 す る RCS フ ァ イ ル に 格 納 さ れ て い る リ ビ ジ ョ ン と を 比 較 し ま す 。 違 い が 見 つ か っ た 場 合 に は 何 も し ま せ ん 。 違 い が 無 い 場 合 、 −u オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ て い た ら 、 ま ず そ の リ ビ ジ ョ ン の ロ ッ ク を 解 除 し ま す 。 そ し て 、 ワ ー ク フ ァ イ ル が 書 き 込 み 可 能 で な く そ の リ ビ ジ ョ ン が ロ ッ ク さ れ て い な い な ら 、 ワ ー ク フ ァ イ ル を 消 去 し ま す 。 rcsclean は 、 実 行 し た 処 理 の 内 容 を rcs −urm −f コ マ ン ド を 使 っ て 表 現 し 、 標 準 出 力 に 表 示 し ま す 。

file を 指 定 し な か っ た 場 合 、 カ レ ン ト デ ィ レ ク ト リ に あ る す べ て の ワ ー ク フ ァ イ ル を 処 理 対 象 に し ま す 。 RCS の 拡 張 子 を 持 つ パ ス 名 は 、 RCS フ ァ イ ル を 表 し て い ま す 。 そ の 他 の フ ァ イ ル は ワ ー ク フ ァ イ ル を 意 味 し ま す 。 フ ァ イ ル 名 に つ い て は 、 ci(1) で 詳 し く 説 明 さ れ て い ま す 。 ワ ー ク フ ァ イ ル と 比 較 す る リ ビ ジ ョ ン 番 号 は 、 −n, −q, −r, −u オ プ シ ョ ン の い ず れ か で 指 定 す る こ と が で き ま す 。 リ ビ ジ ョ ン 番 号 を 指 定 せ ず 、 −u オ プ シ ョ ン が 指 定 さ れ て い て 、 呼 び 出 し た ユ ー ザ が ロ ッ ク し た リ ビ ジ ョ ン が 一 つ だ け 存 在 す れ ば 、 rcsclean は そ の リ ビ ジ ョ ン を 使 用 し ま す 。 そ れ 以 外 の 場 合 に は 、 rcsclean は デ フ ォ ル ト 枝 (普 通 は 幹 ) の 最 新 リ ビ ジ ョ ン を 使 用 し ま す 。

rcsclean を Makefile の 中 の clean タ ー ゲ ッ ト で 用 い る と 便 利 で す 。 rcsdiff(1) (差 分 の 表 示 ) や 、 ci(1) (ワ ー ク フ ァ イ ル に 変 更 が 無 い 時 、 チ ェ ッ ク イ ン す る か ど う か 確 認 す る ) の マ ニ ュ ア ル も 参 照 し て 下 さ い 。

オ プ シ ョ ン

−ksubst 比 較 の た め に リ ビ ジ ョ ン を 取 り 出 す と き に 、 subst で 指 定 し た 方 式 で キ ー ワ ー ド 置 換 を 行 い ま す 。 詳 し く は co(1) を 参 照 し て 下 さ い 。
−n
[rev] フ ァ イ ル の 消 去 や リ ビ ジ ョ ン の ロ ッ ク 解 除 を 行 な い ま せ ん 。 こ の オ プ シ ョ ン に よ っ て 、 rcsclean が 何 を 実 行 し よ う と す る か を 、 実 際 の 動 作 を 行 な わ ず に 知 る こ と が で き ま す 。
−q
[rev] 処 理 の 内 容 を 標 準 出 力 に 表 示 し ま せ ん 。
−r
[rev] 比 較 対 象 の リ ビ ジ ョ ン の 指 定 の み を 行 い 、 他 に は 何 の 効 果 も 与 え ま せ ん 。

−T

RCS フ ァ イ ル が ロ ッ ク の 解 除 に よ り 変 更 さ れ た 場 合 で も 、 RCS フ ァ イ ル の 変 更 時 刻 を 保 存 し ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン を 使 う こ と に よ り 、 RCS フ ァ イ ル の 中 の ワ ー ク フ ァ イ ル の コ ピ ー に よ っ て 生 ず る make(1) の 依 存 関 係 に 伴 う 必 要 以 上 の 再 コ ン パ イ ル を 防 ぐ こ と が で き ま す 。 こ の オ プ シ ョ ン を 使 用 す る 際 に は 注 意 が 必 要 で す 。 本 当 に 再 コ ン パ イ ル が 必 要 な 場 合 に も 再 コ ン パ イ ル さ れ な い 場 合 が 生 じ ま す 。 つ ま り 、 ロ ッ ク の 解 除 に よ り 他 の ワ ー ク フ ァ イ ル 中 の キ ー ワ ー ド の 変 更 を 意 味 す る 場 合 が あ る か ら で す 。

−u[rev] 違 い が 見 つ か ら な か っ た フ ァ イ ル が ロ ッ ク さ れ て い る な ら 、 ロ ッ ク を 解 除 し ま す 。

−V

RCS シ ス テ ム の バ ー ジ ョ ン 番 号 を 表 示 し ま す 。

−Vn

RCS シ ス テ ム の バ ー ジ ョ ン n の エ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 行 い ま す 。 詳 細 は co(1) を 参 照 し て く だ さ い 。

−xsuffixes

suffixesRCS フ ァ イ ル 拡 張 子 と し て 指 定 し ま す 。 詳 細 は ci(1) を 参 照 し て く だ さ い 。

−zzone キ ー ワ ー ド の 置 換 の 際 、 タ イ ム ゾ ー ン と し て

zone を 使 用 し ま す 。 詳

細 は co(1) を 参 照 し て 下 さ い 。

使 用 例

rcsclean *.c *.h チ ェ ッ ク ア ウ ト さ れ て か ら 変 更 さ れ て い な い .c.h で 終 る 名 前 の ワ ー ク フ ァ イ ル を す べ て 削 除 し ま す 。

rcsclean チ ェ ッ ク ア ウ ト さ れ て か ら 変 更 さ れ て い な い 、 カ レ ン ト デ ィ レ ク ト リ に あ る す べ て の ワ ー ク フ ァ イ ル を 削 除 し ま す 。

関 連 フ ァ イ ル

rcsclean は 、 ci(1) と 同 じ フ ァ イ ル に ア ク セ ス し ま す 。

環 境 変 数

RCSINIT 引 数 リ ス ト に 前 置 さ れ る オ プ シ ョ ン を 空 白 で 区 切 っ て 指 定 し ま す 。 オ プ シ ョ ン の 中 に 含 ま れ る 空 白 は 、 バ ッ ク ス ラ ッ シ ュ で エ ス ケ ー プ し ま す 。 RCSINIT オ プ シ ョ ン は 、 大 部 分 の RCS コ マ ン ド の 引 数 リ ス ト に 前 置 さ れ ま す 。 −q, −V, −x, −z な ど を 指 定 す る の に 有 用 で す 。

診 断

す べ て の 動 作 が 成 功 し た 時 に の み 、 終 了 ス テ ー タ ス 0 を 返 し ま す 。 ワ ー ク フ ァ イ ル や RCS フ ァ イ ル が な く て も 無 視 し ま す 。

作 者

Author: Walter F. Tichy.
Manual Page Revision: 1.5; Release Date: 1999/08/27.
Copyright © 1982, 1988, 1989 by Walter F. Tichy.
Copyright © 1990, 1991, 1992, 1993 Paul Eggert.

関 連 項 目

ci(1), co(1), ident(1), rcs(1), rcsdiff(1), rcsintro(1), rcsmerge(1), rlog(1), rcsfile(5)
Walter F. Tichy, RCS --A System for Version Control, Software--Practice & Experience 15, 7 (July 1985), 637-654.

バ グ

デ ィ レ ク ト リ 参 照 操 作 を 持 た な い 古 い バ ー ジ ョ ン の UNIX で は 、 少 な く と も 一 つ の file を 指 定 し な け れ ば な り ま せ ん 。

COMMENTS